モンハン アイス ボーン 序盤。 【モンハンワールド:アイスボーン】効率よく序盤を進められるおすすめ武器・防具【MHWI】

MHWアイスボーン

モンハン アイス ボーン 序盤

スムーズに序盤を進むためのおすすめ装備を紹介 モンハンワールド序盤において、まずは比較的容易に作ることができ、性能のいい武器・防具を作ることで、モンスターとの戦いが格段に楽になる。 ここで紹介している武器・防具を揃えることをおすすめしたい。 序盤の剣士系おすすめ武器 序盤は鉄系武器が強い 武器は大きく分けて「鉄系」と「骨系」がある。 大まかな特徴として、 鉄系は斬れ味が良く、骨系は攻撃力が高い。 攻撃がはじかれると大きな隙を生じてしまうため、斬れ味が良い鉄系の武器を鍛えていくのがおすすめだ。 ソロでは毒属性が汎用性が高いので重宝する。 の素材で毒属性武器が簡単に作れる、大剣、片手剣、ランス、操虫棍はプケプケ系武器を鍛えていこう。 各種剣士系おすすめ武器一覧 初心者のおすすめは太刀! 剣士で初心者におすすめの武器は太刀だ。 太刀は攻撃力が高く、さらにリーチも長いので攻撃を当てやすい。 機動力も高めなので、モンスターの攻撃も比較的避けやすい。 太刀の中でも序盤でおすすめはやはり鉄刀系。 1段階強化すると「」になり、斬れ味ゲージが緑まで行くのでとても優秀。 そのまま、へと強化していこう。 鉱石だけで作ることができるので、いけるフィールドが増えると強化することができるのもうれしいところ。 詳しくは 序盤のガンナー系おすすめ武器 ガンナーは撃てる弾やビンが重要 ガンナーは撃てる弾や装着できるビンで武器を選ぼう。 ライトボウガンは単発自動装填の種類が多い、ヘビィボウガンはブレが小さいので安定して使える、弓は強撃ビンと接撃ビンが装着できて雷属性のがおすすめだ。 各種ガンナー系おすすめ武器一覧 初心者ガンナーにおすすめはライトボウガン ガンナーで初心者におすすめの武器はライトボウガン。 火力は控えめながら、動きが早くモンスターの攻撃をスイスイ避けることができる。 撃った後の隙をステップでキャンセルできるので、機動性は全武器でもトップレベル。 操作も癖が少なく圧倒的にやられにくい武器なので、初心者にもおすすめの武器種だ。 ライトボウガンの序盤おすすめ武器 ライトボウガンの中でも序盤でおすすめは「」。 ジャグラスブリッツは、メインで使う通常弾Lv2や貫通弾Lv1が単発自動装填なので、リロードのストレスなく使うことができる。 詳しくは 序盤おすすめ防具 ガーディアン装備シリーズ MHWIの発売に合わせて、全プレイヤーに無料配布された「 ガーディアン装備」は、 序盤からMHW終盤まで活用できる最高クラスの上位装備だ。 誰でも簡単確実に入手できるので、MHWをクリアしていないプレイヤーは必ず入手しよう。 まだMHW未クリアのプレイヤーもガーディアン装備を入手して、いちはやくマスターランクまで追いついてしまおう! 頭 胴 腕 腰 脚 序盤で作ることができる防具は基本的に限られているため、剣士系・ガンナー系と分けて考える必要がない。 そのためどんな武器でも役に立つスキルが発動する効果がついた防具おすすめ。 序盤だと、攻撃力が上がるを最優先で作りたい。 また、追跡の効率が上がる、見切りが上がるもおすすめ。 剣士系に関しては脚をに変更することで「 砥石使用高速化」スキルを付けることができるため好みで付け替えてみよう。 発動スキル説明 攻撃 攻撃スキルはその名の通り、攻撃力を上げてくれるスキル。 どの武器とも相性が良いので武器ごとの特化スキルがつけられない場合は、まずこのスキルを付けるのがおすすめ 追跡の達人 今作から追加された新スキル。 導蟲が大型モンスターへの誘導を開始するまでに必要な痕跡の数が減る。 見切り 会心率が上がる。 攻撃と同じく火力が上がるスキルなのでどの武器でも役に立つ。 各種武器別おすすめ防具.

次の

【MHWI】序盤に作っておいて間違いなしのアイスボーンおすすめ武器紹介【アイスボーン】

モンハン アイス ボーン 序盤

EXブランシリーズ EXブランシリーズは渡りの凍て地に上陸して一番最初に戦うことになる大型モンスターの 凍魚竜「ブラントドス」の素材から生産できるマスター級防具。 EXブランシリーズの合計防御力は590で、このシリーズを装備すると「 体力 Lv3」や「 耳栓 Lv5」、深雪移動時の速度低下が起こらない「 水場・深雪対応 Lv2」など、渡りの凍て地を探索するのにぴったりなスキルが発動する。 EXブランシリーズは炎属性や雷属性が弱点なので、リオレウスなど炎属性を操るモンスターに対して弱いのですが、 スキルの汎用性の高さから冒険の序盤~中盤まで、色々な装備に組み込まれることになる。 EXジャグラスシリーズ EXジャグラスシリーズは、マスターランクの ドスジャグラスの素材から生産できる防具で装備の合計防御力は580。 EXジャグラスシリーズの装備で発動するスキルとしては回復薬Gなどのアイテムを摂取するスピードが上がる「 早食い」や「 体力回復量UP」が便利。 序盤だとホットドリンクなどをよく飲む機会が多いので、早食いがあるとそれらを毎回飲むストレスが軽減される。 見た目も空軍や海軍が被る帽子の「 ギャリソンキャップ」みたいでかっこいいのでおすすめです。 EXボロスシリーズ EXボロスシリーズはマスターランクの ボルボロスの素材から生産できる防具で装備の合計防御力は590。 EXボロスシリーズは雷耐性が高い防具で、スキルは「 ガード性能 Lv4」や「 ランナー Lv3」、他にも「 スタミナ奪取」や「 気絶耐性 Lv2」が発動する。 序盤の防具としてはお手軽にガード性能が取得でき、ランナーがあると ランスで「クラッチクローカウンター」を発動させる時にスタミナの消費スピードが下がるので役立つ。 EXリオハートシリーズ EXリオハートシリーズは、マスターランクの リオレイア亜種の素材から生産できる防具で装備の合計防御力は660。 クラッチクローで頭に貼り付いて壁ドンなどを狙う場合、突進や攻撃モーションで振り落とされなくなる「 不動の装衣」や「 転身の装衣」が大変便利で、装衣の再使用時間が短くなる「 整備」スキルがあるとかなり戦いやすくなる。 EXリオハートシリーズの女性防具は見た目のデザインも可愛いので、中盤以降もめちゃくちゃ愛用している EXガンキンシリーズ EXガンキンシリーズは、マスターランクの ウラガンキン素材から生産できる防具で装備の合計防御力は720。 シリーズスキルの「 ガード強化(爆槌竜の覇気)」の発動条件が上位防具の3部位から2部位になったのもでかい。 ランスやガンランス使いならガンキンシリーズを愛用している人も多いはず。 EXガンキンシリーズは火耐性や爆発耐性(Lv3のスキル前提)が高いので、 リオレウス亜種や ヴォルガノス、ブラキディオスなど溶岩地帯のモンスターと戦うときに重宝する。

次の

【モンハンアイスボーン】マスターランク序盤のおすすめ装備!EXブランシリーズの作り方も記載しています。

モンハン アイス ボーン 序盤

MHW モンハンワールド アイスボーンの太刀装備のおすすめを序盤編の武器・防具としてまとめています。 アイスボーンで人気な太刀装備ですが、序盤は作成できる武器や防具はランクやストーリー進行の具合で限られてしまいます。 筆者のアイスボーンの序盤の体験談なども含めながら、進んでいきますので 多少個人的な嗜好の部分も強いと思いますが、必須となるようなスキル、便利なスキルが見つかることの参考になりますと幸いです。 記事下部に筆者が作成難易度の低い太刀の序盤装備を試しに作成みてましたが、本当にアイスボーンから始めた人向けって感じです。 アイスボーンの太刀のスキル構成や優先度に関してはこちら アイスボーンからモンハンを始めた、太刀を使用したい方へ とは言え、MHW時代の防具も防御力を無視すればスキル構成面での完成度は高いので、アイスボーン超序盤であれば難なくクエストクリアできます。 ただ、アイスボーンから始めたプレイヤーやゲームが苦手、自信が無い人は 『MHWの最強やテンプレ装備が無いと話にならないのか』と思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。 アイスボーンから始めたプレイヤーも攻撃力や防御力のステータスの部分は同程度の水準に並ぶことが可能です。 武器と防具は同水準に持っていけるので、MHWの経験者とアイスボーンから始めたプレイヤーで差が出る部分は私は3つあると考えています。 プレイ時間や討伐数など経験値の部分• 装飾品の所持数、レア装飾品の有無• 装飾品・護石は付けていない状態です!• 無属性攻撃強化を付けた方が攻撃力は高くなるので、耐絶珠を無撃珠に変更したり、ソロであれば耐衝珠はあまり必要ではないので、お好みで。 さらにこれは護石を使用していないので、まだスキルを付けることが可能ですし、 短時間に被弾を沢山してしまう初心者の方には気絶無効はかなりおすすめです。 気絶は乙る原因としても多いですし、マルチではランクの高い人でも耐絶入れたりしてることがあるので、良スキルです。 今回はアイスボーンの太刀装備の序盤の武器や防具を紹介していきましたが、あくまでも参考の1つになりますと幸いです。 石の配布が多いので、ログインだけでも割と色々入手できます….

次の