フォッカチオ。 フォッカチオ3種だよぉ

フォカッチャ(フォッカチオ) by ぴぃたろう 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

フォッカチオ

ファミレスがアルコールを安く提供し出したことで、安く気軽に飲めるお店として注目されるようになったわけです。 なかでも、よく話題になるのが 「サイゼリヤ」のコスパの素晴らしさ。 もともと非常にコストパフォーマンスの高いイタリアンレストランとして知られる「サイゼリヤ」ですが、ワインの安さは、ちょっと驚くレベル。 だって、グラスワインが1杯100円、500ミリリットルのデカンタが399円、1. 5リットルのマグナムボトルが1,080円ですよ。 安いなんてもんじゃないですよ。 実は先日、の安くて美味い飲み屋さんを飲み歩いてきて、その安さにびっくりして来たわけですが、「サイゼリヤ」はそれ以上のコストパフォーマンス力を持っているのです。 そんな話をしていたんですが、じゃあ、本当に「サイゼリヤ」で本当に1,000円でいい感じに酔っぱらえるのか試してみようということになりました。 1人1,000円以内という取り決めでの飲み会です。 1,000円でどんな組み合わせで行くのか、ここに 酒飲みとしての経験とセンスがにじみ出てくるわけです。 負けられない戦いがここにある! 参加者は、元ワイン雑誌編集長のモギ氏、神保町の特殊古書店・マニタ書房店主のとみさわ昭仁氏、カメラ係で写真には写っていませんが、『メシ通』編集のM氏、そして僕の4人です。 まず 問題となるのは、酒と料理のバランス。 せんべろと言う以上、ワイン一杯というわけにはいきません。 ちゃんと酔っぱらえる程度の酒量は欲しい。 料理にしても、つまみがひと皿だけなんて、寂しすぎる。 あくまでも、たっぷり飲んで、たっぷり食べたい。 しかも1人1,000円以内で。 そんな無茶な望みを聞いてくれるのが、「サイゼリヤ」ですよ。 ね、そうですよ。 「本当だったら、フルボトルを頼んでみんなで分けるのがお得なんだけど、それだけで1,080円いっちゃうからなぁ」 「そうか、サイゼリアって、基本的にワインとビールとサワーしかないのか。 焼酎があれば、ドリンクバーと組み合わせる手があったんだけど」 スマートフォンの電卓アプリ片手にメニューを見ながら組み合わせを考えます。 真剣です。 なにしろ手練の飲み手ばかりですから、下手なセレクトをすると笑われてしまいます。 ここはひとつ、みんなをうならせるような鋭い組み合わせを編み出したい。 「実はおれ、この間、近所の『サイゼリヤ』で1人で予行練習してきたんだよね」 とみさわさんがそんなことを言い出します。 うわ、この人、やる気だ。 さて、それではそれぞれのデッキを見てみましょう。 まずは、モギさん。 彼は僕の駅弁大会の師匠であり(長くなるので詳細は省略)、某ワイン雑誌の編集長でもあった人です。 従ってワインにはうるさいです。 ワイン以外にもうるさいです。 僕の心の中では、『めしばな刑事タチバナ』と重なることがよくあります。 メインの料理は、 たっぷり野菜のミネストローネ(299円)。 そこに フォッカチオ(119円)と、 プチフォッカチオ(139円)。 ワインは 250ミリリットルのデカンタを赤と白の両方で、各200円。 合計957円! フォッカチオとワインのダブル使いに老練なテクニックを感じますね。 フォッカチオはミネストローネにつけてもよし、テーブルに常備のオリーブオイル(に食塩も)につけてもよし。 「はっきり言って、 フォッカチオだけでワイン、いくらでもいけちゃうからね」 ワインのデカンタは250ミリリットル2本と、500ミリリットル1本は1円しか違わないというところに目をつけての赤白2本セレクトというのも、さすがです。 ここで、飲み方がグッと広がりますからね。 続いては、とみさわ昭仁さん。 自分の目で選んだ変な本しか置いていないという特殊な古書店・マニタ書房の店主にして、ライターでコレクター。 自身のコレクター遍歴を綴った『無限の本棚』(アスペクト刊)が好評発売中。 この人も、飲み屋さんにはめっぽううるさい人です。 そしてこだわりの人です。 メインの料理は「サイゼリヤ」の名物とも言える エスカルゴ(399円)。 そこに キャベツとアンチョビのソテー(199円)。 そして ペコリーノ粉チーズ(69円)。 ワインは 赤の250ミリリットルデカンタ(200円)と 白のグラスワイン(100円)。 合計967円。 やはり気になるのが、羊の乳から作られるというペコリーノ粉チーズの追加。 粉チーズならテーブルに備え付けのが無料であるのに……。 「そう思うでしょ、ふふふ」 とみさわさんは、そう不敵に笑うと、やって来たエスカルゴをひとつ食べると、 その穴にペコリーノ粉チーズを投入! エスカルゴが入ったままの穴にも投入! エスカルゴの入った容器は熱せられているので、粉チーズが溶けて固まり、これはこれで一品のつまみとなるわけです。 なるほど、それで無料の粉チーズではなく、味わい深いペコリーノを注文したというわけですか。 やるなー! では、『メシ通』編集のM君のデッキを見てみましょうか。 最初は今日は撮影だけで参加するつもりはなかったということですが、どうせなら人数が多い方が楽しいからと急遽参戦させちゃいました。 メインの料理は、 若鶏のグリル ディアボラ風(499円)。 そこに フォッカチオ(119円)に 白のデカンタ500ミリリットル(399円)で合計1,017円。 なんというか、あまり面白みのない組み合わせですね。 しかも17円オーバーしちゃってるじゃないですか。 これはやはりメインに499円もかけちゃってるのがよくなかったのでは? (いや、499円って十分安いんですけどね)。 「いや、でも、僕、『サイゼリヤ』ではこの若鶏のグリル ディアボラ風が一番美味しいと思ってるんですよ! 他じゃダメなんです!」 そうですか。 そこまで思い入れがあるんじゃ、他人が口を挟むのは野暮というものですね。 でも17円オーバーってのは、失格ですよ。 「 若鶏のグリルをフォッカチオで挟むと、たまらなく美味しいんですよー」とM君。 ま、幸せそうだから、あまり追及するのは止めておきましょう。 さてさて、それでは僕のデッキも公開いたしましょう。 メインの料理はランチメニューから スパイシートマトのハンバーグ・ サラダ、スープ、パン付き(500円)に ランチドリンクバー(110円)。 そして掟破りの グラッパ(379円)の合計989円。 え、ワインじゃなくて、グラッパ? だいたいグラッパって何? という人も多いと思いますので、説明しておくと、グラッパとはイタリアの蒸留酒でぶどうの搾りかすを発酵させたブランデーの一種。 イタリアでは食後酒として飲まれることが多いんですが、僕はあえてこれをメインに据えてみました。 その理由はアルコール度数の高さ。 なんと40度です。 いや、 ファミレス飲みの重要ポイントとして、ドリンクバーの活用というものがあるんですね。 焼酎のボトルなどを注文し、それをドリンクバーのドリンクで割ると、たいへん割安なわけです。 しかし、『サイゼリヤ』には焼酎は置いていない。 じゃあ、なにか強いお酒がないかなとメニューをひっくり返して見つけたのが、このグラッパ。 30ミリリットルだけど、これだけ度数が高ければ、割ればかなり飲める。 そしてランチメニューを頼むと通常280円のドリングバーが110円になるんですね。 しかもランチならサラダもスープもパンも付く。 うん、これはお得だ。 完璧なデッキだ! というわけで、それぞれ自分の注文したメニューで飲み始めます。 僕もドリンクバーに行って、グラスに炭酸と氷を入れてきます。 味のついていない炭酸があるのは、うれしいですね。 これでグラッパを割って……。 ……うん、 グラッパって、ちょっとクセがあるんですよね。 独特の香りと苦味というか……。 これはこれで悪くはないけれど、うーん、ちょっと飽きるかも。 あと、食後酒だけあって、料理と合わせるには、少々アクの強い味かも……。 いや、悪くはないんですけどね。 みんなが飲んでるワインがうらやましい(笑)。 トニックウォーターとか烏龍茶とかでも割ってみたんですが、味がぶつかっちゃって、あまりよろしくない。 ああ、ここに焼酎かウォッカがあればなぁ……。 イタリアンレストランなんだから、それは無理な希望ですよね。 でも、250ミリリットルのデカンタでワインを頼んで、炭酸で割っていくという手もあったかな、なんてことも考えました。 それはそれとして、サラダをパンに挟むと おつまみ力がグーンとアップ。 パンはオリーブオイルをつけても美味しいし、もっとたくさん食べたいくらいだな。 いくらでも欲しいな、パン。 もしくはフォッカチオ。 ……おじさんたち、楽しそうですよね。 さて、お会計です。 4人で合計3,930円。 M君が17円オーバーしたけれど(しつこい)、無事4,000円以内に収まりました。 飲兵衛ばかりのメンバーなので、正直、もうちょっと飲みたいな、という酔い具合なのでベロベロとまでは行きませんでしたが、1,000円で十分に楽しめたことは間違いありませんし、実際はマグナムボトルをみんなで頼むなどすれば、もっと安くたくさんワインが飲めるわけです。 でも、こういうゲーム性をもたせた飲み会というのも、たまには楽しいんですよね。 実は、以前にも「某コンビニで1人1,000円の予算で買ってくる飲み会」というのをやって、大変楽しかったんですよね。 さて、次はどんな1,000円飲み会をやろうかな。 お店情報 サイゼリヤ 日本橋浜町店 住所:都中央区日本橋浜町3-21-1 日本橋浜町Fタワープラザ2F 電話番号:03-5651-1251 営業時間:11:00~0:00、夜10時以降入店可、日曜日営業 ウェブサイト:.

次の

フォカッチャ(フォッカチオ) by ぴぃたろう 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

フォッカチオ

サイゼリヤで食事をする際にほぼ必ず頼む「フォッカチオ」 サイゼリヤの「フォッカチオ」をさらに美味しく食べる方法をご存知ですか? オリーブオイルと塩を準備するだけで、最高の瞬間が楽しめます。 奥さんが息子くんと共に名古屋の実家に帰っていて、2週間ほど一人暮らしになるということで夕食をどうしようかと思案しております。 だいたい外食になってしまうのですが、そんな時の強い味方がサイゼリヤ。 四国地方にはまだ出店されていないのですが、日本各地に広がっているみなさんおなじみのイタリアンレストランです。 パスタにサラダにセットのプチフォッカ(フォッカチオ)を付けて、晩酌にビールをジョッキ一杯飲んでで1200円くらい。 ちょっと贅沢しましたが、それでも安い。 サラリーマンの懐に大変優しいサイゼリヤさんです。 以前、お仕事の関係でサイゼリヤさんの本社にお伺いしたことがあっていろいろお話を聞いたことがあるのですが、その時に聞いたのは、安さと品質を保つために様々な企業努力をされているという話。 野菜を例に挙げると、直営農場を持っていてそこで野菜を収穫したら鮮度を保つために加工から店舗での提供までずっと気温4度の環境で管理しているとか、レタスなどの野菜の品種改良を続けて理想の野菜と作っているとか。 輸入する食材は少しでも安く品質の高いものを提供するために、バイヤーは日々海外に行って調査しているとか。 小エビのサラダに使われているエビは確か北極海で採れたエビを輸入していると聞いたことがあります。 こういう話を聞くと応援したくなるし、好きになっちゃいますよね。 それ以降サイゼリヤによく行くようになりました。 関係者の方に教えてもらった「フォッカチオの美味しい食べ方」 そんな仕事の話の時に、サイゼリヤの関係者の方から「美味しい食べ方」をいくつか教わったのですが、その中でもとびきり美味しいのがフォッカチオの美味しい食べ方。 今回は食事にセットで付けられる「セットプチフォッカ」でご紹介します。 ちなみにセットプチフォッカは税込み79円!安くて美味しいのだ! フォッカチオを食べる前に、小皿とオリーブオイル、塩を用意します。 サイゼリヤでは店員さんにお願いするとオリーブオイルを出してもらえるんですよね。 お店によってはドリンクバーの片隅に置いてあったりします。 塩はテーブルに常備されている場合もありますが、なければ店員さんにお願いすれば出してもらえます。 小皿にオリーブオイルを出します。 オリーブオイルに塩を振ります。 フォッカチオをそのオリーブオイルにつけていただきます。 はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(恍惚) 美味しい。 絶対美味しい。 ブログを書くようになってから初めてフォント芸に手を出しましたが、それくらい美味しい。 オリーブオイルも美味い サイゼリヤのオリーブオイルはイタリア産のオリーブを使ったエキストラバージンオリーブオイル。 サイゼリヤはmira sud社という100年以上の歴史を誇るイタリア老舗のオリーブオイルメーカーと提携して輸入しています。 味はオリーブの強い香りとスパイシーな味わいで、オリーブオイル単体でも十分味わい深いのですが、塩を少し振ることでスパイシーさを際立たせて、それがフォッカチオの甘みとよく絡むんです。 噛むとフォッカチオに染み込んだオリーブオイルの風味がじゅわっと広がって・・・あぁ至福。 はぁ、書いていてお腹が空いてきました。 それくらい美味しいので、サイゼリヤに行ったときはほぼ100%注文して食べています。 ちなみにオリーブオイルはサイゼリヤの店舗で購入することができます。 500mlで税込み842円とかなりお買い得です。 イタリアで購入すると数千円はするという代物。 サイゼリヤがメーカーと直接提携して大量に輸入するから実現できる価格だとか。 何度か買って自宅で使いましたが、美味しいんですよ。 ドレッシング代わりに使ってもいいし、調理に使ってもいいし。 かなりハイクオリディなオリーブオイルです。 サイゼリヤのフォッカチオとオリーブオイルのマリアージュで幸せになりましょう フォッカチオは119円。 オリーブオイルと塩は無料で使わせてもらえます。 100円ちょっとで味わえる至福のひととき。 サイゼリヤにおけるフォッカチオ+オリーブオイル+塩は幸せの方程式なのです。

次の

フォカッチャ(フォッカチオ)など冷凍パン、生地・ペーストなどイタリアン食材の通販・販売です

フォッカチオ

切る前のフォカッチャ フォカッチャ(Focaccia)とはの平たいである。 解説 [編集 ] やで味をつけ、そのまま食べるか、ハムやや、をはさんでとして食べる事も多く、ピザの原型でもある。 前菜の更に前に出されるおつまみとして、また、料理のつけあわせや、パンと一緒に出されることもある。 の、地方のものが特に有名で、所によっては家族のお祝いごとに普段料理をしない父親が作って提供する習わしがある。 、食物油、、、菌などを原料とした生地をか手で厚く押し延ばし、で焼き上げる。 完全に焼きあがる前のパン生地の表面の一部が膨らんで泡状になってしまうこともあるので、その場合はなどでを抜く。 日本でも各種のカジュアルレストランやパン店などでよく見かけるようになってきているが、なかにはオリーブ油以外の油脂や、乳製品、各種添加物などを用い、本場とはやや異なる風味になっているようなものもある。 なお、いわゆるでは、、などで類似の商品を提供しているが、サイゼリヤでは「フォッカチオ」と呼んでいる。 関連項目 [編集 ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の