弱点保険ミミッキュ。 【最強ポケモン】ミミッキュの育成論12種類・超解説【応用編】

剣盾S2使用構築 玉砕!!ミミノラbreak 最高64位最終151位

弱点保険ミミッキュ

こんにちは。 スターライトです。 目標にしていた最終2桁を達成することができました。 【使用構築・結果】 tnスターライトで潜りました。 【構築概要】 S3のおにーやんさんの構築を参考にし、エースで1体以上倒し、とで逃げきる構築を組みました。 【個別解説】 @弱点保険 特性:潤いボディ 数値:205-X-101 4 -150 252 -115-112 252 技:泡沫のアリア 雷 エース1。 最速にすることでの上から攻撃ができたり、Sをあまり振っていないやの上から攻撃ができる点が強かったです。 弱点保険は相手依存の持ち物ですが、といったほかの持ち物を持たせたが増えたため一周回って弱点保険が警戒されず、刺さる試合が多かった印象です。 @ラムのみ 特性:砂かき :191 44 -188 124 -100 156 -X-92 52 -125 132 技: ロックブラスト 瓦割 エース2。 で突破しにくい残飯や、に対してダイナックルでAを上げながら突破します。 役割対象に欠伸持ちが多いため持ち物はラムの実を持たせています。 @チイラの実 特性:化けの皮 :132 12 -141 244 -100-X-125-161 252 技:じゃれつく 影打ち 呪い 身代わり ストッパー1。 相手のターンを身代わりと化けの皮で強引にます。 呪いが優秀で、相手のラス1のをの欠伸+守ると合わせて安全に処理することができます。 @食べ残し 特性:熱い脂肪 :267 252 -131 4 -128 252 -X-130-50 技:空元気 ヒートスタンプ 欠伸 守る ストッパー2。 欠伸+守るで相手のターンをます。 守るはの呪いと合わせてダメージを稼いだりターンをからす以外にもに対する様子見として使えたり、場合によってはを狙えたりするようになるので非常に便利な技でした。 構築上が重たいため、ヒートスタンプを採用しています。 アーマーガア@オボンのみ 特性:ミラーアーマー :205 252 -107-172 252 -X-105-88 4 技: ボディプレス 鉄壁 羽休め ストッパー3。 とだとやといったに突破されてしまうので採用しました。 最終日は役割対象とマッチングすることがなかったので、選出は控えめでした。 構築上重たいカジリガメの岩技を半減で抑えることができ、カウンターで処理できる点が強かったです。 特性は呼び水の発動機会がそこまで多くなかったことと、のトリックに耐性を付けるために粘着にしました。 あと切断バグ早く治ってほしい。 ここまでの閲覧ありがとうございました。 starlight-poke.

次の

【S5使用構築】 脱兎ドラパカビミミ【最終2176(9位)】

弱点保険ミミッキュ

ジュラルドン 2. この指止まれ・サイドチェンジを無視できる筋金入りの ジュラルドンから構築をスタート。 この指の代名詞は強力なで、使用率最上位であること。 サイドチェンジもまた強力な技で、無視できないことを踏まえ。 ックスの隣でサイドチェンジが成功するの正直バグだと思う。 ジュラルドンの使用感は、初手からックスさせることが不利になりにくい印象で、 上記のこの指やサイチェンを無視できるため、単純な殴り合う展開にしやすい。 45試合をスピーディにこなせそうで、構築の軸にできると判断した。 は未だに初手ックス派。 ジュラルドンの隣には、追い風+嘘泣きの がすんなり入った。 現環境の悪戯心追い風の止めにくさ、 嘘泣きでジュラルドンのパワーを2倍にできるため。 ダメージ計算すると、 C172あれば嘘泣きダイアークで、HP振りの輝石が倒せることが判明。 この計算結果を受けて、後にジュラルドンは弱点保険を持つことになる。 弱保 or 嘘泣きで火力が2倍になるギミックを2パターン用意してある点が、今構築の良ポイント。 またジュラルドン+は、 INC1週間前の大会で優勝の実績あり。 (タスキ+チョッキジュラルドン+スカーフウオノラゴン+火炎玉) ジュラルドンが苦手なは、速い鋼・炎タイプ等。 ・・・辺り。 水・地面タイプのアタッカーで対策していく中で、 3匹目に選んだは。 ちなみに、この時点でINC2日前の水曜夜です (以下、敬体) INCの2週間ぐらい前から、 ジュラルドンにあわせるとして、 ・ウオノラゴン・を試していましたが、 良い型が思い浮かばず、パーティにうまく組み込むことができませんでした。 今考えてみると、攻撃的な珠や珠が良さ気です。 そこで、感触の良かった地面タイプの珠アタッカーとして、 で使った準速の珠を持ってきました。 初めまして(自己紹介) この辺からだんだん歪んでいきます。 ただ、追い風+初手からックス技を連打する強さはそのままで、• ダイスチル余裕で耐える 珠ダイアースで9割削れる• 珠はりきりダイスチルを耐える 珠ダイバーンで1撃• 威嚇くらってもダイアース・ダイロックで1撃• ヨロギ貫通できるが、やダイジェット・ダイソウゲンが絡むので選出しない方が良い 上記のジュラルドンが苦手なに、AS珠は割と有利だったりします。 4匹目は。 理由はシンプルで、この時点で相手のエルフが重いためです。 ミラーでの立ち回りを脳内で考えたところ、 1ターン目:追い風+へダイジェット 2ターン目:次のターンダイロック(原始の力)で倒す だったのですが、 実際は追い風キョダイゴクエンでお互いにを倒してました。 嘘泣き+インテレオンもこの時点でだいぶ重かったので、 チョッキにして、特殊全般と打ち合えるように。 さらにに光の壁を使わせることにしました。 嘘泣き珠ダイストリームをチョッキ+光の壁で強引に耐えて、ダイジェットで切り返すように。 日本晴れではなく光の壁にしたことで、水技以外の特殊技を軽減できるようになり、 特防の低いジュラルドンものサポートにもなる点が良かったです。 防御的なエルフ、キョダイゴクエンとの相性もむしろ良いです。 +の並びも、それほど不自然ではなくなったと思います。 6匹目に欲しかった要素は、• +に選出できる• ジュラルドンの弱点保険を起動できる• 素早さ96以上 砂かきやスカーフの上から殴れる(追い風・ダイジェット込み)• を覚える• トリル下のやを誤魔化せる こんな感じで、格闘タイプや格闘技がキーになると思いました。 5匹目の はを持たせることで、これらの要素を多く満たします。 ドレパンは、シングルバトルで学びました。 さらに電磁波を持たせることで、 追い風を初手に出したくない時、代わりにS操作ができます。 追い風 or 電磁波で素早さを2倍になるギミックを2パターン用意してある点が、今構築の良ポイント(その2) 電磁波の使用感が良かったので、持ち物は口角レンズにしました。 6匹目は、。 しかし、このの採用は間違いでした。 まとめ〜 良かった点• 軸のジュラルドンが活躍できるパーティにできた• のダイバーンと、のダイロックにがある• このパーティを2,3日で作る謎の調整力 悪かった点• 圧倒的練習不足• それによる構築の不備• 6匹目はC172の悪波水が良かったかもしれない 去年のムーンシリーズと似た感覚になりました。

次の

弱点保険ジュラルドン+エルフミミッキュ

弱点保険ミミッキュ

<前語り> どーも、テストを捨てに全てを捧げた男じゃすぽけと申します。 シーズン2お疲れさまでした。 今シーズンは2ロム体制で挑み、本ROMは最終日2桁にいまいたが爆死。 サブROMは最終日200位前半スタートで勝ち切ることができず、目標の100位内には届きませんでした。 次シーズンこそは2桁乗ります!! TN じゃす 最終日最高64位 最終664位 TN SuzukazeAoba 最終日最高108位 最終151位 <構築経緯> 初手にックスを切って相手のを1. 5匹持って行った後、裏でトリルを展開し鉢巻ウオノラゴンで一掃する構築が強いと考えた。 そこで先発性能が高く決まれば1ターンでアドを稼げる弱点保険ドラパルト、ウオノラゴンのサポート役のカシブという基本的な並びができた。 次に、ドラパミミノラゴン選出では前期流行ったふゆのパにボコボコにされたので、初手要因も兼ねて珠を採用。 初手にックスを切る性質上、相手のックスを凌ぐ方法がトリルだけじゃ厳しいと感じたため、切り返し枠兼誤魔化し枠として襷カウンターメタルバースト(やんちゃD0S0 を採用。 完成形に至るまでの構築がver1. の採用理由は終盤急激に増加したカバギャラサザンガルドカビみたいな並びに苦戦したので、それらを粉砕するため。 の採用理由はウオノラゴンが通せない水吸収組の対策、による受け崩し、欠伸でが流される展開がキツかったので、特性をうるおいボディにし、ダイサンダーを搭載することで眠らずに殴り続けれるため。 構築共有したコロナさんはスーパーボール級から1日で二桁まで上げてて笑った。 〈個体紹介〉 1. ドラパルト 弱点保険 性格:いじっぱり 特性: 技構成 ドラゴンアロー ゴダイ 空を飛ぶ 鋼の翼(大文字) 調整 H236 A196 B44 D4 S28 前期最終4位の調整を丸パクリしました。 詳しくはそちらを参照ください。 最強のタイマン性能で、ある程度周知された状況でも最前線で戦える性能をしていた。 並びのせいなのか弱保ドラパを警戒されることがあまりなく、数々のイーゲームを量産した。 技構成は一致技のドラゴンアローと、Sを上げるために空を飛ぶ、最後の技はシーズンが終わる2時間前くらいに全く大文字を打たなかったので鋼の翼に変更したところ選出した試合は毎回打ってたのでこっちの方は強い。 ダイスチルでBを上げて突破することで相手の後続から出てくるの影うちで縛られなくなるので、1匹倒してかつ皮を剥ぐ動きが強かった。 このゲームはドラパルトです。 選出率4位 率2位 2. 今シーズンのMVPは君だ!!コロナさんと満場一致したので間違いない。 このの強みは珠持ち以外のあらゆるダイジェッターに対して後投げが成立し(は無理)、ターンを枯らしながらトリルを展開することができる。 またカシブのみを持たせることでウオノラゴンが不利を取る、ドラパルトに対しての安定した引先となり、同様にトリルを展開することができる。 おそらく自分が考えた調整の中で一番強い。 のあまりが出たのでSに4振ったが、多分振らない方がいいです。 選出率2位 率6位 3. ウオノラゴン こだわり鉢巻 性格:いじっぱり 特性:がんじょうあご 技構成 エラガミ 逆鱗 ロクブラ 寝言 調整 HA252 S4 A:HB特化乱数一発 62. 9割9分試合に選出し数多のを葬り去ったクレイ火力。 上記を見て貰えばわかるが物理受けとして使われる、アーマーガアを一撃で落とす火力がある為、上から殴れる状況をつくれれば相手の1体消し飛ぶ。 こいつを使うとサイクルしてるのが馬鹿らしく思えてきます。 こいつはではなくカセキメラです。 技構成は最大打点のエラガミ、タイプ一致技の逆鱗、襷カウンターエースバーンがうざかったので回数次第で倒せるロックブラスト、ダイウォール用の寝言。 ダイロックを使う場面が意外と多く、、などに刺さる場面が結構あったのでこれにして正解だと思う。 タイプヌルも一撃で落とします。 選出率1位 率5位 4. 命の珠 性格:控えめ 特性:天の恵み 技構成 エアスラ マジシャ 放射 草結び 調整 H68 B4 C252 D4 S180 C:ダイフェアリー 130 でH193D96ドラパルトに乱数1発(81. 諸説枠。 意識したドラパルトに無類の強さを発揮し、想定どうりの働きをしてくれたが、選出する機会が少なく、後半は置き物になっていた。 からをしてきてを初めて使う側になったが、とりあえず初手怯ましてから考える相手の気持ちが分かった気がする。 使って出た結論はクソ。 HPフルのチョッキをエアスラだけで無傷突破した時は椅子から転げ落ちた。 選出率6位 率4位 5. 特攻85と低すぎてタイマン殴り勝てるか不安だったため、高火力命中不安定技の採用し、対面したと張り合える火力を出せるようにした。 痒いとこに手が届く性能をしており、迷ったら出すみたいな感じで選出していた(最悪零度当てればいいしね?)。 非キョでも普通に強いぞ。 選出率5位 率3位 6. 達人の帯 性格:ゆうかん 特性:砂起こし 技構成 氷のキバ 炎のキバ 雷のキバ 調整 H252 A180 D76 A:ダイアイス 130 で無振り確定1 HD:控えめC特化の2発92. 再戦でない限りだけで相手を半壊させることができる。 無限の技範囲なので実質と言っても過言ではない。 技範囲の広さ故に出せる構築が想定してた以上に多くドラパミミノラゴンで組んだつもりが、後半カバミミノラゴンがスタンダードになっていた。 ちなみに挑発してきたにダイサンダー打つ瞬間が今シーズン一番楽しかった。 受けループに詰められた試合が3兆回あるので次に構築を練る時は運に頼らず勝てるようにしたい。 〈最後に〉 構築共有したコロナさんの最終順位が29位らしいので、この構築は間違いなく強いと思います。 コロナさんの構築記事 この構築に興味がある方がいればレンタル公開しますので良ければ使ってみてください。 5分で試合が終わります。 気になることとかあれば気軽に聞いてもらっても大丈夫です! 改めてシーズン2お疲れ様でした!! Juspoke0817 juspoke0817.

次の