テニス スライスサーブ。 スライスサーブのスローモーション:後方からの映像:テニス初級・中級者のためのテニスレッスン動画集

トップスライスサーブでセカンドサーブを100%入れる!【動画有】

テニス スライスサーブ

この方法では、 低い打点からフォアハンドスライスに近い形で 下回転をかけて打つ所から、 徐々に打点を高くしていく事でスライスサーブのコツをつかんでいきます。 フォアハンドスライスが打てない方は、そちらの練習を先にしてみてください。 実際にボールを打っていく前に、腕を直角に曲げた状態で、肘から先を時計回りに動かすと、自然と手の平が下を向いていき、反時計回りに動かすと手の平が上を向いていくことを確認します。 (当サイトで言うところの「見かけ上の回内、回外動作」になります。 ) 手の平がずっと上を向いて動かない場合、手を固定するために余計な力が入ってしまっていますので、腕をリラックスさせるようにしてみてください。 自然と手が回転する動きが確認出来たら、この動きを使い、下回転をかけてボールを打っていきます。 ラケットの持ち方は、 コンチネンタルかそれ以上薄いグリップで握ります。 上の動画では、コンチネンタルで握っています。 握りは薄いほど回転がかかりやすいです。 コンチネンタルよりも厚いグリップだと強い回転をかけるのが難しくなります。 左利きの方は、横回転が強くかかったスライスサーブが非常に強力な武器となりますので、薄いグリップ(バックイースタン程度)をおススメします。 下回転をできる限り多くかける事を意識してボールを打ってみてください。 ボールの軌道は気にしなくても大丈夫ですので、回転量を多くする事に集中してください。 (この際、サイドスピンがかかってしまっても問題ありません。 ) 本当は手の平が下を向く方向に回転している途中でボールを打つのですが、これだと下回転をかけるイメージが分かりにくいと思います。 ですので、まずは、手を固定した状態でボールを打って、打球後に手の平が回転していくイメージで打ってみてください。 何度もボールを打って余計な力が抜けてくれば、自然と手が回転している所でボールを打てるようになるはずです。 回転を多くかける感覚がつかめてきたら、同じ腕の使い方で、徐々に打点を高くしていきながら、回転をかけボールを打っていきます。 この際、 打点を高くするほどラケットを立てて(地面と垂直に近づけて)いきます。 こうすると徐々にボールの回転方向が変わっていくのが分かると思います。 スライスサーブの打ち方だと、インパクト時のガットの横糸とほぼ平行の向きにボールが回転します。 右利きの場合は、横糸と平行に右方向、左利きの場合は、左方向に回転します。 ですので、ラケットが地面と平行に寝ていると主に下回転がかかります。 ラケットを地面と垂直に立てるにつれ、下回転が減り、横回転の量が増えてくることになります。 ラケットが地面と垂直に立つ位置でほぼ純粋な(トップスピンのほぼない)横回転を打つことができます。 これがスライスサーブの打ち方になります。 しばらく下の方から打点を上げていく練習を繰り返し、強い横回転をかける感覚をつかんでください。 コースは気にせず回転量を多くすることだけに集中してみてください。 なお、純粋な横回転に近い(トップスピンの少ない)スライスサーブを打とうとすると、打点は、フラットサーブと比較し、かなり右の方になり、トスもフラットサーブの時より右の方に上げる必要があります。 理想はフラットサーブと同じトスでスライスサーブも打てることですが、それには、ジャンプし、左右の肩を結んだ肩のラインが傾いた状態で打つ事がほぼ必須になります。 (フラットと同じトスでスライスサーブを打つ方法について詳しくは、別記事で紹介予定です。 ) ジャンプせず、両足が地面に着いた状態で打つ場合は、フラットサーブと同じトスではスライスサーブを打つのは難しいので、最初は、同じ位置にトスをしようとせず、右にトスを上げてください。 横回転をかけるコツがつかめてきたら、低い打点から始めるのをやめ、 高めの打点で横回転をかける練習だけをしていきます。 まずは、コースは気にせず、横回転を多くかけることだけに集中してみてください。 いきなりサービスボックス内に収めようとすると回転をかけるのが難しくなります。 途中で回転がかからなくなってきたら、また 低い打点で下回転をかける練習に戻り、そこから徐々に打点を上げてみてください。 回転をかける感覚を取り戻せるはずです。 横回転がしっかりとかけられるようになってきたら、あとは、ボールをサービスボックス内に入れる練習をしていけば、曲がるスライスサーブをしっかりと打てるようになります。 トップスピンをかけたスライサーブを習得する この方法を応用すれば、トップスピンのかかったスライスサーブ(トップスライスと呼ばれることもあります。 )を打つことも簡単にできるようになります。 やり方は簡単で、横回転だけをかける時よりも、打点を左上にし、 インパクト時のラケットの向きを左に傾けるだけです。 ラケットの横糸と平行の方向がボールの回転方向になりますので、例えばラケットが左に45度ほど傾いていれば、ボールの回転方向が右上に45度傾くことになり、トップスピンと横回転がほぼ同じ量かかる事になります。 もう少し、トップスピンを減らし、横回転を増やしたければ、ラケットをもう少し立てます。 逆にもっとトップスピンを増やしたければラケットを更に寝かせます。 最大限ラケットを寝かせれば、この打ち方でもかなり強いトップスピンをかけることが可能です。 上手く回転がかからなければ、また低い打点で下回転を多くかける練習に戻り、徐々に打点を上げてみるようにしてください。

次の

テニスの勝率がスライスサーブを身につけて大幅UP!超簡単な打ち方をご紹介

テニス スライスサーブ

このページでは、スライスサーブの打ち方とコツを説明します。 スライスサーブはテニス初心者でも練習すれば、比較的簡単に打つことができ、早い段階で習得しておきたいサーブになります。 スピンサーブよりも難易度が低いので、テニス初心者であれば、スライスサーブのほうを先にマスターすることをおすすめします。 スライスサーブとは、ボールの回転で左方向に打球が曲がり、バウンド後もボールは左側へ曲がっていくのが特徴のサーブです。 ボールの回転により、打球がサービスボックスに入りやすいというメリットもあるため、比較的簡単に習得できる割に重要なサービスとも言えるでしょう。 スライスサーブの基本は、フラットサーブと同じですが、トスアップの位置やスイングが異なります。 スピンサーブとも異なるので、違いを意識して練習することが大事です。 スライスサーブの打ち方 スライスサーブの打ち方として覚えておきたいのが、トスアップの位置になります。 身体の右側、やや前方にボールをトスしましょう。 フラットサーブとはトスアップの位置が異なる点に着目してください。 ボールを右斜め前方にトスアップしたら、ボールの右側を叩き切るように打つと、ボールに左回転がかかります。 これがスライスサーブの打ち方です。 ボールのバウンド後は、低い位置から回転によって、さらに左へ曲がっていくので、相手がリターンしにくいという点もスライスサーブの強みです。 スライスサーブのコツ ボールに回転をかける際に、ボールを擦るような感覚ではなく、ボールの斜め横を叩くようにすることが、スライスサーブのコツになります。 ボールの表面を擦るのではなく、ボールをスライスして切るようなイメージです。 スライスサーブの打ち方に慣れないうちは、ボールに回転をかけることに意識を集中させてしまいがちなので、注意が必要です。 スピンサーブと比較して、回転が少なめで、スピードを重視するのがスライスサーブです。 ボールに回転がかかりすぎるようであれば、擦って回転をかけるよりも、ボールの斜め横を弾くような感覚を意識して、スライスサーブの練習するといいでしょう。 また、腕が伸びきった瞬間に手首を小指側に内転させることで、スライスサーブのスピードを上げることができます。 その反面、グリップに伝わる衝撃も大きくなるので、握力を鍛えておく必要があります。 スライスサーブ 最後に スライスサーブでは、ボールのバウンド後も回転方向に弾んでいくため、フォアサイドではコーナー、バックサイドではセンターを狙うと、スライスサーブの威力を発揮しやすいです。 スライスサーブはテニス初心者であっても、再現性が高いので、早い段階で得意にしておけば、効果的に使えるサーブとなります。 また、スライスサーブは、ファーストサーブにもセカンドサーブにも使えるので、ぜひともマスターしておきましょう。 スライスサーブのスピードアップのために、握力を鍛えるのも有効です。 以上、スライスサーブのコツと打ち方についての解説でした。

次の

テニスのスライスサーブに必要なトスの位置と打点

テニス スライスサーブ

〔テニス〕スライスサーブの基本的な打ち方のコツを教えます! スライスサーブの握り方について(グリップ) ・コンチネンタルグリップで持つ 基本的にどのサーブでもそうなんですが、コンチネンタルグリップで持つようにします。 他のサーブ記事にも書いていますが、コンチネンタルグリップは「薄いグリップ」と呼ばれています。 薄いグリップ=コンチネンタルグリップですが、手首の角度がニュートラルな状態で自分からはフレームが見えるような持ち方になっているはずです。 後述しますが、ボールに対してフレームから当てに行くようなスイングなのでグリップの持ち方が違うとスイングが合ってても、本来のスライスサーブにならないことがあります。 注意しましょう! ・回転数を増やすなら更に薄く持つ これはもっと上手くなってからでいい思います。 っが説明しますね。 コンチネンタルグリップよりももっと薄く持った持ち方・・・ フォアハンドストロークを打つグリップの反対側に1~2ミリ(人によっては2~3ミリもいる) の事を言います。 このグリップは更にボールに対してスライスサーブを掛けやすいグリップですが、 スイングスピードがないとそもそもネットを越えないです。 ですので絶対に必要かといわれるとそんなことありませんので サーブで自分の中の新しい扉を開いてみたいと思ったときでいいかなって思います。 スライスサーブの時の足のスタンスについて ・フォアサイド側は両足を12時と6時くらいの関係でセットすればいい 別記事のフラットサーブの説明では11時と7時ぐらいにしてますが、スライスサーブの場合はそれよりも少しだけ身体向きそのものを右周りにしてる感じです。 これは何故かというと、スライスサーブはフラットサーブに比べると打球方向が左寄りに向かっていくからです。 初心者に多いのですが、フラットサーブを覚えてからスライスサーブに取り掛かると 本来狙っているコースよりも左に飛んでいくし、なおかつ当たった打球感が軽い為 間違った打ち方をしてると錯角する方が居ます。 コレに関しては全然間違っているわけじゃなくて、この感覚とスイングをベースに しっかりと入るスライスサーブを作っていくのです。 それの基本としてこのスタンスでたちます。 ・バックサイド側のスライスサーブは両足を2時と8時付近の関係にセットすれば良い 上記のような理由からフラットサーブに比べると、バックサイド側はもっと右周り寄りに足をセットすることになります。 これは相手レシーバーにたいしてかなり横向きになってる状態と言えますね。 初心者の方からするとこんなんでサーブ打てるの?って感覚に陥るかもしれませんが、 感覚と言うのは慣れなのでやっていくうちになれていくでしょう。 スタンスを戻しては駄目ですよ! ・サーブポジションはフォアサイドであれば右端にたつとスライスサーブのメリットを生かせる 右利きの場合、左に逸れていくためポジションを右寄りにたつことによって よりスライスサーブの変化が楽しめます(笑) 一番相手をコート外に追い出すことが出来るショットになりますね。 但し、基本的に右端に立っていいのはダブルスのときだけですので注意しましょう! スライスサーブ時のボールのあげる位置(トスアップ) ・右前よりなら割とどこでもいい(笑) テニスコーチらしからぬ言い回しですが、ここに関しては勘違いしないでくださいネ! あくまでもスライスサーブを難しく感じさせない為です。 スイングの特性上、ボールにスライス回転を与える目的だけで言えば 右寄りにあげれればなんとでもなります。 トスアップが苦手な方、ホッとしましたよね。 きっと!? ・フォアサイド側から左ワイドを狙う場合は前(ネット)よりにあげる スライスサーブの特徴として、左に曲がり逸れていく(右利きの場合)特徴を最大限に活用したパターンとなります。 コースがよければ相手をコートのだいぶ外側に追い出すことが出来るのでシングルスであればオープンコートを作れます。 ダブルスであれば味方の前衛がセンターからストレートにかけてボレーで決めやすい(ストレートに打たれやすいのでケアは必須ですが)です。 ・フォアサイド側からセンターに狙う場合は右(ベースラインに沿うように)にあげる スライスサーブは左に逸れていく特長(右利きサーブです)なのでそれから考えると、 センターに狙っても相手をコート中央に寄せる効果は期待できません。 ここで狙いたい効果は バックハンドで打とうとしてるけど(相手レシーバーは右利き)スライスサーブによって身体に向かって軌道が変化してきてるのでスイングしづらい です! 通常ストロークは身体に近すぎるとスイングが上手く取れずスイング方向が限定されます。 なのでそもそもリターン返球が甘くなりやすいし、味方もボレーしやすくなりますし、 サービスエースを狙うコースではないので次のプレーをしっかりイメージして打ちましょう(基本的にはどのときでも次のプレーは考えますが・・笑) スライスサーブのスイングの方法 ・空中のボールの右側半分だけをラケットスイングして当てるイメージを持つ 基本的にはボールに対してどのようにラケットを当てていくかが大事です。 そのボールへの当て方を意識した結果、腕やラケットが本来のスイングになっていくと僕は考えてます。 ですので上記のコツですでにスライスサーブを打てる方も非常に多いです。 スイングスピードとともにボールの右半分ではなく「3分の1」だったり「4分の1」だったりと繊細に当て方を変えられれば、回転量の調整が出来るようになり ボールに多彩な変化を作れるようになりますので挑戦してみましょう。 ・右側半分がどうしても当てれない場合はラケットフレームでサーブするイメージを持つ 俗にいうフレームショットです。 これをあえて狙うことにより、ボールの半分を触る感覚を養います。 よく注意してほしいのはただフレームに当てるわけではなく、 本来の目的はボールの右半分をとる感覚を得るためです。 なので、ただフレームで当てるだけではなく 「フレームの左端」を意識してスイングしていければベリーグッドでございます。 ・スライスサーブのインパクト時には手首をハンマーの釘打ちのような使い方を意識する 手首に関してです。 高いところの壁にハンマーで釘を打つようなイメージをしましょう。 多くの人は肘の曲げ伸ばしではなく、手首のスナップを使って釘を打つかと思います。 この動きがスライスサーブでもあるといいです。 この手首の柔らかさがあるとラケットが走り、スライスサーブに「キレ」が出てきます! ・スライスサーブは打球前からプロネーションを意識しすぎない 前腕から肘にかけてです。 ラケットスイング前に肘は高く上げるのが全てのサーブの共通ポイントのひとつですが、 フラットサーブの癖で ラケットを振り上げる段階からプロネーション動作(前腕が内側に回る)が行われると ラケットフレーム側からボールを当てきれず回転量が少ないスライスサーブになりがちです。 これは「ボールへの当たりが厚い」と言われるような表現をします。 当たりが厚くて回転量も維持するには相当なスイングスピードが必要になります。 ・インパクト後のフォロースルーでは打球面を左に向ける(右利き) これは賛否両論ですね。 僕は上手く打てるならこれでいいかと思います。 間違いなくスライスサーブの変化量は増えるからです。 通常、サーブのフォロースルーはプロネーション動作(前腕の回し)が行われるとラケット面が右側に向く形になります。 しかし、一つ前のコツでもお伝えしたとおり プロネーション動作を早い段階でしてしまうと、当たりが厚くなりすぎてスライスサーブにならないのです。 なのでスライスサーブのフォロースルー時にラケット面を左に向ける意識をすると高回転のスライスサーブが打てるようになります。 コレで注意しなくてはならないのが、手首を柔らかく使えてるのが前提となります。 手首がガッチガチに硬いままだと上述したとおりラケットが走らないため威力のないスライスサーブになってしまいますので気をつけましょう! 以上です! ご質問あればコメント・DM待ってます! その人に合ったご返答をしますから悩み無用ですー! それではまた次回!.

次の