レモン 歌詞 意味。 果物の『lemon(レモン)』には英語のスラングで違う意味がある?

米津玄師「LOSER」の歌詞の意味は?解釈と考察。ハチっぽいサウンドの理由は?

レモン 歌詞 意味

引用:アンナチュラル主題歌 米津玄師「Lemon」の歌詞より 四つ目の「Lemon」の歌詞。 個人的には、一番気になっている歌詞です。 「暗い過去」というのは、自身のトラウマか何かですよね。 「永遠に暗いまま」という表現も印象的。 ドラマ「アンナチュラル」の主人公・三澄ミコト(石原さとみ)も、過去のトラウマに捕らわれています。 ドラマの内容にマッチした歌詞といえそうですね。 ここも切ない歌詞ですね。 主題歌「Lemon」は、全体的に切ない歌詞が多いです。 そんな中でも、 ここは特に切ない・・・。 「私と同じような涙に暮れ 寂しさの中にいるなら」という歌詞に続いて「私のことなどどうか忘れてください」。 印象的なのは「忘れます」ではなく、「忘れてください」という言葉を使っていること。 「忘れたくない」という気持ちが表現されているようです。 【関連】 スポンサーリンク 主題歌「Lemon」への口コミ ドラマ「アンナチュラル」の主題歌「Lemon」。 大人気アーティスト・米津玄師さんの楽曲ということで、ツイッターでも多くの感想が投稿されています。 というワケで、ツイッターに投稿された口コミを紹介していきます。 口コミの中でも特に印象的な 3つの口コミを紹介しますね。 わしも毎回泣かされとるわい。 主題歌がかかるタイミングがバッチリなんじゃよな~。 サビめっちゃ良い!歌詞が泣ける…?? — ちる flCd32Zoant76yC 「泣ける」という声が一番多かったかもしれません。 歌詞の内容もそうなのですが、ドラマ「アンナチュラル」の内容と相まって泣けるという声も多く投稿されています。 「アンナチュラル」も切ないし、「Lemon」の歌詞も切ないので、相乗効果ですごく泣けてくるんですよね。 主題歌としてピタリとはまっているということですよね。 歌詞の内容もそうですが、主題歌が挿入されるタイミングもピッタリなんですよね。 毎回すごく良いシーンでカットインしてくるのが、印象的ですね。 歌詞も声も良い、早くlemonフル出て欲しい。 やっぱ天才米津玄師?? — 晋太朗 PoTHO1tcZmgmjNQ この記事を書いている時点では、米津玄師さんの「Lemon」はまだ発売されていません。 私もまだフルで聴けていません。 早くフルで聴きたい気持ちに同感です。 【関連】 スポンサーリンク 米津玄師 切ないMV動画集 ドラマ「アンナチュラル」の主題歌「Lemon」を歌う米津玄師さん。 「Lemon」の歌詞も切ないですが、その他の楽曲にも切なさが漂うものは多くあります。 個人的に「Lemon」の切ない歌詞に関連している曲を3つ選んでみました。 MV動画と、印象的な歌詞をセットで紹介していこうと思います。

次の

【米津玄師/感電】歌詞の意味を解釈!ドラマ「MIU404」の書き下ろし主題歌!

レモン 歌詞 意味

Lemonの歌詞全文 夢ならばどれほどよかったでしょう 未だにあなたのことを夢にみる 忘れた物を取りに帰るように 古びた思い出の埃を払う 戻らない幸せがあることを 最後にあなたが教えてくれた 言えずに隠してた昏い過去も あなたがいなきゃ永遠に昏いまま きっともうこれ以上 傷つくことなど ありはしないとわかっている あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ そのすべてを愛してた あなたとともに 胸に残り離れない 苦いレモンの匂い 雨が降り止むまでは帰れない 今でもあなたはわたしの光 暗闇であなたの背をなぞった その輪郭を鮮明に覚えている 受け止めきれないものと出会うたび 溢れてやまないのは涙だけ 何をしていたの 何を見ていたの わたしの知らない横顔で どこかであなたが今 わたしと同じ様な 涙にくれ 淋しさの中にいるなら わたしのことなどどうか 忘れてください そんなことを心から願うほどに 今でもあなたはわたしの光 自分が思うより 恋をしていたあなたに あれから思うように 息ができない あんなに側にいたのに まるで嘘みたい とても忘れられない それだけが確か あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ そのすべてを愛してた あなたとともに 胸に残り離れない 苦いレモンの匂い 雨が降り止むまでは帰れない 切り分けた果実の片方の様に 今でもあなたはわたしの光 歌詞の主題と本人へのインタビュー記事 こちらの曲、ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として書き下ろされました。 音楽ナタリーのこちらのに詳しく書かれています。 「人間の死」が歌の主題となっていること、祖父の死が曲の制作に大きな影響を与えたことが語られています。 「傷付いた人を優しく包み込むようなものにしてほしい」というオーダー に対して、 「あなたが死んで悲しいです」とずっと言ってるだけの曲になった。 と語っています。 死別した相手への悲しい思いを純粋につづった曲であると考えられます。 レモンの比喩について レモンの比喩については、小説家の飛浩隆さんや批評家の東浩紀さんが年明けのtwitterで投稿し、話題になっていました。 詳細はこちらのを参考にしてください。 要点は、切り分けたレモンの断面が放射状に広がる光のイメージを表現しているというところです。 言われてみれば納得で、これは目から鱗でした。 歌詞の意味について 歌詞の意味の解釈については、色々な取り方が可能だと思います。 前述のレモンの比喩を踏まえた上で、私なりの解釈を以下に記載します。 夢ならばどれほどよかったでしょう 未だにあなたのことを夢にみる 忘れた物を取りに帰るように 古びた思い出の埃を払う 大切な人( あなた)がなくなったこと。 そしてその現実が受け入れられないことが冒頭の二文だけで痛いほど伝わってきます。 記憶の奥にある古びた思い出を悲しみの中で大切に取り出す様子が浮かびます。 戻らない幸せがあることを 最後にあなたが教えてくれた 言えずに隠してた昏い過去も あなたがいなきゃ永遠に昏いまま あなたと出会って幸せだったこと、 あなたと出会う前の過去が昏く、永遠に昏いままであることを意味しています。 「昏い(くらい)」は、日が暮れてあたりがぼんやりと、はっきりしなくなるさま、を意味しています。 要は、 光が足りない状態です。 あなたがいなきゃ昏いということから、 あなたが 光であることが暗示されます。 きっともうこれ以上 傷つくことなど ありはしないとわかっている わたしが、悲しみのどん底にいることが表現されています。 あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ そのすべてを愛してた あなたとともに 胸に残り離れない 苦いレモンの匂い あの日とは、 あなたが死んだ日でしょうか?その悲しみや苦しみさえ、 あなたのすべてを愛していたことが伝わってきます。 ここで初めて レモンが登場します。 あなたと苦い レモンの匂いを重ねています。 あなたは 光であり レモンであるということが表現されています。 雨が降り止むまでは帰れない 今でもあなたはわたしの光 降り止まない雨は、 光のささない様子を意味しています。 あなたがわたしの 光であることがここで改めて直接的に表現されています。 光である あなたがいないのですから、雨が止むはずはありません。 暗闇であなたの背をなぞった その輪郭を鮮明に覚えている 受け止めきれないものと出会うたび 溢れてやまないのは涙だけ 暗闇という言葉から、 あなたが死んだ後の世界が想像されます。 光である あなたがいないから暗いのです。 死体を抱きしめているのでしょうか。 あなたの死を受け止めることができず、わたしの涙がとまらない様子が表現されます。 何をしていたの 何を見ていたの わたしの知らない横顔で わたしの知らない横顔=死んだ後の あなたの横顔 を意味しています。 死後の あなたは何をしていたの?何を見ていたの?と問いかけます。 どこかであなたが今 わたしと同じ様な 涙にくれ 淋しさの中にいるなら わたしのことなどどうか 忘れてください 死後の あなたがわたしと同じように悲しんでいるなら、どうかわたしのことを忘れてほしいと願います。 そんなことを心から願うほどに 今でもあなたはわたしの光 わたしは、死後の世界を信じているわけではありません。 それに、 あなたにわたしのことを忘れてほしいわけがありません。 それなのに「そんなことを心から願うほどに」あなたが大切なのです。 あなたがわたしの 光であることが改めて強調されます。 自分が思うより 恋をしていたあなたに あれから思うように 息ができない あんなに側にいたのに まるで嘘みたい とても忘れられない それだけが確か あなたが死んでから、生きていくのがつらい。 あなたが忘れられないということを表現しています。 あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ そのすべてを愛してた あなたとともに 胸に残り離れない 苦いレモンの匂い 雨が降り止むまでは帰れない あなたと レモンの重ね合わせが繰り返されます。 切り分けた果実の片方の様に 今でもあなたはわたしの光 切り分けた果実は レモンを意味します。 レモンを切断することは、 あなたを切断することであり、 あなたの死を暗示します。 切断の瞬間の、ナイフの触感、色彩、香りが伝わってきます。 喪失の衝撃や痛み、悲しみが、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚といった全ての五感を通じて伝わってきます。 そして切断後の レモンの断面は、なお光を発しています。 あなたが死後もわたしを照らす 光であることを表現しています。 まとめ 以上、米津玄師の「Lemon」の歌詞について、twitterで話題になったレモンの比喩を手掛かりに、自分なりの解釈をまとめました。 改めて歌詞を眺めてみると、深みのある素晴らしい内容でした。 死を主題としつつも、歌詞中に死という言葉は一度もでてきません。 あなた、光、レモンを重ねる表現を用いて、あなたを失った悲しみを歌詞全体で表現しています。 最後には、あなたが死んでもなお光であることが五感に訴えながら強調されます。 インターネット上では、他にも、歌詞の中盤で「わたし」と「あなた」が入れ替わるといった説や、「わたし」と「あなた」がシンクロし共鳴するといった説もあるようです。 読者それぞれが自分なりの解釈をしてみるのも良いのではないかと思います。

次の

米津玄師『Lemon』深読み〜歌詞の意味と考察〜死者と生者の対称性〜

レモン 歌詞 意味

レモンクリームやレモンの果汁などが入ったカスタードクリームを、皿状の型に敷いたパイ生地の中に詰めて焼いたものです。 辛い経験をしたからこそ、新しい出会いがあってもなかなか踏み込んでいく勇気が持てない感じを曲に込めたかったのだそうです。 少し驚いたことですが、はっとりさんは実は一度もレモンパイを食べたことがありませんでした。 曲がある程度作られてきたときに、甘酸っぱい感じの曲だからと仮で付けたタイトルが「レモンパイ」でした。 まとめ レモンの酸味とクリームの甘さが混ざったような、甘酸っぱくてキュンとする恋愛の味。 それは、初恋のような甘さではありません。 辛い経験をしたからこそ酸いも甘いも分かるというような、過去の経験から次に踏み込む勇気が持てない、心に迷いのある恋愛の曲と言えるでしょう。 解釈 浮かれて騒いで、ふと現実に呼び戻されてみると おめでたい気分なのも束の間、ただはしゃいでいただけの自分を恥じる 何もすることがないだらだらした昼下がりだな 恋の相手に会いに行くための身支度を、鏡の前で何度も繰り返している 一人ではしゃいでいる最中ではなく、ひと段落してふと我に返ったときから始まる歌詞。 新しい恋に気持ちが浮かれていながらも、そんな自分にどこか気恥ずかしさを感じています。 「鶴は千年、亀は万年」という長寿を祝う縁起のいいことわざを、「馬鹿は残念」とアレンジしているのが面白いですね。 ずっとこの恋が続けばいいのになと思いながらも、そんな馬鹿みたいな夢見心地の理想をいつまでも抱えていられようかと途中から思い直しているかのようです。 「何百回も会いに行く支度する」というぐらいに、主人公にとって今回は気合いの入った恋愛なのかもしれません。 迷惑だったりする? 解釈 君と楽しい時間を過ごして、自分の家に帰った 僕は君をまだあまり知らないなと思った もっと君のことを知りたいと思ってしまうこの気持ちは 恋心だろうか でも、だからどうってこともない 僕にしか分かりえないことなのだから秘密にしていたい 二人でデートしてから、家に一人帰ってきた主人公。 まだ知り合って間もない二人なのでしょう、君のことをちゃんと知らないなと考えます。 君のことを「知らないな」と考えてしまうのは、「もっと知りたい」という気持ちがあるからです。 デートをしてから深まった恋心に自分自身気付いていながらも、まだこのことは自分の中だけの秘密にしていたいという気持ちがうかがえます。 君に触りたい 揺れながら少し悲しいキスをしたい 夜の長さに飽きたのだ 甘くて残したレモンパイ 解釈 君にもっと近づきたいな 決断できない気持ちを抱えながら 少し悲しげなキスをしたいな 夜の長い時間を持て余すほどに 君とずっと一緒にいた 幸せすぎてすべてを受けとめきれないよ 距離を縮めた二人はともに、永遠のように長い幸せな一夜を過ごします。 「揺れながら」は、風が吹いて前髪や服が揺れる様子と、なかなか想いをはっきりと伝え切れていない「心の迷い」が掛け合わされていると考えられます。 「少し悲しいキス」をすることによって、心に抱えた悲しみを彼女に察してもらいたいと願っているのでしょうか。 「レモンパイ」を残したのは甘いからだと語られているように、二人にとってこのときが幸せの絶頂期といえるでしょう。 解釈 一歩一歩突き進んで 毎日が驚きの連続で、報われることを信じてなんとか今までやってこれた 解決できない気持ちをまだ引きずっていて心を開けそうにない へい、オイラは向こう見ずの強がりな男だ こうして酒を飲んでるのも逃げたいことがあるからか?なんて思ってしまって ほんとダサいよな、だれかまじ叱ってほしいぐらいだよ こんな自己問答、いつまでやってんだか ラップ調のリズムが心地よいパートです。 「ステップ・バイ・ステップ」は、一歩一歩。 「No way」は、「まさか」「信じられない」といった驚きを表現するときに用いられます。 「石の上にも三年」ということわざは、我慢強く辛抱すればいつか必ず報われるということを意味します。 「燻る くすぶる 」は、「物がよく燃えず、煙ばかりを出す」という意味のほかに、「争いごとなどが完全に解決しないままで続く様子」や、「閉じこもって陰気に過ごすこと」という意味も持ちます。 「ゴミクズ」と自身を自虐的に呼びつつ、「ゴミが不完全燃焼する様子」や「解決しないことをずっと引きずり」、「心を開くことが出来ないこと」と掛け合わせています。 「江戸っ子」は、「向こう見ずの強がり」「喧嘩っ早い」「正義感に溢れる」といったことを形容するときに用いられます。 ここでは、「へい」という、粋のいい背伸びした江戸っ子の雰囲気を出したかったのかなと思い、「向こう見ずの強がり」と解釈しました。 辛いことを忘れ、逃れる酒に酔いしれながらも内心はそんな自分が「ダサい」と思っている主人公。 誰かに叱ってもらいたいなあなどと独り言をつぶやきながら、こんなことをいつまで繰り返すのかと自分自身にツッコミを入れます。 君は触りたい? 照れながら少し雑なキスをしよう あまりに僕ら怖がりで 甘すぎたようだ レモンパイ 解釈 君は僕を愛してくれているのだろうか 照れくさい気持ちを隠して 少しごまかしたようなキスをしよう 僕たちはとても臆病で近づき切れない 幸せすぎた時間は僕らをもう元に戻らせてはくれないね 前の方のパートでは、「揺れながら少し悲しいキスをしたい」だったところが、今回は「照れながら少し雑なキスをしよう」という表現に変化しています。 照れてわざと雑にキスをしてしまうのは、互いに少し慣れが生じているためでしょうか。 「悲しいキス」のほうがどちらかというと慎重で丁寧な印象を持ちます。 過去の辛い別れの経験から踏み込む勇気が持てない主人公ですが、「僕ら」と表現されていることから相手も臆病なのは共通しているのですね。 似た者同士なのでしょう。 「甘すぎたようだ」は、どのような意味が込められているのでしょうか。 甘いものを食べ過ぎて胃もたれをしたときのように、「こんなに欲張って食べるんじゃなかったな」という後悔の思いでしょうか。 恋心が徐々に冷め始めることによって、甘すぎた彼女との時間に後ろめたい思いが生じてきているのだと考えられます。 愛の 歌やけに嘘くせぇな 友だちでいよう 解釈 有り余るほどに長い夜は二人で分け合おう 幸せすぎる今を存分に楽しもうじゃないか 「長い夜」を、実際にリボンのように長いもので表現することにより、頭の中でイメージが湧きやすいようにしています。 リボンを一つ折りにすると見た目が短くなるし、その分薄っぺらだったものが分厚くなります。 そうした様子は、二人で過ごせば長い夜だって退屈しなくてあっという間に過ぎ去ってしまうほど楽しいことや、より充実したものになることを例えていると考えられます。 深い関係に踏み込む勇気が持てない主人公。 「甘すぎるぐらいがいいね」というように、結局ははっきりと関係に区切りをつけなくても、今の幸せを楽しむことを大事に出来たらいいかと考えているようです。

次の