税務署 短期 アルバイト。 税務署臨時職員アルバイト求人募集【期間限定/単発短期/非常勤】確定申告の仕事内容

神奈川県の公共施設・官公庁・市・区役所・税務署のバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

税務署 短期 アルバイト

Contents• 税務署のアルバイトは確定申告の知識が必要? 毎年確定申告の時期が近づくと税務署がアルバイトを募集します。 1~3カ月程度の短期アルバイトでは主に確定申告の補助作業や事務、受付が仕事となっています。 このアルバイトに応募をする場合には税金の知識は必要なのでしょうか。 税金の勉強をしておかないと難しいものなのかどうか。 今回は、税務署のアルバイトについてご紹介していきます。 体験談をもとにまとめていきますが地方や場所によっても違いがあるということをあらかじめご留意ください。 確定申告時期の税務署のアルバイト内容 税務署のアルバイトとはどのようなことをするのでしょうか。 事務作業を任せられた場合ではこのような仕事内容があったようです。 ・確定申告の会場案内 ・書面のチェック ・雑用等 確定申告の時期はとにかく人手が足りなくなる税務署では、このような人員を募集をすることがあります。 この仕事内容ならとくに税金の知識がない場合でも大丈夫ですね。 税務署のアルバイトに応募する前に!確定申告の知識が必要なのか確かめる 確定申告時期の税務署のアルバイトを毎年行っている人も中にはいます。 1度仕事を覚えた人は翌年も声がかかることが多いものです。 先ほどでは簡単な事務作業や雑用が主な仕事内容でしたが、多くの場合はこちらの作業を募集するようです。 ・確定申告書の処理 郵送されてきた確定申告書をチェックする作業が主な仕事ですが、税務署内のPCを使って申告書を作成する人もいます。 そういった人の作業の補助を任せられる人はある程度の知識を持った人になります。 このように配属される場所によって税金の知識の必要性が変わりますが、やはり勉強をしておいた方が自分の自信にもつながります。 まずは税務署の募集要項をしっかりと読み、知識が必要なのかどうかを質問しておくべきです。 税務署のアルバイトの面接内容とは? ここからは税務署のアルバイトへ応募をしてから採用が決まるまでの流れをご紹介します。 ・まずは税務署へ応募をする 税務署のアルバイト募集を見つけたらその案内に沿った応募方法を取りましょう。 電話連絡をする場合や履歴書を郵送をして連絡を待つ場合とその署によって違います。 都合の合う面接日を決定します。 ・面接をする 面接内容もその場所や面接官によって違いはあります。 よくある質問内容と言うと、守秘義務について理解ができるか?ということです。 確定申告は重要な個人情報となるため、それを扱うには守秘義務ができる人であることが大切です。 それ以外についてはとても簡単な質問内容で終わることが多いようです。 主婦の実体験!税務署へ応募したときのこと 確定申告時期の短期アルバイトは主婦の人にも人気です。 1月から3月までの短い期間ですが、その方が好都合である場合には重宝するアルバイトですね。 実際に税務署へ応募をし、面接へ行かれた主婦の方の体験談をご紹介します。 ・パソコンで履歴書を作成して持って行った 税務署ではある程度のパソコンスキルを持っている人の方が有利です。 パソコンを使った入力作業が多いため、パソコン初心者の人では無理な場合もあるようです。 この主婦の方は履歴書をパソコンで作成をしました。 その方がスキルを相手に伝えやすいので、この場合はとても有効な方法でしょう。 ・面接へ行く服装に悩んだ 税務署の面接にはどんな服装で行くのがふさわしいのかと言えば「なんでもいい」という答えが多いとか。 間違いないのはスーツでしょうけど、持っていない場合は私服でも構わないそうです。 この主婦の方の場合も私服で行ったようですがとくに差し支えはなかったとのこと。 ただTPOを踏まえた格好をすることが大切ですね。 その後採用が決まったあとも、私服でOKだと伝えられたようです。 配属先によって難しさが違う税務署のアルバイト 税務署のアルバイトは配属先によって仕事内容が大きく違うということが分かりました。 確定申告書の処理の補助を任された場合には知識がないと大変ですが、それ以外の場合なら簡単な事務作業で終わることがあります。 とくに大変さを感じる配属先は、PCの入力補助に配属された場合です。 まずは研修を行ってから実際の作業に入るようですが、最初は緊張の連続が続くとか。 慣れてしまうと淡々と作業をこなせるようになるようですが、その頃にはアルバイト期間が終わってしまうとのこと。 このような経験をすることは他にはなく、将来自分で確定申告をする際に大変役立つと思います。 また、短期アルバイトでも延長をお願いされることもあるようです。

次の

税務署のバイトの面接は・・・

税務署 短期 アルバイト

昨年短期で税務署の事務パート(データ処理、入力)の仕事をしていましたので、今年も今無職なので 長期の仕事は春からやりたいので、税務署に応募しました。 ところが、まず1署不採用がでて 落ち込んで、でもなかなか短期で年齢制限もないのは少なく昨年もやっているので、やっぱり 税務署の事務がいいと思い、他2署受けました。 2件とも案内ではなく、事務のデータ処理の仕事でエントリーし、エクセルの表作成の試験があったのですが、難しいものではなく問題なくでき、満点でした。 面接時の質問も今までの事務経験については全く聞かれず、昨年働いた税務署はどうして応募しないのか。 と聞かれたのみでした。 昨年働いた所以外に応募することはそんなにおかしいと思われるものなのでしょうか。 エクセル入力は100点だったので、どこで不採用を決めているのかわかりません。 担当者に不採用の理由を聞きましたが、当たり障りのない「総合判断です。 」しか言ってくれません。 年齢ですか。 と聞いても違いますのいってんばりです。 昨年経験があり、他事務職の経験も長く、エクセルの試験も満点だった(これは担当者が言ったので間違いないです)私が、不採用の理由がわかりません。 やぱり年齢でしょうかね。 昨年は49歳で今年は50歳です。 女性です。 ただただ、こんなに落ちて分からず、悲しいです。 3署も落ちて凄く辛いです。 *人事とか経験ある方いらっしゃいますか。 税務署のアルバイトやったことある方(学生ではなく主婦の方)、官公庁の採用に詳しい方、明るい方など返信お待ちしています。 また、同じように税務署を応募されて試験ができたのに落とされた方いらっしゃいましたらご意見お待ちしています。 エクセルの試験が満点あるいは高得点でない方はまず「お呼びでない」として不採用。 満点、高得点の人から「どの人にするか」選ぶと思いますから、なにかしら原因があると考えるべきです。 そこで「なぜ、以前に働いた税務署に応募しないのか」が大きなヒントだと考えます。 正採用は当然に国家公務員試験合格者なのですから、逆にアルバイトでしたら「年齢無関係、能力は高いほうが良い」ぐらいで、応募者の仕事への適性や人間性の問題などは問題にされることはないと考えます。 では、なぜアルバイトの面接をするかといえば「人間は一度会って話をすると、どんな人間かはわかるものだ」という理由からでしょう。 面接官が一度あなたと会って「これは、ちょっと、なんというか、あかんぞ」と言うのでしたら、一番初めの税務署アルバイトの時に断られてるはずです。 しかし、それはなく、一度は税務署アルバイトをされてるのです。 税務署は転勤もありますし、横のつながりが強い組織で、情報の共有性は非常に高いです。 これからの記述は相当失礼千万な推測ですので、不愉快になられると存じますので、先に謝罪しておきます。 前職場での評判が悪かったとか、自分が悪者ではないのだがトラブルに巻き込まれたとか(人間関係のトラブル)なにかしら、ご自身で「これかな?」と思うものがあったら、それです。 あってはいけない事ですが「セクハラの対象になった」被害者もこれになります。 被害者なのに「あの人はね、、」と噂されて、不利益を受けるのはたまったものではないのですが、ありえる事です。 被害を訴えた事をよしとしない(なぜ我慢しなかったという意識がある)のではないです。 事実など、まったく知らずに「あの人はね、、、」と噂されるという事実だけで不利益なのです。 噂の人って奴です。 公務員って、ご存知のように超保守的です。 「前に、そちらの署でアルバイトしてた人がこちらに募集してきた。 名前がこれこれって人。 同じアルバイトなら、そちらの署に応募する方がはるかに採用率が高いはずなんだけど。 なにかあった人なの?」 という問い合わせは99%の確率でしてると言えます。 税務署員でも女性が多くなりましたので、その署での「お局」によく思われなかったとか、ものすごく小さなことでも「もしかしたら、あれなのかしら?」と思う点はありませんか。 仲の良い友人関係が築けてると思っていたら、本人がいないところでは、悪口を言い出すという人もいまして、この悪口ってのが本人に思いもしない影響を与えてる可能性ってあるのです。 「噂」が本当かどうかより、噂の質が問題で「そういう噂の出る人は、やだな」となってるとしたら、今後、なんど税務署アルバイトに応募しても「お断り」されてしまうでしょう。 だとしたら「税務署のアルバイトなんて、頼まれても行かない」ってなるほうが、スッキリすると思います。 官公庁ではなく、一般企業でのアルバイト採用の経験ですと、確かに年齢は1つの要因になりえます。 下手に年齢が上のアルバイトさんですと、社員に遠慮が出て、表現が悪いですが「使い辛い」と感じる時がありますので。 事務系のアルバイトさんやパートさんですと、「使いやすい」「頼みやすい」というのは、重要なポイントです。 他には、ご質問を拝見する限りですと、文章が整理されていなくて、読み辛いです。 順序とか、句読点や改行の使い方とか、もう少し、読み手側が理解しやすい形にならないかと思います。 文章の書き方と話し方には似通う部分がありますから、面接では、そこに引っかかった可能性もあります。 また、以前に勤めた所を受けていないのも、確かにマイナスポイントですね。 質問者様のご事情は分かりませんが、予備知識なしですと、何かトラブルがあったのでは、と勘繰ります。 いずれも絶対ダメとなる条件ではありません。 でも、「採用試験」というのは、レベルを見る試験ではありませんからね。 エクセルの試験が難しいものではないというのは、それほど高度なレベルを求めていないということです。 質問者様以外にも、100点を取った人はいるでしょうし、100点は取れなかった人も、そこそこの点数は取っていたのだと思います。 似たような点の方で、質問者様が持っていたマイナスポイントを持っていない人がいたら、そちらを採用すると思います。 Q 税務署(地方の)で働くわけではないのですが・・・。 税務署では、パートや産休代理での採用はあるのでしょうか? Q2. 税務署では、確定申告シーズンなど、忙しい時期だけパートなんかを採用するといった事はありますか? もしあるとすれば、だいたい何月~何月なのでしょうか? Q3. そのような採用があった場合、どのような仕事内容になるのでしょうか? Q5. また、採用されたパートさんなどが、どこかの企業へ出向くということはありますか?(委託かなにかで) 以上のことで、毎日悶々としてしまいます。 困っています。 知っているQだけでもいいので、わかる方は教えてください。 A ベストアンサー Q. 臨時職員だと、勤務時間は何時から何時まででしょうか。 また、 交通費なんかは出ますか?そして、勤務曜日は普通に月~金でしょう か。 1です、こちらは勤務形態や署によっても違うと思います。 まず、申告期の臨時であれば9~5時が多かったです。 8時半~4時とかいう人たちもいました。 長期となると源泉や保険などの関係で9時半から16時とかも結構ありました。 受付などは午前担当、午後担当などに分かれて8時半から15時、10時半から17時などシフトもありました。 勤務は月~金で税金、保険がかからないように調整で休みを取る程度でしたが 年度や部署によっては月10日くらいの出勤に減らされたり 週休3日になってしまった人もいました。 メリットは組織が大きいのと重要な仕事に深く関わらないので 何かあったときに休みやすいことです。 (受付や電話などは穴があけづらいですが事務補助の方は比較的融通が利きました) また、10年くらい前は何年も更新し続けて、転勤のある職員さん以上に 税務署に詳しい「ヌシ」みたいな人もいましたが(間で適宜、契約しない時期を入れて調整) 最近は同じ人を長く雇う問題などもあり3年くらいで切られることもあります。 また Q.毎年その繁雑期だけ臨時職員として税務署で働く事はできますか?例えば、「来年も働かせてください。 」と申告しておくなど。 も#2さんもおっしゃっていますが、問題は「来年も」と言っていても 担当も替わってしまいます。 一番いいのは翌年の11月ごろに電話して「去年もやっていたんですが」と言って履歴書を送ることです。 私は大学時代は毎年先方から電話がかかってきました。 一応募集要項なんかも出しますが、学生時代は職員の子供などからのクチコミも多かったです。 やはり、個人情報やお金、数字に関わるデータや書類を扱いますから 身元という面や、「あまり広汎に不特定多数の人に」こられるよりは ある程度仕事も知っているし、同じ人に頼むほうが情報を見られる相手も少ないという面もあるみたいです。 また、まだ募集をしていない時期でも先に履歴書を送ってもいいといわれることもあります。 でも、前年度に履歴書を渡していても忘れられたりされそうだから やっぱり申告の時期が近くなってから申し込むほうが良いと思います。 申告期のアルバイト、4年続けてやりました。 その数年後、半年ちょっと受付や事務補助をやりました。 一度事情で辞めましたが、しばらくしてまた電話がかかってきて 他の部署だけど空ができて人を探してるから来てもらえないかといわれました。 一人くらいの欠員なら募集をかけてたくさん集まって選考に手間をさくより 内部事情やシステムを理解してる人に声をかけるほうが早いんだと思います。 自転車通勤の時は一日100円くらい出てた気がします。 電車の定期で通ってたときも一応交通費が出たけど 上限があったので、手出しがあった記憶があります。 臨時職員だと、勤務時間は何時から何時まででしょうか。 また、 交通費なんかは出ますか?そして、勤務曜日は普通に月~金でしょう か。 1です、こちらは勤務形態や署によっても違うと思います。 まず、申告期の臨時であれば9~5時が多かったです。 8時半~4時とかいう人たちもいました。 長期となると源泉や保険などの関係で9時半から16時とかも結構ありました。 受付などは午前担当、午後担当などに分かれて8時半から15時、10時半から17時などシフトもありました。 勤務は月~金で... A ベストアンサー おはようございます。 昨年税務署に行った時に補助役の女性を数人見かけました。 その時の服装はごく普通のセーターとかブラウスにスカートといった感じでした。 税務署の職員にしてはちょっと派手かも、と感じないではない程度です。 やっている仕事の内容と、就いている席から判断して、アシスタントだと納得しました。 それはともかく、面接はやはりスーツの方が無難で良いでしょうね。 それから動機に関して。 以前は私自身もそうでしたが、通常だと税金のことなど身近な問題ではないので関心も知識もほとんどありません。 ところが自営業の経理も自分でやらないといけなくなり、更に投資の税の申告もしたりと、知らないと困る(現実的には、損をする)ことが多くなりました。 ですから「仕事を通じて税金に付いての理解を深めたい。 これを自分だけでなく周りの者にも広めたい」といったようなことを伝えておけば良いのではないかと感じます。 こんな応答は模範的過ぎて、署員は聞き飽きているかもしれませんが、「お金が欲しいんです」などというあまりにも内容の無い答よりはましでしょう。 実際のところ税制も様々です。 面接の状況が思わしくないと感じたらこんな質問でもしてみると少し評価が変わるかもしれません。 おはようございます。 昨年税務署に行った時に補助役の女性を数人見かけました。 その時の服装はごく普通のセーターとかブラウスにスカートといった感じでした。 税務署の職員にしてはちょっと派手かも、と感じないではない程度です。 やっている仕事の内容と、就いている席から判断して、アシスタントだと納得しました。 それはともかく、面接はやはりスーツの方が無難で良いでしょうね。 それから動機に関して。 以前は私自身もそうでしたが、通常だと税金のことなど身近な問題ではないので関心も知識... Q 只今、求職中なのですが、臨時職員の求人(事務)があり、 明日履歴書を持参する予定なのですが、志望動機が上手くまとまりません。 過去の自らの職歴から見ましても、事務経験は3ヶ月(受付事務でした) ですし、それ以降は販売員をしておりました。 窓口業務も仕事の内との事ですので、人と接するのは好きですが、 デスクワークはほとんど経験がありません。 パソコンは慣れております。 正直に申しますと、定職が決まるまでの時間を無駄に したくないので応募するのですが...。 その場合でも「正職員になる為の勉強をしたい」 と述べた方がいいのでしょうか? 印象に残るような良い言い方があれば御指導下さい。 それと、面接なのですが、職歴、資格、志望動機以外に どのような事を聞かれるのでしょうか? 経験者の方、教えて頂けると嬉しいです。 A ベストアンサー 私のところでは、臨時だろうとアルバイトだろうと、かなり吟味をします。 私が面接するのなら、以下のようなことをお尋ねするでしょう。 Q1.志望動機を教えてください。 Q5.その他、自己アピールをお願いします。 あくまで、受け答えは明朗快活に、歯切れの良いことが好印象につながります。 最後に、相手がどういう意図で人材募集をしようとしているのかを踏まえないと、気持ちだけが空回りしてしまいます。 もし、産休・育休の従業員の「代用職員」だとすると、「正社員を目指します」と言われてしまうと引いてしまいます。 長期にしがみつかれても困るからです。 逆に、長期採用を見越した「試験採用」という意味での臨時職員であれば、長期の就業意思をアピールした方が効果的です。 採用する側の事情を察することができれば良いのですが、これはなかなか表には出しませんので、「正社員になるかどうかは御社の評価をいただけるかどうか次第ですが、とにかく誠心誠意勤めるつもりです」ぐらいが妥当でしょうか。 私のところでは、臨時だろうとアルバイトだろうと、かなり吟味をします。 私が面接するのなら、以下のようなことをお尋ねするでしょう。 Q1.志望動機を教えてください。 Q2.これまでの職歴で、具体的にはどんなことをされていましたか? (これは... A ベストアンサー 全然勉強は必要ないです。 確定申告期の短期バイトを4回 税務署の総合受付のバイトを半年 内部で事務のバイトを数ヶ月やっていました。 短期バイトさんは大抵、書類の整理が多いです。 仕分けとか、添付書類の整理とか、印刷されたデータと手書きとの照合とか…。 コンピューターでのデータの修正の仕事をする人もいたりします。 男性なら申告書の山を運ぶ仕事だったり。 それぞれ教えてもらえますし、半端な知識で自己判断されるよりは その都度質問してもらったほうが職員さんも助かると思います。 総合受付などをする場合は多少知識もあるほうが良いですが やってるうちに覚えますし、バイトの立場では答えてはいけないことも多いです。 確定申告期の「受付」は、受付番号を渡したり、割り振ったり、呼び込んだりが多いと思います。 事前に勉強をするとしたら、言葉に耳をならして置くとか 確定申告に来る人の所得の種類ですかね。 給与所得、年金、個人事業…。 でもこれらも教えてもらえますし、教えてもらいながら覚えるほうが言いと思うので 特に勉強せずに、教わったことをたくさん吸収する気持ちで行って下さい。 この時期学生、主婦、たくさんのアルバイトが来ます。 勉強してくる人は、まずいませんでしたよ。 全然勉強は必要ないです。 確定申告期の短期バイトを4回 税務署の総合受付のバイトを半年 内部で事務のバイトを数ヶ月やっていました。 短期バイトさんは大抵、書類の整理が多いです。 仕分けとか、添付書類の整理とか、印刷されたデータと手書きとの照合とか…。 コンピューターでのデータの修正の仕事をする人もいたりします。 男性なら申告書の山を運ぶ仕事だったり。 それぞれ教えてもらえますし、半端な知識で自己判断されるよりは その都度質問してもらったほうが職員さんも助かると思います... Q 来年の確定申告時に税務署でアルバイトをしようと思います。 家から通える範囲で2箇所の税務署に電話をして面接の予約を取り、今日1箇所面接に行き、明日もう1箇所に行きます。 明日の面接では、今日の面接のことを正直に言うべきかどうか迷ってます。 明日行く所の方が、若干近いので、できれば明日のところに採用されたらうれしいのですが。 でも他のところと二股をかけているのは、やはり黙っていたほうがいいのでしょうか?又、今日の面接の最後にパソコンのテストがあり、時間内に決められた文を入力するのですが、緊張と家とは違うパソコンに最後まで入力できず、少々落ち込みました。 パソコンの出来不出来はやはり合否に関係あるのでしょうか?皆様のご意見をお待ちしています。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー アルバイトの面接時のパソコンテストは、その業務によって 「速度」を求めている場合は速度、正確性を求めている場合は、 正確度の結果を見ると思います。 もちろん、速くて正確が一番いいと思いますが、速度が速くても 間違いだらけだったら・・・多分採用されないでしょう。 パソコンの結果は、もう出てしまっていますから、あれこれと 悩むのは精神衛生上よくありませんよ。 デンと構えて結果を 待ちましょう! 先に採用が出た方に行くことを決めて、もう1カ所の方は 先に採用が出た時点で断るということにしてもかまわない と思いますよ。 どちらか決まれば早めにもう1方を断ればその税務署も 次点の人を採用するでしょう・・・。 Q 税理士事務所でパートをはじめて3ヶ月目になります。 どうしても税理士事務所で働きたくて、パートでも何でも良いと思っていましたが実際入所してみると、 やりがいのある仕事はほとんどありません。 ほとんど未経験に近い状態で入所しましたので、今でも毎日毎日覚えることばかりで大変なんですが、仕事の内容は、大量の書類のファイリングと毎月の関与先の帳簿の入力が月に12件前後だけで、今後、5年いようが10年いようが、雑務的な仕事は増えるけど、いつまでたっても決算などは、させてもらえないようになっています。 できればあと1.2年ほど今のところでできるかぎり仕事を覚えて次を見つけたいと思っています。 しかし年齢的に30を超えていますし、 子供はいませんが結婚していますので、 今のうちから次を見つけながらのほうがいいかなぁ・・とも思うのですが・・・ アドバイスお願いいたします。 資格は、日商簿記2級、初級シスアド、MOUSワードとエクセル初級と上級 程度です。 A ベストアンサー 税理士事務所に正社員で勤めていた者です。 パートでの仕事内容はどこでも同じだと思います。 決算などの業務も行いたいということならば、今の職場に勤務しながらでも、早いうちに次を探した方がいいと思います(正社員で)。 若しくは、現在の職場で仕事内容を変えてもらい、正社員にしてもらうよう交渉することは無理でしょうか?または、「私は決算の仕事がどうしてもしたいので、1件でもいいので担当させてください」とお願いしてみてはいかがでしょうか? もし次を探すのであれば、少しでも有利になるよう、税理士、行政書士、社会保険労務士などの資格の勉強をされてはいかがでしょうか? ただ、ほかの方もおっしゃっていますが、決算などの業務を行うのはとても大変だと思います。 事務所によって違うと思いますが、残業も多いですし、営業的要素が強い事務所もあります。 体力的にも精神的にも自信がないと、なかなか長くは勤められないと思います。 ご希望の職種につけるよう、お祈りしております。 A ベストアンサー 臨時職員ではありませんし、特別職でしたので、ちょっと状況は違うのですが、 過去、数箇所の市区町村職員採用試験に合格した経験ある者です。 まず最初に申し上げたいのが、 市といっても、それぞれのカラーは、かなり違うんだということ。 非常に保守的な市もあれば、革新に燃えているような市もあります。 まずはそういったカラーを知り 広報等のあり方で、かなり分かります 、 今その市が目指している未来像を掴んでいくことが、大事でしょう。 大まかな外枠が掴めたら、次は、 そんな市のために、今の自分は何が出来るのか? を考えることです。 」 …例えば、こんな感じです。 この中の「地域ニーズに応える」という言い回しは、 市区町村相手ならば、比較的好まれるフレーズの1つですので、 履歴書のみならず、面接等でも、覚えていて損はない一言だと思います。 また、営利を伴う民間の企業などとは違い、 どんな方にも、公平さやクリーンさを保ち、正確丁寧に接せなければなりませんし、 言葉使いや身の振る舞いといった一般的常識の部分も、非常に重要視すると思います。 そういった点を踏まえながら、ご自分のアピール部分を前面に押し出せば、 きっと、悔いのない受験にはなると思いますよ。 頑張ってくださいね!! 臨時職員ではありませんし、特別職でしたので、ちょっと状況は違うのですが、 過去、数箇所の市区町村職員採用試験に合格した経験ある者です。 まず最初に申し上げたいのが、 市といっても、それぞれのカラーは、かなり違うんだということ。 非常に保守的な市もあれば、革新に燃えているような市もあります。 まずはそういったカラーを知り 広報等のあり方で、かなり分かります 、 今その市が目指している未来像を掴んでいくことが、大事でしょう。 大まかな外枠が掴めたら、次は、 そんな市のために... A ベストアンサー No. 1です。 聞いてきました。 まず、うちの奥さんに、自分は「スーツ着てるわよ!」って言われちゃいました(汗) バリバリのスーツという感じではありませんが、ちょっとカジュアルなスーツって感じのものだと思います。 職員さんは、スーツがベスト、でも、地味系なら多少カジュアルでもいいって感じのようです。 ちなみに、うちの奥さんは「COMME CA DU MODE」の服を愛用しているようです。 taido. 奥さんのアドバイスは次の通りです。 ・ジーンズ生地のもの(スカートやジャケット)はNG。 ・ミニスカートはNG。 ・職場がら納税者の方が来られるので、地味系のもの(黒とか茶系)の方がベター。 ・スーツは不要。 ・今の時期だと、アルバイトさんは、大抵、上はセーター、下はスカートという格好の人が多い。 とのことです。 要は、職場柄、派手な服装は避けて、納税者の方に見られてもおかしくない格好ということになるかと思います。 こんなんで、参考になりますでしょうか。 1です。 聞いてきました。 まず、うちの奥さんに、自分は「スーツ着てるわよ!」って言われちゃいました(汗) バリバリのスーツという感じではありませんが、ちょっとカジュアルなスーツって感じのものだと思います。 職員さんは、スーツがベスト、でも、地味系なら多少カジュアルでもいいって感じのようです。 ちなみに、うちの奥さんは「COMME CA DU MODE」の服を愛用しているようです。 taido. 奥さんのアドバイス...

次の

面接官は素人!公務員(税務署)のアルバイト面接に余計な心配は不要|矢駒の人生再出発!

税務署 短期 アルバイト

仕事内容 配属先の部門によって様々な業務があります。 PC入力を得意とする人は入力中心の仕事になる可能性大です。 その他の事務処理は書類の整理やチェックといったもので、さほど難しいものではありませんが毎日大量の書類に囲まれて仕事をすることになるでしょう。 いずれにしても正確さが肝心の仕事といえます。 時には書庫に入って脚立に登り、書類をはさんだ分厚いバインダーを何十冊もはこんで別の棚に移動させる、といったような力仕事をすることもあります。 確定申告をしに来る方は職員と面接をしたあと申告内容をPC入力をしなければなりません。 その際、PCが苦手な方も大勢いらっしゃいますので入力をサポートするという仕事です。 2~3日ほどの事前研修で確定申告についての大まかな説明があり、確定申告用のフォームを使っての入力を練習し本番に臨みます。 最初のうちは見慣れない書類や聞きなれない用語に戸惑うことも多々ありますが、分からない時は手をあげて職員を呼び対応してもらいます。 会場のそのほかの仕事としては、会場案内係、PC入力後のプリントアウト係、来場者に番号を渡し番号順に説明・案内する係、などがあり、いずれも接客がからむ仕事となります。 応募資格 特にこれといって必要な資格などはなく、だれでも応募できます。 PC入力ができる方が有利ですが、全くPCを使わない業務もありますので、PCが不得意でも諦めずにチャレンジしてみてください。 部署ごとに仕事内容も雇用期間も異なるので希望がある人は面接の時にはいつからいつまで働けるのか、どんな業務がしたいのかをはっきりさせておきましょう。 応募には年齢の壁はなく、大学生もいれば50代の人もいます。 男女の割合としては8割がた女性で、主婦が多いです。 これは主婦の応募が多いからだと思われます。 毎年男性も採用されています。 募集人数は各地税務署によって異なりますが、何十人単位でかなり多くの人数となります。 けれども「経験者歓迎」となっている場合が多く、実際リピーターが多く採用されていますので、初めて応募する人にとっては思ったよりも狭き門かもしれません。 しかし、一度採用されると毎年この時期には仕事がある、とも言えるわけです。 また、接客の仕事の経験がある場合は会場での仕事を勧められるでしょう。 身だしなみ 細かい決まりなどはありません。 税務署の仕事だからといって堅苦しいスーツなどを用意する必要はありませんが、あまり奇抜な服装は避けるべきでしょう。 会場勤務の場合はほぼ一日立ち仕事ですので、あまり窮屈な格好よりは楽に動ける服装がよいです。 足元もキツめのパンプスなどよりはスニーカーなどのほうが安心です。 とはいえ、会場来場者からはバイトも税務職員と見られていますので不快感のない身だしなみをすることは最低限ひつようでしょう。 特に、PCサポート担当者はせまいブースで来場者とかなり接近した姿勢で入力する場面が頻繁にありますので、清潔感を心がけるべきと言えるでしょう。 待遇・時給 派遣会社へ応募する人と、直接税務署に応募する人があり、同時期に同じところで働いていても待遇・時給に若干違いがある場合があります。 同じ税務署でも採用する派遣会社が毎年変わることがあり時給もそれに伴って変わります。 派遣の場合はほとんどが会場でのPC入力サポートの仕事をすることになるでしょう。 派遣会社によっては経験者は時給の面で優遇されることもあります。 税務署内での勤務を希望する人は直接税務署に応募したほうが良いと思います。 勤務時間は派遣、税務署雇用共にだいたい8:30~17:00までの間の4~6時間勤務ぐらいが多いと思います(各税務署によって異なる)。 お昼の休憩は45分~1時間。 忙しくなってくると残業を頼まれることもあります。 残業代はきっちりもらえるので安心です。 時給は800~1000円前後。 これも各税務署によって異なってくるので、通える範囲に複数の場所から募集が出ている場合は時給を比べてから応募しても良いかもしれません。 ただし、交通費が全額支給されるとは限りませんし、できれば自宅から近いほうが採用されやすいでしょう。 大変さ・裏話 確定申告をしたことがない人にとっては、配属先によっては業務が難しく感じることもあると思います。 特に会場でのPCサポートに配属された人は最初のうちは緊張の連続かもしれません。 2~3日の研修だけで確定申告のすべてのことを理解しPC入力するのは無理な話です。 けれど数をこなすうちにコツをつかめるようになってくるものです。 分からなければお客さんに待っていただいて職員を呼べば良いのです。 職員もバイトが自己判断で間違った入力をして終わらせてしまうよりも、その場で職員を呼んできちんと確認してほしいと思っているはずです。 また、そのような苦労を共にがんばれるバイト仲間がたくさんいますので、雇用期間が終了する頃には良い友人ができたり、カップル誕生なんてことも有り得ます。 もちろん、確定申告についての知識が身につき、税金についてのニュースに敏感になったりします。 毎年リピーターがたくさんいるということからもやってよかったと思う人が多い仕事だと言えるのではないでしょうか。 また、税務署は3月が期末となっているので、3月末で全員が一旦雇用終了となりますが、確定申告関連の業務は4~5月頃まで続いています。 ですので、4月からのバイトの募集がかかるばあいがあります。 採用人数はごくわずかですので、実質は3月末までに数人に声がかかり、期間延長となることも多いようです。 延長したい人は採用担当者に聞いてみても良いかもしれません。 ただしこれもほとんどリピーターが採用されるようです。 税務署のバイト体験談 男性 税務署では、臨時職員としてアルバイトを募集しています。 2月から3月までの確定申告の時期のみの短期でのバイトとまた長期で働く臨時職員のバイトもあります。 確定申告の時期は、税務署が一番忙しい時期に職員のアシスタントをします。 学生の春休みと少し重なったりするので、学生も多いし主婦も多いです。 入れる日数によって、担当の部署を変えてくれたりするので、学生さんとか授業との都合に合わせて働きたい場合でも一度相談してみると、それでも人が足りないからと入れる時だけ入れてくれることが多いと思います。 あまり体験することができない公務員の仕事を体験できるので、とても勉強になると思います。 男性 短期間アルバイトとして税務署で働いていました。 確定申告の時期だけ受付として働いていました。 質問内容のある人は税理士に対応してもらったりしながら書類の受け渡しを行っていました。 面接時は、パソコンが使えるか、あと、身なりなどチェックされてました。 アルバイトEX-Press編集部 アルバイトEX-Press編集部です。 皆様のお役に立つアルバイト情報をお届けすることライフミッションにしております。

次の