美女と野獣 映画。 美女と野獣 : 作品情報

美女と野獣(2014) : 作品情報

美女と野獣 映画

価格・情報の取得:2020-06-20 美女と野獣 2017年 のネタバレあらすじ 簡単なあらすじ 舞台はフランスの近世。 ある城に美しいものを愛する若く傲慢な王子が住んでいた。 王子は夜な夜な豪華絢爛なパーティを城で開き、人々は美しいピアノとアリアの旋律に乗りながら華麗なダンスを踊っていた。 そんなある日、激しい嵐の中一人の醜い老婆が城を訪れ、王子に慈悲を求めこう言った。 「寒さをしのがせてくださったら、一輪のバラを差し上げましょう」。 しかし、王子は老婆に慈悲を示すどころか、招待客とともに老婆を笑い、その願いを断ってしまう。 すると、老婆はたちまち姿を変え、まばゆい光に包まれた美しい魔女へと姿を変える。 招待客が老婆の変貌に恐怖し逃げる中、魔女は王子と召使いたちと城に恐ろしい呪いをかける。 王子は角が生え厚い体毛に覆われた恐ろしい野獣に、召使いたちは皆家財道具に姿を変えられ、美しかった城の装飾は黒色の恐ろしいものへと変えられ、城は年中雪に閉ざされるようになってしまう。 魔女は城を去る前に、野獣に魔法がかけられた品々を置いていく。 それは、見たいと望むものの現在の姿を映し出す魔法の鏡、行きたいと望む場所へと連れて行く魔法の本、そして一輪の赤いバラの三つだ。 この赤いバラが散ってしまえば、呪いを解くことは永遠にかなわなくなってしまう。 呪いを解く方法は傲慢な王子が誰かを愛し真実の愛を知ることだが、深い雪に閉ざされた城を訪れる女性は一向に現れず、バラの花びらは少しずつ散って行くのだった。 【起】 — 美女と野獣 2017年 のあらすじ1 王子が野獣に姿を変えられてから時が経ち、バラの花びらも残り数枚となったときのこと。 城からそれほど遠くない田舎の村にベルという名の美しい娘が住んでいました。 無類の本好きで外の世界に興味を持つベルは、保守的な村の中では変わり者扱いをされていました。 同年代の娘たちはそろそろ結婚を考えているというのに、ベルはオルゴール職人の父モーリスと愛馬のフィリップと暮らす日々を続けていました。 そんなベルにしつこく言い寄るのは、美男子ではあるものの極度の自惚れ屋のガストン。 村の女たちはガストンにぞっこんでしたが、ベルは粗野で乱暴者のガストンにうんざりしていました。 そんなある日、父モーリスが愛馬のフィリップとともに行商に出かけることとなりました。 ベルはお土産に大好きなバラの花をねだり笑顔で父を送り出しますが、翌日家に帰ってきたのはフィリップだけでした。 父を心配するベルはすぐにフィリップにまたがり父を追いますが、たどり着いたのは6月だというのに雪と氷に覆われた古城でした。 恐る恐る真っ黒な場内に入ったベルは、牢に閉じ込められた父の姿を見つけました。 すると、暗闇の中から城の主と思しき人物が現れましたが、その正体は恐ろしい姿をした野獣でした。 その姿に一瞬驚いてしまうベル。 野獣の話によれば、父モーリスは城のバラを盗もうとしたといいます。 モーリスはベルのお土産のためにバラを摘もうとしたのです。 事の経緯を知ったベルは父の身代わりに牢に入ることを決め、自由の身になったモーリスは村の人々に助けを呼ぶために急いで城を後にするのでした。 野獣はそんな父娘の姿に呆れすぐに姿を消してしまいましたが、囚われの身となったベルの前には家財道具となった召使いたちが現れ、すぐにベルを牢から解放し客室へと案内しました。 言葉を話す道具たちにひどく驚いたものの、彼らの心からのもてなしにベルは徐々に笑顔を取り戻していきました。 金の燭台のルミエール、置き時計のコグスワース、ティーポットのポット夫人とその息子でティーカップのチップ、羽ほうきのプリュメット、洋服タンスのマダム・ド・ガルドローブ、その夫でハープシコードのカデンツァ…ベルを手厚くもてなす一方で、彼らはベルこそが呪いを解く運命の女性と考えていました。 燭台のルミエールは早速ベルと夕食をともにするよう野獣を説得しますが、野獣の乱暴な誘いにベルは拒否感を示し、飢えた方がマシとまで言い切ってしまいます。 ポット夫人に「ご主人様を見た目で判断しないで」となだめられるものの、ベルはどうしても野獣の乱暴な態度に耐えられずにいました。 結局、ベルは一人で夕食を食べることになりましたが、そこでもルミエールらはベルに最高のもてなしをしようとテーブルで豪華絢爛な踊りと歌を披露します。 ベルはハイテンションな召使いたちのもてなしに再び笑顔を見せるのでした。

次の

映画「美女と野獣」(1991)あらすじ・登場キャラ・見どころを紹介! | 8ラボ(はちらぼ)

美女と野獣 映画

その他の名称については「」をご覧ください。 0億円 『 美女と野獣』(びじょとやじゅう、原題: Beauty and the Beast)は、に製作された。 の『』に基づきに制作されたの長編作品『』の作品である。 の実写化作品としては初めて、ディズニー自らが制作や配給を担った。 あらすじ [ ] 時代の。 傲慢な王子が主催する舞踏会に一人の乞食が現れて「嵐で道に迷ったので、一晩泊めて欲しい」と頼み込み、一輪の薔薇を差し出す。 王子は乞食の醜さを嘲笑い申し出を拒否したため、乞食は魔女の正体を表し、王子と家来たちに呪いをかける。 王子は醜い野獣に姿を変えられ、家来たちは家具に姿を変えられた。 魔女は王子に対し、「薔薇の花びらが全て落ちるまでに、愛し愛されることを学ばなければ、呪いは永遠に解けない」と告げ城を後にし、人々から王子たちの記憶を消し去ってしまう。 数年後、城の近くにあるヴィルヌーブ村では、父モーリスと共に暮らすベルという女性がいた。 彼女は物語を読みふけり冒険を夢見る教養ある女性だったが、村の人々は彼女の教養を理解せず奇異の目で見ていた。 そんなベルに一目惚れした村の英雄・ガストンは男らしさを見せつけて求婚するが、彼の下品さや乱暴さを嫌っている彼女は求婚を断る。 ガストンは物乞いのアガットを指差して「未婚のまま父親が死んだら、生活する術がなくなり物乞いになるしかなくなるぞ」と語りかけるが、ベルはそのまま彼を追い返してしまう。 翌朝、モーリスはオルゴールを売りにに出かけるが、森の中で道に迷ってしまう。 狼に追われたモーリスは森の中を逃げ回り、城に辿り着き一休みするが、喋るティーカップ(チップ)を見て驚き城を飛び出す。 その際ベルから薔薇を土産に頼まれていたことを思い出したモーリスは、庭にある一輪の薔薇を取ったところを城の主・野獣に見つかってしまい、彼に捕らえられ監禁されてしまう。 モーリスの愛馬フィリップが彼を乗せずに戻って来たのを見たベルは、父の身に何かあったと感じ、フィリップに乗り村を飛び出す。 城に辿り着いたベルは牢獄に捕らえられているモーリスと再会するが、父は城から逃げるようにベルに告げる。 そこに野獣が現れ、モーリスを薔薇を盗んだ罪で終身刑になったことを告げる。 ベルは身代わりに城に残る決意をし、モーリスの代わりに牢獄に入った。 野獣の家来ルミエールは、ベルが呪いを解くための女性だと考え、コグスワースが引き留めるのを無視して彼女を牢獄から出して一室を与える。 ルミエールたちはベルを晩餐会に誘うように野獣に提案し、野獣はその通りにするが、彼女が断ったため怒り出してしまう。 その夜、ルミエールたちはベルのために豪華な晩餐会を開き彼女と交流するが、晩餐会が終わった後、ベルは立ち入りを禁じられていた西の塔に入ってしまう。 ベルは野獣の居室で薔薇を見付け手を出そうとするが、野獣に見付かり追い出される。 野獣の乱暴な振る舞いに耐え切れなくなったベルはフィリップに乗り城を飛び出すが、途中で狼に見付かり襲われる。 そこにベルを追いかけてきた野獣が現れ狼を追い払うが、野獣は狼に噛まれて負傷する。 傷ついた野獣を見かねたベルは家に帰るのをやめ、彼を連れて城に戻り手当てを行う。 その際にポット夫人から「ご主人様は心優しい人だったが、母親の死後、厳格な父親に育てられて傲慢になってしまった」と野獣の生い立ちを聞かされ心を痛める。 実はベルもまた幼い頃に母親を亡くしており、モーリスから詳しい事を聞き出そうとしても毎回言葉を濁されてしまい、もどかしく思っていたのだった。 ベルは野獣の怪我が治った後も城に留まり、野獣と交流する。 野獣は魔女から贈られた魔法の本をベルに見せ、魔法の力で彼女と共にパリの街に旅立つ。 二人はパリの街にある小さな家に到着するが、そこはヴィルヌーブ村に移住する前にモーリスが住んでいた場所だった。 部屋には医者が治療を行う際に着けるマスクが置かれており、ベルは母親が生まれたばかりの自分を守るためにパリに残り死んだことを知る。 互いの生い立ちを知った二人は、次第に慕い合うようになっていく。 一方、ヴィルヌーブ村に戻ったモーリスは、「ベルを助けるために野獣の城に来て欲しい」と人々に訴えるが、誰も彼の話を信じようとはしなかった。 しかし、ベルとの結婚を認めさせる機会と考えたガストンは相棒のル・フウを連れてモーリスと共に城に向かうが、城への入り口が見付からずに右往左往するモーリスに対して怒りをぶつけてしまう。 慌てて詫びるガストンだったが、モーリスはベルから聞かされていた以上に彼の野蛮で傍若無人な態度に怒り「娘との結婚は絶対に認めない」と言い放つ。 逆上したガストンはモーリスを殴り倒し、森の中に放置して狼に襲わせようとする。 ガストンとル・フウが立ち去った後、モーリスはアガットに助け出され村に戻り、自分を置き去りにしたガストンを責め立てる。 しかし、ガストンは村の人々に対して「物乞いの証言など当てにならない」と反論し、モーリスを異常者扱いして精神病院に隔離しようとする。 ベルは野獣とのダンスを楽しみ、野獣はルミエールたちに後押しされて彼女に愛を告げようとするが、彼女が父親の身を案じていることを知り、魔法の鏡を使い村の様子を見せる。 そこには精神病院に送られようとしているモーリスが映っており、野獣は鏡を持たせてベルを送り出す。 野獣はルミエールたちにベルを自由にしたことを伝え、呆然とする彼らに別れを告げる。 村に戻ったベルは、鏡を取り出して野獣の姿を見せ、父が異常者ではないことを証明する。 ベルが、村の人々に野獣が心優しい存在だと語りかける姿を見たガストンは、彼女が野獣を愛していることを知って嫉妬し、村の人々を扇動して野獣の城を襲おうとする。 モーリスと共に馬車に捕らえられたベルだったが、野獣を助けるために協力して逃げ出し、フィリップに乗って城へと向かう。 ルミエールたちは家財道具の振りをして油断させ、村の人々を相手に戦い城から追い出すことに成功するが、西の塔に入り込んだガストンは生きる希望を失い意気消沈する野獣に襲いかかる。 ガストンに抵抗する気力すら無くしていた野獣は殺されそうになるが、駆け付けたベルを見て気力を取り戻し、ガストンを打ち倒す。 しかし薔薇の花びらが残り一つだけとなり城が崩壊を始めたため、ベルを助けようと塔から飛び移った際に背後からガストンに銃撃され重傷を負ってしまう。 ガストンはとどめを刺そうとするが、足場が崩落して転落死する。 ベルは野獣を助けようとするものの、彼はもはや手遅れであり、ベルへの愛情の言葉を残して息絶えてしまった。 そして野獣の死と同時に薔薇の花びらが全て落ちてしまい、ルミエールたちも人格を失いただの家具になってしまう。 野獣の遺体を前にベルは愛を告げるが、そこにアガットが現れて魔女の正体を表し、愛し愛されることを知った野獣の呪いを解く。 すると野獣やルミエールたちは生き返って元の姿に戻り、人々も失っていた王子の記憶を取り戻す。 元に戻った王子は人々を招待して舞踏会を開催し、ベルと愛を確かめ合いながらダンスを踊るのであった。 :()- 読書と空想好きな父親思いの美しい女性だが、村人には変わり者と思われている。 :() - 魔女に呪いをかけられ醜い姿に変えられた王子。 :() - ベルに求婚する村の英雄。 本作では戦争から戻ってきた元軍人と設定されている。 モーリス:() - ベルの父。 本作では元絵描きの職人と設定されている。 ル・フウ:()- ガストンの相棒。 (燭台):() - 給仕頭。 本作では人型の燭台となっており、頭も蝋燭ではなく本体側にある。 (時計):() - 執事。 本作ではアニメ版よりも複雑なデザインになっている。 (ティーポット):()- メイド頭。 アニメ版と異なり本作では顔が側面にある。 (ティーカップ): ()()- ポット夫人の息子。 マダム・ド・ガルドローブ():() - 衣装係。 アニメ版では、ミュージカル版ではマダム・デ・ラ・グランデ・ブーシェという名前だったが本作では名前が変更されており、デザインも大きく異なる。 尚、マダム・ド・ガルドローブには口の大きな女支配人という意味がある。 マエストロ・カデンツァ():()- 宮廷音楽家。 アニメ版には登場しない本作オリジナルキャラクター。 ガルドロープとは恋仲。 プリュメット():() - メイド。 アニメ版では、ミュージカル版ではバベットという名前だったが本作では名前が変更されており、姿も鳥型のはたきに変更された。 アガット: ()() - 村の物乞いとして登場するが、実は王子を野獣の姿に変えたである。 本作では冒頭の語りも担当している。 ジャン: ()() - 物をしばしば紛失する村の。 実はポット夫人の夫であり、チップの父親である。 クロチルド: ()() - 村に住む女。 実はコグスワースの妻。 ダルク: ()() - 自分が管理する向けの施設にモーリスを入所させようとする。 ペール・ロベール: ()() - 村の。 の図書館に所蔵されている本をベルに貸す。 シャポー(掛け):トーマス・パッデン()• ベルの母:ゾーイ・レイニー()• スタンリー:アレクシス・ロワゾン() - ガストンの子分の一人。 マダム・ド・ガルドローブからの攻撃によってさせられる。 製作 [ ] 企画 [ ] ディズニーは1994年に上演されたの映画化を企画していた が、は2011年のインタビューで映画化が「缶詰状態」と述べていた。 その後、は『』『』『』『』などの実写化作品を発表し、『美女と野獣』のリメイク版の製作を進めた。 2014年6月にが監督に起用され 、9月下旬には ()がの脚本を修正するために起用された。 2015年1月にが、主演のベル役に起用されたことが発表された。 ワトソンの起用はの指名であり、彼女が出演したを手がけていた。 同年3月にはとの起用が発表された。 1994年のミュージカル版でベル役を演じた ()は、ワトソンの起用に対して「完璧」とコメントしている。 また、アニメ版でベル役を演じたは、自身がワトソンに歌のレッスンを行うことを提案した。 2015年5月18日に・にある ()でが開始された。 撮影は8月21日まで行われ、6日後に共同プロデューサーのジャック・モリッシーがクランクアップを報告した。 音楽 [ ] 1991年のアニメ版の音楽はファンから高い評価を得ており、ビル・コンドンが監督を引き受けたのも、この音楽に魅力を感じていたためと語っている。 コンドンは「アニメ版は、当時のディズニー作品の中では現代的でダークな内容だった。 そのビジョンを取り入れて、他の要素が作用するように根本的に改革する必要があった」と述べている。 コンドンはアニメ版のオリジナルだけを採用する予定だったが、後にメンケン、、の手掛けたミュージカル版の音楽も映画に取り入れ、「ストレートかつ実写的で大規模なミュージカル映画」にすることに決めた。 彼らはオリジナル版の楽曲の他に新たに作詞・作曲した楽曲を取り入れた。 メンケンはミュージカル版の楽曲は使用せず、新たに「アリア(Aria)」「時は永遠に(How Does a Moment Last Forever)」「デイズ・イン・ザ・サン〜日差しをあびて〜(Days in the Sun)」「ひそかな夢(Evermore)」の4曲を映画のために作曲した。 しかし、ミュージカル版で使用された「Home」という楽曲のインストゥルメンタルだけは、ベルが城に入る場面で使用されている。 で流れる主題歌にはアニメ映画版の主題歌「(Beauty and the Beast)」が使用され、とが歌っている。 アニメ映画版で主題歌を歌ったはエンドソングとして本作オリジナルの挿入歌「時は永遠に(How Does a Moment Last Forever)」を歌っている が、彼女は夫の ()と死別した直後だったため、参加を迷っていたという。 ディオンは「1991年の『美女と野獣』への参加は、マネージャーだった夫が決めました。 今、私は自分の意志でこの作品への参加を決めましたが、それは難しい決断でした。 私はすぐに「イエス」と言うことが出来ずにいました」と語っている。 また、が2017年1月26日に「 ()」を担当することが発表された。 挿入歌 [ ] タイトル 歌唱キャラクター アリア Aria マダム・ド・ガルドローブ 朝の風景 Belle ベル 時は永遠に ミュージックボックス・バージョン How Does a Moment Last Forever Music Box モーリス 朝の風景 リプライズ Belle Reprise ベル、ガストン、 強いぞ、ガストン Gaston ガストン、ル・フウ、アンサンブル ひとりぼっちの晩餐会 Be Our Guest ルミエール、コグスワース、ポット夫人、プリュメット デイズ・イン・ザ・サン〜日差しをあびて〜 Days in the Sun 少年時代の王子、マエストロ・カデンツァ、ルミエール、プリュメット、ポット夫人、マダム・ド・ガルドローブ、ベル、コグスワース、シェフ・ブーシュ 愛の芽生え Something There ベル、野獣、ポット夫人、チップ、コグスワース、ルミエール、プリュメット 時は永遠に モンマルトル・バージョン How Does a Moment Last Forever Montmartre ベル Beauty and the Beast ポット夫人 ひそかな夢 Evermore 野獣 The Mob Song ガストン、ル・フウ、アンサンブル、ポット夫人、コグスワース、マエストロ・カデンツァ、チップ、プリュメット、ルミエール、ジャン、クロチルド 美女と野獣〜フィナーレ〜 Beauty and the Beast Finale マダム・ド・ガルドローブ、ポット夫人、アンサンブル 興行収入 [ ] 日本 [ ] 2017年4月21日に全国773スクリーンで封切られ、初日2日間で数72万9114人、10億6536万2800円を記録し、週末映画ランキングでは初登場1位となった。 これは、『』を上回る記録である。 その後、ランキングで公開以来7週連続首位となり、興行収入は公開42日目で100億円を突破し、さらにの上映も6月17日より2週間限定で全国27の劇場で上映されることが決定した。 最終的な興行収入は124億円となり、2017年の映画興行成績で第1位となった 他、これまでに日本国内で公開されたで歴代1位となるヒットを記録している。 『美女と野獣』観客動員数・興行収入の推移 観客動員数 (万人) 興行収入 (億円) 備考 週末 累計 週末 累計 1週目の週末 2017年4月22日・23日 1位 72. 9 95. 1 10. 7 13. 8 2週目の週末 4月29日・30日 68. 4 248. 1 11. 2 36. 5 3週目の週末 5月6日・7日 62. 9 473. 1 8. 9 67. 0 4週目の週末 5月13日・14日 42. 0 564. 9 5. 8 79. 4 5週目の週末 5月20日・21日 30. 7 637. 4 4. 3 89. 2 6週目の週末 5月27日・28日 24. 3 692. 8 3. 5 96. 8 7週目の週末 6月3日・4日 21. 6 745. 7 3. 1 103. 8 8週目の週末 6月10日・11日 3位 20. 5 2. 9 109. 6 9週目の週末 6月17日・18日 2位 15. 3 2. 2 114. 2 1位は『』。 10週目の週末 6月24日・25日 14. 4 2. 1 118. 1 11週目の週末 7月1日・2日 5位 8. 8 872. 2 1. 1 120. 8 12週目の週末 7月8日・9日 9位 122. 0 受賞・ノミネート [ ] 賞 カテゴリ 対象 結果 出典 美女と野獣 受賞 受賞 () エマ・ワトソン、 ノミネート () 、 ノミネート 論争 [ ] 本作にはのキャラクターとしてル・フウが登場する ことから物議を醸している。 では蔑視の発言を続けてきた下院議員ビタリー・ミロノフが「()同性愛の宣伝に当たる」と非難し、に上映禁止を要求した。 2017年、報道官は本作を16歳以上の年齢制限付きで公開すると発表した。 アメリカ合衆国でもヘナガーにある映画館が、同性愛の内容が含まれるという理由で本作を上映しないとで表明した。 では同性愛を描いたシーンを検閲当局がカットしたことが明らかとなった。 このためディズニーは、2017年、マレーシアでの本作の公開を無期限で見送ると発表した。 のちに、13歳未満が鑑賞する場合には保護者の同意を必要とする「」作品に指定した上で、カットや修正を行わずオリジナルのまま公開することが決まった。 テレビ放送 [ ] 回 放送年月日 放送時間() 放送局 放送枠 視聴率 備考 1 21:00 - 23:29 15. 2017年2月16日. 2017年4月21日閲覧。 2017年6月8日閲覧。 映画ナタリー. 2016年10月18日. 2016年10月18日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2017年4月21日. 2017年4月21日閲覧。 Marmiroli, Adriana 2009年6月5日. 2015年5月21日閲覧。 Hill, Jim 2009年7月1日. Jim Hill Media. 2015年5月21日閲覧。 Brew, Simon 2011年1月11日. 2011年1月22日閲覧。 Chitwood, Adam 2014年4月11日. 2015年5月20日閲覧。 Kroll, Justin 2014年6月4日. 2015年1月27日閲覧。 Sperling, Nicole 2014年9月29日. 2014年9月30日閲覧。 Hayden, Erik 2015年1月26日. 2015年1月27日閲覧。 Fleming, Jr. , Mike 2017年3月21日. Deadline. com Los Angeles: Penske Business Media. 2017年4月3日閲覧。 Kroll, Justin 2015年3月4日. 2015年3月9日閲覧。 Kit, Borys 2015年3月4日. 2015年3月9日閲覧。 Broadway World 2015年1月26日. 2015年8月11日閲覧。 Emma Watson Updates 2015年2月4日. 2015年8月11日閲覧。 Foutch, Haleigh 2015年3月7日. 2015年5月19日閲覧。 SSN Insider. 2015年5月18日. 2015年5月18日閲覧。 Trumbore, Dave 2015年8月23日. 2015年8月23日閲覧。 Broadway World. 2015年8月24日. 2015年8月27日閲覧。 Broadway World. 2015年8月27日. 2015年8月27日閲覧。 Filmjournal. com. 2017年3月8日閲覧。 Tapley, Kristopher 2014年6月4日. 2014年6月5日閲覧。 McNary, Dave 2015年3月16日. 2015年5月28日閲覧。 Robbins, Caryn 2015年6月5日. Broadway World. 2015年6月5日閲覧。 Lee, Ashley 2017年3月14日. Hollywood Reporter. 2017年3月15日閲覧。 Grande, Ariana 2017年1月10日. Instagram. 2017年1月11日閲覧。 Nessif, Bruna 2017年1月10日. 2017年1月11日閲覧。 Robson, Shannon Vestal 2017年1月20日. PopSugar.. 2017年1月26日閲覧。 シネマトゥデイ. 2017年1月12日. 2017年1月12日閲覧。 Coggan, Devan 2017年1月19日. Entertainment Weekly. 2016年1月26日閲覧。 Instagram. 2017年1月20日閲覧。 Tracey, Brianne 2017年1月19日. People. 2017年1月20日閲覧。 2017年1月19日閲覧。 Gettell, Oliver 2017年1月26日. com. 2017年3月2日閲覧。 com 2017年4月24日 2017年6月9日閲覧。 com 2017年6月5日 2017年6月9日閲覧。 - 2019年1月31日閲覧。 - 映画. com 2019年1月23日、2019年1月31日閲覧。 com. 2020年1月3日閲覧。 com. 2020年1月3日閲覧。 com. 2020年1月3日閲覧。 com. 2020年1月3日閲覧。 com. 2020年1月3日閲覧。 com. 2020年1月3日閲覧。 com. 2020年1月3日閲覧。 com. 2020年1月3日閲覧。 MTV News. 2017年4月8日閲覧。 シネマトゥデイ. 2017年3月2日. 2017年3月6日閲覧。 Variety 2017年3月4日. 2017年3月5日閲覧。 2017年3月4日. 2017年3月5日閲覧。 2017年3月13日. 2017年5月28日閲覧。 The Huffington Post. 2017年3月3日閲覧。 2017年3月6日. 2017年3月6日閲覧。 Digital Spy 2017年3月13日. 2017年3月13日閲覧。 2017年3月14日. 2017年3月14日閲覧。 2017年3月23日. 2017年5月28日閲覧。 ORICON NEWS 2019年6月10日. 2019年6月13日閲覧。 ビデオリサーチ. 2019年6月13日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• - (英語).

次の

映画『美女と野獣』ベル役エマ・ワトソンでディズニーが実写化、コンドン監督が明らかにする物語の真実

美女と野獣 映画

ディズニー・アニメーション『』が、ベル役にエマ・ワトソンを迎えついに実写映画化。 アニメーション公開から26年の時を経て、2017年4月21日 金 日本公開となる。 ディズニーと『美女と野獣』 ディズニーがアニメーション映画『美女と野獣』を公開したのは、1991年のこと。 1740年にヴィルヌーヴ夫人によって最初に書かれた「美女と野獣」は、これまで文学やテレビドラマ、バレエ、舞台など、様々な解釈によって感動の物語を綴ってきた。 映画化は幾度となく行われ、1940年代にジャン・コクトー監督が、2014年にも主演で実写化されている。 しかし、ディズニーアニメーションの誕生は、その中でも決定的な存在であった。 アニメーション映画史上初となるアカデミー賞作品賞にノミネート。 さらに、一つの作品から「朝の風景」「ひとりぼっちの晩餐会」「美女と野獣」と3つの楽曲がアカデミー歌曲賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞、グラミー賞でも次々に賞を獲得。 社会現象といえるほどの勢いで、一大センセーションを巻き起こすこととなった。 ベル役に女優エマ・ワトソンを迎え実写化 c 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 公開から25周年を迎えたディズニー『美女と野獣』は、実写映画化され現代へ。 主人公ベルを演じるのは「4歳からベルに夢中!」とキャラクターの大ファンであるエマ・ワトソン。 『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で、世代や性別を超えて人々に愛された彼女が、抜群の歌唱力を手に、21世紀のニューヒロインを演じる。 ベルの相手役・野獣には、TVドラマ『ダウントン・アビー』で脚光を浴びたダン・スティーヴンスが抜擢。 フェイシャル・キャプチャーとパフォーマンス・キャプチャーといった映像テクノロジーを用いて、現代版野獣がリアルに描かれる。 なぜベルは野獣を愛したのか?知られざる真実が明かされる 『美女と野獣』は、魔女の呪いによって野獣の姿に変えられてしまった美しい王子と、一人の少女ベルとの物語。 実写映画化に伴い、大きなテーマとなるのは「なぜベルは野獣を愛したのか?」という一つの問いだ。 ビル・コンドン監督インタビュー 日本公開に先駆け、監督ビル・コンドンが来日。 映画『シカゴ』『ドリームガールズ』と数々のミュージカル映画を世に送り出してきた彼が、ディズニー作品をどう描いたのか。 『美女と野獣』実写化にかける思いについて話を聞くことができた。 Q:数多くのディズニー作品の中から、なぜ『美女と野獣』が実写化されたのでしょう。 コンドン:ディズニーにとって大きなチャレンジだったと思います。 ここ数年、ディズニーは、スタジオ部門の会長ララ・ホーンを中心に、いわゆる古典と呼ばれる作品を実写化して現代風にリメイクしてきました。 これらの作品と比べると『美女と野獣』は近年のもの。 実際、アニメーション作品もとても多くの人に愛され、子供の頃に見た人々が今は自分の子供たちと見ている。 早い段階で、舞台・ミュージカル化もされ、もちろん日本でも上演されていますよね。 またアニメーション映画『美女と野獣』が生まれた時期は、ディズニースタジオの中でルネッサンスを迎えた時期でした。 そういう点で、他の過去のアニメーション作品と『美女と野獣』は立ち位置が異なる。 近代作品を実写化することはもちろん、人気のある『美女と野獣』を選ぶことは、ディズニーにとって大きな決断に繋がったと思います。 Q:人気作品を実写化する上で、ビル監督が挑戦したことはどんなことでしょうか。 コンドン:物語をリアルに描くこと。 私が実写化する上で必要だと思ったことは、主人公のベルや野獣、そして城の住人たちであるルミエールやポット夫人といったキャラクターたちに新たな観点からさらなる深みを与えることです。 アニメーションで描かれているキャラクターたちは、いわゆる「典型」という形でしか表現されていない。 様々な側面やニュアンスを持った、人間味が描かれているわけではないんですよね。 今回、本物の役者たちに演じてもらうということで、各キャラクターに人間性を持たせました。 バックストーリー、心理描写を掘り下げることによって、それぞれのキャラクターたちの個性をきちんと描き出す。 特に、ベルが野獣に恋に落ちるところは、現実世界のようにリアルに映し出したかったんです。 Q:ベルと野獣はどういった人物だと捉えましたか。 コンドン:ベルと野獣に共通しているところは、喪失感を持っているのに、未だそれが解決していないことです。 ベルに関しては、頭の中に雲がかかっているというか。 現実を飛び出して、冒険に出たいんだけれど、彼女の中にあるいくつかの疑問を脱ぎされない。 父親がなぜ彼女に対して過保護なのか。 どうしてパリからこの小さな村へ引っ越したのか。 母親の死因は何なのか。 父親は、ベルを大切にするあまり守ることしか考えていない。 結果、彼があまりに秘密にしすぎたため、ベルは自分の過去や母親について疑問を抱いてしまうんですよね。 野獣の方も、母親を失ったことによって、愛情を感じられる唯一の相手がいなくなってしまった。 その後はひどい父親と残されてしまう。 本作では、ストーリーを通して二人の過去を解いていく。 野獣はベルの母親の死因を知り、ベルは母親を亡くして野獣が変化したことに気付く。 二人がお互いを理解していく中で、心の接点を見つけ、互いに心の傷を癒していく。 そして、似たような過去の心の痛みを持っている人と出会うことで、自分の問題も解決できるように成長していきます。 Q:二人の成長シーンに、込めたメッセージとは。 コンドン:基本的なメッセージは、「美女と野獣」で語り継がれているもので、「表面的なものにとらわれず、さらに深いところを見ることが大切だ」ということです。 現代は、表面的なものが明るみになりやすいく、そういったものばかりが取り上げられやすい。 だからこそ、特に若い世代には作品を通して、表面に惑わされずちゃんと知識を持つ必要があることを感じて欲しい。 愛の道筋は、見つけ出さなくてはいけないものですので。 と同時に、ベルと野獣は互いに心を開くことによって、自分でも知らなかった自分自身を知る。 その当たりも作品から感じとって欲しいですね。

次の