鬼滅の刃 192。 【ジャンプ10号感想】鬼滅の刃 第192話 廻る縁 : ジャンプ速報

鬼滅の刃 全話ネタバレまとめ【最新話あり】

鬼滅の刃 192

非常に危ない状態の 炭治郎 たんじろうを見て 愈史郎 ゆしろうは何本もの注射を打ち、 炭治郎 たんじろうの容態をなんとか回復させようと奮闘します。 そうしているうちに、 愈史郎 ゆしろうの治療が功を奏したのか、 炭治郎 たんじろうの脈が戻ってきます! ですが、そのあとすぐにまた 炭治郎 たんじろうの脈は弱ってしまいます。 そんな危篤状態の 炭治郎 たんじろうを何とか助けようと、鬼殺隊隊士の 村田 むらたさんは必死に呼びかけ続けます… すると!この村田さんの必死の声が届いたのか、 炭治郎 たんじろうの左目が開きます! ここで場面は 無惨 むざんとの戦闘へ。 やはり一筋縄ではいかない 無惨 むざん! 劣勢に立たされていたと思われた 無惨 むざんはまだまだ実力を隠していたのか、先程を上回る攻撃力と速さで、けたたましい音をたてながら攻撃を繰り出し、 その直後、その場にいたすべての者達が吹き飛んでしまい、一瞬で戦況は一変しまいます! そして眼前には、先程とは打って変わってご覧のような絶望的な光景が広がってしまいます・・・ そんな中、戦いに参加しているメンバーの中で唯一意識のある 栗花落 つゆりカナヲは、自分たちと 無惨 むざんに圧倒的な実力差があることを思い知らされ茫然自失。 日輪刀を持つ手も震えてしまい、まともに動くことすら出来ない状態に陥ってしまいます。 無惨 むざんの腕が一瞬にして切り落とされます! そうです!読者待望の瞬間、 炭治郎 たんじろうの登場がついにやってきたのです!! (ヒーローは遅れてやってくるものですが、この惨状だとなんとも…。 主人公なんだから、もうちょっと早く来てよ炭治郎!w) その後、向き合う 炭治郎 たんじろうを見て、 無惨 むざんは、 「 酷 みにくい姿だ」 「これでは」 「どちらが鬼かわからないな 竈門炭治郎 かまどたんじろう」 と呟きます。 ん?それはどういう… なんと 炭治郎 たんじろうがこんな姿に!!! そして、一方の 炭治郎 たんじろうはというと、とてもおだやかな様子で 無惨 むざんに話しかけます。 「終わりにしよう。 ということもありうるかもしれませんね。 」 「俺はただ夢を見ているだけかもしれない・・・」 「それでも・・・」 「ほんの僅かな手首の角度の違い」 「足の運びの違い、呼吸の間隔を知り」 「自分の無駄な動きに気づけた。 」 緑壱 よりいちさんは物静かで素朴な人だった・・・ すやこさんが剣の型を見たい見たいをせがんだら見せてくれるような優しい人で、 炭吉 すみよしさんはそれをつぶさに見ていた。 ひとつも取り零さずその瞳にやきつけた。 日の呼吸の型は息を忘れるほど綺麗だった あまりにも美しすぎた。 剣を振るう時、 緑壱 よりいちさんは人ではなく精霊のように見えた。 また遊びに来て下さいと言ったけど、 別れ際 緑壱 よりいちさんは、 炭吉 すみよしさんに 耳飾りをくれた。 緑壱 よりいちさんはもうここに来ないのだと思った。 遠ざかって行く物悲しい後ろ姿に涙が出てきた・・・ その 緑壱 よりいちの姿を見た 炭吉 すみよしは、 「 緑壱 よりいちさん、後に繋ぎます」 「貴方に守られた命で・・・俺たちが」 「貴方は価値のない人なんかじゃない!! 」 「何も為せなかったなんて思わないで下さい」 「そんなこと絶対誰にも言わせない」 「俺が、この耳飾りも日の呼吸も後世に伝える」 「約束します」 炭吉 すみよしの言葉に 緑壱 よりいちは笑顔で 「ありがとう」 と伝えました。 それを見て 炭治郎 たんじろうは 緑壱 よりいちさん俺の方こそ、俺たちの祖先を助けてくれてありがとう あなたがいなければ俺たちは生まれていません。 貴方が信じて逃がした 珠世 たまよさんの協力で 無惨 むざんを追いつめることができました 貴方が見せてくれた 日の呼吸で俺は戦うことができます。 12個の型は驚くほど正確に伝わっていました 何百年も経つのに 円舞 えんぶ 碧羅 へきらの 天 てん 烈日紅鏡 れつじつこうきょう 幻日虹 げんにちこう 火車 かしゃ 灼骨炎陽 しゃこつえんよう 陽華突 ようかとつ 飛輪陽炎 ひりんかげろう 斜陽転身 しゃようてんしん 輝輝恩光 ききおんこう 日暈の龍 にちうんのりゅう 頭舞い かぶらまい 炎舞 えんぶ 貴方が見せてくれた型も12個でした。 炎柱さんが聞いた13個目の型について、ずっと考えていた・・・ 型の名前で気になっていたことがある。 恐らく12の型は繰り返すことで円環を成し13個めの型になる 無惨 むざんの攻撃をくぐりぬけ脳と心臓を斬り続けるんだ、夜明けまで 12の型は円舞と炎舞で全て繋がる。 緑壱 よりいちさんや 父さんのような才覚が俺にはない それどころか命が夜明けまでもつかどうかわからない さらに 無惨 むざんの逃亡をどう阻止するか 緑壱 よりいちさんですらできなかったことが自分にできるのだろうか? それでも俺は、今自分にできることを精一杯やる 心を燃やせ 負けるな 折れるな そして戦いの最中、 無惨 むざんは 炭治郎 たんじろうを 緑壱 よりいちと重ねて見てしまいます。 そして戦闘の中で鬼殺隊のみんながやられた理由を知ります。 なんてことでしょう!? 炭治郎 たんじろうがはっきりと 「みんながやられた理由」と・・・言ってしまってるじゃないですか!? あぁ、もうこれで 義勇 ぎゆうさんの右腕が切断されている確率がぐっとあがってしまいましたね・・・ これですよ・・・前回の 191話でこんな描写があったせいで、今でもドキドキがとまりません。 と考察していましたが、 今のところそれも違っているようですが、まだ結果が出た訳ではありません。 あくまでも今回は 炭治郎 たんじろう独自の推測で、まだそれが正しいのかはこれから分かることでしょう!! 一体どんな感じなのでしょうか!? と考察しています。 そしてもう一つ気になっている点があります。 それは今回の 無惨 むざん戦で最終決着となりうるのか!? についてです。 ちまたでは 『鬼滅の刃』最終回近し! みたく取り上げられていますが、私はまだまだ続くと思っていますし、 今回で 無惨 むざんが倒されて無事、一件落着とはならないと思っています。 仮に 無惨 むざんが倒されたとしても、『復活の 無惨 むざん!』みたく続編があったり、 『第2章、新たな敵登場!』みたくなるのでは!? と期待しています 笑 だって、 炭治郎 たんじろうと カナヲの恋の行方だったり、 伊黒小芭内 いぐろおばないと 甘露寺蜜理 かんろじみつりとの恋の行方とか見たくないですか!? 女性達の中で流行り始めている鬼滅の刃の髪型【アニ髪】についてこちらに詳しく紹介しています!こちらも是非ご覧ください!.

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』192

鬼滅の刃 192

スポンサーリンク 炭治郎の手当をする愈史郎 愈史郎が炭治郎の手当をしています。 愈史郎の安否がわからなくて心配でしたが、鬼だけあってやはり大きな怪我は負っていないように見えます。 良かった!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」191話より引用 炭治郎に回復の注射を何本も打っていますが、無惨の攻撃を受けて時間がたっているため、容体はかなり深刻です。 村田は炭治郎が握りしめている刀を放してやろうとしますが、凄い力で握られていて放すことができません。 戦いに向かう意志がコイツにはまだあるんだろ、と愈史郎。 クールで冷静な愈史郎ですが、彼も炭治郎の回復を願っているのでしょう。 やがて脈が戻りました! しかしかなり弱い様子・・・ 村田は泣きながら炭治郎を励まします!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」191話より引用 「頑張れ!!戻って来い!!夜明けが近い!!」 無惨を一緒に倒そうと呼びかけますが反応はなく、やがて一旦回復した脈も再び弱まってしまいます。 それでも一生懸命に呼びかける村田たち。 「無惨が逃げちまうぞ 早く行かなきゃ」 すると、刀を握りしめていたままの右手がギシギシと大きな音をたて・・・ ついに炭治郎が目を開けました!! 良かった!! スポンサーリンク 風柱も目隠しの札を利用 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」191話より引用 場面は変わり再び無惨との戦闘です。 隠の後藤が物陰からその様子をうかがっています。 鬼殺隊の柱たちが赫刀となり無惨を攻撃しているのを見て、もしかしていけるんじゃないか? 夜明けまでもつかも・・と希望を持ちはじめています。 岩柱の悲鳴嶼は赫刀の鉄球で無惨の胴を攻撃! 一方風柱の不死川実弥は落ちていた愈史郎の目隠しの札を自分の額に付けます。 すると姿を隠していた善逸、伊之助、カナヲの姿が見えるように!! 伊之助は自分も刃を赤くするやつをやりたいと騒いでいますが、カナヲに簡単にできるものじゃないから!!とたしなめられています。 赫刀にするには、まずお互いの腕力が同じくらいでないと成り立たないようです。 使えるものは何でも使うぜ、と実弥は札を付けたまま無惨に攻撃をしかけます!! スポンサーリンク 岩柱は無惨の体の秘密を発見 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」191話より引用 さらに悲鳴嶼は、戦力が増して余裕ができたため相手の体を透かして見ることに成功。 ここで初めて、無惨には脳と心臓が複数あることを発見します。 炭治郎の夢の中で縁壱が「心臓が七つ・脳が五つ」あると言っていた通りでした。 これが無惨が頸を切断されても死なない理由であると悟った悲鳴嶼。 しかもこの脳と心臓は体の中で移動するようです。 位置が定まらないため攻撃の難易度も高いとのこと・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」191話より引用 しかし自分と同じく相手の体を透かして感知できる人間とともに同時に十二か所攻撃できれば・・・ と、可能性を探ります。 そして蛇柱の伊黒に体を注視するよう呼びかけました!! 伊黒は悲鳴嶼に言われるまま、無惨の体をじっと注視。 すると、一瞬体が透けて見えたのです。 悲鳴嶼に続いて伊黒も透き通る世界に到達しました!! 以前に炭治郎も習得した透き通る世界ですが、これを一瞬で自分のものにしてしまうとは。 やはり柱の底力は半端ないですね。 スポンサーリンク 戦況が一気に変わった 有利な状況が続いて、いよいよ無惨を追い詰めた感が増してきたそのときでした。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」191話より引用 パギャ ドン 大きな音と揺れがして、後藤の体がよろめきます。 何だ今の?と後藤が戦闘場所をのぞくと、無惨が一人たたずんでいるのみで、たった今まで戦っていたはずの他のみんながいません。 ドキドキしながら物陰から近づいていくと・・・ 全員が無惨の攻撃に倒れていたのでした。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」191話より引用 悲鳴嶼は左足を欠損、 水柱の冨岡は右腕を欠損、伊黒は左腕を欠損? 実弥は建物の三~四階まで吹き飛ばされて頭から突っ込み怪我の度合いは不明、 善逸と伊之助も血まみれです。 全員意識を失っています。 スポンサーリンク 炭治郎ついに復活!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」191話より引用 唯一意識がある状態なのがカナヲでした。 致命傷こそ受けていませんがカナヲも血だらけです。 刀も折れています。 そこへ無惨がやってきますが立ち上がることができません。 早く立って、足 動け 倒せ コイツを みんながもう悲しい思いをしなくていいように、死んでも倒す、と最期まで戦おうとしますが体が言うことを利かず、立てません。 見かねた後藤が「やめろー!!」と出てきますがそんな言葉に無惨が反応するはずもなく、カナヲに向かって攻撃を仕掛けます・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」191話より引用 「ヒノカミ神楽 輝輝恩光」 燃えるような一撃!! 間一髪のところで炭治郎が無惨の腕を斬り落としました。 カナヲを抱きかかえ、後藤のもとに運びます。 炭治郎、炭治郎・・と涙が止まらないカナヲ。 遅くなってごめん。 頼みます。 と後藤にカナヲを託し、炭治郎が無惨に向き合います。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」191話より引用 「何という 醜い姿だ これでは どちらが鬼か わからないな 竈門炭治郎」 言いながら、炭治郎の姿が縁壱と重なり虫酸が走るという無惨。 終わりにしよう、と炭治郎。 ついに二人の戦いが始まる————。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 191-192 話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」191話より引用 鬼殺隊側に有利な状況が次々生まれ、もしかしたら夜明けまで無惨をここに留めるだけでなく、本当に倒せるかも!? と、思った直後の惨劇でした。 赫刀やその他諸々の鬼殺隊の有利な戦況に劣勢を感じ、無惨は一瞬本気を出したのでしょうか? ということはやはりこれまでは本気ではなかったのか・・・ 底知れない力が恐ろしいです。 柱四人プラス力を付けた同期組三人を、一瞬の本気でほぼ全滅させてしまう無惨。 これを、ただ一人残った炭治郎がどうやって倒すのか正直想像がつきません・・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」191話より引用 しかも右目部分はつぶれたままで、無惨の毒も解毒されきっていないように見えます。 十三番目の型を習得したとしても、体格も経験値も縁壱に及ばない炭治郎がどこまでやれるのか。 そもそも十三番目の型は今回の「ヒノカミ神楽 輝輝恩光」なのか、それともまだ他にあるのか、それもわかりませんが、非常に不安です。 味方は全員重傷で、援軍はほぼ無いに等しい状況ですし・・・ もちろん、最後には倒してくれると信じています!! そして柱たちや同期組もどうか無事でいて欲しい!!.

次の

鬼滅の刃/きめつのやいばネタバレ解説192話最新話最速考察+191話おさらい【少年ジャンプ10号】

鬼滅の刃 192

鬼滅の刃22巻192話のネタバレ 縁壱との別れ 炭治郎は祖先の記憶を目覚める直前まで見ていた。 すやこにせがまれる形で、日の呼吸の型を披露することになった縁壱。 炭吉はそれを一つも取りこぼさないよう瞳に焼き付けた。 縁壱の型は後に神楽として伝えられるのがわかるほど美しいものだった。 型の披露が終わると、すやこと子供がはしゃいで喜び、縁壱は照れくさそうにうつむく。 そして別れの時、炭吉はまた来るように勧めたが、縁壱はそれに答えず耳飾りを渡す。 もうここには来ないのだろうと炭吉は思った。 遠ざかっていく縁壱の物悲しい後ろ姿に、炭吉は涙をこぼす。 炭吉は去りゆく縁壱に、貴方は価値のない人なんかじゃない、何も為せなかったなんて思わないでと叫ぶ。 縁壱は静かに振り向く。 そして炭吉は、貴方に守られた命でこの耳飾りも日の呼吸も後世に伝えると約束する。 それを聞いた縁壱は笑顔で一言ありがとうと告げるのだった。 十三個目の型 無惨と対峙しながら炭治郎は縁壱に対し感謝の念を抱く。 縁壱が祖先を助けてくれたことで自分が生まれ、珠世を逃してくれたおかげで無惨を追い詰めることができている。 そしてあの日見せてくれた日の呼吸で戦うことができる。 十二個の型は何百年も経つのに驚くほど正確に伝わっていた。 十三個目の型とは新しい別の型などではなく、十二の型の最初の型である円舞、そして最期の型である炎舞、同じ読み方のこの二つの型を繋げることによって完成するのではないか。 夜明けまで無惨の攻撃を避けながら、型を繋げ心臓と脳を斬り続ける。 当時の炎柱が自身を失った理由とはこれだったのだろう。 その途方も無さに炭治郎も不安を覚えるが、それを振り払い心を決めると、無惨に斬りかかる。 それを防ぎ、反撃する無惨。 反撃を喰らってしまう炭治郎だったが、柱たちがやられた攻撃の正体が、攻撃するときだけ腿から出る八本の管であることを見破る。 そして再び斬りかかる炭治郎。 攻撃は全て防がれたものの、炭治郎は型同士が繋がる事をしっかりと確認する。 そしていよいよ十二の型全てを繋ぐことに挑む炭治郎。 その刀はみるみる赫く変わっていった。 鬼滅の刃22巻192話の扉絵とタイトル考察 今回は扉絵が無く、炭治郎の祖先の記憶を思い返すシーンから始まります。 エピソードタイトルは「廻る縁(めぐるえにし)」。 これは縁壱が珠世を見逃したことや、炭吉を救ったことが、廻り廻って無惨を追い詰めているということを表しているのでしょう。 鬼滅の刃22巻192話の名台詞 今回印象に残った台詞は、炭吉の「この耳飾りも日の呼吸も後世に伝える、約束します!!」です。 おそらくこの前の台詞も含めてだと思うのですが、これを聞いた縁壱は笑顔になり涙を浮かべます。 こんなにはっきりとした縁壱の笑顔が描かれたのは、作中でも初めてではないでしょうか。 感情をあまり表に出さない縁壱が、喜びをあらわにするのは、よほど嬉しかったのだと思います。 この前の台詞では思いが完全に一致したという演出なのでしょうか、炭吉ではなく炭治郎が叫んでいるコマが描かれておりそれも印象的でした。 鬼滅の刃22巻192話の感想・考察まとめ 炭治郎の見た祖先の記憶の続きと、炭治郎と無惨の対決が描かれた今回。 縁壱の耳飾りと日の呼吸はこうやって受け継がれたんですね。 無惨や黒死牟の目を逃れることができたのは、炭吉やその子どもたちが剣士でなく、神楽として伝えていたからなのでしょう。 無惨と対峙した炭治郎は十二個の型をすべて繋げることで十三個目の型になると確信します。 縁壱が無惨と対峙した時に剣技が完成したと言っていたのは、こういうことだったのですね。 無惨を倒す方法は明らかになったものの、それはとてつもなく過酷なものでした。 炭治郎はやり遂げることができるのでしょうか。 193話の展開に注目しましょう。

次の