シマノ コンポーネント。 ミニベロ用コンポーネント・パーツの特徴・選び方を詳しく解説:自転車専門店きゅうべえ

ミニベロ用コンポーネント・パーツの特徴・選び方を詳しく解説:自転車専門店きゅうべえ

シマノ コンポーネント

シマノのロードバイクコンポ2018年モデルの価格・重量一覧が知りたい! ロードバイクのコンポーネントは、シマノ・カンパニョーロ・スラムが3大メーカーで、特に シマノは日本企業なのでコスパが高くて人気です。 コンポとは変速機・レバー・クランク・ブレーキなどの駆動系パーツ一式のことを言います。 自転車フレーム・ホイールとならび重要なパーツなので、 コンポ選びはとても悩む問題になります。 ただロードバイク初心者の人には、グレードと言いますか…ヒエラルキーが分からないので違いがわからないんですよね。 そこで今回はロードバイクのコンポ( デュラエース・アルテグラ・105・ティアグラ・ソラ・クラリス)の重量・価格などを比較解説していきます^^ 目次• シマノコンポ2018年モデルのグレード シマノコンポ2018年モデルのグレード別のヒエラルキーは以下の通りです。 デュラエース>アルテグラ>105>ティアグラ>ソラ>クラリス デュラエースが最上級モデルで、105がミドルグレード、ティアグラ・ソラがエントリーモデルと言われ、クラリスは最廉価版です。 くわしくは「」をチェックしてくださいね^^ シマノのロードバイクコンポ2018の一式価格 デュアルコントロールレバー・クランク・フロントとリアディレイラー・スプロケ・キャリパーブレーキ前後・BB・チェーンの一式セット価格をまとめました。 後からコンポを交換するときは、スプロケ・BB・チェーンは使い回しできるので、実際はもうちょっと安くすることができます^^• デュラエース 約21万円 2030g• アルテグラ 約10万円 2340g• 105 約6万5000円 約2550g• ティアグラ 約5万4000円 約2740g• ソラ 約4万6000円 約2830g• クラリス 約3万5000円 約2810g シマノ最上級グレードのデュラエースは飛びぬけて高いですが、アルテグラ以下はそこまで価格差はないんですよ。 ミドルクラスの105、エントリーモデルのロードバイクに装着されるティアグラ・ソラでは、一式セットで1万円刻みしか差がありません。 デュアルコントロールレバー 約5万2000円 365g• クランク 約5万6000円 609g• リアディレイラー 約2万2000円 158g• フロントディレイラー 約1万2000円 85g• カセットスプロケット 約2万4000円 175g• ブレーキ前後 約3万6000円 326g• BB 約4000円 65g• チェーン 約5000円 247g 一式セット 約21万円 約2030g デュラエースR9100系はシマノ2018年モデルの最上級グレード。 電動タイプではなくて機械式で書き、キャリパーブレーキ・ディスクブレーキ用かで重量が違うので、今回はキャリパーブレーキ用となります。 ちなみにノーマルクランクだと621gですね~ フロントディレイラーはバンド式Lタイプの重量で、直付けだと70gとやや軽くなります。 ちなみに BB・チェーンはデュラエース9100系でも、アルテグラ8000系でも、105でも大差がありません。 なので105一式で組んでるけど、BBやチェーンだけはデュラエースって人もいます(笑) 逆にカセットスプロケットだけは、アルテグラ8000系の約7700円なので、デュラエースR9100にすると2倍以上になります(汗) コンポはシマノデュラエースR9100で統一しても、ペダルはタイム・ルック・スピードプレイを使う人もいるのでは? なので一式セットの料金には含めていませんが、PD-R9100は約2万3000円で228gとなっていますよ~ スポンサードリンク アルテグラ8000系 シマノコンポ2018• デュアルコントロールレバー 約3万3000円 438g• クランク 約2万6000円 674g• リアディレイラー 約9000円 200g• フロントディレイラー 約5000円 106g• カセットスプロケット 約8000円 232g• ブレーキ前後 約1万4000円 360g• BB 約2000円 77g• チェーン 約3000円 257g 一式セット 約10万円 約2340g シマノコンポ2018年モデルで最高峰となる、 デュラエースと比較するとアルテグラ8000系は半額以下になります^^ 次に紹介する105以上はレース向けとされており、アマチュアレベルが使うならアルテグラでも十分すぎ! シマノの上位グレードのコンポがアルテグラとなります(ちなみに私もアルテグラを使ってます) シマノ105 5800系• デュアルコントロールレバー 約2万2000円 486g• クランク 約1万5000円 725g• リアディレイラー 約4700円 234g• フロントディレイラー 約4000円 112g• カセットスプロケット 約5000円 269g• ブレーキ前後 約9000円 388g• BB 約2000円 77g• チェーン 約3000円 257g 一式セット 約6万5000円 約2550g 105はシマノのミドルグレードのコンポという位置付けです。 レースに出るなら最低でも105と言われており、初めてのロードバイク購入でも、105が装着されたミドルクラスの自転車を選ぶ人がいるくらいです。 私はティアグラがついたエントリーモデルのロードバイクを買いましたが、すぐに買い替えたくなりましたから(苦笑) BBはアルテグラ、105ともに「SM-BBR60」という型番なので、どちらも共通と言うことになります。 チェーンは105が2638円、アルテグラが3372円なので、四捨五入してどちらも約3000円と表記しました。 重量はどちらも114リンクで257gなので、さほど差はないんじゃないかな~と感じますね(汗) ティアグラ4700系 シマノコンポ2018 次に紹介するソラ・クラリスと同じで、フラットハンドル用もありますが、ドロップハンドルのロードバイク仕様で考えました。 デュアルコントロールレバー 約2万2000円 492g• クランク 約1万2000円 903g• リアディレイラー 約4000円 260g• フロントディレイラー 約3000円 91g• カセットスプロケット 約3000円 260g• ブレーキ前後 約6000円 381g• BB 約2000円 83g• チェーン 約2000円 273g 一式セット 約5万4000円 約2740g ティアグラはクランクが105より150g以上重たいくらいで、それ以外のパーツはほとんど価格差がありません。 エントリーモデルのロードバイクに装着されてることが多く、1ランクアップして105にするか迷うところです。 レース志向じゃなくって、街乗り用ならティアグラでも問題ないんですけどね~ ソラR3000系 シマノコンポ2018年 ソラもティアグラ・クラリスと同じで、フラットバー用のコンポがありますが、こちらもロードバイクのドロップハンドル用で考えます。 デュアルコントロールレバー 約2万1000円 521g• クランク 約1万円 970g• リアディレイラー 約3000円 270g• フロントディレイラー 約3000円 100g• カセットスプロケット 約2500円 231g• ブレーキ前後 約6000円 370g• BB 約2000円 92g• チェーン 約2000円 273g 一式セット 約4万6000円 約2830g ソラはロードバイクのエントリーモデルに付いてることが多いです。 少しお金を出せばティアグラが買えるので、あとあとのことを考えるならSORA(ソラ)よりはティアグラの方が良いと感じます。 クラリスR2000 シマノ2018年モデル 従来はソラの下位グレードと言うことで2300と言う名称でしたが、クラリスと言う某ジブリ映画顔負けのネーミングをもらい、2014年から新登場(笑) ドロップハンドル用のSTIレバーとは別に、クロスバイクのフラットバー用の変速機もありますが、ロードバイク用のSTIレバーで書いてます。 またロードバイク用のダブルクランク・クロス用のトリプルクランクがありますが、今回はロードバイクにクラリスを取り付けるとして、ダブルで書きます。 デュアルコントロールレバー 約1万5000円 521g• クランク 約7000円 1090g• リアディレイラー 約2000円 270g• フロントディレイラー 約2000円 130g• カセットスプロケット 約2000円 310g• ブレーキ前後 約5000円 推定400g• ブレーキ本体の重量が、シマノ公式サイトに書かれてないのでわかりませんでした(それ以外のパーツ重量はネットから頑張って探した) ティアグラ・ソラのキャリパーブレーキ本体が、前後で約380gなので、クラリスは前後で推定400gくらいとして計算してます。 クラリスはシマノ2018年のコンポで、最廉価モデルとなります。 できたら 1ランクアップしてソラにしたいところですね(汗) ちなみにBBはティアグラ・ソラ・クラリスで共通となっています(型番BB-RS500) カセットスプロケットは8速用のCS-HG50-8が推奨で、他メーカーでも取付できますが変速性能が下がりガチャガチャします(汗) 上のグレードが欲しくなるが 懐具合によりますが、買えるならデュラエース・アルテグラが良いです。 流石にそこまで出せないという人でも、クラリス・ソラよりは、105・ティアグラの方がいいですね~ 上位グレードほど変速数も増え、剛性・耐久性が高く、重量も軽くなるのがシマノコンポーネントですから。 ただそれを言い出すとキリがないんですよね… アルテグラになると約10万円、デュラエースは約21万円なので厳しいと思いますが、105は約6万円台という価格設定。 それならクラリスよりソラ。 1万円差ならソラよりティアグラ。 もうちょっと頑張ってティアグラより105。 みたいな感じで、ドンドンと上位グレードが欲しくなってくるんですよね~ 懐具合がモノを言うのがコンポーネント選び。 約1万円の差だったら少しお小遣いを貯めたら良いだけなので、それならクラリスよりソラの方が良いかな~と。 クラリスは8段変速なのでギアが厚くなり、スプロケ・チェーンの寿命は伸びますが、 選択できるギアが少ないと足への負担が大きくなります。 ロードバイクで走ってるとき、「この段数のギアがあればいいのにな…」と思いつつ、仕方なしで別のギアで漕ぐことになるので、足への疲労が溜まりやすくなるわけです(汗) ティアグラの9段変速に乗ったことがあるのでソラはイメージできますが、クラリスの8段変速の場合は、クロスバイクでしか乗ったことがありません。 ソラVSティアグラ コンポ比較.

次の

Shimano シマノパーツ

シマノ コンポーネント

配送料は、自転車車体配送料をご参照ください。 また、パーツの大きさによっては別配送となることがございますのでご了承ください。 現在、自転車車体・関連商品は店舗でのお受渡しができません。 ご了承下さい。 カラーやサイズ違い、イメージと合わなかったといったお客様都合でのキャンセルはお断りさせていただきます。 事前のご連絡のないキャンセル・返品は受付ができない場合がございます。 商品の同梱につきましては同一の展示店舗でのご購入の場合で、可能な限りの対応とさせて頂いております。 現在、自転車本体・関連商品は配送のみとなり店舗でのお受渡しができません。 ご了承下さい。 消費税は商品代金に含まれております。 未払いの商品の取り置き・一部前納金でのお取り置きはご利用できません。 弊社商品に関するご意見・ご質問は下記電話またはメールをご利用ください。 詳しくは.

次の

元自転車屋が教える!SHIMANO(シマノ)105 と上級コンポーネントの特徴

シマノ コンポーネント

シマノから新しいコンポーネント「GRX」が発表になりました。 新たに生まれた、SHIMANO『GRX』は、グラベルライディング用に設計され、 砂利や泥の多い荒れた路面に最適化した設計により、快適でストレスフリーなライディングを楽しめます。 更に変速段数や、機械式・Di2の選択肢もあるので、少し複雑です…。 RDは40-42T対応の場合はシングルのみ、ダブルの場合はキャパシティなどなど…も考えなければなりませんので、 詳しくは販売店さんにご確認、ご相談下さいね。 さて、個別に製品をチェックしていきます。 弊社の試乗車 NINER RLT9に「GRX 600シリーズ」を組み込んでいます。 その600シリーズを中心にお送り致します。 ブラケットカバーもより滑りにくい物へ。 変速レバーがないのが分かりますか? ちなみに落車や転倒時に破損しにくいように、多少内側へ動くように設計されています。 今私が乗っているシクロクロス車がフロントシングルですが、 メンテナンスも楽ですし、変速操作もシンプルになるので、ライディングに集中出来る気がします。 ちなみに本場アメリカではアップダウンも激しく、長距離を走るためにフロントダブルへまた戻りつつあるのだとか? 特徴は何といっても、新たに名付けられたRDケージの長さ「WIDEタイプ」が設定されたこと。 新たにデザインを起こされたクランクは、目新しいマットな感じ。 ちなみに810シリーズと600シリーズの違いについて、 GRXロゴの色が違う、また機能 フリーストローク調整、サーボウェーブ が省略されていて、若干ですが重量も異なります。 なので、おススメは810シリーズですね! コンポーネントのアップグレード グラベルロードやシクロクロス の参考にどうぞ!.

次の