英語学校 ランキング。 TOEIC対策に強い英会話スクールの比較・ランキング

高校英語参考書 ランキングTOP20

英語学校 ランキング

「ロサンゼルスで最も良い学校はどこですか?」 私たちはロサンゼルスで始まった会社。 オフィスも現地にあって、ロサンゼルスの語学学校なら何十回もまわった。 そんな自分からしてみたら良くぞ聞いてくれた!という質問。 ロサンゼルスは広大でオレンジカウンティなども入れればメジャーどころだけで30校ぐらいはある。 しかしどの学校が良いのか?結局ホームページやパンフレットだけでは分からない。 学校の宣伝をそのままにも鵜呑みには出来ないし、マーケティングがうまい学校が必ずしも一番良い学校ではない。 でも、洋服にも、ユニクロとエルメスがあるように、 語学学校にだって価格差も品質もあると言うことは知っておいて欲しい。 とは言え、実はこの質問の答えはとても難しい。 と言うのも、目的によってお勧めする学校も、ランキング1位の学校も異なるからだ。 全員に合う学校なんてどこにもない。 なのでここで話すのはあくまでも僕なりの意見。 留学の会社を12年もやってきた僕なりのランキングだと思って欲しい。 基準は費用対効果。 最終的には自分にでもカウンセラーにでも聞いたもらえたらと思う。 TOEFLやTOEICコースなども評判で、この界隈ではとても有名な学校。 最近までビバリーヒルズにあった校舎がウェストウッドに引っ越しをキャンパスも新しい。 ウェストウッドにある語学学校と言えば、Kaplan、ELC、UCLA Extentionがあり、いずれの学校も世界的にはメジャー。 お勧めするMLIも含め、レベルの高い争いが繰り広げられている。 しかし 価格で言うと他の学校と比較するとMentor Language Instituteは大分安い。 以下は48週間(約1年間)申し込んだ場合の1週間あたりの費用。 Kaplan 368. 75ドル• ELC 300ドル• UCLA Extention 496. 25ドル• Mentor Language Institute 169ドル 以上を見ても明らかなように1校だけ抜けて安い。 特に長期間留学する人にとっては授業料金の安さはとても重要。 ブランド力こそ弱いが、 授業品質で負けているとは思えない。 お得な学校と言えるだろう。 また、ハリウッド校も駅そばに位置し好立地。 ハリウッド近辺にはダンススクールが点在するのでダンサーにとっては特に嬉しい。 あえてこの学校の弱点を言うと校長が日系人がなので、平均的に日本人は多めという点ぐらいか。 これを除けば 圧倒的に費用対効果が高い語学学校 だと思う。 ぜひお勧めしたい。 ロサンゼルスの中心地と言えばサンタモニカ、ウェストウッド、ハリウッド、ビバリーヒルズあたり。 これらのエリアは車がなくても生活できるし、美味しいレストランやクラブ、映画館、買い物スポットなどなど楽しめる場所が豊富にある。 これらの都市の中で、もっとも海近いのがECのあるサンタモニカ。 治安も良く、旅行者にも留学生にもお勧めの場所。 ECはサンタモニカビーチはもちろん、メイン通りとなるプロムナードまで徒歩で行ける距離にある。 ECは価格的には決して安くはないのだけど、国籍のバランスも良いし授業やアクティビティーも豊富でバランスのとれた学校だ。 世界中にキャンパスがあるメジャーな語学学校なので、 校舎間の転校なども気軽にできるのが嬉しい。 特に短期留学生には立地がとても重要になる。 田舎の学校にいってしまうと車の移動に時間をとられて行ける場所が限られるし、勉強以外にやることが限られる。 近くにエンターテイメントスポットが多数点在するエリアの学校にするのは定石だ。 過去、日本にもあった大手の英会話学校だ。 何年か前に潰れてしまったが、日本以外の国では違う資本で運営されており、ここロサンゼルスでは大手語学学校チェーンのひとつ、シュプラッハカフェ・グループが経営している。 が、やはり経営が危ないイメージがあるのか、日本人は全然いない。 逆にこれが功を奏し、日本人が極めて少ない学校だ。 授業の質も決して悪くないので、穴場かもしれない。 日本人が少ない学校をお探しならここがお勧めだ。 場所はオレンジカウンティーとトーランスにある。 正直、学費的には安くはない。 ジオスのあるトーランスやオレンジカウンティーのような郊外都市には地域密着型の安い学校がある。 そこと比較すると倍近い料金になる。 相場からすると決して高くはないのだが近隣エリアで比較すると少し割高に感じるかもしれない。 なので、価格は気にしない人向け。 また、両校とも車がないと辛いエリア。 閑静な住宅街なので、勉強には集中できるが短期留学にはお勧めは出来ない。 費用対効果を考えるとMentor Language Institute。 価格気にせず、人種のバランスや立地重視ならばEC。 また郊外の閑静な住宅街で質を求めるのであればGEOS。 とは言え前述したが、お勧めする学校は10人いれば10人違う。 長期の人、短期の人、ダンスを目的とする人、進学目的の人、予算を気にする人、質を気にする人、 カウンセリングをしたら結果みんな違う学校になる。 なので、とりあえず迷ったら聞いてもらいたい。 留学は行く学校によって全くと言っていいほど生活が変わってくる。 カリフォルニア州だけでも日本の本州と同じ大きさもあるこの国。 ロサンゼルスの中でも場所によっては超車社会だし、田舎。 逆に場所によってはむちゃくちゃ物価が高くて何も出来なかったりする。 なので、現地に詳しい人間に聞くのが一番だ。 ぜひ、ロサンゼルス出身の我々に気軽に聞いてみてください。 会社に電話してもらってロサンゼルスに詳しい人出してっていってくれてもいいし、普通にカウンセリングを申し込んでくれても大丈夫です!.

次の

英語学校しらべ

英語学校 ランキング

英語の専門学校で学費が安い学校で学ぶメリット 英語の 専門学校で 学ぶメリットとしては、本格的な学習を 安い学費で実現させられる可能性のある部分が挙げられると考えられています。 自主的な学習での英語の勉強に比べても、 効果が 出やすいと認識されているため、本格的な専門学校で学ぶメリットは強いとされています。 費用対効果という面でも長けていると考えられ、比較的短い期間で英語のスキルを養成できるところが評価されています。 これらのメリットは、英語の専門の学校で勉強するメリットのひとつとして挙げられ、払った学費に見合う能力をつけることも期待できると認識されています。 英語の専門学校で学費が安い東京英語専門学校 学費の安いところとしては、 東京英語専門学校がまずは挙げられるのではないでしょうか。 入学日、授業料共に トップクラスの 低料金に 設定され、受講する際に優先的に選ぼうとする人が目立っていると考えられています。 受講料や学費が安く設定されることに加え、場合によっては奨学金制度の適用を受けることも期待できます。 この制度が適用された場合には、より学費が安くなる可能性は高くなり、継続的に専門学校に通いやすい傾向が強くなるとみられています。 この奨学金にまつわる特徴も、東京英語専門学校の特筆するべき部分のひとつとなっています。 スポンサーリンク 英語の専門学校で学費が安い早稲田外語専門学校の英語学科 早稲田外語専門学校に設置される英語学科も、学費の安いことが特徴的であるとされています。 この英語専門学校も他の学校に比べて学費が安く設定されているため、受講したいと希望する人からの関心が強く示されています。 また、 前後期合わせた金額があらかじめ明示されることで、安心して受講できる環境が整えられることもメリットとして取り上げられています。 特待生制度が取り入れられていることから、 成績が 良好な場合などには 学費が 一部免除されたり、安くなったりすることにも期待が持てると言えるでしょう。 そのような点も学費の安い特徴に拍車を掛けています。 英語の専門学校で学費が安い英語コースのあるECC国際外語専門学校 英語のコースで安い学費の設定されているところとして、 ECC国際外語専門学校も存在します。 幅広い英語の 指導カリキュラムが設定されているものの、 学費はトータルでは 安い部類に入ると評価されています。 効果的に英語の学習を行いたい人にとっては、この専門学校で受講するメリットは大きくなり、費用面でも負担が比較的少ないと捉えられています。 他の専門学校と比較しても、リーズナブルに感じられる場合が多いため、初めて英語を学ぶ人からも注目されています。 ECCの本格的な英語指導が受けられることも強みとなるのではないでしょうか。 スポンサーリンク 英語の専門学校で学費が安い学校を選ぶ際のポイント 英語の専門学校を選ぶ際に学費の安いところを中心とする際には、具体的なカリキュラムや指導の在り方などを事前に確認しておくことが望ましいとされています。 実際の総授業時間や、受講する頻度などには違いがあると考えられていることから、学費の安い英語の専門学校を選ぶ前に確認することが望ましいと認識されています。 こうした点に着目しておくことで、 費用面と 実際の 英語の レッスンの内容との バランスが 取れることにも繋がるのではないでしょうか。 学費だけではなく、それ以外の点も視野に入れ、英語の専門学校を選ぶことは必要不可欠になると考えられています。 英語の専門学校で学費が安い学校の数の充実 学費の 安い傾向にある 英語の 専門学校は、 種類が 充実する 傾向にあると認識されています。 各学校ごとにカリキュラムや授業の内容などに違いがあると考えられているため、学費の安さと共に授業の質や内容なども比較することが希求されるでしょう。 専門学校の数が多くなり、リーズナブルな専門学校が多くなることについては、受講希望者から歓迎されるとみられています。

次の

学校って英語でなんて言うの?

英語学校 ランキング

タグ DMM英会話 料金比較 ライザップイングリッシュ レアジョブ レアジョブ本気塾 ロゼッタストーンラーニングセンター ワンコイングリッシュ 子供向け 東京のスクール プログリット 格安英会話 短期集中 英会話カフェ 英会話教室 英語コーチング 英語学習アプリ 資格対策 マンツーマン ビジネス英語 ENGLISH COMPANY TOEIC Gaba(ガバ) IELTS MeRISE(ミライズ)英会話 NOVA STRAIL TOEFL TORAIZ(トライズ) スパルタ英会話 Urban Meetup Tokyo イギリス英語 イングリッシュビレッジ オンライン英会話 グループレッスン コーチングスクール シェーン英会話 関西のスクール• 月額約2. 75万円で質の高いマンツーマンレッスンが受講できる• 英語指導の国際資格を持つフィリピン人講師がレッスンを担当• レッスン内容は生徒ひとりひとりの希望に合わせてカスタマイズ可能 安くて質の高い英会話教室を選びたいのであれば、個人的には が最がおすすめです。 MeRISE(ミライズ)英会話は、 月額約2. 5万円という低料金ながら大手英会話教室と遜色ないクオリティのマンツーマンレッスンが受講可能な非常にコスパの優れる英会話スクールです。 レッスン内容も生徒ひとりひとりの希望に合わせたカスタマイズ形式となっているので、特定のシチュエーションに特化したレッスンなど各々の好きなテーマのレッスンが受けられます。 スピーキング・ライティングのアウトプットに特化した短期集中型スクール• スクール内は英語オンリーかつ英会話を行える機会が多い• 週2回のマンツーマンレッスン+オンラインレッスンに加えて、1日10時間までの受け放題グループレッスン、さらには「スクール内は日本語禁止の英語オンリー」という独自ルールがあるなど、否が応でも英語を喋らなければならない環境が用意されています。 「スパルタ」という名前とは裏腹に、学習サポートもかなり手厚く丁寧です。 住んでいる地域や勤務先周辺の英会話教室・スクールを知りたい方は、下記を参考にしてみてください。 いくら評判の良い英会話スクールであったとしても、それが実際に合うかどうかは自分の目で見ない限りわからないので、まずは百聞は一見にしかずで スクールに一度足を運び、講師の質や雰囲気などを肌で感じてみるのがおすすめです。 特にコーチング系のスクールは値段もかなりするので、 入会後に後悔しないためにも事前に、できるだけたくさんのスクールで無料体験を受け、きちんと納得がいくスクールを見つけていってください。

次の