ねぶた 師 年収。 ねぶた師北村麻子のプロフィール!高校や結婚・年収についても!

北村麻子の紅葉狩が凄い!下絵や作品は?高校や大学・年収は?

ねぶた 師 年収

300年の歴史において初の女ねぶた師・北村麻子さん 歴史をひもとくと、起源は8世紀の奈良時代ともいわれるねぶた祭。 青森県青森市で毎年8月2日から7日に開催される青森ねぶた祭は、約300年前から行われていた記録があり、1980年には国の重要無形民族文化財に指定された。 津軽の夏の夜に鮮やかに輝くねぶた。 毎年、全国から訪れる約300万人が「ラッセラー、ラッセラー」の掛け声とともに盛り上がる。 祭りに出品されるねぶたは毎年22台前後。 地元企業や商工会などが、ねぶたを専門に作る「ねぶた師」に作成を依頼。 ねぶた師は歴史上の題材をもとに構想を練り、下絵から台座作り、骨組み、色つけまで1年近くの時間をかけて完成させる。 大きいものだと長さ9m、奥行き7m、高さ5mとかなり巨大だ。 ねぶた作りは、角材や針金を使う骨の組み立て、脚立に上りながら高さ5mのところで紙を貼り色をつけるなどの力仕事が続く。 そこに風穴を空けたのが、北村麻子さん(32才)だ。 4年前、300年の歴史において初の女ねぶた師になった。 北村さんの父・隆さん(67才)は、「平成の名人」といわれるねぶた師。 優れた技術と功績のあるねぶた師に授与される「第六代 ねぶた名人位」を持ち、今も第一線で活躍している。 「ねぶたは青森の人にとって特別なものです。 幼い頃から、父の存在は私にとって特別でした。 でも当時は女性がねぶたをするという考え自体がなく、ねぶた師になろうと思ったことはありません」 2007年に隆さんが作った「聖人 聖徳太子」がねぶた大賞を受賞したのが大きな転機となった。 「不景気のためねぶたの受注台数が減り、父も苦しんでいた時期でした。 でも父は苦境の中で素晴らしいねぶたを制作しました。 苦しいとき、そこから這い上がってきた姿は心を動かしますが、私もそんな父の姿に心を動かされたんです。 父の代で何十年と培ってきたこの技術を絶対終わらせちゃいけないと思いました」 ねぶた師になることを決意した麻子さんだが、その道のりは険しかった。 「女性が手伝わせてもらえるのは『紙はり』といって骨組みに紙を貼る作業だけ。 女はダメだという父の考えがわかっていたので、正面から弟子入りを頼んだところで拒絶されると思っていました。 なので、断れないよう徐々に周りを固めてしまおうと。 筆や絵の具を使って見よう見まねで3か月くらい時間をかけてねぶたの下絵を描き、父に見てもらったんです。 すると父は『よく描いたな』と言ってくれて、色の塗り方や全体のバランスなどいくつかアドバイスをくれました」 このとき麻子さんが作った下絵はまさにねぶたの設計図となる重要なもの。 下絵の段階で全体の構成や色を決め、光が灯ったときにどうなるかといった立体的な完成図を頭に描いておく。 その下絵にアドバイスをもらったため、弟子として認められたと安心した麻子さんだったが、それは違った。 「翌年、ねぶたの制作小屋に行っても、父にも他の職人さんにも全然相手にされませんでした。 帰れとも言われないけど、声をかけてもらえない。 多いときで10人が作業をしているのですが、私だけ完全に無視されて、その場にいないのと一緒でした。 それは1年間変わりませんでした。 同じ時期に入った男性には指示が飛ぶのに、私には指示がない。 女じゃなければよかったのに、と考えると悔しかった。 「人生で初めて熱中できたねぶたをやめようとは一度も思いませんでした。 小さい仕事でも頼まれて、うまくできればまた新しい仕事がもらえると思い、ひたすらチャンスを待っていました」 小屋に通い始めて2年目。 ようやく簡単な仕事を任されるようになり、次第に作業量は増えていった。 初めて心からやりたいと思った仕事だから、小さな仕事でも楽しくてうれしかった。 女であることに悔しい思いをしながらも制作現場に立ち続けて3年目の2010年、横幅2m、奥行き1. 5m、高さ1. 5m程度の小型ねぶたの制作にチャレンジした。 父の推薦を受けての制作だったが、展示された作品を見た時、麻子さんは涙を流した。 「悔し涙です。 他の先輩たちのねぶたと一緒に5台が並ぶのを見ると、いちばんできがよくなかったんです。 小型ねぶたの反省を生かし、中型ねぶたを完成させた。 「自分のやり方でやってみたい」というこだわりを捨て、隆さんの指導に正面から向き合ったのだ。

次の

北村麻子は女性ねぶた師!年収や結婚は?下絵作品や実力とは?|ココアのマーチ

ねぶた 師 年収

Sponsored Link Sponsored Link 北村麻子のプロフィール Wikipediaは残念ながらまだありませんでしたが、 少し前に「 NEWS ZERO」でも取り上げられていたのを見た僕は、 かわいいけど、芯のしっかりした女性だな思って気になっていましたので、 経歴など調べたことをプロフィールにまとめました。 1982年10月生まれ、ねぶた師史上初の女性ねぶた師。 2012年「青森市民ねぶた実行委員会」から依頼されデビュー そのデビュー作「琢鹿(たくろく)の戦い」が 優秀制作者賞を受賞したことで注目される。 「 琢鹿(たくろく)の戦い」 お父さんは、大型ねぶたを36年間、81台を制作した 6代目名人の 北村隆氏です。 数多くの賞を受賞するねぶた師の父親を持ちながらも、 ねぶた師にはなりたいとは考えもしなかったそうです。 高校卒業後は仕事を転々としながらも、 なかなかやりたいことが見つからなかったそうです。 その頃、不況のあおりで父親のねぶた制作の注文が激減したそうです。 そんな時に父親が制作したねぶた「 聖人聖徳太子」が その年のねぶた大賞を受賞し、 その作品に感銘を受けねぶた師になりたいと思ったそうです。 父親の隆さんは「女性にはねぶたはできない」と常々言っていたそうで、 真正面から弟子入りを申し込んでも無理だとわかっていた麻子さんは、 毎日作業場に行き、父親や先輩の作業をノートにメモし、 受け入れられるように努力したそうです。 そんな努力の甲斐があって、 弟子入りして4年という異例のスピードで大型ねぶたの依頼があったそうです。 このあたりのことは「未来シアター」でも放送されるようですよ。 高校や結婚について 麻子さんについて調べると、高校や結婚について 気になっている人が多いようですね。 頑張って調べてみましたが、 高校は地元の高校ということしか分かりませんでした。 結婚についても僕は勝手に、独身だと思っていたんですが、 2012年頃に年下の方と結婚されているようです。 地元の方のようなので、ねぶた祭りやねぶた師には理解ある方なんでしょうね。 ねぶた師の年収について ねぶた祭りは、毎年8月2日から7日まで行われ、 約300万人以上の人出があり、経済効果は約240億円といわれています。 ねぶた師は企業や団体から大型ねぶたの制作を請け負って、下 絵から骨組みや電気配線、色付けまでの 10工程ぐらいを総合的に指揮します。 祭りが終わった翌日から、次の年の構想に入るそうで、 多くのねぶた師が生業としているそうです。 一体300万円から500万円ぐらいの収入になるそうです。 名人位が贈られると、やはり収入も少し上がるそうです。 年間を通しての仕事ですので結構ハードかもしれないですね。 でも伝統的なものに携わることにはお金では変えられないものがありますよね。 今年のねぶた祭は、悲しいことが起こってしまいましたが、 一度実際にねぶた祭を見に行って生の感動を味わってみたいです。

次の

ねぶたQ&A

ねぶた 師 年収

Contents• ねぶたとねぶた祭りとは 青森といえばリンゴ!ですが、 ねぶた祭りも有名ですね。 そのねぶた祭りに欠かせない「ねぶた」ですが、由来を知っていますか? そもそもの由来は、戦場と関係がありました。 戦場で敵を油断させておびき寄せるために大燈籠・笛・太鼓ではやし立てたことを由来とするそうです。 迫力のある ねぶたの大きさですが、幅約9m、高さ約5m、奥行き約7mと規定があります。 重さは4トンくらい。 電球は1000個くらい。 そのねぶたを展示して祭りにしているのが ねぶた祭りです。 毎年200万人もの観光客であふれるお祭りなんで、なんと、国の重要無形民俗文化財に指定されています! スポンサーリンク ねぶた師の北村麻子とは ねぶたの歴史は300年もあります。 ねぶたの題材は、日本や中国の伝説や歴史上の人物、歌舞伎、神仏などを題材にしているものが多いです。 ・龍とか ・聖徳太子とか ・忠臣蔵とか ・三国志の人物とか ねぶたの作品は、構図や迫力・出来栄え、光の使い方などのバランスが大事だそうです。 最近は、ねぶたを輝かせる電球がLEDに変わってきたことで軽い色合いのものも多いそうですね。 一般的に、ねぶたを作るねぶた師は一人立ちするまでに10年かかると言われています。 しかし、 北村麻子さんは10年かかるという、ねぶた師をわずか4年でデビューしたのです! それも、 300年の史上初の女性ねぶた師です! さらに、ねぶた師として4年目ですが、 デビュー作が優秀製作者賞しました。 もう、すべてが話題だらけ。 そんな美人ねぶた師が 北村麻子さんです。 北村麻子のプロフィールや経歴 名前:北村麻子 きたむらあさこ 生年月日:1982年10月??日 年齢:35歳 出身:青森県 職業:ねぶた師 北村麻子さんは、第六代ねぶた名人位 ねぶた師の北村隆さんの家庭に生まれます。 北村麻子さんの父親でもあり、ねぶた師でもある北村隆さんは、数々の功績を残すねぶた師の第一人者ですが、のちに北村麻子さんの師匠にもなります。 北村麻子さんは高校卒業後、 19歳で巫女として働き、 20歳でアパレルの店員に。 23歳でサービス業の仕事に。 27歳でOLに。 北村麻子さんは、色々と仕事をしてきましたが、どこか満たされていない自分があったそうですね。 社会に出たら誰でも悩むことに悩んでいたようです。 スポンサーリンク 北村麻子のねぶた師のきっかけ 北村麻子さんの父親の北村隆さんは、6代目のねぶた師の名人です。 企業からねぶた名人の元に3体くらいのねぶたの製作依頼があったそうですが、時代とともに不景気で製作依頼が1体に減った時があったそうです。 当時の生活は苦しくなっていたようですね。 北村麻子さんは、どん底の状態の時にの父・北村隆さんが作った作品に『強さ』を感じます。 ちょうどその時に、北村麻子さんも当時仕事でいろいろ悩み始めていたころでした。 そこで 「父のねぶたを終わらせてはいけない」と思ったそうです。 それまでは、そもそも女の人が ねぶた師になれるという認識がなかったそうです。 2007年、北村麻子さんの父・北村隆さんが製作した作品はこちらです。 ・ねぶた大賞 ・最優秀製作者賞 これに感銘、感動した北村麻子さんは、ねぶた師を志すきっかけになったそうです。 北村麻子のねぶた師の作品と実力 女性初のねぶた師北村麻子さんは、プロフィールでもご紹介したように一般的に10年かかるところ4年でねぶた師になりました。 これだけでも、北村麻子さんのねぶた師への情熱が伝わってきますよね。 そんな北村麻子さんのねぶた師の実力となる、ねぶた下絵作品と実際の作品を見てみましょう。 nebuta. ねぶたは、「平将門の乱」を表現しています。 平将門が朝廷に反旗を翻し、関東一円を手中に収め自らを「新皇」と名乗った出来事ですよね。 「執金剛神(しゅうこんごうじん、しっこんごうじん)」とは、金剛杵(こんごうしょ)という法具を手に持って仏法を守護する神のことです。 その執金剛神が大蜂になって戦場に向かって、平将門を刺して乱を平定したとい言われています。 中央には大きな蜂がいますよね。 ak-nebuta. 道士であり、妖術を操る公孫勝は、龍を呼びだす事ができたので、あだ名は入雲龍と呼ばれていました。 ねぶたは、「風よ吹け!嵐よいかれ!龍よ出でよ!」と公孫勝 こうそしょう が剣を抜き、呪文を唱え「応龍 おうりゅう 」を龍を呼び出し操っている場面です。 このようにたくさんの作品について受賞している北村麻子さんは次のように語っていました。 あまり「自分らしさを出そう、人と違うものをつくろうと」思っていると、どこか作品にいやらしさが出てきます。 「自然に自分がつくりたいものをつくる」それが結果的に個性を出す一番の方法だと思っています。 ねぶた大賞を獲るような一流のねぶた師になりたい、絶対になろうと思っています。 スポンサーリンク 北村麻子の結婚と妊娠 北村麻子さんは、すでに結婚していました。 2012年に年下男性と結婚、2015年10月に第1子長女を出産。 産後2か月ほどで復帰したそうです。 ねぶた師という職人には育休なんてないですもんね。 大変だから、娘がねぶた師になってほしいとは思わないけれど、ねぶたは好きになってほしいと言っていました。 北村麻子の年収 一般的に、ねぶた師は地元企業や学校などの団体から依頼を受けてねぶたを製作します。 1団体のねぶた製作披露までに 数千万円の費用をかけて依頼してくるそうです。 ねぶた師は企業の顔ともいうべき作品を作らなくてはいけませんね。 そこから人件費や必要経費を差し引くそうですね。 そこからねぶた師には、 300万円~500万円もらうそうです。 企業も宣伝のために、腕のいいねぶた職人に依頼した方が目立つし広告につながるので、実力のあるねぶた師を選ぶと思います。 依頼が多ければ多いほど年収はアップするということですね! 売れっ子や名人だとねぶた師の1体の相場も上がるでしょうね。 北村麻子さんは話題性もあって、受賞作品とる実力があるので、相場は高いかもしれませんね。 年収は500万くらいでしょうか。 スポンサーリンク ねぶた師や弟子になるには これまで、ねぶたや北村麻子さんについてご紹介してきました。 ここで、ねぶた師になりたい!弟子になりたい!という方のために、調べてみました。 北村麻子さんが弟子やお手伝いのスタッフを募集しています。 期間限定もありますが、中学生以上で情熱のある方・興味のある人は問合せをしてみてはいかがでしょうか。 (北村麻子さんのホームページに飛びます) ねぶたグッズ ねぶたと言えば、「青森」。 青森と言えば、「りんご」。 というように、 ・「青森」も「りんご」も楽しみたい! ・今年の「ねぶた」を見損ねた・・・! このような方には、ねぶたグッズをご紹介します。 ねぶたもリンゴも青森もすべて楽しめますよ。

次の