天気 の 子 本田 翼。 天気の子|本田翼の声優が心配!かわいいけど演技下手で滑舌悪い?【動画】

「天気の子」で前評判が最悪だった本田翼 実際の演技はどうだったか

天気 の 子 本田 翼

女優の本田翼さんが7月19日、東京都内で行われた、新海誠監督の新作劇場版アニメ「天気の子」の初日舞台あいさつに登場。 編集プロダクションで働く女子大生・夏美の声を演じた本田さんは「新海さんに声を聞かせてほしいと言われ、スタジオで声を出すとき、新海さんが『好きな食べ物は』とか、『普段、何をされているんですか』と質問してくださって、それに答えていました。 そういうことを考えていると地声になるので、それが良かったと言ってくださって」とオーディションの裏側を明かしていた。 本田さんの言葉に、新海監督は「個人的な興味もあったんですが(笑い)」と冗談を飛ばし、「やはり、普通の声を聞きたかったというのがあります」と語っていた。 舞台あいさつには声優を務めた醍醐虎汰朗さん、森七菜さん、吉柳咲良さん、小栗旬さんが出席した。 「天気の子」は、天候の調和が狂っている時代の物語。 離島を飛び出し、東京にやってきた高校1年生の家出少年・帆高は、孤独な日々の果てに怪しげなオカルト雑誌のライター業を見つける。 ある日、連日降り続ける雨の中、都会の片隅で一人の少女・陽菜と出会う。 陽菜はある事情を抱え、弟・凪と2人でたくましく暮らしていた。 そして彼女は祈るだけで空を晴れにできる不思議な能力を持っていて……というストーリー。 醍醐さんが帆高、森さんが陽菜の声優を務める。

次の

新海誠監督「天気の子」 本田翼の声は「聞いたらびっくりする」

天気 の 子 本田 翼

本田翼は棒読みだ!• ばっさー棒読み過ぎ(笑)• 本田翼の棒読みが天気の子のネタ など、明らかにネタ扱いされて笑われてしまっていましたね。 演技もかなりうまいのですが、本田翼さんは出演したドラマなどで毎回• 棒演技• セリフ棒読みだよな~ と言われてしまいます(汗) 実際、本田翼さんのデビュー初期の頃は、正直棒読みのこともありましたから、その印象がそのまま残っている駄目、やや本田翼さんを見る視聴者の目も厳し目になっている感は否めません。 しかし、それを抜きにしても 今回の天気の子では本田翼は棒読みだ!という声が多かったですね(汗) ちょっとびっくりです。 天気の子本田翼は下手でひどい? どうしてもプロの声優ではなくて俳優の方を使うのが理解できないから観たいとも思わない。 本田翼なんて顔出さなきゃ何の意味もない人じゃん。 一番芝居下手な人じゃん。 — かつをぶし rlgcar30 katsuobushidaro 天気の子普通に良かった笑 本田翼の演技どうなんだ?って言われてたけど、確かに「君の想像通りだよ」のシーンは想像通りド下手だった。 本田翼の棒読みはひどかった• 映画はいいけど、本田翼は安定の下手さだった といった声も見受けられました。 予告編だけ見ても本田翼下手ってわかったからもう行かない• 本田翼のひどい演技見たくないし、天気の子はもう良いわ という声も多くありました。 どうやら、映画を見た方以上に、本田翼さんの演技に対して否定的な方たちの声が多く取り上げられ、結果として 本田翼=下手・ひどい・棒読み といって声ばかりが独り歩きしているようにも見受けられました。 本田翼のTwitter上での声優としての評価は? 「天気の子」 ネットでなんか話題になってるけど、本田翼氏は全然下手じゃなかったよ。 むしろキャラに合っていた。 と言うか、みんな下手だったよ。 本田翼ちゃんが下手やと言ったの誰やねん?良かったやん。 本田翼の声、キャラに合っていたよかった!• 棒読みどころか普通にうまかった• え、何でこれで否定されてるの?下手じゃないし! といった、肯定的な声が、Twitterにて一気に溢れた形となりました。 映画を見て、実際に本田翼さん演じる 夏美の声を聞いた方の多くが、その演技の巧さに驚いたのが分かりますね。 最も正直な感想を映画視聴直後に見れるのがTwitterなわけですが、その中でこうして本田翼さんの声優としての評価を高めているのも面白い話ですね。 多くが• 予告編での本田翼の声• 本田翼=棒読みのイメージ• Twitterで流れた本田翼=棒読みのネタ を見て、それに引きずられる形で本田翼は棒読みだというイメージに固まってしまったようですね(汗) 実際の映画を見た方は高評価していることからも、本田翼さんの声優としての演技は、少なくとも天気の子に限っては棒読みでも下手でもなく、むしろうまかったという結果になりました! 本田翼さんの棒読みも一瞬聞ける(笑)天気の子、是非劇場で満喫してもらえればなと思います!.

次の

本田翼に新海誠ダメ出し『天気の子』声優ゴリ押しの抵抗?君の名は以来のアニメ映画

天気 の 子 本田 翼

スポンサードリンク 醍醐 虎汰朗 出典: 名前:醍醐 虎汰朗 だいご こたろう 生年月日:2000年9月1日 18歳 出身地:日本・東京都 身長:167cm 職業:俳優 ジャンル:映画,舞台 事務所:エーライツ 趣味はゲーム・ゴルフ・ランニング、特技はサッカー・水泳・ボクシング 漫画を読むスピードが非常に速くて、1日に30冊を読破したこともあります。 俳優として、伊藤英明や小栗旬を尊敬しているそうです。 中学のサッカー部を引退した後には、かねてより芸能界に憧れていたためエーライツに応募し俳優活動を開始しました。 2017年には、「舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇〜スタートライン〜」の一般公募オーディションにて自身初の舞台出演しながら主人公・小野田坂道役(3代目)を射止めて、同公演の座長も務めました。 2019年に公開の新海誠監督の長編アニメーション映画『天気の子』のオーディションで、2000人の中から主人公・森嶋帆高役に選ばれました。 スポンサードリンク 本田翼 出典: 本名:本田 翼 ほんだ つばさ 生年月日:1992年6月27日 27歳 出身地:日本・東京都 身長:166cm 血液型:B型 職業:ファッションモデル,女優 ジャンル:テレビドラマ,映画,CM 2006年の時に、所属事務所であったスプラッシュから、それぞれ別々の7人によってスカウトされました。 2006年にファッション雑誌『SEVENTEEN』の専属モデルとしてデビューを果たして、2007年からは『ラブベリー』の専属モデルへ転籍しました、2010年1月からは『non-no』の専属モデルとなり、2018年まで務めました。 2012年には『恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方』でテレビドラマ初レギュラー出演、映画『FASHION STORY-Model-』で映画初主演・初出演を果たすなど女優業を本格化させたほか、同年4月より1年間、トーク番組『A-Studio』にて4代目アシスタントを務めました。 2015年7月にはクールのフジテレビ月9ドラマ『恋仲』で初のヒロイン役を演じることとなりました。 2018年9月の時にYouTubeチャンネルを開設し、ゲーム実況の生配信及び動画投稿を開始しました。 2018年10月9日の18時ごろには、登録者数100万人を突破しました。 およそ1ヵ月でのスピード記録となり、コメントで多くの人から顔出しをリクエストされましたが、「ゲームをしているときの顔は見られたくないです。 すみません!」と断っています。 スポンサードリンク 天気の子 前作の『君の名は。 』から3年ぶりとなる、新海誠監督の第7作目となる『天気の子』が2019年7月19日に公開されました。 出典: 『君の名は。 』に引き続きRADWIMPSが音楽を担当していますが、ボーカルの野田洋次郎は前作以上にストーリー展開を決める話し合いにも参加しており、音楽監督としての職務も担っています。 映画を観た人の感想には、この様なものがありました。 良い映画ではあるけれど想定の範囲内。 そして今回の作品も、前作の『君の名は。 』の時と同じように万人受けをするような作品だったので、元々新海誠監督のファンだった人は作風の変化に驚くこととなりましたが、今回の作品も前作と同じような作品という事なので、多くの人にとって見やすい作品なのかもしれませんね。 スポンサードリンク 本田翼の演技 本田翼さんは、前から演技が下手と有名で、業界の人たちが下手であることを暴露していることが多かったですね。 そして今回の天気の子でも、新海誠監督が本田翼さんに対して辛らつだったと、話題になっています。 そして撮影の際に 新海「Vコンテ見ました?」 新海「(Vコンテで自分が演じた夏美から)どんどん違いうキャラクターになっていく。 キャストの中で一番、遠いところにいった」「予想もしないアクセント、言い方ばかりが出てきて。 すごく楽しいと思います。 (観客も)びっくりすると思います、確実に」 RADWIMPS野田「今のはほめているんですか?」 新海「もちろんほめています」 という会話が繰り広げらていたそうです。 また、新海監督がアフレコ中の本田翼の事をかたっており「裸足」で収録していた、スタジオには「スッピン」で来ていたことを暴露していました。 そして、本田翼の演技についても、賛否両論あるようで気に入らない人も多いようですが、賛成の方も一定数多いようです。 スポンサードリンク まとめ• 醍醐 虎汰朗• 本田 翼• 天気の子• 本田翼の演技• まとめ 以上が今回の記事になります。 私も新海誠監督前作『君の名は』は、好きだったので今作の『天気の子』も見に行こうと思っています。 本田翼さんについても演技力を上げるなど、頑張って欲しいところですね。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の