ご査収ください 上司。 「ご査収ください」の意味と使い方、返事の仕方、「お納めください」との違い、類語

『ご査収』の意味とは

ご査収ください 上司

相手に送った添付書類やファイルを確認してほしい時に使う言葉です。 「ご」…尊敬語。 ていねいなニュアンスが加わります。 「査」…調べる、確認するという意味の漢字。 「収」…受け取る、おさめるという意味の漢字。 つまり、データ等の内容を「確認した上で受け取ってください」を、より丁寧に言い替えた言葉です。 【OK】 ・メールに書類等のデータを添付し、相手に確認してほしいときの文末 ・書類や商品を相手に確認してほしいときの送付状の文末 【NG】 ・そもそも確認してほしい物やデータがない場合 ・すでに相手が確認し終えたものを、送付側の都合で再度確認してほしい場合 確認するものがないのに「ご査収」を使うと、相手が混乱してしまうので注意しましょう。 「のほど」をつけることで印象をやわらげる効果があります。 「ご査収ください」ではどこかぶっきらぼうな印象を受ける…と心配になら「ご査収のほどお願いいたします」と書いて、よりやわらかで丁寧にしましょう。 主に使えるのは下記の5つです。 ・確かにいただきました ・拝受しました ・拝領しました ・拝見しました ・受領しました 「ご査収」は丁寧な言葉なので、受け取った側も「受け取りました」ではなく、「拝受」などの丁寧な表現とお礼を使い、しっかり確認したことを伝えましょう。 ・資料を添付したのでご査収ください。 ・納品書を同封いたしますので、ご査収ください。 ・サンプル品を同梱いたします。 お手数ですが、ご査収のほどお願いいたします。 ご査収の上、ご検討のほど宜しくお願い致します。 ・明日のプレゼン資料です。 ご査収の上、お返事いただければ幸いです。 ・商品が完成いたしました。 ご査収の上、改善等あればご連絡いただきたく存じます。 その時は他の言葉に言い替えて、マンネリ化を防ぎましょう。 「ご査収」のように添付物がなく、メールやある一部分を確かめてほしいときは「ご確認ください」を使いましょう。 「ご査収」との最大の違いは、発注をうけて物やサービス、データなどを納品する際にのみ使う言葉、という点です。 「ご査収」と同じように、上司や取引先に、企画書などを送る際、このように書き添えるといいでしょう。 親しい相手に、「笑って受け取ってください」と伝えるときに使います。 「ご査収」とは違い、大事なビジネスの取引先に対して用いるのは控えましょう。 食べ物を送る時に、この表現を書き添えてください。

次の

『ご査収』の意味とは

ご査収ください 上司

仕事のメールで『ご査収ください』という文言を使っている人も多いでしょう。 しかし、この査収という漢字、どれだけの人が本当の意味や使い方を理解しているのでしょうか? 査収の読み方は「さしゅう」です。 漢字の通り「よくしらべて 査 、おさめる 収 」という意味で、ビジネスシーンでは「金額・物品・書類等をよく調べて受け取ること」として使われています。 相手に対して確認して受け取るべきものをそえていなければ意味が通じないため、物品を郵送する際の手紙や添付ファイルのあるメールなどに使うのが一般的です。 ただし一般的にはなじみのない言葉のため、自分も相手もよく意味を理解した上で利用することが望ましいといえます。 ビジネスメール・文書に関する数多くの著書もある平野友朗氏 アイ・コミュニケーション代表 によれば「ご査収くださいと書いているのだが、どのように行動すればいいのか分からない」と質問されることがあるとのこと。 その後日本に伝えられ、広く使われるようになりました」は東北大学国語学研究室の大木先生。 その動作を具体的に表すと、『よく調べた上で受け取ること』 広辞苑 第六版 になる。 ようするに「"確認して受け取る"という意味ですから、メールに『ご査収ください』と書けば、相手に対し添付書類を"確認する"という作業を依頼していることになります」 平野氏 「ご査収ください」を使う時のマナーとは 『ご査収ください』という言葉をメールで使っても何のマナー違反はありません。 問題があるとすれば相手とその意味が共有されておらず、何をしてほしいのかが伝わらない点です。 それに加え一番問題なのは、書き手が意味を把握しないで使っていること。 確認すべき書類もないのに『ご査収ください』と書き、相手を戸惑わせてしまうケースもあるようです。 ビジネスメールの達人が『ご査収』を使わない理由 「私の場合、『査収』はメールでは使わないですね。 書類などを郵送する際のカバーレターなどには使っていますが……。 理由はメールだと、相手に対する指示があいまいになってしまいそうだからです」 平野氏。 その代わりに『添付書類のご確認、よろしくお願い致します』、『念のため、添付させていただきます』と、より具体的な文言を利用するとそうです。 『ご査収』の使い方が正しいのかチェックする方法 お互いが査収の意味を理解しているのなら、メールの中で使うことには問題はありません。 ただし、正しい用法で使われているかのチェックは必要。 「『査収』は動作を表す漢語ですので、文法上、『指導』や『理解』などと同じように使えばいいのです」 大木先生。 たとえば『どうぞご査収してください』を検証するなら、査収を指導に変えてみる。 すると、『どうぞご指導してください』と何やら違和感のある言いまわしに。 こんな場合は用法に問題があると考え、避けるべきと判断しましょう。 ほかにも『ご査収のほど宜しくお願いします』や『よろしくご査収下さい』など、考えられる言い方は何通りもあるが、『査収』を『指導』に置き換えてみれば正しい表現かどうかが分かります。 「ご査収」の使い方や例文• 会議で使用する資料をメールにを添付しましたので、ご査収のほどよろしくお願いします。 本日の会議資料を改めてお送り致しまし。 ご査収くださいますようお願い申し上げます。 請求書を同封いたしますので、ご査収くださいますようお願い申し上げます。 「査収」の類似する言葉 検収や拝受、受領などは、「査収」の類似する言葉と言えるでしょう。 マイナビニュース会員に聞いたアンケート結果 Q. 「査収」という言葉を使っていますか? よく使っている 5. 「協力部署に情報展開をするときや依頼書を出すときに『ご査収ください』という表現を使う。 「依頼があった書類などを郵送またはメールに添付するときの文面に使う。 相手との関係で使い分けることが大切 『査収』は、文法的には間違いではないしマナー違反という訳でもありませんが、ときと場合によっては意思が伝わらないことがあります。 だから、どんなシチュエーションでどのように使えるのかを明確にすることは難しいかもしれません。 ただ、使うのなら言葉の意味や使い方をきっちりと理解していることが必須条件、さらには双方がどれだけ言葉の意味を共有できているかなど、使ってもいいシチュエーションなのかを臨機応変に判断することが必要です。 もし使ってもよいかどうか判断できないときは、それは使わないほうがよい場面。 ほかの言葉に置き換えるのが得策と言えるでしょう。 言葉は、送り側と受け取り側がその言葉に対し同じ理解を持っている場合のみ、その意味が正しく伝わるものなのです。

次の

「ご査収願います」「ご査収下さい」は上司に使える?目上への使い方

ご査収ください 上司

ご確認くださいの意味 言葉のニュアンスや言い回しの構成を確認しておきましょう。 どのような敬語表現なのかを知ることも重要です。 確かめてくださいの丁寧語 『確認』という言葉は、はっきり認めることや、そうであることをはっきり確かめることを意味します。 ご確認くださいは、『確認』に尊敬を表す接頭語『ご』と丁寧語の『ください』をつけた表現です。 「はっきりと確かめてください」というような意味になります。 依頼やお願いの意味合いを含みつつ、相手に敬意を表し、さらに丁寧な言い回しにまとめた表現だといえるでしょう。 2種類の敬語が重ねて使われた言葉ですが、それぞれ種類が違うため、二重敬語にはあたりません。 文法上、正しい用法で表現された敬語です。 ご確認くださいの使い方 使用するにあたり、迷いやすいポイントを解説します。 後半部分を漢字にすると何が違うのかということも確認しておきましょう。 上司に対して使うことも可能 丁寧語とは、丁寧な言い方にすることで、相手に敬意を示す言葉です。 対等な立場の人にも使えるため、目上の人を立てるという意味ではやや強度を欠きます。 一方、尊敬語は相手の動作を高めて敬意を示す言葉です。 丁寧語と比べ、相手に対する敬意の強度が高まります。 したがって、丁寧語だけでなく尊敬語も含むご確認くださいは、上司など目上の人に使う言葉として 「ふさわしい」といえます。 丁寧語しか含まれない『確認してください』は、目上の人に使うことは可能ですが、失礼にあたるとされている表現です。 このように、目上の人に敬語を用いる際は、「使えるかどうか」だけでなく、「ふさわしいかどうか」を考慮することも重要です。 ご確認してくださいは間違い 相手に何かを依頼するような場面では、「~してください」という言い回しがよく使われます。 他人に行動を促す丁寧語であり、文法的にも正しい表現です。 『確認してください』も、「確認してほしい」という気持ちを丁寧に表した言い回しであり、間違いではありません。 しかし、 『ご確認してください』は、文法上誤った表現です。 『ご~してください』という敬語の用法がないため、正しい敬語ではないという解釈になります。 『ご利用してください』や『ご注意してください』も、同様の理由により間違った表現です。 使用しないように気をつけましょう。 くださいと下さいの違いは? 平仮名だけで書く『ください』は、「~してください」と何かをお願いするような時に 、敬意を表す補助動詞として使用します。 漢字を交えた『下さい』は、 何かをもらうという意味の尊敬語『下さる』を命令形にした言葉です。 「~を下さい」といった表現で使用します。 したがって、ご確認くださいの場合は、 平仮名だけで表記するのが正解です。 文書でくださいを書く場合は、使い分けを意識してみましょう。 なお、この表記ルールは、公用文を書く際の決まり事として文化庁が定めたものであり、言葉の意味を縛るものではありません。 ご確認くださいの例文 ご確認くださいは目上の人にも使えるフレーズです。 しかし、あくまでも命令形で終わる表現であるため、相手に偉そうな印象を与えてしまう可能性もあるでしょう。 できるだけ相手に嫌な思いをさせたくない場合は、後ろに丁寧な言葉を付け足すことで、より敬意を強められます。 どのような表現ができるのか、以下に解説します。 ご確認ください そのまま「ご確認ください」と言う場合は、目上であってもそれほど気を遣わなくてもよい相手に用いるようにしましょう。 次の例文のように、確認が必要な書類や物事に目を通してもらいたい時、上司・顧客・取引先に対してお願いする場合によく使われる表現です。 ・お電話差し上げましたがつながらないようです。 ご登録の電話番号を再度ご確認くださいませ。 ませという言葉は、『~かしら』『~よね』など、女性特有の言い回しを表現した言葉『女性語』の一つとされているため、男性は多用を控えるべき言葉だといえるでしょう。 ご確認くださいますようお願い申し上げます 『~ますようお願い申し上げます』と続ければ、さらに丁寧で敬意のこもった表現になります。 文法的に正しい敬語であり、二重敬語にもあてはまりません。 会話で使うとしつこい印象を与える可能性があるため、主にメールなどの文書で使うようにしましょう。 ビジネスメールの結びでよく使われるフレーズです。 前半を「大変お手数ではございますが」「お忙しいところ恐れ入りますが」のように変えてもよいでしょう。 ご確認くださいへの返信の例文も メールでご確認くださいと書かれていたような場合、 まずはビジネスマナーとして、できるだけ早く確認し、返信メールを打つようにしましょう。 確認したことを伝える文章は、「内容を確認いたしました」など、短い一言で十分です。 「~の件につきまして、確認いたしましたところ、~」のように、前後に文章をつければ、より自然な流れで確認したことを表現できるでしょう。 「確認させていただきました」「拝見いたしました」「拝受しました」なども、同様の意味で使えるフレーズです。 ご確認くださいの言い換え表現 何かを確認してほしい時に使う表現は、ご確認ください以外にもいくつかあります。 よく使われる言い回しを、それぞれの違いも確かめながら覚えましょう。 ご参照ください 『参照』とは、理解を促進するであろうデータ・詳細事項・図表などを、既に知っている内容と照らし合わせることを指す言葉です。 ご確認くださいが「間違いなくしっかりと確かめてください」という強制の意味を暗に含む一方、 ご参照くださいは「できれば見ておいてください」のような意味合いになります。 ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・ご依頼いただきました件につきまして、お見積書を添付しましたのでご査収くださいませ。 例文のように、契約書・納品書・領収書などの重要書類において、各項目をしっかりとチェックしてもらいたい場合に使います。 「カタログを~」「案内状を~」などとは使わないようにしましょう。 ご一読ください 『一読』とは、「ひと通り・ざっと」目を通すことを意味する言葉です。 文章が書かれたメールや書類などを対象とします。 ご一読くださいという場合は、 「内容を大まかに把握してください」という意味になります。 以下の例文で使い方を確認しましょう。 ・ 今回のトラブルにつきまして、改善策をまとめさせていただきました。 ご一読くださいますようお願いいたします。 仕事上、ご一読くださいといわれた場合、全てにおいて「斜め読みしておけばいいのかな」と解釈してはいけません。 「できればしっかりと読んでほしい」という意味を含んだ表現でもあるため、状況により適切に対処しましょう。 まとめ ご確認くださいは、「しっかり確かめてください」と丁寧に依頼する言葉です。 尊敬語を含む言い回しであるため、目上の人に対しても使えます。 そのまま使うとやや敬意に欠けるような状況では、語尾に言葉を付け足して、より丁寧な表現にすることも可能です。 言い換えも覚えて、場面に合った適切な表現を選ぶようにしましょう。

次の