みのもんた。 TBSの帝王・関口宏のヤバ過ぎる老害ぶり「みのもんたより断然深刻」スタッフ大ブーイングの驚愕内容とは!?

みのもんたが消えた理由や現在は?最近見ないし目がおかしい?

みのもんた

画像は、 かつて「テレビ界の帝王」と呼ばれたタレントの みのもんたが、3月末で日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」を降板することになった。 それがゼロになるのだから、これも時代の移り変わりか……。 みのは降板理由について、17日放送の文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」で「若いタレントの名前を覚えられないし、絶叫と阿鼻叫喚のテンポについていけなくなった。 視聴率が2ケタで好調な今が潮時かなと思った」と告白。 昨年、免許更新の高齢者講習で急ブレーキに失敗して「落第」してしまい「年老いたなと実感した」ことも降板の決め手になったという。 テレビ関係者の話。 「ケンミンSHOWでは収録中に居眠りしていたと報じられたこともありましたし、会話のテンポが年々ズレてきているというのは感じていました。 ここだけの話、ある時収録が中断して、何ごとかと思ったら『尿漏れしてパンツが汚れてしまった』なんてこともあったようです。 『老害』と揶揄される前に潔く身を引くというのは、みのさんらしい決断だと思いますね」 対照的に、現場では「みのもんたより断然深刻」と言われながら、一向にその座にしがみついているのがTBSの帝王こと関口宏だ。 御年はみのの1つ上の76歳。 現在のレギュラー番組はTBS系「サンデーモーニング」のみとなっているが、関係者によると「いまも〝御前会議〟と呼ばれる番組会議は行われていて、相変わらず、その時々によって発言内容がコロコロ変わります。 先週までAというプランだったのに、今週はBだなんてことはしょっちゅうです」という。

次の

(2ページ目)レギュラー16本からゼロに……みのもんたの勢いが止まったセクハラ騒動、息子の逮捕

みのもんた

「これでみのさんはテレビ、ラジオのレギュラーがゼロになります。 事実上の引退という話もありますね」(テレビ局関係者) テレビや新聞は「勇退」と報じているが、事実とは異なる点があるようだ。 「報道では、降板を自ら申し出たことになっていますが、実際は違うようです。 みのさんはこのところ収録中でもめっきり言葉数が少なくなり、時には、うつらうつらして寝てしまうこともありました。 彼は番組にとって大事な功労者ですが、このまま続けるのがお互いにとってよいことなのか、熟慮を重ねた制作スタッフ側から降板を提案したところ、受け入れてもらったというのが実情のようです」(日本テレビ関係者) 降板は、局側からの提案だったのか。 真相をみの本人に聞いてみた。 すると、「それはもう、去年の話なんだけどね」とすんなり肯定。 「お話をいただいたタイミングで、自分からもスタッフにここ数年思っていたことを話したの。 だから両方からかな。 自分が今の人たちの会話のテンポに合わなくなってきたなと思っていて…もうすぐ喜寿(77才)だから…」(みの・以下同) みのは水道メーターの製造販売を手がける会社の経営者という顔も持っている。 そこでは現役を続けるという。 「会社が今年80周年を迎えるの。 そっちもやっていかないとね。 今後は次につなげていくということを考えていくようにね」 そう話す、みのの表情はどこか吹っ切れたようだった。 「それにしても、降板を発表しても、『やめないで』とか『残念だ』とかいう声、ぼくのところにはまったく届いていないんだけど。 アッハッハ!」 みの節は健在だった。

次の

みのもんた、「ケンミンSHOW」が“事実上のクビ”もうなずける「抜け殻ぶり」!

みのもんた

来歴 幼少時、伯父がと一緒に芝居をしていた関係で、世田谷区の自宅の離れに森繁が下宿していた事があり 、森繁の出演する映画のチケットを貰って、よく見に行っていたため、小学校に入学した頃には、映画や芝居に興味を持っていたという。 『』などの映画の撮影を御法川家で行っていたこともよくあった。 世田谷区立祖師谷小学校 、(現:立教池袋中学校 進学の理由は当時で活躍していた、、の「立教三羽烏」への憧れから )、(現:立教新座高等学校)を経て 、へ進学。 大学では放送研究会に所属し、ラジオドラマをやっていた。 みのは、4年先輩のから「アナウンサーはいいよ」「これからはテレビの時代だよ」などと言われ、スタジオ見学などに連れて行ってもらっていたと述べている。 立教大学経済学部を卒業後、、に入社。 就職先の第一志望はTBS(東京放送 )だったが、採用試験で不合格となり 、TBSに同年、入社したを長年に渡り、常に意識していたと再三 語っている。 父親のは(現:)出身である。 文化放送時代 文化放送では殆どの期間をとして活動した。 同期にはなどがいる。 初めの2年弱は研修として、同じの(産経新聞社)に通っていた。 新聞原稿をラジオニュース用の原稿(読み原)に書き換える仕事をしたが全く駄目で「ニュースには向かない」と言われた と当時、アナウンス部長だった土屋恵が後に語っている。 文化放送での初めてのレギュラー番組は『ゲリラでいこう』(15分番組)。 その後、ニッポン放送の『』、の『』でブームに火が点き、遅れて始まった文化放送の『』の初代(6月 - 3月まで担当)に抜擢される。 でもベンチ リポーターを務め、の戦やなどを担当していたこともある。 後に、『』、『』等を担当し、文化放送と同じく、フジサンケイグループに所属するフジテレビの番組にも出演。 『』の司会などで人気を博したが、人事異動で営業部へ配転される。 に文化放送を退社。 文化放送退社後 父親が経営する水道メーター製造・販売会社「」に入社し、10年間全国を営業で回った。 その間、フジテレビに声を掛けられ、『』の週末版で、雨が降って野球が中止になると、のビデオを流し、それに「よっ、真っ黒に日焼けして」などとナレーションを入れた所、これが当たり『』に発展し2019年現在も不定期に放送されている。 また『』の国内や、『』でオールナイターズの実家を訪ねる「深夜の家庭訪問」などを担当し、コミカル系サブ司会者(的存在)として認知される様になる。 4月から『』()の司会を担当。 番組が高視聴率を取るようになり、一気に人気司会者の地位を築くに至った。 、父親が経営する「日国工業」を受け継ぎ(それまでの自身の個人事務所「オフィスモンタ」をし、現在の「ニッコク」に社名変更)、代表取締役社長に就任。 芸能活動• 大学卒業時、TBSに入社を希望していた経緯もあり、同局(TBSテレビ)との関係を強化。 民放キー局5社全てでレギュラー番組を持った一方、ではレギュラー番組を持った経験はない。 しかしながら、61歳だった2005年には『』で司会を担当 、これがNHK地上波での初司会となったほか、『』における男性司会者の最年長記録且つ史上初の60代男性による司会となった。 同紅白において、リハーサル時からみのとスタッフの間で進行の方針を巡って対立していたことが表沙汰となり、これらが原因で紅白での司会担当1度限りとなっている。 経営活動• 1999年10月から株式会社ニッコクのを務めており、過密スケジュールの合間を縫って毎日出社し、業務を行っているとされる。 入社試験の面接でみのが現れると驚く人もいるという。 世間では副業ではないかといわれているが、会社経営のほうが本業だと語っている。 同社は、父親から受け継いだ水道メーターの会社「日国工業株式会社」に、自分の事務所「オフィスモンタ」を吸収合併したものである。 自身経営の水道メーター会社のライバル社「」の株式を本名の「御法川法男」個人名義として発行済株式総数5,140万株中、365万3千株(7. セクハラ疑惑騒動・次男の逮捕 に放送された『』の生放送内のCM明け直後、隣に立つ(当時:TBSアナウンサー)の腰付近に手を伸ばし、吉田がその手を振り払ったように見える映像が一瞬流れた。 これに対して、TBS広報部は「セクハラ行為があったとは認識していないが、紛らわしい行為だったため、今後このようなことがないよう『番組担当者』に口頭で注意した」と公式に発表している。 みの本人への注意には触れられていない。 同年より、みのは9月16日までの「夏休み」を理由にテレビ出演を休止した。 みのはこの年の8月9日から16日にも夏休みをとっており、情報番組のメインキャスターが1年に2度も「夏休み」で番組を休むのは異例のことである。 には、同月11日に当時社員の次男が、泥酔し道で横たわっていた男性の鞄からキャッシュカードを盗み出し現金を引き出そうとしたとして未遂で逮捕されていたことがわかった。 次男は同年付で日本テレビを処分となった。 なお、みのは次男の日テレ入社経緯について、採用試験が難しすぎて名前と住所しか書けなかったため、当時社長のに依頼したであったことを明かしている。 ただし日本テレビ社長のは定例会見で「正規の手続きで入社している。 名前しか書けない人は会社どころか大学にも入れない」と述べ、みのの発言内容について否定している。 『朝ズバッ! 』・『サタデーずばッと』降板 「夏休み」でマスコミの前から姿を消していたみのもんたは次男の逮捕を受け、報道機関各社へ送信したファクスで自身が出演する『朝ズバッ! 』と『サタデーずばッと』への出演を自粛すると発表。 その後、10月25日にTBSから全てのを降板させることが発表された。 『秘密のケンミンSHOW』と ラジオ番組『』への出演は従来通り続ける。 記者会見 午後、記者会見を行う。 その冒頭で「世間をお騒がせして、誠に申し訳ございません」と謝罪した上で、「辞めなければ収まらない風潮を感じた」「(報道は憧れであり)忸怩たる思い」と語った。 前述のセクハラ疑惑に対して記者から質問され、「(アシスタントやキャスターが)発言をとちることがあるので、『しっかりしろ』の気持ちで腰をたたいた。 セクハラなどということは全くありません」と述べ、否定した。 その後 、文化放送『』の初回収録後に緊急会見を行い、「放送界の先輩」が鎌倉の自宅まで駆けつけ、「ファンやスタッフに申し訳ないと言ったか!! 」と一喝され、目が覚めたことを明かし、「ドキッとしました。 情けなかった。 オレは言い訳ばっかりして自分のことばかり考えていた」と目を潤ませ反省の弁を述べた。 に次男の事件後初めてのラジオ番組のレギュラーとなった()が放送開始。 こちらはに終了。 テレビ番組ではから放送が始まった(系列)でもMCを務めたが、8か月ほどで終了。 次男の事件以降は仕事は激減し、レギュラー番組は(系列)のみであった。 みのもんたはその後『FRYDAY』の取材に応じ、「75歳になって、若いタレントや芸人のテンポについていけなくなった」「『完全に潮時だな』と思った」と加齢による体力の衰えを理由に自らテレビ局と話し合って引退を決めたことを明かした。 また、文藝春秋の取材にも応じ、「本当の喋りには『間と緩急』というものが必要」と最近のタレントとの感覚の隔たりを感じていたことも明かした。 キャスターとしての評価 肯定的評価• はみのが『朝ズバッ! 』『サタデーずばッと』を降板することが発表された際に「テレビを見てる一視聴者として僕は、ちょっと残念だなという気持ちがある。 みのさんはコメントする時いつも、弱者の味方なんですよね。 、福祉の問題、…彼はキャスターで一番福島に行ってるんじゃないかな。 毎月11日は必ず(『朝ズバッ! 』で)特集しますよね。 色々あるだろうけど残念だなと思います。 またいつかどこかの場所でみの節が出るようなことができるといいなと思います」とキャスターとしてのみのについてコメントした。 否定的評価• 自身の番組で頻繁に政・官・業の不適切な関係を厳しく追及しているが、みの自身も、同様の関係を保持していると指摘されている。 株式会社ニッコクは(違反)で、何度も刑事告発をされていて、2003年に、追徴金7500万円、和解金3900万円を支払い、翌2004年には、再び他のメーカーとの談合で刑事告発された。 さらに別口の談合で家宅捜査を受け、2005年2月には、追徴金400万円を支払っている。 (平成16年)に、ニッコクと愛知時計電機は他17社とともに2003年7月から2004年7月までの間に行われた発注の水道メータ買入れに係る競争入札に、いわゆる談合を行っていたとして公正取引委員会から排除勧告を受けた。 また、各社に対し審決に応じて東京都は損害賠償請求をしている。 談合事件に関して社長としての責任を問われて、「名ばかり」のお飾り社長で実務は分からないと釈明しているが、上記来歴の通り実務には精通しており、自身の番組などでは「名ばかり」のお飾り社長を痛烈に批判したこともある。 そのの広報誌 では、司会者みのもんたとして御園良彦水道局長(当時)との特別対談が掲載されている。 また同年10月には、同様にみのもんた名義として東京都から東京五輪招致大使に任命され、水道メーターの納入業者の社長と東京都との関係、報道を扱う番組の司会者と行政との関係に公正性が担保されるのか疑問が持たれている。 後述する次男逮捕後のインタビューにおいて、上記談合事件は上場2社の主導であり、従わざるを得なかった旨を主張している。 なお、この上場2社のうち一社は上述のみの自身が第2位の株主である愛知時計電機である。 人物 愛称 愛称は「 みの」、「 みのさん」、「 みのちゃん」。 ただし、「みのちゃん」と呼ぶのはでは、と位である。 芸名の由来• 芸名の名付け親は。 由来は当時、御法川を略して「みの」と呼ばれていて、生まれ monkey であることと、当時人気だった競走馬「」に掛けて、「もんた」とした。 睡眠時間• 『』『』の2本の平日の帯番組及び、夜のレギュラー番組を抱えていた当時、睡眠時間は2 - 3時間だという。 基本的にテレビ局が用意してくれたホテルに宿泊。 時間に余裕がある場合は、自宅から通う(本人談。 午前12時頃〜午前3時30分頃)。 家族・縁戚• 父は日国工業創業者・。 みのは3人兄弟の二男であるが、兄・正昭はみのが生まれる前月(1944年)に3歳でしている。 妻・御法川靖子は自身の専属だった。 子供は2男1女 長男・次男・長女 がいる。 長男はTBSに勤務しており、長男の結婚披露宴には民放各局トップや大手芸能プロのトップのほか、自民党の、、下川俊樹(自民党和歌山県連幹事長)、、、、ら約360人が列席した。 司会は『みのもんたの朝ズバッ! 』のだった『』(日本テレビ)の司会・(当時日本テレビアナウンサー)が務め、局の枠を超えた式となった。 次男 は日本テレビに勤務していたが、前述通り不祥事を起こしたため日本テレビをとなる。 2人の兄弟の姉にあたる長女は母である靖子が亡くなってからは、父の専属スタイリストに転身した。 妻は癌のため2012年5月22日に亡くなった(66歳没)。 その通夜では、(当時)からも供花があった。 次男は日本テレビ解雇後、みのの計らいでニッコクに再就職した。 事件発覚当初、みの自身は次男のニッコクへの再就職について明確に否定していた。 しかし、実際には、日本テレビ解雇直後から、社会保険と年金のためと称して、ニッコクに所属させていた。 給料は支払っていないとみのは主張している。 交友関係• 交友関係は幅広く、芸能界やスポーツ界はもちろん、政財界などにも私生活で交流のある人物が多いのが特徴である。 特に政界では遠縁に自民党所属の議員がいる事などから自民党関係者が多い。 と親密であるとされる。 には石原の要請を受け「東京五輪招致大使」に任命された。 との交流も深く、時代は秘書官のと逗子市の居酒屋で情報交換を繰り返し 、首相退陣の日には安倍自らがみのに電話している。 との親交は有名で、二階はみのの長男の披露宴で主賓として祝辞を述べ 、みのの「アナウンサー生活おもいッきり40周年ズバッと感謝の会」でも、芸能関係者に混じりお祝いのスピーチをした。 2007年には、二階を団長としたなどを中心とした訪中団にみのも招かれていた。 東海地方で「ニッコク」を興したみのの父親が、二階俊博が秘書を務めていたの後援者だった縁によるもので、20年来懇意にしており、著『躍動の日本経済へ 二階俊博の挑戦』には、みのが推薦文を寄せている。 芸能界の友人はと。 その他・エピソード• 「の」「黒の存在」などと言われており、本人は、 「でこうなった」と説明している。 高校生時代は演劇部で活動、同じ演劇部員には当時高校の同級生で後に俳優になるがいた。 は、と同じである(みのの方が1つ年上)。 2人の共演は、みのが『』(フジテレビ系列)の名物コーナー「」にテレフォンゲストとして生出演。 以後、みのが『いいとも! 』の「テレフォンショッキング」、からの来週のゲスト紹介で放送分以来、29年ぶりの生出演が、放送分で実現した。 、(この年で廃止)の芸能人の部では第一位。 に「一週間で最も長時間、テレビの生番組に出演する司会者(21時間42分)」としてに認定された。 2007年、「嫌いな男ランキング」3位、「好きな男性アナウンサーランキング」20位。 2004年、に就任。 日本保存会の顧問を務めている。 父親・が出身である縁から、同県の「みやぎ夢大使 」に任命された。 『朝ズバッ! 』の初代総合司会の候補にはみのとが挙がり、先に打診された関口が断り、次に打診されたみのが受諾したという経緯がある。 過去の出演番組• (1983年、1984年)• (1980年4月 - 1988年3月)• (1983年4月 - 1985年9月)• 「」(1985年1月7日)• (1988年5月11日 - 9月28日) - ナレーター。 - ナレーター。 (1987年4月1日 - 9月30日)• (1990年10月19日 - 1991年10月4日)• (1998年10月18日 - 1999年11月8日)• (2007年10月19日 - 2008年3月7日)• (2008年4月4日 - 9月19日)• (2008年10月17日 - 2009年2月6日)• (2002年、2003年)• (2003年 - 2008年)• (2000年4月 - 2007年3月)• (2016年4月23日 - 2019年6月29日) 映画• (ナレーター) 劇場アニメ• (ムッシュール) コマーシャル出演 後述のに起用されている。 報道を扱う番組(『みのもんたの朝ズバッ! テレビ』内「Newsエスプレッソ」など)のメインキャスターがコマーシャルに出演するという事例は、日本以外の先進国では通常はほぼない。 これは報道内容の公正性を担保できなくなるためである。 ただし、過去にはTBSの報道番組『』に出演していたが保険会社のコマーシャルに起用されていた事例もある。 『トイレの消臭力』• 『』 - 広告コピー:「みのもんたは、ビズブレイク。 」、と共演したバージョンもあり• 『おやすみビール』• 『タフデント』• 『企業イメージキャラクター』 - 同社はに違反する表示を行ったとして、2007年3月29日により排除命令を受ける が、NHKや新聞各紙では報じられたものの、みのがキャスターを務める番組ではこの件について一切報じられなかった。 『「Enjoy! CM」』 - テレビ放送開始記念日でもある2005年8月28日の「テレビCMの日」のみ、と交互出演• 『ハウスのレトルト』 - 「とろける旨さのビーフカレー」など・おせちもいいけど、カレーもね・1999年 - 2000年ごろ? 『』(1988年) - ナレーションのみだが、複数の種類有り。 『ビゲンコーミングカラー』(1996年)• 『健康産業』:飲み友• この他に、日本酒造組合中央会の新聞広告に起用されたことがある。 CDリリース• 元気イキイキ! おもいッきり()• 自身が司会を務める「おもいッきりテレビ」放送15周年の企画曲。 「イキイキふれんず」名義。 カップリングは『健康! に浜口自身の歌唱で発売した曲のカバーであり、これがソロCDデビューとなった。 同じくB面も浜口作詞作曲の作品で、やのカバーである。 に行なわれたレコーディングでは、「シラフじゃ歌えない」とブランデー片手に歌を歌い、2時間後にはすでに曲も本人も出来上がっていた。 「のオファーは(司会としても歌手としても)当然来るでしょう」「もしかしたらの司会オファーもあるかも」と発言している。 結局は取り下げられてしまい、「よく分かりました。 紅白の出演は年枠にします。 」と発言。 2006年11月10日 - 16日のの総合チャートで、の『』に次ぐ2位、演歌チャートで1位を獲得した。 初登場で演歌チャート6位、総合チャート90位。 著書等• みのもんたの七転び八起き(、1976年)• こころの案内図(朝日出版、1995年7月発行)• みのもんた十八番勝負 おもいッきり対談集(日本テレビ放送網、2002年9月発行)• それでも僕は立ち続ける(日本テレビ放送網、2006年4月発行)• 腰痛スッキリ! 角川oneテーマ21 C-113(角川書店、2006年7月発行)• 義理と人情 僕はなぜ働くのか(幻冬舎、2007年3月発行)• 死んではいけない いじめ緊急レポート 7600通を超えた悲鳴! (TBS「」制作スタッフ著、毎日新聞社、2007年1月発行)• 敗者の報道(TAC出版、2014年) ものまね・パロディ カギカッコ内は、キャラクターの名前である。 、(『』で披露)• (『』で披露)• (のスポットCMで披露、かつて『』では「ものみんた」のコーナーがあった)• 「みのりもんた」「みのりかわノリ男」(『』『』)、「みごもった」(『』)• 「おかもんた」(『』、本人公認)、「みにもんた」()• 「みのまんた」(『』)• 「いまもんた」(『』) - 今田自身、「おとつい(『27時間テレビ』での本番3日前)の夕方に生まれた」と語った。 「みのとんた」(『』)他• 「ゴリもんた」(『』)• 「頭礼田 桂(ずれた かつら)」(2006年9月16日深夜放送『』内「朝ズラ! 「やまちゃんた」「もんたクロース」「みのモンキー」「お花見のもんた」「桜の木のもんた」「休みのもんた」 (『』)• 「上みのもんた」(『)• (数々の番組で披露。 本人公認)• 「蚤もんたん」(漫画『のキャラ)• 「のもた民夫」(漫画『のキャラ)• 漫画『ともだちロボットギタローくん』(『』の電話らしきコーナーの場面で、「」と言っている。 ) 脚注 []• 2016年2月16日閲覧。 スポーツニッポン. 2011年8月11日. 125• 2014年9月3日芸能面「我が道」• スポーツニッポン 2014年9月4日芸能面「我が道」• スポーツニッポン 2014年9月5日芸能面「我が道」• としては、現在の(2009年4月より同社名)。 としては、現在の(2009年4月、旧東京放送よりテレビの放送免許を継承)・(2001年10月、東京放送よりラジオの放送免許を継承)。 『敗者の報道』p. 124 - 125• 当時は採用は別々だったが、研修は文化放送、、、産経新聞社とグループ合同で行われていた。 『敗者の報道』p. 60 - 61• みの本人は「組合に入っていなかったため、深夜労働が出来た」と語っている(『敗者の報道』p. 57 より)。 当時、既に人気を博していた先輩アナウンサーのも『セイ! ヤング』のパーソナリティだったが、みのが土居の口調・声質・抑揚など、全てを真似していたため、リスナーは聞き分けが付かない程だったという(セイ! ヤング編p. 56 - 57 より)。 ヤング編p. 『敗者の報道』p. 64 - 66• 『敗者の報道』p. スポーツニッポン 2014年9月10日芸能面「我が道」• 当初は番組内のコーナー司会のみを担当していたが、司会のの出馬による降板のため、後に2代目司会に昇格した。 みのの『』以前のNHK出演は1985年8月20日・12月6日放送の『』にゲストとしての出演 、1997年03月21日放送のBS2『ウイークエンド・スペシャル』、1999年7月25日放送のBS2『いまさら聞けないあなたのためのNHK流行講座』、2002年10月放送の「」のみ(『サンケイスポーツ』2005年11月18日付)。 『第56回NHK紅白歌合戦』の司会決定後、でNHKがこれまでみのをほとんど起用しなかった理由は「黒い顔のイメージが局に合わない」と判断していたためと報じられた。 同回は「グループ司会制」となり、司会の役割は決められなかったが、事実上の総合司会を担った。 詳細は「」の項を参照。 86 - 90、p. 98 - 101• 愛知時計電機 2014年9月30日. 2015年4月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年11月25日閲覧。 、個人での株式取得数では第一位。 経営者が競合企業の株式を所有することは、まま見受けられることであり特別なことではない。 2013年10月29日 - 読売新聞 2013年9月2日• J-CASTニュース(2013年9月9日)• 2013年9月14日閲覧。 J-CASTニュース 2013年10月9日• 2013年12月16日, at the. 弁護士ドットコム 2013年12月1日• 2014年4月3日, at the. スポーツ報知 2013年12月3日• 朝日新聞 2013年9月13日• 2013年10月27日, at the. 毎日新聞 2013年10月25日閲覧• [ ] 楽天Women• 2013年10月29日 - 2013年10月26日 読売新聞• シネマトゥデイ 2013年10月26日• ,デイリースポーツ• FRIDAYデジタル 2020年2月9日. 2020年4月12日閲覧。 「文藝春秋」編集部. 文春オンライン. 2020年4月12日閲覧。 J-castニュース• 公正取引委員会 「 [ ]」 平成15年7月15日• 東京都水道局 「 2007年4月29日, at the. 」 平成17年4月22日• ヤング編p. みのもんた著『敗者の報道』(2014年、TAC出版)p. 112• 『女性自身』でのみののインタビューより• 2014年09月09日 週刊現代• 2007年10月2日. 2016年2月15日閲覧。 『官邸崩壊』• 『』2007年10月2日号 みのに慰められた安倍は号泣したという。 2005年7月22日. 2010年5月16日閲覧。 みのもんた 談合と政治家『』2008年6月21日号• 『週刊新潮』2009年3月26日号「続小沢ショック/二階ファン、信頼する友人と公言しちゃったみのと王」• 『』2016年4月15日号みのもんた71歳「夜の部活」復活宣言• 2013年10月13日. 2016年2月15日閲覧。 スポーツニッポン. 2013年5月6日. 2013年7月3日閲覧。 入学式に出席しただけで、現在ではウェブサイトからその名が削除されている。 日本火消し保存会. 2016年2月15日閲覧。 2008年12月4日, at the. (宮城県)• 2010年3月26日, at the. ( 2010年3月23日)• ,BLOGS,2014年9月8日• 実は「みのもんた」は三つ子だったと言う設定で、本人に相当する「みのもんいち」役や、三つ子の弟「みのもんじろう」「みのもんざぶろう」役も務めた。 ビデオジャーナリストのによれば、日本のテレビ界でも、かつてはどころかでさえ、報道番組に携わる人間はコマーシャルには出るべきではないというがあったという。 公正取引委員会「 2008年10月29日, at the. 」 平成19年3月29日• 2011年12月以降に登場している「もんたクロース」〜「休みのもんた」は山寺がそのパペットを使って声を演じている。 関連項目• - 父親。 ニッコクの創業者。 外部リンク• 28 2006. 29 2006. 2 2007. 30 (月 - 水) (木・金) 2007. 2 2008. 28 2008. 31 2009. 25 2009. 28 2009. 12 (不在) 2010. 4 2010. 26 2010. 29 2010. 24 2010. 27 2013. 29 (不在) 2013. 1 2013. 1 2013. 4 2014. 28 メインキャスター 初代:(『みのもんたの朝ズバッ! 』時代) 2代目:() サブキャスター:(TBSアナウンサー) コメンテーター 月曜日: - - 火曜日: - - 水曜日: - 木曜日: - 金曜日: - (または) ナレーター - 取材VTR担当 - 同上(2007年4月より参加) - オリンピック開催期間時に、競技速報などのニュースを担当する。 関連番組 - - - (後継番組) 関連項目 () - (『みのもんたのサタデーずばッと』時代の総合司会)(元TBS記者・元。 番組開始から半年間はレギュラーとして毎週出演) - (TBSアナウンサー。 2006年春より堀井と共に『JNNニュース』も担当。 番組担当中に3度産休。 2012年春より3度目の職場復帰を果たすも『サタずば』復帰には至らず) - (出演当時TBSアナウンサー。 2002年夏より2003年3月まで1度目の産休に入った山内の代理を担当) - (TBSアナウンサー。 2008年9月より2009年3月まで2度目の産休に入った山内の代理を担当) - (で元TBSアナウンサー。 主として「ずばッとリポート」の担当ではあるが、みの不在時の代理アンカーも担当。 学生時代からの仲である首相の補佐官就任のため2010年9月25日限りで降板。 主なコーナー• (1987年 - )• (1987年)• (1987年 - 1993年・1996年)• (1987年 - 2000年)• (1988年 - 1989年)• (1990年 - 1992年・1996年 - 2003年・2005年 - 2007年・2017年・2020年 - )• (1987年 - 1990年・1992年 - 1996年・1998年 - 2001年・2004年 - 2013年)• (1990年 - 1992年)• (1991年)• (1992年 - 1995年・2019年)• (1992年 - 1994年)• (1996年・1998年 - 1999年)• (1992年 - 1994年)• (1992年)• (1994年)• (1994年)• (1995年・1997年・2009年)• (1995年)• (1995年・1997年・2002年 - 2006年、2011年 - )• (1997年)• (1997年 - 1998年)• (1998年 - 2004年)• (1998年)• (1998年)• (1998年・2001年・2004年 - 2005年・2008年 - 2015年)• (1998年 - 2000年・2007年・2011年 - 2014年)• (2000年・2007年)• (2001年 - 2007年・2011年 - 2012年・2015年)• (2001年 - 2003年・2006年)• (2001年 - 2003年・2005年)• (2001年)• (2002年)• (2003年)• (2004年・2011年 - 2012年・2015年)• (2004年・2008年 - 2012年)• (2005年)• (2005年)• (2005年)• (2006年)• (2006年 - 2012年・2016年)• (2006年 - 2011年)• (2006年 - 2007年)• (2008年・2014年)• (2008年・2019年)• (2008年 - 2010年)• (2009年 - 2010年)• (2009年 - 2012年)• (2009年 - 2010年)• (2011年 - 2013年・2016年 - 2018年)• (2011年 - 2013年)• (2011年)• (2011年)• (2011年・2015年)• (2011年)• (2012年)• (2011年 - 2012年)• (2011年 - )• (2012年・2014年)• (2012年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2014年・2016年)• (2015年)• (2016年 - )• (2016年 - 2018年)• (2016年)• (2016年)• (2016年 - 2017年)• (2016年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年 - )• (2017年 - )• (2018年 - )• (2019年) スピンオフ 歴代キャスター 期間 月 火 水 木 金 土 日 1976. 4 1977. 9 1977. 10 1977. 12 1978. 1 1980. 3 1980. 4 1983. 9 1983. 10 1985. 9 1985. 10 1986. 3 1986. 4 1988. 3 、 1988. 4 1991. 3 、 、、 1991. 4 1992. 3 、 1992. 4 1992. 10 、 1992. 11 1993. 3 、 1993. 4 1994. 3 1994. 4 1995. 3 、 (『』に内包) 1995. 4 1996. 3 、 1996. 4 1997. 3 1997. 4 1997. 9 、 () 1997. 10 1998. 3 1998. 4 1999. 3 、 1999. 4 2000. 3 、 2000. 4 2001. 3 、.

次の