ワイモバイル 60歳以上 持ち込み。 UQモバイルで「シニア割(60歳以上)」開始。通話オプション料金がお得に

ワイモバイルで持ち込みのスマホを使う全手順【iPhone・Android】

ワイモバイル 60歳以上 持ち込み

このページのもくじ• ワイモバイルの『60歳以上なら国内通話がずーっと無料』キャンペーンとは? このページのタイトルでもあるワイモバイルのシニア向け『60歳以上なら国内通話がずーっと無料キャンペーン』の詳細について見ていきましょう。 参考: その 完全かけ放題オプションが60歳以上なら無料で付いてくるというのがこのキャンペーンの特典となります。 ご契約時の使用者年齢が60歳以上でスマホプランにかんたんスマホでご加入いただくと、国内通話がかけ放題の「スーパーだれとでも定額」(お申し込みが必要)の月額料が無料。 更に60歳以上の方であれば、この月額1,000円のオプション料金が無料になるという事です。 そういった通話の多い方には他の格安SIMでは代用できない特典なので特にオススメですね。 ワイモバイルのシニア 60歳以上 ずーっと国内通話0円はいつまで実施? 『60歳以上ずーっと国内通話0円』キャンペーン期間:~終了日未定 60歳以上ずーっと国内通話0円キャンペーンの終了期日はワイモバイル公式サイトには記載はありませんのである程度の期間は実施されることが予想されます。 とは言え、「終了日が記載されていない=いつ終了してもおかしく無い」とも言えますし、特典が大きいのでこの機会を逃すのはかなり勿体ないので、検討中の方は早めの決断が良いでしょう。 ワイモバイルのシニア 60歳以上 ずーっと国内通話0円キャンペーンの適用条件 具体的なこのキャンペーンの適用条件についても覚えておきましょう。 機種は京セラの「かんたんスマホ 705KC 」のみですが、ソフトバンクで販売している機種でスマホ初心者にも向いている機種なのでお勧めできるスマホです。 大手キャリアでスマホを持った場合と料金を比較すると、単純に契約期間の2年の総支払額で比較しても10万円以上は節約が可能でしょう。 特に一度契約して使い続けるケースが多いシニアの方であれば、一度ワイモバイルなどの格安SIMへ引っ越してしまえば、以降は使い続けていくだけで総支払額にどんどん差が出てくるので特にオススメです。

次の

ワイモバイルで機種代が安い端末は?お手頃価格の機種をピックアップ

ワイモバイル 60歳以上 持ち込み

2019年10月1日よりY! mobile(ワイモバイル)の 料金プランが新しくなります。 定期(2年)契約のあるプランは新規受付を終了し、 契約期間の縛りがないスマホベーシックプランがメインに。 また、新しい容量のプランRが登場します。 スマホベーシックプランの通信容量は2年間のデータ増量オプション無料キャンペーンを適応しています。 2019年9月30日までのスマホベーシックプランSの5,480円、2年縛りのあるスマホプランSの2,980円と比べると、データ通信容量はそのままで利用しやすくおトクになっています。 ワイモバイル初期費用【2】 月額料金 ワイモバイルには、スマートフォンとのセットで契約する際に選択できる「スマホプラン」や、タブレット利用時のみ選択できる「データプラン」があります。 もちろん、手持ちのスマホをそのまま使いたい人はSIM単体で契約することもでき、この場合は「SIM単体契約特別割引」が適用されます。 スマートフォンとセットの場合 出典: スマートフォンとセットで契約する場合の月額料金は、 1年間1,980円~4,980円程度。 おうち割光セット(A)が適用される場合は1年間1,480円~3,980円がかかります。 月額料金をイチヨンパ(1,480円)にしたい人はも併せてご覧ください。 SIM単体の場合 出典: SIM単体で申し込む場合の月額料金は「SIM単体契約特別割引」が適用され、 1年間1,080円~3,380円となります。 SIMカード単体の契約でも基本料が最大24カ月間割引されるので、手持ちのスマホをそのまま使いたい人にはありがたいですね。 ワイモバイル初期費用【3】 機種代金 ワイモバイルでは、AndroidスマホだけでなくiPhoneも契約できます。 さらに、Pocket WiFiやタブレット、ケータイも用意されており豊富なラインアップとなっています。 機種により金額は異なります。 機種代金の支払い方法を一括払いと分割払いから選べる機種が多いため、初期費用を抑えたいなら分割払いにするといいでしょう。 オンラインショップで分割払いで購入すると500円程度の頭金がかかることがあります。 ワイモバイル初期費用【4】 MNP転出手数料 MNPとは「Mobile Number portability(モバイルナンバーポータビリティ)」の略で、 携帯電話会社を変更しても電話番号はそのまま利用できるサービスです。 MNPを利用して転出する際は携帯会社で MNP転出手数料がかかります。 MNPでの転入については、 ワイモバイルでは転入手数料や番号移行手数料はかかりません。 通常の契約と同様の契約事務手数料のみかかります。 ワイモバイル初期費用【5】 契約解除料 「契約解除料」とは、契約期間が定められている料金プランや割引サービスから、契約更新月を除く期間に、他の料金プランや割引サービスへ変更・解除を行うと発生する料金です。 出典: つまり、更新月以外の月に契約の変更・解除をすると 契約解除料9,500円がかかります。 docomo(ドコモ)・au・SoftBank(ソフトバンク)の契約解除料• 契約解除料金 9,500円• 契約期間 24カ月• 契約更新月 25カ月目、26カ月目(2回目以降…24カ月ごとに2カ月間) 出典: auの場合は、au加入年数11年目以降で「2年契約」と「家族割(または「法人割」)」をセットで加入している場合、契約解除料が3,000円になります。 2019年3月から契約更新期間が延長 なお、 docomo・au・SoftBank・ワイモバイルは2019年3月から2年契約の更新期間が3カ月となります。 この3カ月は契約期間満了月を加えた期間です(2019年4月に更新期間となる場合は2019年3月~5月が更新期間)。 出典: ワイモバイルの初期費用はいくら? ここまで初期費用をひとつひとつ確認してきましたが、ここでは具体的に発生してくる費用の合計を計算してみましょう。 契約事務手数料 3,000円• 月額料金 1,980円~4,980円• 機種代金 頭金500円• MNP転出手数料 2,000円~5,000円• 契約解除料 0円~9,500円 合わせると 7,480円~2万2,980円となります。 契約解除料が9,500円と初期費用のなかでもっとも高額ですので、費用を抑えたい人は契約解除料がかからない契約更新期間にワイモバイルへ変更するといいでしょう。 ワイモバイル契約時に初期費用などをお得にするには? ワイモバイルをお得に契約するなら、キャンペーン情報は見逃せません。 ワイモバイルで実施されているお得なキャンペーンを紹介します。 キャンペーンの最新情報はワイモバイル公式ホームページを確認してください。 出典: キャンペーン内容 新規または他社から乗り換えでワイモバイルの音声SIM単体(スマホプランS/M/L)を契約すると、スマホプランS:400円(最大9,600円)、スマホプランM/L:600円(最大1万4,400円)を契約翌月から24カ月間割引! キャンペーン期間 終了日未定 キャンペーン対象者 受付期間中にUSIM(音声)カード単体でスマホプラン S/M/Lを契約した個人の方 (ベーシックプラン・バリュースタイル(F)は対象外) 新規契約、他社からの乗り換え(MNP)のいずれかで申し込んだ方 キャンペーン注意事項 SoftBankからの番号移行は対象外です。 スマホセットの契約は対象外です。 契約月を1カ月目として、24カ月以内に契約解除、もしくはプラン変更した場合は、当月利用分までの割引適用となります。 スマホプランは2年間が契約期間のため、解約の場合は契約解除料(9,500円)が請求されます。 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン 出典: 指定機種(かんたんスマホ)購入時の使用者の年齢が60歳以上の場合、「スーパーだれとでも定額」の月額料が無料になるキャンペーンです。 キャンペーン内容 スーパーだれとでも定額の月額料1,000円が無料になる。 (スーパーだれとでも定額への申し込みは別途必要。 ) キャンペーン対象者• 個人契約の方• 指定機種購入時の使用者の年齢が60歳以上の方• その際、スーパーだれとでも定額の解除のお手続きをしない場合、特典適用が終了となった翌月利用分から月額料が発生いたします。 対象料金プラン以外に変更の申し出をした場合• 指定機種以外に機種変更した場合(修理や初期不良による交換、当社が提供している交換サービス及び会員価格での購入サービスの利用による機種変更は含みません。 持ち込み機種に機種変更した場合• USIMカードを変更した場合(故障・紛失により同種類のUSIMカードに交換した場合を除く)• システムに登録された使用者を60歳未満の方へ変更した場合• 法人へ契約を譲渡、承継した場合• 解約した場合 MVNOでシニア向けのスマホの取り扱いが増えるのはうれしいことですね。 スマホの操作に困ったときに押すだけで問題を解決してくれる「押すだけサポート」という機能を搭載していたり、かんたんスマホ専用のカスタマーセンターに問い合わせができたり、 シニアのスマホデビューをサポートする体制が整っています。 ワイモバイルを利用するうえで知っておきたいポイント ここでは、ワイモバイルにするか迷っている人や、ワイモバイルをもっと知りたい!という人のためにおすすめポイントを紹介します。 10分の無料通話が何度でも使える! ワイモバイルがおすすめな理由の1つに プラン内に10分かけ放題が含まれていることが挙げられます。 こちらはスマホプランを契約の場合に利用できるサービスです(SIMカード単体契約も含む)。 通話料金をなるべく無料に抑えたい人は、通話時間が10分超えそうになったらいったん切ってまたかけ直しても良いですし、あらかじめ長電話になりそうな時はLINEからかければ通話料金を抑えられるでしょう。 「ソフトバンクWiFiスポット」が無料で使える! スマホプランやデータプランを契約すると、 申し込み不要・無料でソフトバンクWiFiスポットが使い放題。 駅や空港、カフェなど、日本国内の主要スポットならば繋がる場所もたくさんあり、いざという時に便利です(一部のエリアおよび海外での利用は不可)。 WiFiの利用を無料で提供している格安SIMは少ないので、これもワイモバイルを契約する大きなメリットの1つです。 iPhoneが購入できる! 格安SIMはたくさんあるものの、実はiPhoneを取り扱っていないサービスも多いです。 しかし、ワイモバイルであればSIMカードとセットでiPhoneを購入できます。 2019年1月現在は iPhone7(32GB・128GB)、iPhone6s(32GB・128GB)、iPhone SE(32GB・128GB)がライアンアップしています。 「Yahoo! プレミアム for ワイモバイル」が月額料金内に含まれている! Yahoo! プレミアムは通常、月額462円の入会費用がかかる有料サービスです。 しかし、SoftBankユーザーとワイモバイルユーザーはなんと利用料金が月額料金に含まれており、 申し込み不要・無料で使うことができます。 Yahoo! ショッピングやLOHACOでポイント5倍になったり、お得な割引やクーポンがあったりと、たくさんの特典が魅力です。

次の

ワイモバイルのSIMフリー対応機種と設定方法【iPhone版/Android版】

ワイモバイル 60歳以上 持ち込み

ドコモが2020年に3G回線のサービス終了を発表し、 3G携帯が使える期間も残り少なくなりました。 ドコモやau、ソフトバンクではスマホやガラホ 4Gガラケー へ機種変更を促す様々な割引やキャンペーンを行っていますが、やはりガラケーユーザーからすると スマホへ機種変更すると月額料金が結構高く付くのが気になりますよね。 そんな中注目したいのが、 一部の格安SIMで低料金でシニア向けのスマホを提供している事です。 以前では「格安SIM=難しい・上級者向け」というイメージがありますが、最近では初心者向けの格安SIMも登場し誰でも簡単に利用できるようになりました。 『シニア向け』大手キャリアでスマホデビューよりワイモバイルの方が遥かに安い! ドコモやau、ソフトバンクでスマホへ機種変更してしまうと、どうしても気になるのが料金の高さです。 例えばドコモで3G携帯を使っている人が、らくらくスマートフォンme F-01L へ機種変更した場合、月額料金は5,000円前後は掛かってきます。 そんな中、スマホの料金がドコモなど大手キャリアの半額くらいで利用できる「格安SIM」を聞いたことがある方多いと思いますが、中でも 『ワイモバイル』はシニア向けの機種やキャンペーンが多く、料金もかなり安いのでかなりお勧めです。 特にシニアの方の場合、大容量プランや最新超高性能スマホが必要なわけでもない事が多く、わざわざ割高な大手3キャリアで機種変更するよりも、格安SIMの方が合っているケースがほとんどです。 ワイモバイルではシニア向け機種『かんたんスマホ』を低価格販売している 格安SIMは2019年現在でも数百社あると言われていますが、シニア向けの機種やキャンペーンを行っている会社はほぼありません。 そんな中ワイモバイルにはシニア向けのスマホ機種『かんたんスマホ』と、60歳以上の方向けの『通話し放題キャンペーン』を行っており、料金も安いのでスマホデビューしたいシニア層にはこれ以上ない好条件と言えます。 また「かんたんスマホ」という機種名から想像しにくいですが、高性能で高耐久なので物持ちがいいです。 2mm ディスプレイ 約5. 0インチ HD TFT液晶 重量 約142g 電池容量 2,600mAh OS Android 8. 1 CPU MSM8937(オクタコア)1. なのでこの機種を購入し、契約時の年齢が60歳以上であれば、ワイモバイルの通話かけ放題オプション『スーパー誰とでも定額』がずっと無料で利用可能になります。

次の