心温まる パワー フレーズ。 「心あたたるパワーフレーズ」で教育長賞受賞!

自閉症の息子が言った心温まるフレーズからユニークなアート作品

心温まる パワー フレーズ

元アートディレクターのソニー・アドヤンが新しいビジネスを立ち上げました。 自閉症である息子が言った心温まるフレーズを使ったユニークなアート作品の販売を行っています。 「あなたがいなかったら、人生はぞっとするものになっただろう」 「地球で最後の一人となるのだったら、あながたふさわしい」 そんな特徴あるフレーズです。 こんなフレーズも。 「あなたの運がつきたら、私の運のすべてをあげます」 このビジネスでの利益の一部は自閉症の子どもをもつ家族を支援する慈善団体に寄付されます。 この慈善団体のカリーナ・バードはこう言います。 「彼の作品はユニークな世界観が伝わり、そしてそのフレーズは楽観的で優しいです。 こうした作品を販売していることは、とても誇りになることだと思います」 「いつも、毎分、愛してる」 「ずっとずっと、あなたを愛してる」 「もし別のママが選べるとしても、やっぱりママを選ぶ」 ソニーの息子、ウッディは3歳のときに発達障害である高機能自閉症と診断されました。 ソニーとウッディはデザインでつながれたといいます。 「ウッディは自信をつけることができました。 ウッディは学校では苦労をしていました。 手で書くことが特に困難なことでした。 ですが、壁に掛けたいと思うほど素晴らしい言葉を発するときがあったんです」 (出典・画像:) 親子でコラボしてこんなかっこいい商品が作れたら、楽しいでしょうね。 子どもが発した言葉をもとに、親がデザインする。 これなら、多くの親子でできそうですね。 (売れるかは置いて) (チャーリー).

次の

笑顔と幸せがやって来る名言集~心をほっこり温めよう~

心温まる パワー フレーズ

高校時代の恩師からもらった『全ての事は、心から始まる』が POWER フレーズだと菊池。 菊池涼介「全ての事は、心から始まる」POWERフレーズ前編 ——菊池選手といえば球界でも随一の華麗な守備• ——菊池選手が「野球の原点」と語るのは高校時代 菊池「厳しい監督で、野球よりかは礼儀から教え込まれたような」• ——監督の教えを胸に、ひたむきに野球に打ち込んできました。 そして2011年、念願のプロ入り 菊池「ゴールデングラブ賞は、獲りたいです」• ——しかし、待っていたのは想像以上に高いプロの壁。 自信を失いかけていました。 くじけそうな心を支えたのは、恩師からの POWER フレーズ• 菊池涼介の POWER フレーズ 菊池「全ての事は、心から始まる」• 菊池「見に来てくれるお客さんとか、そういう人たちがいたときに、だるそうに見えてたりしてたらダメだな、とか。 グラウンドを駆け回ってきょうも元気だねって思ってもらえれば1番良い」• ——どんなに苦しくても、大切なのはひたむきな心。 練習に励むとプロ2年目でレギュラーに定着。 ゴールデングラブ賞にも輝き、球界を代表する選手に成長しました。 ひたむきな心が華麗な守備を支えています• POWERフレーズ後編へ。 日本テレビ系列 [12日] POWERフレーズ より.

次の

心あたたまるパワーフレーズ 作品募集

心温まる パワー フレーズ

3月はなんといっても卒園や卒業シーズンですよね! 最近では、大きな節目となる旅立ちの日に、黒板にメッセージやイラストを書いて生徒を送り出す学校や先生が増えているようです。 手書きの心温まるメッセージは、多くの人の記憶に残りますよね。 そこで今回は、インスタグラムに投稿された写真から、卒園式や卒業式の日の「黒板メッセージ」「黒板アート」を紹介します。 心温まる恩師からのメッセージ 全てひらがなで書かれたメッセージは、幼稚園の卒園児に向けられたもの。 「一緒に過ごした毎日が宝物」という先生からの言葉は、きっと園児の心にも残るはず。 先生に感謝でいっぱいの保護者にとっても、何よりうれしい言葉ですね。 小学校では、時間割を書く黒板を利用した卒業メッセージが流行中!? 卒業式の朝にこれを見ると、「本当に今日で最後なんだな…」と、この教室で当たり前に過ごした毎日を振り返ることができそうですね。 宿題は必ずしましょうね。 自由と選択肢が増える「中学校」へ入学する子どもたちに向けて、担任の先生が贈った力強く想いのこもったメッセージ。 自ら選択し、選んだ道を全力で進む大切さを教えてくれています。 中学校での生活に悩んだときや、立ち止まったときには、ぜひ思い出してほしいですね。 卒業ソングの1フレーズと、インパクト大のイラストで生徒を送り出す先生も。 友だちや先生とこの教室で過ごした思い出は、いつまでも消えずに一人ひとりの心に残るような気がしますね。 こちらは、人気マンガの名シーンを黒板いっぱいに再現した黒板アート。 絵を描くのが上手な担任の先生が、始業式や終業式の日には必ず黒板に絵を描いてくれていたというこちらのクラス。 その噂を聞いていた保護者が、卒業式の日に初めて見た黒板アートに感動! 黒板にチョークで描いたとは思えないほどのクオリティで、きっと子どもたちの記憶に残りますね。 こちらは、校舎やランドセルが置かれた机、桜の木など、卒業の情景が思い浮かぶイラストを描いた黒板アート。 フィルムが流れているような演出で、クラスの思い出写真を並べるアイデアは素敵ですね。 花びらを一枚ずつ感じられるほど緻密に描かれた桜の木と、「置かれた場所で咲いていますか?」というメッセージは、卒業生の心に刻み込まれること間違いなし。 短い問いかけの中に、たくさんのメッセージが感じられますね。 インパクト大のこちらのアートは、多くを語らずとも生徒の門出を祝う先生の気持ちが伝わる作品です。 未来へ大きく羽ばたく子どもたちにとって、心に響くエールとなったのでは? さいごに紹介するのは、黒板に描かれたメッセージやアートではありませんが、小学校を卒業する生徒に担任が贈った言葉です。 これまで多くのことを教えてくれた先生からの最後のメッセージは、きっと大人になっても大切な宝物ですね。 愛あるメッセージに心が温まりましたね。 恩師からもらった「贈る言葉」を胸に、春からの新生活、そしてこれから先の人生を満喫してください!.

次の