えきねっと トク だ 値 35。 お先にトクだ値取れない!売り切れ?座席数少ない?

新幹線に乗るなら学割と「えきねっと」はどちらがお得?

えきねっと トク だ 値 35

しかし、 この「お先にトクだ値」ですが、予約開始日 乗車日の1ヶ月前 から一週間以内に予約してみたけど、通常の平日でも予約を取ることができなかったというケースはよくあります。 特に、GWや年末年始の長期休暇は予約が取り合いとなります、先ほども述べたように、事前予約でも予約が取れないケースもあり、予約開始日に予約を入れようとしたけど間に合わないこともあるかと思います。 えきねっとトクだ値のよりお得なサービスを受けたければ、早めの予約が欠かせないのです! えきねっとトクだ値『事前受付』しても取れない? さて、えきねっとトクだ値の「事前受付」とはどういったシステムなのでしょうか。 まず、お先にトクだ値や、えきねっとトクだ値の「事前予約」はどんなものなのか?を分析しながら、そもそもえきねっとトクだ値の予約が取りづらい理由を検証してみましょう! えきねっとトクだ値「事前受付」とは? 通常、乗車日1ヶ月前の午前10時より乗車券・特急券の購入が可能となります。 しかし、この販売開始日1週間前の午前5時30分から、乗車1ヶ月前の午9時54分まで事前の申し込みをすることができます。 このサービスを利用すれば、発売開始日に駅窓口へ並ぶ必要もなくなりますし、乗車日1ヶ月前の販売開始日を意識しなくても、事前受付で余裕をもった予約をすることができます。 えきねっとトクだ値が取れない? この「事前受付」ですが、気をつけなければならない点があります。 「事前受付」は予約を確定する保証はないということです。 この「事前受付」システムを利用しても、実際は1ヶ月前の販売開始日を待って、「事前受付」から本予約へと処理がされます。 そのため、年末年始・ゴールデンウィークなどの繁忙期は、販売開始日に予約を入れた人のほうが早く予約できる場合があります。 予約を任せている状態なだけなので、「事前受付」をしたからといっても予約が完了してはいません。 混雑しない通常の平日ならば問題ないかもしれませんが、長期休暇の繁忙期は、「事前予約」をするのではなく、ご自身で発売日当日に予約を入れたほうがいい場合もあります。 また、4名までの同時予約が可能ですので、予約人数が4名以上の場合、予約がとれたグループと、とれなかったグループが出てきてしまう場合もあります。 かといって、事前予約をした後に、再度予約をいれてしまうとダブりのチケット購入が完了してしまう恐れもありますので十分に注意しましょう。 えきねっとトクだ値売り切れはよくある! 事前受付が、乗車券・特急券の確定予約に繋がらないということは理解できました。 えきねっとトクだ値の座席数は限られている! なぜ、えきねっとトクだ値の売り切れはよくおこるのでしょうか?えきねっとトクだ値はとてもお得だから!ということも理由の一つですが、実はえきねっとトクだ値で利用できる座席数には限りがあるからです。 当然、えきねっとトクだ値を利用していない方々も新幹線は利用します。 全ての座席に、えきねっとトクだ値の割引が適応していたら、割引の意味がなくなってしまいますよね… なかには、2人分のチケットを予約しようとしたけれども、2人分では予約することができず、1人分であれば予約ができたというケースもあります。 また、えきねっとトクだ値のチケットが売り切れになっていたけれども、実際新幹線に乗ってみたら車両内はガラガラだったというケースもあるそうです。 えきねっとトクだ値の座席数は少ないかも 実際の座席数は公表されていませんので、はっきりとはわかりませんが、えきねっとWebサイトにも「座席数には限りがあります。 」という注意書が様々なページに書かれています。 日程・車両によっても、割引が受けられる座席数が異なっているかと思います。 特に「お先にトクだ値」は、通常期の平日でも1週間以内に売り切れるくらいなので、座席数というのは相当限られていることと思います。 お得な情報には限りがあるものですから、えきねっとトクだ値の座席数には制限があり、売り切れる可能性が高いことを覚えておきましょう。 お先にトクだ値取れない まとめ いかがでしたでしょうか。 お先にトクだ値やえきねっとトクだ値は、とにかく安くてお得だけども、かなりスピードを要求されますね!早め早めのご予約がカギを握ります!.

次の

【ビジネス・観光に使える】「えきねっとトクだ値」を紹介

えきねっと トク だ 値 35

えきねっと トクだ値での区間外乗車について教えてください。 この場合、ケース2-Bでは、東京駅の有人改札で清算するか 一旦改札外へ出てからトクだ値の切符で 入場しなおすことになると思うのですが ケース1のように新幹線用の改札を通らない場合は どの時点で清算が必要ですか? (終着の日立駅での清算でも問題ないのでしょうか?) また、ケース2-Aのように、トクだ値区間と新幹線の 乗車区間が異なる場合はどこの駅で清算すべきでしょうか? (品川駅ですか?それとも東京駅ですか?) トクだ値は、(乗車券の距離により)東京都区内や東京山手線内の特定ゾーンの適用がされる割引きっぷとなります。 したがって、 ケース1は東京山手線内適用 ケース2はABとも東京都区内適用になります。 在来線利用の場合は品川で一旦改札を出て精算するのは面倒ですから、横浜~品川のきっぷを買って乗車するのがベストですね。 ただSuicaを利用する場合は、入場履歴だけがつき、出場履歴が付かないため、面倒でも品川で一旦改札外に出ることになります。 また、日立もSuicaエリア内なので、日立下車時にSuicaの精算(横浜~品川)をすることも可能かと思いますが、慣れない駅員だと時間がかかり非効率です。 ケース2の場合は、東京までではなく、横浜~蒲田までの乗車券で大丈夫です。 東京都区内の境界駅は横浜方面は東海道線経由ならば蒲田です。 横須賀線経由ならば、西大井ですね。 新幹線利用の場合は、Suicaの自動精算を自動改札機で可能です。 東京駅の新幹線改札をくぐるとき、トクだ値を入れたあと、横浜でかざしたSuicaをタッチするだけで自動精算できます。 新幹線自動改札は合計4枚まで同時に認識できます。 まず誤りを訂正します。 品川-東京は東海道新幹線ですので、JR東日本は関われないので。 従って、2-Bを利用することになります。 1の場合は、車内(常識的には特急ひたち)で車掌に申し出て精算するか、目的地の駅の有人改札で品川までのきっぷ運賃を精算することになります。 Suicaで入った場合も同様です(Suicaエリアの駅の場合は、同時に入場記録をクリアします)。 ただ、Suicaで入場した場合は、面倒を避けるためには、特急ひたちを品川から利用する場合、一旦品川でSuicaを使って出場し、あらためてトクだ値で入場するのがよいでしょう。

次の

新幹線に乗るなら学割と「えきねっと」はどちらがお得?

えきねっと トク だ 値 35

「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」は 通常のきっぷと比べて制限がございます。 お申込み前に必ずお読みください。 列車・席数・区間には制限があります。 「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」は、対象列車の停車駅に設定いたします。 実際の乗車区間にかかわらず、お申込みの際の乗降駅は、設定区間の駅名を入力してください。 列車ごとに停車駅は異なります。 通過駅には設定がございません。 「設定区間・割引率・設備」に記載していない駅を発着とする設定はございません。 お申込み期限がございます。 えきねっとトクだ値(乗車券つき) 乗車日1ヶ月前の午前10時00分から 乗車日当日の午前1時40分まで (なお、発売期間最終日がの場合は 乗車日前日の午後11時40分まで) お先にトクだ値(乗車券つき) 乗車日1ヶ月前の午前10時00分から 乗車日13日前の午前1時40分まで (なお、発売期間最終日がの場合は 乗車日14日前の午後11時40分まで)• 設定日・区間・割引率は「予定」であり、予告なく変更となる場合があります。 設定席数に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、ご了承ください。

次の