くるり リ メンバー ミー。 リメンバー・ミー主題歌の日本語歌詞の意味内容は?CD発売日はいつ?

くるりの人気曲ランキングTOP10!絶対に知って欲しい10曲をご紹介!

くるり リ メンバー ミー

リメンバー・ミーの筋書き 12歳のメキシコ人少年ミゲルはメキシコ史上最高のミュージシャン、エルネスト・デ・ラ・クルスのようになりたいという夢を抱いていた。 しかしミゲルの家系は代々楽器を弾くことを禁じられていた。 というのも曽祖母ママ・ココの父親は音楽に狂い家族を見捨てた過去があるからだ。 メキシコ人にとって家族は一番の宝物。 それを捨てるような魔力のある音楽は家族にとって呪いでしかなかった。 家族や友人達が集い故人を偲ぶ「死者の日」、各家庭では祭壇に先祖の写真を祭り、先祖に最大の敬意を捧げる。 そんな中、サンタ・セシリアの広場では音楽コンテストが行われようとしていた。 ミゲルは自分の夢を叶えるために家族の反対を押し切ってコンテストに参加することにする。 しかし肝心なギターを祖母に壊されてしまい、誰からも借りることができず、仕方なくエルネスト・デ・ラ・クルスの墓に祭られたギターを拝借しようとする。 ところがギターに触れた瞬間、ミゲルは死者の世界へと誘われ、死者の姿が見えるようになり、逆にこの世の人たちからは気づかれない存在となってしまう。 死者の国でミゲルはママココのお母さんであるママ・イメルダなど先祖の人たちと遭遇する。 そこでミゲルはこの世に戻るには日の出までに彼の家族の祈りを受けなければならないことを知る。 ママ・イメルダはミゲルに祈りを捧げようとするが、それにはミゲルが音楽を諦めることが条件だった。 しかし音楽だけはどうしても捨てられないミゲルはこれに拒否し、先祖たちのもとから逃げ、エルネスト・デ・ラ・クルスを探すことに。 ママ・ココとママ・イメルダが映っている写真にはエルネスト・デ・ラ・クルスのギターが一緒に映っており、彼こそが自分の曽祖父だとミゲルは確信していた。 先祖から逃れたミゲルは途中、ガイコツのヘクターと出会う。 へクターは自分の写真を祭壇に飾ってくれる家族がおらず、死者の国へ密入国し、辺りをさまよっていた。 そんなときにミゲルと出会い、彼なら自分の写真をこの世にいる家族に渡してくれるのではないかと思い、ミゲルと一緒に行動することにすることにしたのだ。 ヘクターはエルネスト・デ・ラ・クルスの居場所を知っていた。 エルネスト・デ・ラ・クルスは死者の国で一番高いタワーでパーティーを開催していた。 ミゲルは、他のミュージシャンに紛れてタワーに進入すると、得意のギターを奏で、エルネスト・デ・ラ・クルスの注意を引いた。 エルネスト・デ・ラ・クルスはすっかりミゲルのことを気に入り、ミゲルも彼から祈りを受けてこの世に戻れると信じた。 そのとき二人の間にヘクターが割って入った。 実はヘクターもまたミュージシャンで、エルネスト・デ・ラ・クルスの曲は全てヘクターが書いたものだったことが分かる。 生前、家族に会いたくてエルネスト・デ・ラ・クルスとのコンビを解消しようとしたヘクターはエルネスト・デ・ラ・クルスから毒を飲まされ、命を落としていた。 そのことを知ったミゲルはエルネスト・デ・ラ・クルスは自分が思っていたような尊敬に値する人物ではなかったことに気づく。 真実を知られてしまったエルネスト・デ・ラ・クルスはヘクターの写真を奪い、へクターとミゲルを闇の底へと突き落としてしまう。 そこでヘクターは自分の娘に自分のことを思い出してもらいたかったことをミゲルに打ち明ける。 その娘とは他でもないココのことだった。 そう、ヘクターこそがミゲルの曽祖父(ひいひいおじいちゃん)だったのだ。 ちょうどそのとき、上のほうで犬の鳴き声が聞こえた。 ダンテが臭いをかぎつけて救出にやってきたのだ。 ダンテの後ろからママ・イメルダも現れる。 ヘクターは自分の妻であるイメルダと久しぶりに再会した。 イメルダはヘクターが家族を捨てたのだとばかり思い込んでいた。 日の出までに娘のココに自分のことを思い出してもらわなければヘクターは消えてなくなることにおなる。 イメルダは急いでミゲルをこの世に戻そうと祈りを捧げた。 この世に戻ったミゲルはママ・ココの下に走り、彼女の前でギターの弾き語りを聞かせた。 それによってココの記憶が蘇り、ママ・ココは父親のことを思い出すのだった。 ママ・ココは引き出しから、一枚の写真を取り出す。 そこには祭壇に祭られていた写真の欠片があった。 写真にはしっかりとヘクターの顔が映っていた。 一年後、ミゲルの家族の祭壇には写真が増えていた。 亡くなったママ・ココの写真が祭られるようになり、ミゲルは生まれたばかりの妹にママ・ココを紹介していた。 サンタ・セシリアではもう誰もエルネスト・デ・ラ・クルスを尊敬する人はいなくなっていた。 その代わりヘクターの功績が称えられるようになった。 死者の日、ミゲルは彼の家族のためにギターを弾き、歌を歌うのだった。 リメンバー・ミーの元ネタは? 「リメンバー・ミー」はメキシコをはじめラテンアメリカ諸国で祝う「死者の日」にまつわる話からインスパイアされている。 「死者の日」は日本でいうところのお盆に近い祝日で、家族や友人同士が集って故人を思う日のこと。 国によって祝い方が違うが、その日に家族でお墓参りをする人も少なくない。 メキシコでは昔、祖先の骸骨を飾る習慣があったことから、この映画でも骸骨がキーポイントとなっているのだ。 ちなみに骸骨は死と生まれ変わりの象徴とされている。 「リメンバー・ミー」はまさに生と死の世界をつなげるストーリーなのだ。 >> >> >> >> >> >> >>.

次の

リメンバー・ミーの主題歌歌詞和訳Remember Me

くるり リ メンバー ミー

1、ミゲル・リヴェラ/石橋陽彩(いしばしひいろ) 本作の主人公といえば天才ギター少年のミゲル。 曽祖父(ひいひいお爺ちゃん)がミュージシャンで彼の血を引いたのか、人前でパフォーマンスをしたことがないにも関わらず、独学でギターを習得した才能の持ち主。 しかしながらひいひいお爺ちゃんがかつて家族を捨てたことから、お婆さんをはじめ、家族全員から音楽には関わるなと強く禁止されている不運な状況に立たされており、音楽かそれとも家族のどちらを取るか、ミゲルは究極の選択に迫られる。 そんなミゲルの声を日本語吹き替え版で担当するのは、若干13歳の石橋陽彩(いしばしひいろ)君。 4歳から歌とダンスを始めた音楽界の超エリート。 テレビ番組「『sing! sing! sing! VTSの写真をもらいました。 なにかとすぐに嘘をつく癖があり、死者の国の入国審査のときには女装したりもする怪しい存在。 ヘクターは人間の世界にいる家族に忘れ去られそうになっており、日の出までに家族に思い出してもらえなければ死者の国からも消えていなくなってしまう危機に立たされている。 そんな中、ミゲルと出会い、彼に自分の写真を託し、家族に渡してもらおうとする。 果たして二人の運命は。 ヘクターの吹き替え声優は俳優の藤木直人に決定。 藤木直人といえばドラマ、映画、バラエティなど多方面で大活躍の人気タレント。 果たして藤木直人がディズニーの世界でどんなキャラタクーを創り上げるのかに注目。 3、エルネスト・デラクルス/橋本さとし メキシコの音楽史上最も成功を収めたミュージシャンといえばエルネスト・デラクルス。 国民を思わずうっとりさせる歌声の持ち主で、映画スターでもある。 そんな彼はパフォーマンス中、大きなベルが頭に落ちてきてこの世から去り、以後伝説的な存在としてサンタクルスをはじめ、メキシコ中で愛され続けている。 ヘッドがガイコツのデザインになっている白いギターを弾くことから、ミゲルのひいひいおじいちゃんではないかとミゲルは信じて込んでいる。 そんなエルネスト・デラクルスの吹き替え声優には俳優の橋本さとしが抜擢されている。 また、餓狼伝説シリーズ、ザ・キング・オブ・ファイターズシリーズ、SNK VS. CAPCOM SVC CHAOSなどのゲームキャラタクーとしての声の仕事もこなしている。 声優としてはアニメ「トランスフォーマー カーロボット」、「The King of Fighters: Another Day」に参加。 ディズニー映画は本作が初めてとなる。 4、ママ・イメルダ/松雪泰子 ママ・ココの母親であり、ミゲルのひいひいお婆ちゃんに当るのがママ・イメルダ。 すでに亡くなっており、死者の国でミゲルと偶然に遭遇する。 夫が音楽のツアーに出かけたきり、二度と家に帰らず、家族を捨てたと思い込み、強い恨みを抱えている。 それ以来、娘を一人で育て、靴職人としてリヴェラ家を支えてきた肝っ玉お母さんだ。 そんなママ・イメルダの吹き替え声優は女優の松雪泰子が担当。 松雪泰子といえば日本アカデミー賞優秀主演女優賞を獲得したこともある、いわずと知れた実力派人気女優。 代表作には「フラガール」、「デトロイト・メタル・シティ」、「容疑者Xの献身」などがある。 洋画「ボーン・レガシー」では吹き替えにも挑戦したこともあり、本作ではディズニーアニメデビューとなる。 5、エンリケ・リヴェラ/横山だいすけ 靴職人であり、ミゲルの父親といえばエンリケ・リヴェラ。 口ヒゲを生やし、濃いまゆげが特徴で彼もまた音楽には反対でミゲルには靴職人の道を進んでもらおうとと願っている人物の一人。 そんなエンリケ・リヴェラの日本語吹き替え版にはタレントの横山だいすけが抜擢されている。 横山だいすけはNHK番組「おかあさんといっしょ」のうたのおにいさんとして知られ、歌手、俳優としても活動中。 声優は「トムとジェリー 夢のチョコレート工場」で経験済みだが、ディズニー映画の出演はこれが初となる。 6、ルイサ・リヴェラ/恒松あゆみ(つねまつ あゆみ) ミゲルのママであり、エンリケの妻がこのルイサ・リヴェラ。 リヴェラ一家の中でも特に優しく、甘い性格の持ち主で、ミゲルの良き母親。 ラストにはルイサをめぐって素敵なサプライズもある。 そんなルイサ・リヴェラを日本語吹き替え版で演じるのは、声優の恒松あゆみ。 国内外問わず、アニメの吹き替えを精力的にこなし、話題作にも多数出演。 ディズニーアニメはこれまで「ガーゴイルズ」、「ティンカー・ベルと月の石」、「ヘラクレス」などに出演経験がある。 7、フリーダ・カーロ/渡辺直美 本作で何度も登場する、眉毛のつながった画家といえばフリーダ・カーロ。 メキシコで実在した世界的有名な画家で、彼女の作品はいまもなお多大な影響を及ぼしているほど。 物語に登場するのはスケルトンのフリーダ・カーロで、ピクサーが粋な計らいで偉大な画家に敬意を示す形となった。 そんな画家を日本語吹き替え版で演じるのは、大人気女芸人の渡辺直美。 ビヨンセの物真似で一世を風靡したのは周知の通り。 今や日本を代表する国際的なインフルエンサーとして、世界中で活躍している渡辺直美がついにディズニー映画に出演する。 リヴェラ家の最年長にして優しく、温厚な性格の持ち主。 高齢のためほとんど口を聞かず、記憶を失いかけている。 コミュニケーションはほとんど取れないが、それでもミゲルからは慕われている。 ママ・ココを日本語吹き替え版で演じるのはベテラン女優の大方斐紗子。 女優としてはテレビドラマや映画など数々の作品に出演。 アニメの吹き替えは「母をたずねて三千里」のナターリア役が有名だ。 9、マリアッチ/大抜卓人(おおぬき たくと) ミゲルがサンタ・セシリアの広場で靴磨きをするマリアッチの格好をしたミュージシャンは名前はないものの、ミゲルに音楽の道を進むようにアドバイスする重要な役柄。 ミゲルが音楽コンテストに出場しようと思ったのも彼のアドバイスを聞いたからだ。 しかしながらミゲルのお婆ちゃんが現れ、ミュージシャンの彼も一緒に怒られてしまうという不運の持ち主だ。 そんなミュージシャンを日本語吹き替え版で演じるのがラジオDJとして活動する大抜卓。 ラジオ番組に多数出演していることからも分かるように、聞きやすいよく通る声は文句なし。 その声が声優としてどんなふうにいかされるに注目したい。 今週の のテーマは「802 FALL」🍂今日は「POPS MIX」でお届けしました🆗楽曲の一部は、Spotifyで聞くことが出来ますよ〜😌👉 — TACTY IN THE MORNING TACTYfm802 10、女性ミュージシャン/高柳明音(たかやなぎ あかね) ミゲルが死者の日にサンタ・セシリアの広場で話しかける女性ミュージシャンの声を演じるのは、SKE48のメンバー高柳明音。 セリフは短く、登場時間も一瞬だが、アイドルファンにはたまらない脇役だろう。 音楽をとにかく嫌い、ミゲルがギターに触れるだけで激怒するほどのガミガミキャラ。 それもそのはずアブエリータ・エレナのお母さんママ・ココの父親は音楽のために家族を捨てて失踪しているからだ。 ミゲルだけじゃなく、外から聞こえてくる音楽も決して許さず、知らない村人を怒鳴りつけてはおっぱらってしまう怖い存在。 アブエリータ・エレナの吹き替え声優を演じるのは声優兼女優の磯辺万沙子。 夢のコラボから生まれた奇跡の曲はオリジナルに勝るとも劣らないクオリティーだ。 >> 関連記事 >> >> >> >> >> >> >>.

次の

リメンバー・ミー : 作品情報

くるり リ メンバー ミー

[, ] remember... …を鮮明に[生き生きと,はっきりと]覚えている• remember• 詩を暗記する[している]• I remember. 彼女のことはよく覚えている• remember? 彼が何て言ったか覚えていますか• I remember flowers. 花に水をやった覚えがある• Remember flowers. 忘れずに花に水をやるように [コーパス]remember to do vs. 1a 自物事を覚えている,記憶している• Remember. 主に英形式 ご家族の皆様にどうぞよろしく• [asked] remembered. be remembered as [for doing ] A• A(役割・行為など)で名を残す,有名である.

次の