プロパンガス アパート。 賃貸アパートのプロパンガス料金が高い本当の理由とは?

アパート経営にプロパンガスを選ぶ理由とガス会社の選び方を解説

プロパンガス アパート

入居者に知らされないプロパンガスの秘密 不動産投資家の間では有名なだが、一般的な入居者は知らない公然の秘密がある。 それは、都市ガスに比べて圧倒的にプロパンガスの代金が高いことが多いという事実だ。 誤解の無いように言うと、プロパンガス会社の中にも良心的な会社は存在し、中には都市ガス顔負けの低料金で優良な顧客を獲得しているところも存在する。 だが、賃貸マンションやアパートで導入されているプロパンガスの場合、都市ガスよりも代金がかなり高いことが多い。 それには理由がある。 プロパンガスが高い理由 マンションやアパートを新築する際に、オーナーとプロパンガス会社の間で契約が締結されることが多い。 賃貸物件にプロパンガスを契約する見返りとして、プロパンガス会社がオーナーに対してエアコン、給湯器、インターホン等の設備を無償貸与するというものだ。 その結果、オーナーは割安な金額で新築マンション・アパートを建築することができる。 もちろん、プロパンガス会社も商売だから、負担した設備代金はその後回収する。 つまり、入居者に対してガス代に上乗せして回収するのだ。 だから、一般的に都市ガスよりもプロパンガスのほうがガス代が高いことが多い。 不動産投資家の中では有名な節約ノウハウ 不動産投資家の中には、中古で物件を購入するとすぐに、プロパンガス会社を切り替える人たちもいる。 その代わりに古くなった給湯器やエアコンを無償で新品に交換してもらう。 より多くの設備を無償で設置してくれるプロパンガス会社を有償で紹介するコンサルタントもいるくらいだ。 このノウハウについては、書籍等で広く知れ渡っているため、活用している投資家も多いと聞く。 不満を募らせる入居者たち しかし、このような割高なガス料金を請求するプロパンガス会社への切り替えが進むにつれて、割高なガス代金に対して不満を抱く入居者も増えてきた。 中には、都市ガスに比べて2倍近いガス代を請求されているケースもあり、消費者センターへの苦情も増えていると言う。 入居者の中にはプロパンガス会社に値下げを要請する人たちもいるらしいが、既にプロパンガス会社はオーナーに設備代金を投資している。 実際には引き下げされることはほとんど無い。 また、入居者もプロパンガス会社を変更することはできない。 プロパンガスのカラクリが公に そんな増加する苦情に業を煮やした経済産業省が今回のお達しを出したというわけだ。 今後、賃貸契約を締結する際には、不動産仲介会社は契約書にプロパンガス会社の名称を記載することが求められる。 今までは、入居者は実際に入居するまではどのプロパンガス会社なのかすら知らされないケースが多かった。 当然、ガス料金についても知らされない。 今後は、入居者がプロパンガス会社に問い合わせた場合、ガス料金について回答するよう強制される。 また、オーナーに設備を無償貸与している契約によって、割高なガス料金を請求する場合は、その旨を入居者に説明する義務が生じる。 プロパンガス物件は客付け困難に 今後、ガス代金が高いことが公然となるプロパンガス物件は入居者が敬遠するようになるだろう。 最近の新築アパート建築会社の中には、都市ガスエリアにも関わらず敢えてプロパンガス会社を入れることによって建築費用を抑えるところも多い。 そのカラクリは別記事で詳細に解説しているので、良かったら読んでみてほしい。 関連記事• このような新築アパートはますます入居付が困難になるだろう。 設備台が無償になるからと言って、安易に高額なガス料金を請求するプロパンガス会社と契約することの無いようにしたい。 関連記事 初心者が区分マンション投資をする際の注意点をわかりやすく説明しています。 融資が厳しい今でもできる不動産投資手法を解説しています。 初心者が不動産投資を始める前に読んでほしい記事をまとめています。

次の

賃貸アパートのプロパンガス料金が高い本当の理由とは?

プロパンガス アパート

アパートやマンションなど集合住宅にお住いで、プロパンガスをご利用中の方は「ガス料金が高い」とご不満に感じている方が多いかもしれません。 プロパンガスの料金は都市ガスと比べて高いと言われていますが、実は一戸建て向けの料金ではそこまでの金額差はありません。 ところが、集合住宅のプロパンガス料金は、一戸建てと比べると非常に高値で設定されているケースが多くあります。 下記に記載する通り、集合住宅のプロパンガスは「入居者が気軽に切り替える」ことができないため、多くの場合には必要以上に高い料金設定をされているのです。 その原因は、アパート・マンションの設備費用と大きな関わりがあります。 お引越し先建物がプロパンガス対応の方は、当社ではなく「すでに決まっているガス会社」で開栓の手続きとなりますのでご注意ください。 賃貸の集合住宅のプロパンガス 賃貸の集合住宅では、必ず建物の「持ち主」がいらっしゃいます。 個人の大家さん・オーナーの場合もあれば、法人の場合もあるでしょう。 集合住宅の場合、プロパンガスの事業者は、部屋ごとに契約をする前に持ち主(この先、オーナーとします)と契約を締結することになります。 つまり アパートやマンションなど通常の集合住宅の場合には、ガス会社は一部屋ごとに契約する前に、ガス会社とオーナーが一棟まとめて契約しています。 前提として、借主の方が一部屋ごとに違うガス会社を選ぶことはできません。 プロパンガス会社がオーナーと契約する際、本来であればオーナーが負担すべき建物の設備を修繕・交換する費用、例えばエアコンや給湯器などをガス会社がサービスで負担するということが、通例・いわばプロパンガスと不動産業界の常識となりつつあります。 プロパンガスの事業者としては、このようなサービスを行うことによって、少しでも多くの顧客を獲得したいという狙いがあります。 また集合住宅の契約では、ある程度まとまった顧客数が確保できる上、複数年契約を結ぶことが多いため事業者のメリットが大きいのです。 複数年契約は、オーナーとガス会社が10年や15年など長期間の供給契約を結ぶもので、事業者としては「設備費用を負担する代わりに、解約しないでください」ということになります。 費用負担したのに、すぐ解約されてしまっては赤字ですので当然だといえるでしょう。 集合住宅でのプロパンガス料金は、ガス会社がこのような設備費用の負担があることを加味した上で、料金設定を行います。 従って、集合住宅でのプロパンガス料金は高くなってしまう傾向にあるのです。 また賃貸物件の入居者は「ガス会社を変更する決定権」を持っている訳ではありません。 あくまでも決定権はオーナーが持っているため、ガス会社側としては「解約されてしまうリスク」というものが引っ越されない限りはありません。 そのため 集合住宅のプロパンガスは相場の金額自体が高いという側面があることも事実です。 設備投資を受けていない建物であったとしても、必要以上に高く設定されていることが多くあります。 一方で一戸建て住宅の場合、そのような設備負担の慣習はないため、ガス会社としては個々のお宅で限界値まで料金を下げることが可能となります。 集合住宅にお住いの方が、ガス代を安くするには それでは集合住宅のプロパンガス料金は安くできないのかというと、そんなことはありません。 安くすることはできるのですが、ハードルはやや高めとなります。 まず、上述している通り 集合住宅の場合には、1部屋ごとに別のプロパンガス会社と契約することはできません。 ガス会社を変更するためには、オーナーが承諾し、建物自体の契約を変更する以外に方法がないのです。 プロパンガスはボンベから供給されるため、建物の脇に必ずボンベがあります。 1部屋ごとに違うガス会社と契約してしまうと、会社ごとにたくさんのボンベが並ぶことになってしまいますので、物理的に極めて難しいと言えます。 また、上記をお読みいただいた方はお察しかと思いますが、そもそもオーナーが許可をしない可能性が高いでしょう。 まず、プロパンガスは一棟ごとで同じ事業者と契約になるのが通常だということをご理解ください。 ポイントは、ボンベがその部屋専用になっているかどうかです。 その場合には、オーナー様か管理会社へガス会社変更の許諾を得た上で当社へご連絡ください。 ボンベが建物の入口部分など一か所にまとめて設置してある場合、他の部屋との共有となりますので一部屋だけ違うガス会社を選択することはできません。 集合住宅にお住いの方が、ガス代を安くする方法は大きく分けて以下の2つです。 オーナーに「ガス代が高いので、安くなりませんか?」と聞いてみましょう。 成否に関しては何とも言えませんが、聞くだけ聞いてみるというのは良いかもしれません。 もしかするとオーナーがガス会社と料金について掛け合ってくれる可能性もあるでしょう。 ガス会社側が交渉に応じたならば料金を安くすることができます。 また入居者様自らガス会社に電話してみるのも一つの方法でしょう。 プロパンガス料金は自由料金制ですので、「交渉の結果、安くできた」というケースもあるようです。 ガス会社の変更を検討していただけるようでしたら、当社がお力になることができます。 ガス会社を変更することで、ほとんどの場合、入居者のガス代を安くすることができます。 しかし、入居者の方がオーナーにガス会社の変更を「決断」してもらうことは難しいでしょう。 「ガス会社を変更することによって、オーナーにどのようなメリットがあるのか」などの詳細を具体的に説明しなければ、当然ながら変更には応じてくれません。 入居者の方にしていただきたいことは 「オーナーと交渉できる場をつくっていただくこと」です。 (または管理会社でも構いません。 ) 具体的な説明は当社やガス会社が行いますので、入居者の方にはオーナーに「プロパンガス会社の変更を検討していただける状況」にしていただくだけで構いません。 その後の交渉はすべて当方が行います。 オーナーや管理会社とお話しする際には「ガス会社を変えればガス代が安くなるみたいだけど、電話かけさせるので検討してもらうことは可能ですか?建物の設備でもメリットがあるようなので。 」というような形で、当社から電話がある旨をあらかじめお伝えください。 会社を変更することによって、オーナーにはどのようなメリットがあるかについては、オーナーと話をする際の参考にしてください。 オーナーが「検討してもいいよ」ということでしたら、以下のどちらかの方法で当社までご連絡ください。 ご連絡いただく際には、物件のご住所、現在ご契約中のガス会社、オーナー様(または管理会社様)のお名前とご連絡先を伺うことになりますので、あらかじめご用意ください。 こちらの場合には、入居者の方から当社へご連絡をいただく必要はございません。 オーナー様のご都合の良い時に当社までご連絡ください。 同じように、物件のご住所と契約中のガス会社名を伺った上で、具体的な説明を致します。 ガス会社を変更することによって、オーナー様にも入居者様にもメリットが多くあります。 損になるということは絶対にありませんので、料金についてお困りの方は上記の手順をご検討ください。 分譲の集合住宅にお住いの方 分譲の集合住宅で、プロパンガス会社を変更するには、管理組合での議決が必要となります。 賃貸住宅の場合と同じく、1部屋ごとで別のプロパンガス会社と契約はできず、1棟でのご契約となります。 ガス会社を切り替えることによって、ほとんどのケースでガス料金を安くすることができます。 管理組合の総会での交渉・プレゼンなどはガス会社や当社が行いますので、事前手続きとして以下の2点、どちらかをお願いすることになります。 このどちらかを行っていただきましたら、その後の手続きはすべて当方で承ります。 どのようにしたら良いのかわからないという方は、お気軽にご連絡ください。 プロパンガスの会社を変更する上で重要な点が以下の2点です。 ガス会社を変更することにより、料金を安くすることができるだけでなく、ケースによっては建物の共有部の設備変更をすることも可能です。 例えばインターホンを最新型に変更する、共有部の電気をLEDに変更するなどの付加サービスを付けることが考えられます。 その他のメリットとしては、賃貸住宅のオーナー様の場合と重なる部分が多くありますので、も併せてご覧ください。 どこまでのサービスが可能なのかに関しては、建物の現在の状況はもちろん、その他ケースによって大きく異なることになります。 当社では上記の情報を伺った上で、最もサービスが良く、料金を安くすることができるガス会社への取次ぎを行っています。 ご興味をお持ちいただきましたら、まずは当社までご相談ください。 公営の集合住宅にお住いの方 県営、市営、町営など自治体が運営する集合住宅にお住まいの方は、比較的簡単に乗り換えをすることが可能です。 特に物件を保有しているのが自治体である場合には、上述したような設備投資が行われていないことが通常です。 つまりガスの供給だけが行われているので、違約金などの交渉の必要がないのです。 またプロパンガスの乗り換えは、メーターとボンベを交換するのみで非常に簡単である上、自治体の担当者としても入居者のガス代が安くなることに関しては何の問題もないという考え方が通常となっています。 公営住宅にお住まいの方でガス会社の変更をご検討されている方は、まず物件を管理する自治体へとご連絡ください。 担当者の名前がわかりましたら交渉はこちらで行いますので、「ガス会社変更を検討してもらえるかどうか」をご確認ください。 検討することが問題ないようでしたら、当社へとその旨ご連絡ください。 具体的なガス料金について 一戸建て用のページをご覧になった方はお気づきかもしれませんが、こちらの集合住宅用ページでは最安値料金を掲載しておりません。 集合住宅でプロパンガス会社を切り替える場合、どの会社も 現在の料金を確認してから、切り替え後の料金を提案しています。 決まった最安値料金などが提示されていないため、当社としてもページ上に公開ができないという状況です。 ただ、ガス会社としては、「現在のガス料金よりも安くする」ということを明言しています。 従って、まずはガス料金を下げるということを前提とした上で、設備負担などのサービスをどこまで付加できるかということを検討することになります。 集合住宅の場合には、従量料金の金額差が一戸建ての場合以上に大きくなります。 高いケースではとんでもない金額で設定されていることもあれば、限界近くまで安いこともあります。 それに加えて設備費用の負担がセットのようになっていることから、ガス会社としても決まった料金を設定しづらいという状況です。 現在のガス料金がよほどの安値でない限り、上述したように料金を安くした上で設備負担をすることができるので、建物(オーナー)としても入居者様としても切り替えるメリットが大いにあると言えます。 プロパンガスは自由料金制 プロパンガスは、日本全国で使用されているライフラインのサービスでありながら、「自由料金制」が採用されているサービスです。 自由料金制とは、その名の通り 「ガス料金はガス会社が自由に決められる」ということです。 対照的に都市ガスなど、その他のライフラインサービスに関しては多くの場合、国による許可制となっています。 つまり「国の許可を得た料金プランでなければ、供給することができない」のです。 この場合には、消費者にとって不利になるような高値には設定できない仕組みが出来上がっています。 プロパンガスの料金は自由であるため、ガス会社がどんなに高い値段で設定しようとも罰せられることはありません。 プロパンガスの料金がピンきりなのはこのためなのです。 上述しましたが、ガス会社に交渉して安くできる可能性があるというのもこのためです。 プロパンガス料金は、供給するガス会社の一存によって、高くも安くもなるサービスなのです。 当社に今までいただいた相談のなかでも、とんでもない高値に設定されているケースが多くありました。 おそらくこのページをご覧になっている多くの方も、「ガス代を安くしたい」と考えているかと思います。 プロパンガス料金は、黙っていればガス会社が自動的に安くするということはまずありません。 誰かがアクションを起こさなければ変わらないのです。 集合住宅にお住まいの方でガス代に悩んでいる方は、おそらく相当な数にのぼるかと思います。 このページ並びに当社が、ガス代を安くするための一助になれば幸いです。

次の

アパートオーナー様・大家様

プロパンガス アパート

プロパンガスの簡単比較一括見積もりサービスなら、手軽に複数のプロパンガス販売店の見積もりを手に入れられます。 持ち家戸建てにお住まいの方、賃貸住宅・店舗オーナーを対象とした無料サービス!ぜひご利用ください。 ・対象:戸建て持ち家の方、賃貸物件や店舗のオーナー ・ ・電話受付:年末年始除く毎日 午前10時-午後9時 アパートやマンションでプロパンガス(LPガス)の契約を行うのはオーナー こと、そして消費者が販売店を選べることをご存知の方は多いと思います。 しかし実際のところ、自由にLPガスを選択できるのは戸建ての持ち家にお住まいの方だけ。 アパートやマンションなどの集合住宅にお住まいの場合、入居者それぞれが自分の好きなLPガス会社を選ぶことは、残念ながらできません。 なぜ集合住宅の入居者はLPガス会社を選べないのか? 原則として、集合住宅一棟につき、ひとつのLPガス会社が供給を行っています。 入居者ごとに会社を選べないのは、一棟の建物内で複数の会社がガス供給を行おうとする場合、設備の設置や管理、それにかかる費用を各々の会社へ振り分けるのが難しいということが理由です。 (ただし、メゾネットタイプの住宅などで、LPガスを個別に供給する前提があればガス会社を個別に選べます) 例えば、LPガス供給に必要な設備であるガス管ですが、同じ建物内であれば、たとえ複数の世帯が住んでいたとしても、世帯ごとに違うガス管があるわけではなく、建物に住んでいるすべての人が同じガス管を共有することになります。 このような理由から、アパートやマンションなどの集合住宅において、LPガスの契約は 建物一棟に対して一つの販売店が行うのが原則となっています。 そして、集合住宅を代表して契約を行うのは 建物のオーナーです。 賃貸であれば大家さんや不動産管理会社、分譲マンションのように、入居者が複数で建物を所有している場合は管理組合が契約者となるでしょう。 建物全体を所有していない個々の入居者には、建物全体に供給されるLPガスに対する決定権がないのです。 集合住宅のLPガス料金は高くなりがち 入居者が直接LPガス会社と契約していないので、ガス料金が高くなってしまいがちです。 集合住宅において、毎月を支払っているのはもちろん入居者の皆さんです。 しかしその一方で、入居者には会社との契約を行う権利がありません。 そのため、入居者の利益は後回しにされてしまうことが多く、高いガス料金を払わされるケースも残念ながら発生しやすいと言えます。 例えば、集合住宅のオーナーは、物件を貸したり売ったりするためにLPガス供給の設備を整える必要があります。 その際に、地域に複数あるガス会社の中から一つを選んで契約を結ぶわけですが、オーナー自身が実際にガス料金の支払いを行うわけではありません。 支払いを行うのは建物に住んでいる入居者たちです。 すると、「料金が安いかどうか」という基準は選択の上での重要項目から外れてしまいがちです。 それどころか、「知り合いがやっているから」などと、入居者の損得に全く関係ない基準で選ぶこともあるので、結果として入居者が高いを払うことになってしまうのです。 また、戸建ての持ち家であれば、LPガス販売店と契約を行っているのは、実際にガス料金を支払っている人です。 そのため、仮によりも高い金額のガス料金を請求したり、正当な理由なしにを続けたりすれば、解約されてしまうリスクがあるのは当然です。 しかし、アパートやマンションにおいて、契約者はガス料金を支払っていない建物のオーナーです。 そのため、たとえLPガス会社が高い料金を請求して入居者から悪い印象を持たれたとしても、契約者に実害が及ばないため、解約されてしまう危険性は低いのです。 このような理由から、ガス会社は集合住宅でのガス供給において、強気な値段設定を行いやすいのです。 アパート・マンションでプロパンガス(LPガス)の契約変更をするには? 上にご説明したとおり、集合住宅では入居者が単独で会社を変えることはできません。 しかし、だからと言って、「アパートやマンションに住んでいる人はガス料金が高くても我慢するしか方法がない」というわけではありません。 ガス販売店と契約を結んでいる人、つまり オーナーに了解をもらえれば、集合住宅においてもガス会社を変更することが可能です。 建物のオーナーに了解してもらうために というわけで、集合住宅でLPガスの販売店を変えたい、と思ったら、契約者であるオーナーの同意をもらいましょう。 しかし、を自分で支払う必要のないオーナーにとって、ガス会社の契約変更はメリットを見出しづらいので、ぜひやりたい、という人は多くないでしょう。 そのため、単純に「ガス料金が高いからもっと良い会社に変えてくれ」というだけではOKしてもらえる可能性は低いと言えます。 入居者自らが契約変更のイニシアティブをとり、積極的に行動していくことが重要です。 オーナーの負担を最小限に抑える工夫をしよう さて、オーナーが会社の契約変更に及び腰な理由として、変更の際にかかる手間と費用に対する不安があります。 一方で、世の中のガス会社の中には、顧客が自分のガス会社に乗り換えやすいように、手続きの代行や費用の肩代わりを行ってくれる販売店も存在します。 このような販売店を選べばオーナーの負担を少なくすることができるので、契約変更に同意してもらえる可能性を高めることができます。 例えば、LPガスを乗り換える場合、 現在のガス会社との解約手続きを代理で行ってくれるガス会社があります。 このサービスを利用すれば、オーナーが現在のガス会社と連絡を取る手間を省くことができます。 仮にオーナーが「今のガス会社とは付き合いが長いから解約のお願いがしにくい」と悩んでいる場合などでも、オーナーから直接そのガス会社へ連絡する必要がなくなるので、心理的な負担を軽くすることができるでしょう。 他にも、 で発生する違約金を肩代わりしてくれるLPガス会社があります。 例えば、オーナーと現在のガス会社との間で無償貸与契約が締結されている場合、契約期間の満了前にガス会社を変更すると、違約金が発生してしまいます。 LPガスを使用している集合住宅の多くでこの無償貸与契約が結ばれているため、違約金を支払うのが嫌でガス会社の変更を渋るオーナーも少なからずいることが予想されます。 その場合でも、違約金を肩代わりしてくれるガス会社を選んでオーナーの費用負担をなくすことを条件にすれば、契約の変更に同意してもらえるかもしれません。 他の入居者と協力しよう 他の入居者と力を合わせたら、LPガス契約の変更もしやすくなります。 販売店を変更したいと思ったら、オーナーに話を持ちかける前に、 他の入居者に相談してみることをおすすめします。 仮に一人でオーナーのところへ行ったとしても、「他の人はそんなことを言っていない。 」とあしらわれてしまえばそれまでです。 大勢いる入居者の中の少数派の望みを聞いてくれる可能性は低いと言えます。 一方で、複数の入居者からの要望があれば、オーナーとしても目をつぶっておくことは難しくなるので、ガスの変更を検討してもらえる可能性も高まります。 そのため、ガス会社を変えたいと思ったら、一緒にオーナーと交渉してもらえるように、まずは建物内のご近所さんに相談してみましょう。 複数を比較して、条件の良いプロパンガス(LPガス)会社を見つけよう 最後になってしまいましたが、LPガス会社を変更したいと思ったら、 他にどのようなガス会社があるか、今と比べてどれだけ安くなるかを調べることが必要不可欠です。 これが具体的にわかっていれば、他の入居者に賛同してもらいやすくなるので、複数人でオーナーと交渉することもできるでしょうし、オーナーと交渉する際にも説得力が高くなります。 現在お住まいのアパート・マンションのガス料金が高いとお悩みの方は、地域にあるプロパンガス会社を探して、それぞれのガス料金を調べてみましょう。 もありますし、そうでない場合、それぞれのガス会社に連絡すればをもらうことができます。 一括で複数のプロパンガス料金を比較することができるので、手間もかかりません。 見積りをとったからといって、必ず契約をしなければならないという義務もないので、お気軽に試していただくことができます。 アパートやマンションなどの集合住宅におけるLPガス会社の変更は、戸建てで行うよりもずっと大変ですが、不可能ではありません。 お住まいの集合住宅のに不満を持っている方、あきらめずに行動してみてはいかがでしょうか。

次の