仙台 市 コロナ 会見。 新型コロナウイルスの宮城県(仙台市)の受け入れ病院7カ所!

仙台市で20代男性がコロナ感染 県内51日ぶり確認 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

仙台 市 コロナ 会見

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、仙台市の郡和子市長は14日、宮城県と共同で独自の緊急事態宣言の発表を検討している意向を明らかにした。 県内ではこの日、男女10人の感染が判明。 郡市長はこの日の定例会見で「人の移動が多くなる大型連休の期間は重要な局面。 市民、県民に訴えるという取り組みは重要だ」と意義を強調した。 政府は東京など7都府県に対して緊急事態宣言を7日に発令したが、北海道や愛知など自治体独自で緊急事態宣言を出すケースも広がっている。 村井嘉浩知事も13日の定例会見で「仙台市と調整し、5月の大型連休前にはアクションを起こす方がよい」として、独自の緊急事態宣言の可能性に言及していた。 宣言の内容について郡市長は「現時点で白紙」とした上で、自粛要請に伴う事業者に対する休業補償については「大型店などでは自主的に休業しているところもある。 現段階では何も決まっていないが、基本的にはまず国が行うべきだと考えている」との認識を示した。 一方、県では14日、大崎市内の50代の男性会社員と美里町内の80代男性の2人が新型コロナウイルスに感染したと発表。 また、仙台市も10歳未満の男児を含む男女8人の感染を明らかにした。 県内の感染確認は計64人となった。

次の

宮城県2人目七ヶ浜町コロナウイルス感染者女性は誰で病院はどこ?記者会見まとめ

仙台 市 コロナ 会見

武漢市からチャーター機により邦人帰還 1月27日 宮城県 新型コロナウイルスに係る対策本部を設置 1月28日 国 新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令を公布(2月1日施行) 仙台市 新型コロナウイルス関連肺炎について危機管理レベル1を設定。 仙台市コールセンター設置。 仙台市議会開会。 健康福祉委員会で、新型コロナウイルス感染症対策についての質疑あり。 (会議録の公開は、まだのようです) 国 野党会派による「新型コロナウイルス感染症について万全の対策を求める申し入れ ~国内外の英知を結集し、国民の生命と健康を守る~」 新型コロナウイルス感染症の患者が日本国内でも増加し、同時に不幸にして死亡者も出ている。 政府の場当たり的な対応もあり、新型コロナウイルス感染症に対する国民の不安は、日々増大している。 政府はより一層の危機感を持ち、総力をあげて対応すべきである。 私たちは国民の生命と健康を守り、経済への影響を最小限に抑えるため、現時点で必要と思われる対策を取りまとめたので、以下の通り申し入れる。 生命と健康を守るための検査・医療体制整備の強化 1. 国民の不安に寄り添うため、PCR検査を受けられる体制を早期に拡充すること。 想定患者数を明確にしつつ、2次医療圏ごとの必要病床数の確認、並びに予想を上回った場合の対応方針を策定すること。 その際、診療を行わない医療機関(産科や血液透析専門機関等)を決定しておくこと。 医薬品、医療機器、衛生品の安定的な流通を確保すること。 国内外の知見を活用し、治療法・ワクチン・簡易検査キットの迅速な開発に官民全力を挙げて取り組むこと。 開発されたものについて、保険の適用範囲を検討すること。 分野ごとの専門家による小委員会等を設置し、エビデンスに基づいた見解と対応を早急にとりまとめること。 感染例を追跡する監視網の構築や封じ込め戦略を担う組織の設置を早急に検討すること。 今後、国立感染症研究所について、より有効な組織や人員体制となるよう再構築すること。 クルーズ船関連対応 8. クルーズ船から下船した人に対する健康観察を徹底すること。 現在実施されている船内の感染防止対策等を早急に点検し、必要な見直しを随時行うと同時に、乗客乗員に対し適切な情報提供を行うこと。 陽性患者等を受け入れた地域・施設に対する十分な支援を行うこと。 予算措置の大幅な拡充 11. 上記の検査・医療体制の整備、観光・運輸分野、サプライチェーン等への経済的影響に対応するため、早期に予算措置を大幅に拡充すること。 経済・雇用対策 12. 日本経済の停滞が続き、消費税増税によってさらなる悪化のリスクが高まっている中で今回の事態が招くであろう景気後退リスクを深刻に受け止め、内需と雇用に重点を置いた根本的な経済対策を講じること。 観光をはじめ、経済的に影響を受ける地域、企業等に必要に応じ適切な支援等を行うこと。 サプライチェーンの寸断等により影響を受けている中小企業に対して、信用保証の上限引上げや公的金融による支援拡大を行うこと。 業績悪化による解雇や待遇悪化に備え、雇用安定のための対策を強化すること。 情報公開・情報提供等の徹底 16. 国民、企業などが不必要な混乱を避け、冷静で的確な行動がとれるよう、正確で必要十分な情報発信を適宜、適切に行うこと。 特に、医療従事者、高齢者、学校関係者、訪日・在留外国人、海外等への情報発信には最大限の留意を行うこと。 患者やその家族、海外からの帰国者等への偏見や差別を防ぐための対策を徹底すること。 学童の預かり始まる。 令和元年度第1回危機連絡会議 国 セーフティネット保障4号 3月3日~3月6日 仙台市 新型コロナウイルス感染症の発生に伴う本市経済への影響に関する緊急調査実施 3月4日(水) 仙台市 新型コロナウイルス感染症の発生に伴う事業及び施設等の取り扱いに係るガイドライン(三訂版)を作成。 コミセン施設管理者と単位町内会長宛に集会所について、本市の方針に準じた取り扱いを依頼 3月6日(金) 国 セーフティネット保障5号の指定業種の追加 仙台市 セーフティネット保障認定事務を開始。 保証料の全額補給。 社民党仙台市議団の申し入れ。 世界 WHO「パンデミック」と評価。 世界的な大流行の認識。 発表項目「新型コロナウイルス感染症に対応した緊急経済対策を実施します」。 宮城県を通じ、自衛隊に災害派遣を要請。 宮城県 宮城13例目の陽性判明 仙台市 仙台11例目(宮城14)#HUB利用、仙台12例目(宮城15)、仙台13例目(宮城16)、仙台14例目(宮城17)、仙台15例目(宮城18)の陽性判明 #東京より転入関係 県・市 宮城県知事・仙台市長・宮城県医師会会長・仙台医師会会長の合同記者会見 ()() 新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する県民の皆様への緊急メッセージ 全国ではこれまで2千人以上の感染者が確認され,東京都においては一日あたりの新たな感染者数が最大の97人となるなど,全国各地で感染の拡大が続いています。 県内でもクラスターが発生し,他方で,接触歴を追えないケースも出ていることから,今後更なる患者の急増が想定される非常に重要な局面にあります。 感染拡大をここで食い止められなければ,限りある医療資源が崩壊し,新型コロナウイルス感染症以外の疾患を持つ方も,必要な治療を受けられない恐れがあります。 新型コロナウイルスは,感染しても最大で14日程度の潜伏期間があると言われており,症状が出ない場合もあることから,無意識の感染拡大が懸念されています。 このため,県民の皆様には「3つの密」(密集・密閉・密接)を避ける行動の徹底をお願いします。 また,若い世代の方は,感染しても自覚症状がないと,知らないうちに家族や友人,地域の人にうつしてしまい,その方が重症化してしまう場合があります。 自らが感染を拡大する原因になる可能性があることを,十分に意識していただくようお願いします。 新年度を迎え,就職や転勤等で首都圏からの転入者が多い時期です。 転入された方やその家族の方などは,家族で,職場等で,できる限りの健康管理に努めるほか,症状があれば,速やかにコールセンターに連絡されるようお願いします。 また,首都圏などの感染拡大地域への外出は極力控えて下さい。 すべての県民の皆様にお願いします。 今が感染の拡大を防止できるかどうかの非常に重要な局面です。 皆様一人ひとりが強い意識を持って行動されること,また,家族、企業,学校,団体,地域においてできる限りの取組みをされるよう,お願いいたします。 国の緊急事態宣言 4月6日(月) 仙台市 臨時の議員協議会 仙台市 学校の臨時休業・始業式・入学式の延期 仙台市 仙台20例目(宮城24)、仙台21例目(宮城25)、仙台22例目(宮城26)の陽性判明 4月7日(火) 国 緊急事態宣言。 5月6日までの間、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・大阪府・兵庫県・福岡県に公示。 全国の市町村に対策本部を設置 宮城県 宮城27例目、宮城28例目の陽性判明 #仕事で埼玉 仙台市 仙台23例目(宮城29)、仙台24例目(宮城30)、仙台25例目(宮城31)、仙台26例目(宮城32)の陽性判明 #HUB利用者の濃厚接触者 #東京からの移動 4月8日(水) 仙台市 第1回仙台市新型コロナウイルス感染症対策会議。 新型コロナウイルス感染症の発生に伴う仙台市の事業及び施設等の取り扱いに係るガイドライン(五訂版)…5月10日まで適用 宮城県 宮城33例目の陽性判明 #仕事で埼玉 仙台市 仙台27例目(宮城34)の陽性判明 4月9日(木) 宮城県 宮城35例目の陽性判明 #多賀城市 #福島の患者の濃厚接触者 仙台市 仙台28例目(宮城36)の陽性判明.

次の

新型コロナ:宮城知事と仙台市長「外出自粛を」 緊急性訴える :日本経済新聞

仙台 市 コロナ 会見

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、仙台市の郡和子市長は14日、宮城県と共同で独自の緊急事態宣言の発表を検討している意向を明らかにした。 県内ではこの日、男女10人の感染が判明。 郡市長はこの日の定例会見で「人の移動が多くなる大型連休の期間は重要な局面。 市民、県民に訴えるという取り組みは重要だ」と意義を強調した。 政府は東京など7都府県に対して緊急事態宣言を7日に発令したが、北海道や愛知など自治体独自で緊急事態宣言を出すケースも広がっている。 村井嘉浩知事も13日の定例会見で「仙台市と調整し、5月の大型連休前にはアクションを起こす方がよい」として、独自の緊急事態宣言の可能性に言及していた。 宣言の内容について郡市長は「現時点で白紙」とした上で、自粛要請に伴う事業者に対する休業補償については「大型店などでは自主的に休業しているところもある。 現段階では何も決まっていないが、基本的にはまず国が行うべきだと考えている」との認識を示した。 一方、県では14日、大崎市内の50代の男性会社員と美里町内の80代男性の2人が新型コロナウイルスに感染したと発表。 また、仙台市も10歳未満の男児を含む男女8人の感染を明らかにした。 県内の感染確認は計64人となった。

次の