日本生命 面接。 【面接対策】日本生命保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

「日本生命(法人職域FC)」の面接・選考情報!志望動機や企業研究のやり方なども

日本生命 面接

採用選考体験記 総合職• 18卒• 内定 日本生命の18卒採用選考 総合職 について、実際に内々定辞退した方の選考体験記をご紹介。 「若手一般社員との面談なので、ふるい落とすというよりは、「この学生はどういう人物なのか?」を軽く品定めする程度でした。 OBの話を聞く中で、日本生命の本当の姿を理解することができるので、本格的な面接に入る前に聞きたいことはこのOBOG懇談会で聞くべきです。 」との情報が集まっています。 協力いただいた方の情報 卒業年度 18卒 大学所在地 東京都 大学名 一橋大学大学院 文理 文系 学部 経済学研究科 性別 男 TOEIC点数 715点 志望業界・企業 銀行・損保・生保 選考フェーズ 内定 特別選考の有無 インターンには参加しましたが、その恩恵は特に感じませんでした。 グループディスカッションはなかったです。 この記事の目次• 特に、研究の内容は専門的すぎるので、「どういうモチベーションでやっているのか?」ということを分かりやすく明記するようにしました。 また、キャリアビジョンを記入する設問では、自分の強みと大切にしたい想いをバランス良く盛り込むことで、自分ならではのビジョンに仕上げようとしていました。 なぜ大学院進学を選んだのか? GDのテーマ なし 逆質問で聞いたこと ・業務内容に関する詳しい質問 ・「お客さまのため」は普段の社員は本当に考えているのか? どんなことを評価していたか 若手一般社員との面談なので、ふるい落とすというよりは、「この学生はどういう人物なのか?」を軽く品定めする程度でした。 OBの話を聞く中で、日本生命の本当の姿を理解することができるので、本格的な面接に入る前に聞きたいことはこのOBOG懇談会で聞くべきです。 選考の雰囲気 かなりフレンドリーでした。 失礼のないようにしておけば、リラックスした状態で臨んでも問題ないです。 現在の就活状況 逆質問で聞いたこと ・入社1年目の若手社員の仕事内容 ・リテール分野に関する質問 どんなことを評価していたか 1回目のOB訪問会と同様、学生の品定め程度です。 1回目のOB訪問会を終えて更に聞きたいことが出てくれば、ここで質問するべきです。 質問内容を準備することも大切ですが、ここでは「基本的なコミュニケーション」や「質問に対する受け答えの姿勢」などをチェックされていると思うので、態度には気を付けましょう。 選考の雰囲気 かなりフレンドリーでした。 失礼のないようにしておけば、リラックスした状態で臨んでも問題ないです。 なぜ大学院進学を選んだのか? 2. なぜ生命保険? 3. なぜ日本生命? 4. 現在の就活状況 逆質問で聞いたこと ・業務に関する詳しい質問 ・日本生命の社員の雰囲気について ・後輩に対する指導で意識するポイント どんなことを評価していたか 担当社員本人から呼ばれ、店で昼食を食べながらのOB訪問になりました。 面接らしい雰囲気なはく、学生の素の姿を見るために雰囲気も穏やかでした。 自分の考えをはっきりと伝える必要があるので、自分のことを聞かれた時は落ち着いて丁寧に答えるべきです。 昼食を食べながらも、就活生として(ビジネスマンとして)相応しい言動ができるかどうかもチェックされていたと思います。 選考の雰囲気 フレンドリーな雰囲気でした。 こちらの話を熱心に聞いてくれたので、とても話しやすかったです。 その他補足事項 食事しながらのOB訪問は、私はメモは取りませんでした。 とにかく「会話」に集中して、自分のことを分かってもらうことに専念しました。 なぜ専攻を変えて大学院に進学したのか? 2. 大学院での研究内容 3. 大学院に来てどう感じているか? 4. 将来のキャリアビジョン 逆質問で聞いたこと ・営業経験に関する質問 どんなことを評価していたか これまでのOB訪問会の結果によって、質問内容も大きく変わってくると思います。 私の場合は、自分のこれまでの進路決定に関する質問が多かったと思います。 面接自体の難易度は高くなかったので、次回以降の面接で本格的にチェックしていこうという姿勢だったのかもしれません。 選考の雰囲気 フレンドリーな雰囲気でした。 私の話もよく聞いてくれましたし、私からの質問にも丁寧に答えてくれました。 日本生命でやりたいこと 2. なぜ金融・保険・生命保険を選んだのか 3. 日本生命に対する志望度 逆質問で聞いたこと ・業務に関する詳しい質問 どんなことを評価していたか 以前昼食を共にしたOB社員から呼ばれて、2度目の昼食面談でした。 若手社員も連れてきたので、日本生命に関してもっと知ってほしいという向こうの意図を感じました。 また、次回以降の面接では難易度がさらに上がるため、面接前の最終チェックをしたかったのだと思います。 選考の雰囲気 フレンドリーな雰囲気でしたが、日本生命に対する志望度を聞かれた時は、緊張感が一気に高まりました。 学生時代に頑張ったことについてとその深堀 2. なぜ金融・保険・生命保険を選んだのか 3. 日本生命に対する志望度 4. 就活の現状について 5. 「今後の日本生命とのやり取りを予想してみて」 どんなことを評価していたか 様々なことを聞かれました。 ある意味、初めて私をふるい落としにかかってきた面接でした。 学生時代に頑張ったことについては、多くの質問をされ、「異なる状況ではどうする?」といった問題解決能力の高さも問われました。 また、日本生命に対する志望度の高さがどれくらいなのかを見極めるために、「どうしたら日本生命に来てくれるか言ってみて」など、かなり突っ込んだ話もしないといけませんでした。 選考の雰囲気 終始穏やかな雰囲気でしたが、矢継ぎ早に質問攻めにされるので、常に頭をフル回転させておかないと、テンポの良い面接にはなりません。 その他補足事項 このあたりで日本生命の自分に対する評価の高さが分かると思います。 学生時代に頑張ったことについてとその深堀 2. 自分の強みや弱み 3. なぜ金融・保険・生命保険を選んだのか 4. 日本生命に対する志望理由 5. やりたい業務 どんなことを評価していたか これまで何度もあってきた社員たちからの評価をもとに、人事が質問をしてくるはずです。 これまで自分が答えてきたことと矛盾が生じないようにした方が良いです。 面談というより面接なので、聞かれたことに対して適切な長さや内容で答えなければならないと思います。 選考の雰囲気 緊張感のある雰囲気でしたが、私の目をきちんと見ながら話を聞いてくれました。 その他補足事項 評価が高い学生は、淡々とした面接で終わるのかもしれません。 結果連絡 2日後 社員訪問 形式 社員訪問 会場 東京本社付近 日時 5月下 面接官人数 2名 面接官の役職 若手人事・部長社員 学生人数 1名 時間 2時間 面接全体の流れ 店でコーヒーを飲みながら)部長からの話を聞いたり、私から質問をした理の繰り返し。 逆質問で聞いたこと ・業務に関する詳しい質問 ・日本生命に関する様々な質問 どんなことを評価していたか 内々定を辞退した際に、「もう少し考えてくれ」と言われ、意思確認の最終面接で私を担当する予定だった部長クラス社員と会う機会を設けてくれました。 選考というより、私に対して判断材料を与えたいという想いでセッティングしてくれました。 選考の雰囲気 評価が高い場合は、急な辞退申し入れに対して、様々なアプローチで説得してくるのかもしれません。 結果連絡 特になし 内定 内定通知 電話 他社選考辞退の指示 なし 会社を知るための取り組み あった。 上記記載。 現在のステータス 内々定辞退 内定辞退の理由 私の「資金提供によって、やりたいこと・挑戦したいことがある人たちを支えたい」という根幹の考え方で企業を選んだ結果、生保で働くよりも銀行で働く方が自分の想いを実現することができると考えたため。 保険という概念が今後変化していき、金融機関同士の垣根もなくなっていくと予想できるので、業界の変化にも上手く対応できるのは様々な解決策を持っている銀行の方だと判断したため。 企業研究 OB訪問を実施したか いいえ(選考の一環としてのOB訪問会はありました。 選考情報の欄に記載。 ) 参考図書 なし … 大同生命保険の18卒採用選考 営業職 地域型 について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「一つ答えたことに対して掘り下げていくような面談であった。 自分のやってきたことなので、それをきちんと偽りなく話せるかを見ていると… ソニー生命の18卒インターン選考 夏インターン1日間 について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「活躍できる場は少なく、どちらかというと会社理解を深めることができる場でした。 ただ、社員の人もたくさん見ているの… 三菱重工業の17卒採用選考 技術職 について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「何よりも熱意が重視されていたように感じる。 これに関しては、面接以前の説明会等での姿勢も評価に含まれていると思う。 」との情報が集まっています… 日本政策金融公庫の18卒採用選考 総合職、国民生活事業 について、実際に最終面接参加した方の選考体験記をご紹介。 「今までで、どのようなつらいことを乗り越えてきたのか、ストレス耐性はあるのかを見られていたような気がします。 あと….

次の

日本生命保険の企業研究

日本生命 面接

日本生命保険相互会社(NISSAY)のインターンシップ選考対策を立てるには、まず企業研究から始めましょう。 日本生命保険相互会社(NISSAY)は、日本最大の保険契約高を誇る、日本で3番目に古い保険会社です。 さまざまな会社が新規参入している保険業界ですが、日本生命保険相互会社(NISSAY)は、お客様の信頼に支えられた日本最大の保険会社なのです。 インターンシップで学ぶ日本生命ならではの信頼 日本生命保険相互会社(NISSAY)のインターンシップでは、現役職員と共に実務体験をします。 参加できるコースは複数あり、「営業企画・教育」や「資産運用」などが主なものです。 日本最大の保険会社であるため、お客様との信頼関係はとても大切です。 インターンシップの各コースは、実際に取引先を訪問するものや、保険商品作成のシミュレーションを行うものなどであり、お客様に信頼される日本生命保険相互会社(NISSAY)の社員となるにはどうすれば良いかが学べます。 IRから分かる日本生命 IR情報から分かる日本生命の事業内容・状況について解説します。 日本生命は、国内資本の生命保険会社であり、リテール部門、ホールセール部門、資産運用部門、海外事業部門、コーポレート部門で構成されています。 「業績説明会資料」によると、平成28年度の基礎利益は7076億円であり、業界トップクラスの成績を残しています。 日本生命が三井生命を経営統合したように買収や合併など業界の動きは活発になっています。 その要因には、2025年問題があります。 団塊世代が後期高齢者になるまで10年を切り、生命保険各社の顧客獲得合戦が激化しています。 インターンシップに参加する学生は、主体的に参加するコースを選び、グループワークを体験できます。 細かく分けられたコースで目的を明確に定めて挑める 過去に行われた主なコースの内容は、次のようなものです。 このコースでは、パンフレットをはじめとする販売支援ツールの作成を体験します。 実務に携わることで、ビジネスマナーを学びます。 内容自体は非常にシンプルです。 インターンシップを受けたいという気持ちが大切です。 字数制限内にまとめるための対策が必要になってきます。 わかりやすくシンプルに伝えることが対策! 基本的に出題は以下の2つとなります。 ・「今まで自分が取り組んできたことで1番頑張ってきたこと」(300字) ・「日本生命保険相互会社(NISSAY)のインターンシップに参加したい動機や意気込み」(300字) 2つとも文字数は300字以下に設定されており、それ以上の文字数だと違反となります。 300文字以内でおさめることは難しいように思われますが、回りくどい書き方をするのではなく、分かりやすくシンプルに記載すれば問題ありません。 簡潔さと読みやすさを重視しましょう。 保険会社内定者のESを覗き見! 保険会社の内定を得るためには、エントリーシートを通過させる必要があります。 エントリーシートでは、志望動機だけでなく各企業ごとに色々な質問が用意されています。 そこでおすすめなのが「」です。 この回答集には、 大手企業に内定をもらった就活生のESが掲載されています。 東京海上火災保険や日本生命のES回答集が 無料でダウンロードできるため、他の就活生に差をつけて対策をしたい就活生におすすめです。 グループディスカッションで大切なのは柔軟性と協調性 面接の前に行われるグループディスカッションでは、 「提示された2つの言葉を無理矢理つなげてサービスを作ってください」 という形で出題されます。 非常に結びつきが難しい2語ばかりで、内容も求められますが、ある程度柔軟であることと協調性があることを見ているようです。 GD対策:過去の出題を参考に心構えをしておこう! 2つの言葉は基本的にくじを引いて決定するので、その場が来るまでどのような内容になるかはわかりません。 たとえば、「京都」と「飛行機」のような結びつきが難しい内容を提示され、この2つをつなげて何でもいいので、サービスとして作り上げることとなります。 「地名」と「何か」という場合もあれば「時代」と「何か」という場合もあります。 事前にシミュレーションするのも難しいですが、やはり柔軟性を身につけておくことが対策と言えるでしょう。 面接対策:基本的な質問をおさえておこう! 面接選考では自己紹介とPR、志望動機を聞かれます。 これに加えてエントリーシートにも書いた学生時代に頑張ったことを話しますが、5人で面接を受けるためこれ以外の話をする時間はほとんどないと言っていいでしょう。 この4点をおさえて対策を立てておきましょう。 自己紹介PR志望動機を話す際に、なぜ保険業界なのか等をうまく盛り込めると面接官の印象も違ったものになるでしょう。 そのために、このを使って、対策しておくことが大事です。

次の

日本生命保険の企業研究

日本生命 面接

日本生命(法人職域FC)のES(エントリーシート)内容、企業研究のやり方、セミナー情報、インターン・リクルーター情報、筆記試験・webテスト、志望動機、面接内容などを記載しています。 保険とは人の生命や生活にかかわるもので幅広い場面で多くの人々のお役にたてると思いました。 また、人の生活にかかわる仕事であることから責任感なしではできない仕事であり、私が大学で培った責任感も貴社で活かせると思いました。 中でも貴社を志望した理由は、本当に人とのつながりを大切にされていることをセミナーで知り、また業務職でも様々な仕事ができ、多くの女性が活躍されていて、自己成長していくことができると思ったからです。 私は貴社で業務職として人と人をつなぐサポートをしたいと思い、また努力を惜しまず、日々成長し、貴社に貢献したいと考えています。 生命保険は長い契約になるのでお客様の人生の節目ごとに関わっていく中で、深い信頼関係を結びながら長きにわたりお客様に寄り添うことができる。 創業 120年を超えており、相互会社の形態をとることでお客様により大きな安心をお届けすることができる。 業界のリーディングカンパニーとして歴史と信頼を重ねている。 お客様に最適な保険を紹介していきたい。 貴社の生命保険を通じてお客様を一人でも多く安心させ、笑顔にしていきたい。 また、女性が働きやすい環境が整っている点にも魅力を感じました。 【生保】 一生涯という長いスパンでお客様の人生に寄り添い、深い信頼関係を築きながら、目には見えない「将来の安心」を提供することができると思いました。 また、伯父の死により生命の尊さ・儚さを実感したからこそ、生命保険の重要さを伝えていきたいと思いました。 アルバイト先の大好きな先輩が日本生命で働いていたこと・人事の方が本当に本当に最初から最後まで親切に、そして誠実に応対して下さったこと・面接の中で、本部の方が日本生命について熱く語って下さったこと・説明会でお話を伺った際、自分の仕事に誇りを持ち、生き生きと仕事をされていたところに魅力を感じました。 模擬面接2回目 私は4月下旬でした に年次の高い人と面接し、その場で6月に内々定出す予定だと言われる。 リーダー、書記、タイムキーパー、発表者に分かれて20分間「みんなに愛される企業」について。 OG訪問っていう名前で先輩職員と面談する、志望動機とか学生時代頑張ったこと、自己PR、入ってから活かせることとかを聞かれました。 みらいカフェ参加後に、特別OG訪問会。 その後に模擬面接が2回あり、6月の最終面接に繋がります。 1人は7年目の方、2人目は27年目の方だった。 2人目の方は、「あなたが営業をするならどんなことに気をつけますか?」など質問され、面接に少し近いものも感じられた。 ・説明会や座談会に参加しているとその場でOG訪問の案内をされる。 指定された日時に会社へ行き、社員1人に対し学生2~3人。 なぜ金融、日生、法職FCなのか。 お給料はどのように上がるかなど聞きたいことは沢山聞いた。 40分くらいで3人なので、1人が質問できる回数は限られているので、どんどん質問した。 なぜ日本生命なのか。 インターンには参加したか(参加にもかかわらずなぜその企業や同業他社は受けていないのか)。 企業選びの軸はどのようなものか。 ガクチカ。 異なる考えを持った人と力を合わせたエピソード。 (教員免許取得予定なので)なぜ教員にはならないのか。 といった質問をされました。 以下に面接の内容と流れを記載しますので参考にして頂ければと思います。 1次面接 人事:学生=1:1 20代後半女性 ・学生時代頑張ったこと・他社の選考状況・ロールプレイング 面接官がお客様で自分が旅行会社。 旅行を提案する内容。 ・まだ選考が残っていると伝えので1週間後にはどうするのか連絡が欲しいと言われた。 ただ、悔いのない就活をしてくださいと言われたので、和やかであった。

次の