信長 アヴェンジャー。 本物信長

本物信長

信長 アヴェンジャー

魔王信長のステータス ATKがHPを超えている攻撃型。 やられる前にやれ、の精神で行きましょう。 アヴェンジャーなので相性不利になる事が殆どありませんが(対ムーンキャンサーのみ)素のHPが高くないので、クリティカルを頻発させてくるような相手には注意が必要。 隠しステータス:サーヴァント・人型・王• 属性アライメント:混沌・中庸・地 コマンドコードの性能 これは紛れもなくBusterゴリラ。 ヒット数• Q:4• A:4• B:6• EX:5• 宝具:6 一枚一枚の性能はさほど高くありませんが、全体を通してヒット数が多いメリットを生かして、コマンドカードの一枚目ボーナス(AならNPが増えやすくなるアレ)でNPやスターを稼ぎたいところ。 Buster三枚編成なので、通常攻撃でもダメージを稼ぎやすい点は強み。 魔王信長:スキル・宝具詳細 セイントグラフが変更されると名前が変わります。 強化必要素材数• 使い道が少ない素材(例えばランプ)の消費に充てられる、というのはありがたいですがその他の素材が・・・という悩みにも。 1ターン目は20~30%• 2ターン目は30~50%• 3ターン目は40~70% 各種バフが毎ターンかかるわけではなく、 文字通り徐々に攻撃力が上がっていく強化です。 最大で70%の強化は全種類の中でもトップクラスではありますが、ランダム性が強いので一工夫が必要かと。 水着BBちゃんでカード固定や、コマンドシャッフル、宝具を3ターン目に撃つなどが対策として挙げられます。 やけどは1000ダメージ固定。 重複しません。 炎上に関しては、第一スキルで自ら作り出すことができます。 強化解除耐性アップに関しては、 スキル強化で属性:天の相手に特攻(30~50%)を得るようになるので、 宝具の〔神性〕特攻と合わせて二重特攻で大ダメージに。 神性かつ属性:天の対象• ディオスクロイ• ラーマ• 鈴鹿御前• ギルガメッシュ(弓・)• アルジュナ(弓・狂)• イシュタル(弓・)• ケイローン• アシュヴァッターマン• カルナ• ブリュンヒルデ• 玉藻の前(槍・)• ロムルス=クィリヌス• フィン• パールヴァティー• 源頼光(槍・狂)• クー・フーリン(・・)• オジマンディアス• ケツァルコアトル(騎・ )• エウロペ• カーマ• ステンノ• ニトクリス(殺)• アストライア(二重特攻かつ相性有利)• 大いなる石像神• NPは10~20 アヴェンジャーはそもそもスター集中度が低いので、このスキルだけで自己のクリティカルを生み出すのは不可能です。 他のスター獲得方法のプラスアルファ、あるいは単純にNP獲得スキルとして割り切って使うのが普通かと。 クラススキル アヴェンジャーおきまりセット。 第六天魔王と自らを称した織田信長の神殺しーーー対神宝具。 相手が神性持ちなら、防御アップだろうが回避だろうが無敵だろうが備えていても、解除してから特攻(150~200%)攻撃叩き込むぞ宝具。 メインシナリオや高難度クエストなどで見受けられる解除不可能なものに関しては無効ですが、そうでないなら神すら絶対にぶちのめす仕様になっています。 ケツァルコアトル(ルーラー)や、ゼウスとか。 魔王信長の評価・運用について くぎゅぅぅぅうううう のっぶは性別が不明扱いなので、男性特攻や女性特攻などの対象になりません。 対象なのは見た目が良いから、なんでしょうか。 おすすめのサーヴァント 本人が単体で完成しているサーヴァントなので、純粋に火力の上乗せが出来る仲間がサポートに回ればよいと思います。 自身で付与できるバフが攻撃力アップのみなので、宝具威力アップやBuster強化であればなおよし。 以上、魔王信長についてでした。 こんにちは。 管理人です。 FGOのサーヴァントには5つのレアリティがありますが、その 上位2つは聖晶石によるガチャでしか入手できません。 しかも排出率が1%以下のガチャで入手できるのか?という問題があります。 しかしきちんと時間をかけて育てた高レアは強力ですが、逆に戦力にするまでの時間・コストは膨大になります。 名付けてFGOのススメ。 じゃあどんなサーヴァントを育てればいいのさ、という事に関しては ので、まずはこちらをご覧ください。 【Discord】でコミュニティを運営しています。 Twitter でフォロー 今週の人気記事(総合).

次の

【FGO】30秒で分かる魔王信長の超簡単解説

信長 アヴェンジャー

相性 ルーラーに有利、ムーンキャンサーに不利 スター集中度 30(バーサーカー以上、キャスター未満) 攻撃力補正 1. 1倍 クラススキル 復讐者:被弾時NP獲得量アップ、自身以外の控えを含めた味方全員の弱体耐性ダウン 忘却補正:クリティカル威力アップ 自己回復 魔力 :毎ターン少量のNPを獲得 - - 成長 種火、フォウくんはALLのみクラス一致 再臨素材 ピース、モニュメントを使わず、2種の素材を使用 スキル素材 スキル石を使わず、レベルごとに1種の素材を使用 - - その他 実装されている多数が混沌・悪 ステータスは例に漏れずATK偏重型。 実装時点で、ATKは、、、に次ぎ、と並んで全サーヴァント第5位タイ。 カード構成はアヴェンジャー初となるBuster偏重型。 54から0. 49へ下がっており、カード構成も相まってNP効率は悪い。 ただし、織田信長共通で1stボーナスの恩恵が大きく、A始動のBでNPを、Q始動のBでスターを稼ぎやすい。 クラススキルは「 復讐者 B-」「 忘却補正 E」「 自己回復 魔力 C」とランクが低め。 属性は混沌・中庸・地。 アヴェンジャーでは初となる性格が中庸、人属性の織田信長と異なり地属性になっている。 また性別は「?」。 など性別不明サーヴァント同様に性別対象のバフ・特攻の影響を受けない。 の効果対象になっている。 織田信長と共通で特性持ち。 スキル 【スキル1】是非もなし A- CT:7-5 自身の攻撃力アップ 3T・毎ターン倍率アップ 、〔炎上〕フィールドにする効果 3T 、デメリットとしてやけど 3T・1000 を付与する効果を複合スキル。 自身の攻撃力アップの倍率は1T目で「怪力 A」相当、2T目で「」相当、3T目で全スキル最高倍率の70%に達する高性能。 ただし、3T後なのでカード配布運が絡む。 効果が最大になる3T目まで宝具を温存しておく、の「コマンドシャッフル」やの「無貌の月」を用いるなど、攻撃力高いタイミングで確実に攻撃を狙えるようにしておきたい。 の「コード:キュアー」を刻印するか味方からのサポートなどで忘れずケアしたい。 アヴェンジャーには珍しく堅実な耐久面を補うスキル。 強化クエストクリア後は、 スキル使用時に〔炎上〕フィールド だった場合〔天の力を持つ敵〕への特攻効果が追加される。 地属性の魔王信長は、天属性の敵に対して不利な補正を受けていたが、効果中はそれを上回る特攻ダメージを与えることが出来るようになる。 天属性のサーヴァントは神性持ちが多いため宝具で二重特攻を満たしやすい。 自身のスキル1やの宝具(強化後)であれば、場所を選ばずに〔炎上〕フィールドにすることで条件をクリア可能。 なお、このスキル使用時に〔炎上〕フィールドであれば状態が付与されるので、効果途中で〔炎上〕が切れるような場合でも特攻が切れることはない。 「無辜の怪物 A」にNP獲得効果がついて据え置きで使い勝手が良い。 自身はスター集中効果を持たず、スター集中度の低いアヴェンジャーであるためスターは基本的に味方へ流れることになる。 Lv10まで上げればから宝具を即時打つことも出来るが、3T周回なら「自己回復 魔力 C」により3Wave目であればLv4、2Wave目であればLv7で十分に機能する。 宝具「 波旬変生・三千大千天魔王 はじゅんへんじょう・さんぜんだいせんてんまおう 」 Buster属性の全体宝具。 〔神性〕特性の敵の防御強化解除してから、〔神性〕特攻攻撃を行い、やけど状態 5T・1000 を付与する。 アヴェンジャークラスで有利を取りにくいが、〔神性〕特性の敵には高い火力を発揮する。 〔神性〕限定だが防御強化解除が先に入るため、無敵・回避・防御力アップ・ダメージカットも無効化できる。 ガッツなどは対象外 一方でアヴェンジャークラスのため特攻の取れる〔神性〕特性・〔天の力を持つ敵〕の敵以外に対しては火力が伸び悩みやすい点には注意。 基本的には、自身のスター集中度が低いスター供給役のため 強化前 やに近い運用になる。 難点は耐久力が低めな点、アヴェンジャーの特性上の火力が出にくい点。 耐久力に関してだが、基本的に等倍での戦闘を強いられるアヴェンジャーであるにもかかわらずスキル1でHPを4分の1自傷してしまう。 スキル1は自身にとって唯一の火力強化手段なので使用しないわけにはいかず、弱体解除をはじめとした耐久力強化手段は運用上必須といえる。 NP面に関しては宝具回転率も素のNP効率が下方修正されている上Artsが1枚のみ、さらにスター集中のないアヴェンジャーなのでAクリティカルによる大幅なNP取得も狙いにくく、あまり良好ではない。 火力面に関しても、エクストラクラスの性質上基本的に等倍アタッカー。 アヴェンジャーというクラス特性上、キャスター以上に星集中が低く、星供給役に適している代わりに星を扱う側に立ちにくい。 高ATKのため非クリティカル時の火力としては安定しているが、クリティカルを狙えるサーヴァントと比べると素殴り火力は相対的に低い部類に留まる。 また、宝具に関しても強力な競合相手が多数存在する。 魔王信長の宝具には神性特攻が付属しているが、同効果は比較的多くのサーヴァントがスキル・宝具で保有している。 全体Buster宝具に絞っても、、などが並ぶ クラス有利の敵に関しては競合が勝るとはいえ、スキル強化後に〔天の力を持つ敵〕かつ〔神性〕の敵が出てくる混成クエストであれば魔王信長に分がある。 ただし、バフが攻撃力アップおよび特攻状態のみなので火力の伸び代は大きい。 Busterバフや宝具威力バフで強化する余地があり、星やNPを 家臣 サポーター で支えてやればPT単位で天下布武をしていくことは可能である。 魔王信長の運用は、彼女と契約したマスターの腕の見せ所といえるだろう。 アヴェンジャーのためスキル石・ピース・モニュメントを要求せず、実装時期故に入手しにくい育成素材が多い点に注意してほしい。 相性の良いサーヴァント 極端なBuster偏重型のため、やなどのNP面のフォローは必須。 またHit数が多いためやなどのスター発生率バフの恩恵は大きい。 低レアのはBuster強化ができ、「夢幻の如く」+「スケープゴート」を使用することで「復讐者」も加わって被弾時NPを稼ぐことが出来る。 神性特攻持ちのスター集中持ちということでやとは相性が良い。 また集中度の低い星供給役のため、神性特攻持ちでスター集中が安定しないやのクリティカルバフも活かせる。

次の

【FGO】魔王信長(織田信長(アヴェンジャー))の最終再臨画像と1~3の再臨イラストを紹介!

信長 アヴェンジャー

概要 [ ] 『』に登場する。 史実通りに尾張を本拠地として行動しており、甲斐のとは小競り合いをしていた模様。 勢力を拡大しつつあった越後のカルデア家と一戦交えるも、衝突前にカルデア家が一時撤退したことで戦勝祝いをするが、同じ陣営に居たに毒殺され、退場した。 一応織田信長が魔王信長を倒した時、信長の一人として統合された。 特異点『三千信長世界 デ・アルカ』を維持している事に気が付き本能寺の炎の中に消える前の信長の中の信長会議で発言したが、カイザー・ノブナガに「世界観が狂うからいきなり出てくるな」とツッコまれた。 人物 Fateシリーズでは女性という設定になっている織田信長であるが、彼はれっきとした男性。 ……というより、 外見も含めてプレイヤーが史実として知っている「織田信長(の有名な某肖像画)」そのまんま。 さすがに、顔はシルエットになっていたが。 自分の別バージョンとして互いに理解はあった織田信長達と異なり、他の全ての織田信長を「偽物」と見なしている。 統合された後は一応同じ信長だとは認めている模様。 人物像としては器が大きくて声が甲高く 、女性の信長同様に身内には甘い。 これが彼の首を絞める事になってしまった。 能力 サーヴァントとしてのクラスや詳しい能力は不明。 そもそも自分をサーヴァントと認識しているかも怪しい。 少なくとも采配は確かであり、常備兵や補給路の確保など、地道で手堅い戦略を得意としている。 また、どこまで真面目に考えていいかは不明だが、その本物っぷりは他の「織田信長」に対しては非常に有利に働き、相手はまともに行動できなくなるようである。 ステータス [ ] クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 備考? 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] 期間限定イベント『ぐだぐだファイナル本能寺』に登場。 史実における弟。 自身が蘇り、偽物がはびこっている状況では彼が居てもおかしくないと思い、心を入れ替える事を条件に配下に加えている。 彼に対する態度を見ていると「本物信勝」も彼と似た外見をしていたようである。 」 姿を見て仰天して慌てふためく主人公達に対する言葉。 言われてしまえばその通りのド正論なのではあるが、Fate的にはいろいろと台無しである。 メモ [ ]• 完全に出オチそのものの存在。 作中でも「いったい何が本物なんだ」と疑問に思われていたが、実際に登場するとプレイヤーも「これは本物としか言いようがない」と仰天する事となった。 マシュも「教科書で見たような信長」と言っていたため、Fate世界でも世間一般の認識の「信長」はプレイヤー世界と大差ないようである。 このため「本物信長」は「世間一般の人達の織田信長へのイメージが形となって霊基を確立した存在ではないか」と一部のプレイヤーからは推測されている。 我々がよく知る織田信長の肖像画は、狩野元秀が描いた「 紙本著色織田信長像」と呼ばれる肖像画で、天正11年6月2日 旧暦 に家臣の余語正勝が信長の1周忌法要に合わせて長興寺に寄進したものである。 ちなみにこの長興寺、あまりの偉容から 敵方の城と勘違いした信長に放火されて黒焦げになるというとんでもない災難に見舞われている。 やっぱり、仏敵じゃねぇか。 2019年11月14日に出版された書籍「信長名鑑(太田出版)」は本作に登場したノッブを含め全ての信長が網羅されており、同書の182ページに「本物信長」の名前で名を連ねている。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の