お返事いただけますと幸いです。 「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

催促メールの書き方例文集。相手に不快感を与えない方法を解説!

お返事いただけますと幸いです

「いただく」は「してもらう」の謙譲語 上述したように、「ご検討」は、後ろに「〜いただく」という補助動詞をつけて使用する場合がほとんどです。 補助動詞 「〜いただく」は「〜してもらう」の謙譲語 「ご〜いただく」という形をまとめて、一つの謙譲表現だとする解釈が一般的です。 「いただく」とひらがなで表記する場合と、「頂く」と漢字で表記する場合がありますが、 ひらがなで「いただく」と書く場合は、「 何かを~してもらう」という意味で使います。 例えば「ご覧いただく」「お越しいただく」「ご足労いただく」といったようになります。 つまり 「ご検討いただく」はひらがなで書くのが正解です。 「ご検討して頂く」「検討させて頂く」は誤りになりますので注意しましょう。 「ご検討いただければ幸いです」は二重敬語? 二重敬語とは、同じ種類の敬語を2つ以上使うこと 「二重敬語」とは、「尊敬語」と「尊敬語」、「謙譲語」と「謙譲語」というように 同じ文章に同じ種類の敬語を使用してしまうことです。 例えば、「お召し上がりください」という言葉は「召し上がる」という尊敬語に、「くれ」の尊敬語である「ください」を使用してます。 つまり、同じ文章に「尊敬語」を二つ使用している「お召し上がりください」は二重敬語ということになります。 このように、 同じ種類の敬語を複数使用する文法は誤用となります。 では、「ご検討いただければ幸いです」は二重敬語なのでしょうか。 結論を先に述べると、「ご検討いただければ幸いです」は正しい文法といえます。 詳しくは後述します。 「ご検討いただければ幸いです」は正しい敬語 「ご検討いただければ幸いです」は、 尊敬語+謙譲語+丁寧語なので二重敬語にあたりません。 「ご検討いただければ」は、「検討」という言葉に尊敬を表す接頭語の「お」と、「してもらう」の謙譲語の「いただく」、仮定形の「れば」を組み合わせた言葉です。 尊敬を表す接頭語の「ご(お)」と、謙譲語の「いただく」のセットで使用される文法ですので、「ご検討いただければ幸いです」は、正しい敬語です。 「ご検討いただけますでしょうか」と使っている方も多いですが、本来は「 ます」と「です」の両方を重ねて使うのは間違いです。 「いただけますでしょうか」や「いらっしゃいますでしょうか」などはよく使われているフレーズで違和感を覚えない人が多くいますが、日本語の使い方としては間違っているため注意しましょう。 「ご検討いただければ幸いです」の使い方と例文 ビジネスメールで依頼した後の結びの言葉 「ご検討いただければ幸いです」は、 ビジネスメールで依頼した後の結び言葉としても使用される言い回しです。 相手方に何かを提案た後や商談後など、相手に検討してほしいという場合に「 検討してもらえたら嬉しいです」という意味で使用される結び言葉です。 社内間でのやりとりなどの場合は、「検討お願いします」というように柔らかいお願いの言い回しを使用することできますが、取引相手や客様など敬意を示すべき相手には「ご検討いただければ幸いです」というきちんとした表現を使用しましょう。 例文 「いつもお世話になっております。 ご加入いただいている保険の更新月となりました。 更新していいただくにあったって、新しいプランをご提案させていただきます。 参考資料を添付いたしましたので、ご検討いただければ幸いです」 「いつもお世話になっております。 先日は、貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。 新規加入に伴うポイント還元サービスが今月までとなりますので、ご案内申し上げます 大変オトクなキャンペーンとなっておりますので、ご検討いただければ幸いです」 就活で面接の締めの言葉 例文 「本日は、本日はお忙しい中面接をしていただき誠にありがとうございました。 学生時代に学んだことすべて活かし、御社に貢献いたしますので、ご検討いただければ幸いです」 「本日は、面接をしていただきありがとうございました。 少しでも早く、御社に貢献できるよう努めてまりますので、ご検討いただければ幸いです」 就活での「面接」は、自分のことを知ってもらい、 自分のことを採用するかどうかを検討してもらうものです。 面接において最後の印象は重要なものになるので、相手に失礼のないようきれいに締めくくりたいものですよね。 自分のことを面接でアピールした後に、「面接をしてもらったことに対するお礼」や、「 検討してもらえると嬉しいです」というお願いの気持ちを締めの言葉として使用すると印象がいいです。 「ご多忙の中大変恐縮ですが、」などと一緒に使うのがベター 例文 「ご多忙の中大変恐縮ですが、ご検討いただければ幸いです」 「お手数をおかけしますが、ご検討いただければ幸いです」 「お忙しいところ申し訳ございませんがご検討いただければ幸いです」 「検討をする」ということは、「考える」ということであるため、 相手に検討をする時間をとらせるということになります。 したがって、 「ご多忙の中大変恐縮ですが〜」などと一生に使用することが好ましいです。 「ご多忙の中大変恐縮ですが」は、「 お忙しい中大変恐れ多いですが」という意味で、 相手に対する気遣いを表すクッション用語です。 相手に時間をとってもらって検討をしてもらうので、できるだけクッション用語を頭に入れてから「ご検討のほど」」というように使用することを心がけましょう。 「前向きにご検討いただければ幸いです」「再度ご検討いただければ幸いです」などとも言う 例文 「先日お話させていただいた件ですが、ぜひ前向きにご検討いただければ幸いです」 「ご多用中、大変恐縮ですが前向きにご検討いただければ幸いです」 「改めてお客様のご希望に沿う商品のカタログを送付させていただきました。 お忙しい中恐縮ですが、再度ご検討いただければ幸いです」 「先日ご指摘いただいた点を改善いたしましたので、再度ご検討いただければ幸いです」 何か相手に検討してもらう際の締めの言葉として「 前向きにご検討いただければ幸いです」「 再度ご検討いただければ幸いです」というような言い回しを使用することもできます。 「前向きに」は、「 物事に対する姿勢が積極的、建設的であること」という意味があり、「前向きにご検討いただければ幸いです」は、「 いい結果にになるようにご検討いただければ幸いです」というニュアンスになります。 「再度ご検討いただければ幸いです」は、例えば 一度検討してもらい断られたというような物事に対して、良い返事をもらえるように条件を変更して提案した場合などに「 もう一度検討してもらえたら嬉しいです」というような意味合いで使用する言い回しです。 「ご検討いただければ幸いです」の類語・言い換え 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」もよく使う 例文 「先程お話しておりました商品のパンフレットを送付させていただきましたので、ご検討のほどよろしくお願いいたします」 「お手数ですが、再度ご検討のほどよろしくお願いいたします」 「企画の内容に関する資料を添付させていただきましたので、ご検討お願いいたします」 「お忙しいところ、大変恐縮ですがご検討のほどよろしくお願いいたします」 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」もよく使用される言い回しです。 「〜のほど」の意味は「 〜してくれるよう」「 〜してもらうよう」です。 「〜のほど」は、 断定をさけ、表現をやわらげる表現で、相手に何かを依頼するときに使用する言葉です。 「よろしくお願いいたします」は 「お願いする」の謙譲語で、相手に頼み事をされる場面でよく使用されるフレーズです。 「お願いいたします」の「いたします」は、一般的に相手への敬意を払い「〜します」「〜させてもらいます」「〜させていただきます」と 自ら率先して相手のために何かをする、という意味合いで使います。 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」は、「〜のほど」を使用することで 相手に強制することなく、柔らかいイメージで相手に検討することをお願いすることができる言い回しです。 「ご検討くださいませ」はややカジュアル 例文 「本日、新商品のサンプルを送付させていただきました。 大変人気の商品となっておりますのでぜひご検討くださいませ」 「企画案を何点か絞り、資料を作成いたしましたので会議当日までにご検討くださいませ」 「今なら他社からのお乗り換えが大変オトク!ぜひご検討くださいませ!」 「ご検討くださいませ」は 「検討」に接頭語の「ご」をつけた「ご検討」と「くださいませ」を組み合わせた敬語です。 「くださいませ」は、 ・「ください」=補助動詞「くださる」の連用形「くださり」がイ音便に変化した形 ・「ませ」=丁寧の助動詞「ます」の命令形 で成り立っている言葉です。 「ください」は「相手に何かを要望・懇願する意」を表し、「ませ」は「丁寧な気持ちを込めて、相手にある動作を要求する意」「丁寧な気持ちを込めて挨拶する意」を表します。 したがって、「くださいませ」は「 丁寧な気持ちを込めて相手に何かを依頼・懇願すること」を意味しているため、 目上の人に使用しても問題ない敬語表現です。 しかし、「くださいませ」は、「〜してください」とお願いしするよりも 丁寧でカジュアルな表現になるというニュアンスの違いがあります。 かしこまった場面では、「ご検討くださいませ」という表現は避けたほうが好ましいと言えます。 状況によって使い分けましょう。 「幸いです」を「幸甚に存じます」とするとより丁寧になる 「幸いです」を 「幸甚に存じます」とするとより丁寧になります。 「存じます」は、「存じます」は「思う」「知る」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」で成り立っており、 自分の行為をへりくだっていうときに使う表現になります。 つまり、「幸甚に存じます」は「 とてもありがたく思います」「 何よりの幸せであると思います」という意味です。 また、「幸甚に存じます」には、 「対応してくれたらこの上なく幸せです」といったニュアンスが含まれます。 「検討すること」をお願いするときは、「ご検討いただけると幸甚に存じます」というように使用します。 この場合は 相手に何かを期待するのではなく、単に自分の願望を伝えるということになるので、柔らかいニュアンスで検討することをお願いすることができます。 」 「先日の企画の件なのですが、再度ご検討いただけると幸甚に存じます」 「貴社には決してご迷惑はおかけしないので、ご検討いただけると幸甚に存じます」 「ご一考いただければ幸いです」だと少し謙虚なニュアンスに 「ご一考いただければ幸いです」という言い回しをすると少し謙虚なニュアンスになります。 「ご一考」は「 ごいっこう」と読みます。 「ご一考」は「 よく調べて一度考えてみること」を意味します。 つまり、「ご一考いただければ幸いです」は「 よく調べて一度考えていただけると嬉しいです」というニュアンスになります。 「ご一考」と「ご検討」は非常に似ている言葉ですが、「 ご一考」「 よく調べて一度考えてみること」を意味するのに対して、「 ご検討」は「 よく調べて良いかどうかを考えること」を意味します。 ニュアンスが少々異なるので、相手や場面によって適切に使い分けるように心がけましょう。 「賜る」は大きくわけて、 「もらう」の謙譲語 と 「与える」の尊敬語 の2つの意味があります。 「ご検討賜れますと幸いです」の「賜われる」の場合、謙譲語として使用されていて、「 検討いただけると嬉しいです」という意味合いをもっています。 「賜われる」という表現は、かなり堅苦しい敬語であり、 過剰な敬語使用として慇懃無礼(いんぎんぶれい)な印象を与える場合があるので身近な上司などに使用する言葉には向いていません。 仮定法のため、「would」「could」が使われています。 直訳すると「仮に〜してくれたら、それは感謝されます」となります。 仮定法にすることで、「相手が実際にしてくれるかはわからない」というニュアンスが生まれ、謙虚な依頼文になります。 どちらでも意味は同じで、違いはありません。 「much appreciated」「greatly appreciated」などと強調することもある 「大変嬉しく思う」のように強調する場合は、「much」「greatly」などの副詞を加えるとよいでしょう。 例文です。

次の

「ご連絡いただければ幸いです」の意味と使い方・例文・返信方法

お返事いただけますと幸いです

「嬉しいです」は誤り?!最上級は? 「嬉しい」という気持ちを敬語で表現するとき、どのように表現するのが適当だと思いますか。 「嬉しいです」という単語が真っ先に浮かび上がってきたのであれば、それは間違い。 「~です」と敬語で表現する場合、「~です」の前にくるのは体言(名詞など)です。 しかし、「嬉しい」は体言ではありません。 そもそも、文法的に「嬉しいです」はおかしな表現だということが分かります。 また、「嬉しいです」と言ってしまうと、やや稚拙なイメージを相手に与えてしまい、ビジネスシーンにおいても不適切です。 それでは、「嬉しい」を最も丁寧にした敬語はなにになるのでしょう。 「嬉しい」の最上級とされるのが、「この上なく喜ばしい限りです」になります。 これ以上ないくらいに嬉しさを感じたとき、最大限に嬉しさを表現したいときに使いたい言い回しです。 使い分けよう!メールや手紙の場合 メールや手紙で「嬉しい」を伝える場合は、やや硬い表現を使うのが一般的です。 ビジネスシーンでよく使われる3つの言い回しをご紹介します。 大変嬉しく存じます 「嬉しい」という気持ちをシンプルに伝えたいときの言い回しです。 「嬉しい」も「存じます」に繋げることで、ビジネスシーンで使えるやや硬い表現になります。 例:本プロジェクトに携わることができ、大変嬉しく存じます。 光栄に存じます 先方からお褒めの言葉をもらったときの表現で、よく使われる言い回しです。 名誉に思うという気持ちを丁寧にした表現。 取引先とのやりとりで押さえておきたいです。 例:お役に立てて光栄に存じます。 感謝いたします 「嬉しい」という表現は、「感謝」にも置き換えることができます。 単純に感謝の気持ちを示したいときは、「感謝します」でも十分です。 例:お力添えに感謝いたします。 会話で「嬉しい」を伝える表現は? 会話の場合は、メールや手紙のように顔が見えない状態でなく、ある程度相手の雰囲気も分かるため、硬い表現をやや崩した言い回しでも大丈夫です。 反対に、あまりにも硬すぎると、シーンによっては場違いな印象を与えてしまう場合もあります。 嬉しく思います メールや手紙では「嬉しく存じます」が良いですが、実際に対面している場合は「嬉しく思います」が一般的です。 例:お心遣い、嬉しく思います。 感謝いたします 「感謝いたします」は、会話でもよく使われている表現です。 プロジェクトに参画したメンバーに、協力いただいた企業に、「嬉しい」という気持ちも含め1つで表現することができます。 例:この度は、同プロジェクトにご協力いただき感謝いたします。 恐れ入ります 相手になにかをしてもらったときに、こちら側で準備するつもりがすでに先方が用意していたときに使える表現です。 「嬉しい」という気持ちだけでなく、感謝や少し申し訳ないという気持ちが含まれることがあります。 例:すでにご用意いただき、恐れ入ります。 行動を促すとき「嬉しい」は「幸い」 単純に自分が「嬉しい」という場面での言い回しをご紹介してきましたが、「嬉しい」は相手の行動を促すときにも活用できます。 たとえば、相手になにかしてほしい場合。 「~していただけないですか。 」はまだしも、「~してください。 」だと少し命令口調で、相手によっては少し不快感を覚える場合があります。 そこで活用したいのが「幸い」という表現です。 「幸いに存じます」 例:来週までに資料を準備いただけると幸いに存じます。 ニュアンス的には、「資料を来週までに準備してもらえると嬉しい」ですが、強制力はなくても「来週までに準備してもらいたい」という気持ちが含まれています。 強制力のない分、希望通りにいかない場合があるため、期日の決まったもの、実行しなければならない事柄には向きませんが、相手に選択肢を提示した上で、できれば希望通りにしてもらいたいときは有効です。 どれもややフォーマルなビジネスシーンで使える英語表現です。 それぞれの使い方を見ていきましょう。 例文1:I am pleasured you have come. (お越しいただき嬉しいです。 ) 楽しみですという意味の他、「嬉しい」という意味としても使うことができます。 例文2:I would appreciate it if you could reply to me. (お返事いただけますと幸いに存じます。 ) 日本語でも見られる表現ですね。 相手に返事を促したいときによく使われます。 例文3:I am delighted to meet you. (お会いできて光栄です。 ) 喜んでという意味の他、「嬉しい」気持ちを表現したいときにも使える言い回しです。 まとめ 「嬉しい」という表現は、円滑なビジネスにおいてキーポイントになります。 正しく、かつ適切に使えることが重要。 「嬉しい」という気持ちは相手にとっても良い印象を与える言葉になるので、使えるシーンではぜひ取り入れてみましょう。

次の

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

お返事いただけますと幸いです

「幸いです」は相手にお願いするときに使う 「幸いです」は、主に相手に何かを依頼するときに用います。 しかし使うのは、軽いお願いのときに限られます。 何かを強くお願いするときには、「お願い申し上げます」などを用います。 また、贈り物を渡す際も同様に、「貰っていただければ嬉しいです」という意味を込めて、「幸いです」を多く使います。 必ずやってほしい時には幸いですを使わない 「幸いです」は、お願いする方がやってくれるとうれしいだけで、相手も幸せとは限りません。 先にも紹介しましたが、ビジネスシーンで必ずやってほしいことをお願いする時には、「幸いです」を使うのは避けるようにしましょう。 「幸いです」は目上の人には相応しくない 「幸いです」は、やわらかく丁寧な表現ですが、実は目上の人に対しては使わないのが無難です。 「幸いです」の言い切りに一方的な印象を持つ人もいるので、言い換えるのがいいでしょう。 謙譲の気持ちを込めて、「幸いに存じます」としたり、シンプルに「お願い申し上げます」などとできるでしょう。 「幸いです」の類語、代替できる言葉 「幸いです」の類語:「助かります」 「幸いです」のいい換え表現として「助かります」があります。 「助かります」は「幸いです」よりも砕けた表現です。 使用上の注意点として、 「助ける」には「本人が主体的にやっていることをお手伝いする」という意味があり、目上の人に「助かります」を使うことは失礼に当たります。 距離感の近い同僚、友人などに使うのがよいでしょう。 「幸いです」の類語:「幸甚です」 「幸甚 こうじん です」は「幸いです」よりも丁寧な表現です。 「幸甚です」は、「この上なく嬉しい・幸せだ」という意味を持ちます。 相手に対して敬意を払う表現であるため、目上の方にも使用できます。

次の