だからお願い僕のそばにいて。 お願いがあります~悩みと報告~

HY AM11:00 歌詞

だからお願い僕のそばにいて

本当の「そば」について専門店に聞いてきた 近年ではインスタント食品も販売されており、日本全国で知名度を上げつつある「 そば」。 一度は食べたことがあるという方が多いのではないだろうか? しかし、では「そば」がどのような食べ物であるかと問われると、うまく答えられないことに気づく。 名前は知っている、食べたこともある。 しかし、あらためて「そばとは何か?」と聞かれると、自分がそばについて何も知らない、ということに気づかされるのだ。 皆さんのなかにも、心当たりのある方がいるのではないだろうか? 都立川市に、3年前に開店した「 そば食堂 海辺のそば屋」というそば専門店がある。 今回、「海辺のそば屋」を経営する 小村俊介氏に、「そば」について話をうかがうことができた。 小村さん:よろしくお願いします。 正確に言うと、「ソーキそば」は「そば」の種類のひとつなんです。 「そば」には、一般的に豚の「三枚肉」がトッピングとしてのせられていますが、「ソーキそば」は名前のとおりトッピングとして豚の「ソーキ」をのせます。 皮、脂身、肉の三層があるので、「三枚肉」と呼ばれています。 「ソーキ」とは骨付きの豚のバラ肉のことです。 トッピングの豚肉には、確かに皮、脂身、肉の三層がある。 「本ソーキ」の骨は硬く、食べることができませんが、「軟骨ソーキ」は柔らかいので食べることができます。 「海辺のそば屋」では「軟骨ソーキ」を使用しています。 小村さん:そうですね。 なぜ「三枚肉」や「ソーキ」が「そば」のトッピングになっているかについてですが、実は、これは「そば」のルーツが関係しているんです。 実は「そば」のルーツは、中国の「支那そば」から派生した「 唐人そば」だと考えられています。 「 そば発展継承の会」が調査をして、2018年に110年ぶりに再現されました。 ただ、現在の「そば」のスープの色に変化した理由はわかっていないんです。 ちなみに、現在「唐人そば」は県内のいくつかのそば屋さんで提供されていますが、「海辺のそば屋」でも期間限定メニューとして提供しています。 小村さん:そうですね。 「唐人そば」を提供する際のルールは、そば発展継承の会が再現したスープを使っていて、豚肉と青ネギがのっているということだけです。 スープに合わせるダシは自由ですし、提供している店舗によって異なる味になっています。 各店舗の味を食べ比べてみるというのも、面白いと思います。 「そば」は中国の食文化から影響を受けている 小村さん:さて、このように「そば」のルーツは中国の「支那そば」から派生した「唐人そば」であるということからも分かるように、「そば」は中国文化の影響を受けた食べ物なんです。 そして、「三枚肉」や「ソーキ」がトッピングとなっている理由もそれに関係しています。 日本では豚をさばくとき、皮をはいでからさばきますが、中国では皮をはがずにそのままさばくんです。 そのため、皮、脂身、肉の三層になるという訳なんです。 「ソーキ」も中国でよく食べられる食材なんですよ。 これも中国の麺がルーツにあるためです。 小村さん:名前で勘違いされる方が多いんですよね(笑)。 これは「そば」の麺に関する定義ですね。 例えば定義のひとつとして「県内で製造されたもの」というものがあります。 「海辺のそば屋」の麺も製麺協同組合の製麺所から毎日直送してもらっている特注麺を使用しています。 また、「そば」の麺は独特の風味をしていますが、この理由のひとつは、麺に木を燃やした灰を水に浸した上澄みの 「灰汁(あく)」を混ぜ込んでいるためです。 小村さん:それはよかった。 しかし、実際のところ、最近では「そば」もさまざまに変化してきているんです。 例えば「そば」の麺は、もともと冷蔵庫のない時代に保存性を高めようと、ゆでた後に油をまぶしていました。 しかし、実は最近でも生麺の人気が高まってきているんです。 「替玉」(200円)、「半替玉」(100円)もあるので、食べ比べて、違いを味わってみてください。 生麺の方は、なんとなくラーメンを食べているような印象を受けます。 小村さん:おっしゃるとおりです。 実は、現在では「そば」とラーメンの違いはだんだんとなくなってきています。 寒い時期は特に味噌汁とかがあるとうれしいです。 小村さん:実はでは、そのように汁物感覚で「そば」を食べたりするんですよ。 の弁当屋では汁物の代わりに100円の「そば」を販売しているお店もあるんです。 小村さん:そうですか(笑)。 それでしたら、飲んだ後のシメにラーメンを食べたりされることもあるかと思うんですが、の人はそのような感覚で「そば」を食べることは少ないです。 もちろん例外もありますが、の多くのそば屋さんは、夕方くらいで閉店しているお店が多いんですよ。 小村さん:ご存じでしたか(笑)。 実は、私は他にも立川で「 海の家 波音」という料理を提供する居酒屋さんを経営しています。 ちなみに、これは笑い話なのですが、「波音」を利用されるお客様の多くがシメとして「そば」を注文されたということがありました。 でも実は当初「波音」では「そば」を提供していなかったんです。 というのも、「波音」は料理を提供するお店としてではなく、国産ブランド牛を提供するお店として始めたものですから。 そのため、なかには怒ってしまうお客様もいらっしゃいました。 小村さん:そのとおりだと思います。 例えば、旅行で一度「そば」を食べて、あまりおいしくなかったからそれっきり、という方って意外に多いと思うんです。 そういう方々に「 本物のそばって、本当はもっとおいしいんですよ!」ということを伝えたい。 ところが、おいしい「そば」を作るためにはきちんとした設備が必要なんですね。 「波音」の設備では限界がありました。 だから、そば専門店として「海辺のそば屋」を開いたんです。 また、「とをつなげたい」という思いがありました。 「海辺のそば屋」でもおいしい「そば」を提供できるよう努力していますが、そうはいってもで食べる「そば」は特別です。 どう頑張っても勝てないですし、それに、勝とうというつもりもないんです。 「海辺のそば屋」で、「そば」がおいしいということを知ってもらい、そして、に興味を持ってもらいたいんです。 例えば、「海辺のそば屋」の店内はできるだけの雰囲気を味わってもらえるように、いろいろな工夫をしています。 そして、本土にいるの人には、故郷に帰った気分になれる場所。 「海辺のそば屋」は、そのようにとをつなぐ存在になれることを願って始めたお店なんです。 店舗情報 そば食堂 海辺のそば屋 住所:都立川市錦町1-5-25 やまそうビル1F 電話番号:042-595-9184 営業時間:月曜日~土曜日 11:30~22:00 日曜日 11:30~18:00 定休日:無休(年始を除く).

次の

AM11:00 HY 歌詞情報

だからお願い僕のそばにいて

日本で蕎麦が食べられていたのは約400年前 1619年慶長19年である事がわかっています。 では、原料の穀物である「そば」は いつから日本にあり栽培されていたのでしょうか? 日本で見つかっている「そば」で1番古いものは 縄文早期時代の遺跡から発見されたものです。 縄文時代早期とは紀元前7300年 今から約9300年も前の事になります。 発見された遺跡は高知県のもので 「そばの花粉」が見つかりました。 その時日本にそばがあったわけです。 さらに、紀元前7000年の縄文土器からは そばを食べた跡も発見されています。 今から約9000年前にはすでに そばは食べられていた事が分かります。 他にもさいたま市岩槻区の遺跡からそばの種が 発見されています。 縄文時代晩期(紀元前1000~500年)の遺跡です。 お米のもっとも古い発見が約6000年前の 縄文時代前期(紀元前4000年頃)ですので お米よりも古くからそばは日本で食べられていました。 これらの事からかなり古くから 日本人がそばを食べていた事がわかります。 では「そば」はもともと日本にあったのでしょうか? つまり日本でもともと育っていたそばを 誰かが気付いて食べ始めたのか?それとも 日本以外の国から持ち込まれたのでしょうか? いろいろな説があり学者さんが調べているのですが 現在有力なの説は 中国が原産でそこから伝わった という説です。 そばの原産地は中国の江地と呼ばれる3大河が平行して流れる 東チベット、四川省、雲南省の境界領域で栽培されたと 言われています。 そしてそこから日本へ伝わったというのが有力な説です。 中国からの伝達ルートで有力な説は現在3つです。 その中でも原産地が雲南省だと言う事を考えると 朝鮮半島から対馬へのルートがもっとも有力です。 地図で確認すると朝鮮半島から対馬を通って九州地方に 入ってきたと考えられますよね。 伝わって来たと言う事は 誰かが持って海を渡って来たのでしょうか? 9300年も昔の話ですよ!凄くないですか? ここから日本のそばの歴史が始まります。 ただ、お米より3000年も前に伝わったそば も直ぐには食事として発展しませんでした。 その理由として考えられているのが 製粉技術の問題です。 そばの外側には黒い硬い皮があることは でお話しました。 この皮はそれほど厚くないのですが 硬くてなかなか取れないんです。 以前黒い皮がついたままのそば、玄そばを 手に入れる機会がありました。 自分で殻をとってみようとすり鉢でごりごりしたり 叩いてみたり色々試したのですが 結局は 殻つきのまま石臼で挽くのが1番早い! という結論になりました(笑) 固い上に薄いので殻がパカッと割れるわけでもないし 叩いたりすっても結構な力でやらないといけないしで 石臼で挽くのが1番簡単で合理的だと思いました。 現代でそんな感じなので 昔の人はそばの製粉にかなり苦労したのが分かります。 そのせいで、 お米より古くからあるのに 常食品にならなかったのだと思います。 ちなみにお米は棒でつくとお米どうしが擦れて 糠が取れ、精米出来ます。 漫画「はだしのゲン」でも一升瓶にお米を入れて 棒で搗き精米してる様子が書かれています。 米1合なら2時間程度で精米出来るようです。 精米技術が進歩するのは1241年鎌倉時代です。 中国から戻った人が水車を使った碾き臼の技術を みんなに伝えた事で製粉技術が進歩して 一気にそばが普及する事になります。 そばのルーツを書きましたが 伝わったといっても誰かが伝えてるわけですし 今とまったく違うのでそれは大変な事だったと思います。 そう考えるとそばのルーツだけを見ても 凄くドラマや物語があるし、ドラマティックですね。 次にそばを食べるときこの記事の事を思い出して 中国雲南省から朝鮮半島、対馬から九州 そして全国に広がり、 水車の技術でやっと食べられるようになった事を 思い出して頂けると嬉しいです(笑).

次の

【動画】HY「だからお願い~僕のそばにいーてー」ワイ「ええ曲やなぁ」

だからお願い僕のそばにいて

たすけて、たすけて、たすけて、 鳴り響く電子音、電話にでないお偉いさん、 たすけて、たすけて、たすけて、 隣で心マをし続ける速水、戻らない鼓動、 たすけて、たすけて、たすけて! そこで、目が覚めた。 僕はふう、と長い息を吐く。 寝汗がひどい。 思い出したくない、自分の無力さを思い知ったあの日。 よく夢に見るのだ、あの修羅場を。 その夢の中では僕は一心不乱に電話を鳴らし、速水は一心不乱に心マを続けている。 しかし、受話器からは電子音が流れ続け、患者の鼓動は戻らない。 憔悴しきりながらも、諦めなかった僕たちの前に立ちはだかったのは、大きく重い現実だった。 「……いい夢、見たかったなぁ」 ぼそり、呟いて隣を見遣る。 隣では速水が寝ていた。 眉間にシワを寄せて、小難しい顔をしながら。 少しその寝顔を見つめて満足した僕が もう一度寝ようとした、その瞬間。 「もどって……くれ」 小さな呟きが聞こえ、眠っているはずの速水の瞳から、一筋の雫がこぼれ落ちた。 はっとして、その顔を見つめる。 さっきまでのしかめっ面とは違う、悲しそうな表情をした速水が、そこにはいた。 涙はあとからあとから頬を伝い、枕を濡らす。 「いや、だ……いやだ……」 いやだいやだと繰り返し、首をふる速水。 僕とおなじ、あの日の夢を見ているんだ。 そう気づいた僕は、ぽんぽんと速水のことを叩き、起こそうとする。 なるべく、いつも通りに。 決して、速水に更なるストレスを与えないように。 「速水、速水、おーきて」 むう、とか、んん、とか。 形容しがたい声を出しながら、速水の瞳が薄く開かれる。 涙に濡れて、きらきら光る漆黒の瞳。 しばらくぼうっとしていた速水だが、自分が泣いてたことに気づいたらしく、隠すようにごしごしと目を手のひらで拭った。 「……うなされてた、か?」 「…………まあね」 やっぱりな、と小さく言い、するりと速水は僕の胸にすりよってきた。 ぴったりと体を密着させると、とくんとくん、速水の鼓動が伝わってくる。 きっと僕の心音も伝わっているのだろう。 人は不安なときに、心臓の音を聞くと安心するらしい。 それは母の胸に抱かれているのを錯覚させるから、なんて聞いたことがあるが、速水は不安になるとよく僕の心臓の音を聞きたがった。 普段はあまりスキンシップを取りたがらない速水が、するり、猫のようにすりよってくる。 それでこの将軍様が、安心できれば、僕にとってはとても喜ばしいことなのだが。 「また、殺した」 「…………はやみ、」 「また救えなかった。 夢の中でさえ、」 「お前のせいじゃない」 鼻をすする音が聞こえる。 速水が意外に涙腺が緩いタイプだと知ったのは、まだ若い、大学生の頃だったと思う。 普段はきっと我慢しているのだろう、ただ、僕の前になるとよく泣いていた気がする。 それを一回本人に言ってみたところ、かなり不機嫌になったので、この話はもうしないようにしている。 速水の瞳が雫をこぼす度に僕は、普段は憎まれ口しか叩けない口に鞭打って、まあ、速水に対しては十中八九本心からなのだが、慰めの言葉を口にする。 慰めというよりは、この人の、この気高く美しい男を包みこんでやろうとしてるのだが。 伝わってるのかは定かではない。 「大丈夫、泣かないでよ、はやみ」 「……っ、しらとり、」 「あー、もう、ホントに3才児みたいだよ~……よしよし」 「~~~~~っ」 ぐずぐず泣きじゃくる速水は、純真無垢だ。 子供のように汚れを知らない。 こぼれる涙は、さながら宝石のようにきらきらしている。 僕はこの涙に弱い。 昔から、僕は彼に泣かないでほしかった。 気高く、美しく、恐れを知らない速水晃一が泣いている姿は、普段の彼からは想像できないほど幼い。 そんな子どものような彼を、悲しませるものが許せなかった。 「お願いだから、泣き止んでよ~」 「……しらとり、しらとり、っ」 「あ、こら、鼻水パジャマで拭かないの」 鼻をすりつけてくる速水を制し、そのまま抱き締める。 泣かないで。 泣かないでよ。 僕がそばにいるよ。 ずーっと、ずーっと。 「しらとり、いかないで」 「いかないよ。 ずっとここにいる」 「……ぅっ、ひぐっ、」 「あーーー、また泣いた!泣き虫!」 一回泣くと止まらないのも、また速水。 愛しかった。 僕の胸で泣きじゃくる速水が。 その手で数々の命を救ってきた神様が、汚い僕の腕のなかできれいな涙を流している。 求めてくる、僕の存在を。 感じさせてくれる、速水にも感情があることを。 ああ、速水もやっぱり、人の子だ。 この涙は、できれば見たくないのだけれど。 いつか、いつの日か、彼が泣かずに過ごせる世界になればいいと思う。 いつか、いつの日か、彼が悪夢を見ないようになればいいと思う。 そして、そんな素晴らしい世界ができたときに、速水の隣にいるのが僕だったら、なんて。 それは小さな小さな、僕の願い。 「泣かないで、はーやみ」 「次は、っ、助ける、絶対」 「うん、できるよ、速水なら」 未だ止まる気配を見せない速水の涙に、少し呆れながら。 目尻にキス、それから鼻にキス。 「しょっぱいよ、速水先生」 くすり、笑う。 すると噛みつくように唇を合わせられたから、ちょっと面食らいながらもその悲しげなキスを享受した。 泣かないで、そんな気持ちを込めて。 お願いだから泣かないでよ、僕の神様 そんな世界なら僕が壊すから そしたらお前が、また世界を創ってくれよ だから、お願い、泣かないで、僕の神様 きっとその煌めく瞳から見る世界は、 僕の何倍も光輝いているんだ。

次の