インスタ 加工 統一感。 【3つ意識するだけ!】おしゃれなインスタにする為に統一感を出す方法。

インスタの写真は加工して統一感を出そう!センスある超便利アプリ

インスタ 加工 統一感

その1:撮影するテーマからブレないようにする インスタで統一感を出すための基本。 自分なりのテーマを決めて、そのテーマと外れた内容の写真を投稿しない事で統一感を出しやすくなります。 旅行や出かけたスポット• 空や海• 趣味(お弁当作り、ランニング、カフェ巡り)• 彼氏(彼女)とのツーショット テーマを絞るので、自分の気ままに自由に投稿する事はできませんが、その代わり、 アカウントに強力に特徴をつける事が可能です。 その2:テーマとなる「色」を決めよう! こちらも、ある意味でテーマのひとつと言えるかも。 撮影する対象は選びませんが、なるべく決めた色が使われているモノだけを撮影する方法です。 「 ピンクフィルター」のように、後で写真全体に透明の色を加えて、色味を統一する方法。 普段のガーリーなピンクコーデ。 フォトジェニックな雰囲気たっぷりで、特に「いちご」を使ったスィーツやカフェの写真。 ピンク系の小物等で統一感を出しています。 とにかく「ピンクが好き」なのが伝わってきますね。 ピンク系でテーマを統一してる人は、ほとんどが女性ですが、こちらは珍しい「男性でピンク系で統一している」という、その名もMr. Pinkさん。 男性ならではの目線で、女性が作る「ピンクの世界」とはまた違った発想のオシャレ写真がたくさんあります。 その3:フィルターは基本、同じものを使おう! インスタでは、デフォルトでも数十種類のフィルターがあり、どれもオシャレな雰囲気で仕上げる事ができます。 ですが「統一感」という点では、いろいろなフィルターは使わずに、お気に入りの一つの絞って使う方がベター。 フィルターの数を増やすほど、一覧で見た時にばらつきを感じてしまいます。 その4:アカウントを使い分ける 特に「1テーマで絞ったアカウントにする!」という時に有効。 撮影している中で、 テーマに沿ってない写真でもシェアしてしまいたくなってしまうので、アカウントを複数持つ事で、「テーマに沿った写真だけ」「何でも自由に投稿していいアカウント」等のように 使い分けができます。 その土地ごとの美味しそうなものが分かると同時に、その場の空気感まで伝わってきそうですよね。 撮影テーマを統一 海外フォトグラファーのアカウントで、「旅」をテーマにしている事が特徴。 「旅」テーマのアカウントは多くありますが、その中でも自然系の風景が多く、ほとんど建物を撮っていない事で独自性を出しています。 そもそもの写真が印象的な事もプラスして、ずっと見ていたくなるようなアカウントに。 明るさやトーンを統一 プロ並の美味しそうな手作りスィーツを取り続けているアカウント。 写真の明るさやトーンが同じで、カラフルな色味で統一されています。 独自性のあるテーマで統一 「空飛ぶほうき」をテーマに、いろいろな場所で浮遊写真を撮影しているアカウント。 使わている写真のフィルターや雰囲気はバラバラですが、「ほうきに乗って飛んでいる」という圧倒的に独自性のある部分で共通しているので、統一感を損なっていませんよね。 色々なフィルターを使いたい!という人は、こんな方法を参考にすると良さそう。 2つのアングルだけを使う プチプラコーデを中心に、圧倒的な支持を得ているインスタグラマーさんのアカウント。 全身コーデを撮影する時は、グレー背景のシンプルな場所で。 小物やアクセサリーを見せる時は、足元も見せた構図で…と、基本的には2つの構図だけに統一して投稿しています。 同じ風景、同じアングルなので、コーデは違っていても統一感が強いです。

次の

ブーム到来中「無加工風」インスタ!やり方をご紹介します

インスタ 加工 統一感

その1:撮影するテーマからブレないようにする インスタで統一感を出すための基本。 自分なりのテーマを決めて、そのテーマと外れた内容の写真を投稿しない事で統一感を出しやすくなります。 旅行や出かけたスポット• 空や海• 趣味(お弁当作り、ランニング、カフェ巡り)• 彼氏(彼女)とのツーショット テーマを絞るので、自分の気ままに自由に投稿する事はできませんが、その代わり、 アカウントに強力に特徴をつける事が可能です。 その2:テーマとなる「色」を決めよう! こちらも、ある意味でテーマのひとつと言えるかも。 撮影する対象は選びませんが、なるべく決めた色が使われているモノだけを撮影する方法です。 「 ピンクフィルター」のように、後で写真全体に透明の色を加えて、色味を統一する方法。 普段のガーリーなピンクコーデ。 フォトジェニックな雰囲気たっぷりで、特に「いちご」を使ったスィーツやカフェの写真。 ピンク系の小物等で統一感を出しています。 とにかく「ピンクが好き」なのが伝わってきますね。 ピンク系でテーマを統一してる人は、ほとんどが女性ですが、こちらは珍しい「男性でピンク系で統一している」という、その名もMr. Pinkさん。 男性ならではの目線で、女性が作る「ピンクの世界」とはまた違った発想のオシャレ写真がたくさんあります。 その3:フィルターは基本、同じものを使おう! インスタでは、デフォルトでも数十種類のフィルターがあり、どれもオシャレな雰囲気で仕上げる事ができます。 ですが「統一感」という点では、いろいろなフィルターは使わずに、お気に入りの一つの絞って使う方がベター。 フィルターの数を増やすほど、一覧で見た時にばらつきを感じてしまいます。 その4:アカウントを使い分ける 特に「1テーマで絞ったアカウントにする!」という時に有効。 撮影している中で、 テーマに沿ってない写真でもシェアしてしまいたくなってしまうので、アカウントを複数持つ事で、「テーマに沿った写真だけ」「何でも自由に投稿していいアカウント」等のように 使い分けができます。 その土地ごとの美味しそうなものが分かると同時に、その場の空気感まで伝わってきそうですよね。 撮影テーマを統一 海外フォトグラファーのアカウントで、「旅」をテーマにしている事が特徴。 「旅」テーマのアカウントは多くありますが、その中でも自然系の風景が多く、ほとんど建物を撮っていない事で独自性を出しています。 そもそもの写真が印象的な事もプラスして、ずっと見ていたくなるようなアカウントに。 明るさやトーンを統一 プロ並の美味しそうな手作りスィーツを取り続けているアカウント。 写真の明るさやトーンが同じで、カラフルな色味で統一されています。 独自性のあるテーマで統一 「空飛ぶほうき」をテーマに、いろいろな場所で浮遊写真を撮影しているアカウント。 使わている写真のフィルターや雰囲気はバラバラですが、「ほうきに乗って飛んでいる」という圧倒的に独自性のある部分で共通しているので、統一感を損なっていませんよね。 色々なフィルターを使いたい!という人は、こんな方法を参考にすると良さそう。 2つのアングルだけを使う プチプラコーデを中心に、圧倒的な支持を得ているインスタグラマーさんのアカウント。 全身コーデを撮影する時は、グレー背景のシンプルな場所で。 小物やアクセサリーを見せる時は、足元も見せた構図で…と、基本的には2つの構図だけに統一して投稿しています。 同じ風景、同じアングルなので、コーデは違っていても統一感が強いです。

次の

【簡単テクニック】インスタグラムで統一感を出せばフォロワーは伸びる!

インスタ 加工 統一感

「ん?なんの統一感?」 「フォロワーとどう結びついているんだ?」 ってゆう感じですが、 その友達曰くインスタグラムのフィードに投稿する画像を 統一感があるものに写真を加工すると、フォロワーが増えるんだとか ほほう、これは興味深い! と思い、フォロワーの多い人やインフルエンサーやモデルさんなどのインスタの画像をくまなくチェックしてみることにしました。 そしたら、 フォロワーの多い人の特徴や共通点がみえてきたんです。 「なかなかいい感じに統一できない、、、」 「いい写真なんだけど、なんかダサいな、、、」 こんな風になっているのは、 そもそも画像の加工方法が間違っているからかもしれません。 インスタのフィードをヴィンテージ風にしたいとき• 鮮やかというよりはくすんだ感じを出したいとき• 寒色系というよりは暖色系がいいとき• まるでテキサスにいるかのようにしたいとき(かめりさのイメージw) どこか懐かしいような、くすみがかかったフィルターです。 一気に青みが無くなり、暖色系に早変わり 😎 だけど暗い部分が気になったり、VSCOのフィルターだけじゃ満足いかない、、 って時にオススメなのは、 Adobe Photoshop LightroomCC Light roomはVSCOで写真の色味を統一した後の微調整に使用しています。 有料版もありますが、無料版でも充分に使えます 🙂 シャドウで影部分を明るく シャドウは、 暗い部分を明るくしてくれる役割があります。 こんな時にオススメ• 夕日に照らされた感じにしたいとき• 懐かしい感じにしたいとき• ほっこりはんにしたいとき それでは、写真加工法を踏まえたうえで 統一感をだすのに必要条件となる項目を1つひとつ見ていきましょう。 色味が統一されている 色味が統一されているというのは、基本となる色が統一されているという事。 青っぽい加工から、赤っぽい加工、 いろんな雰囲気のある加工を一緒にしてしまうと統一感があるとは残念ながら言えません 😥 一番最初にご紹介したエリコさんの場合は、鮮やかなフィードというより、白や青といった色に統一されたシンプルなフィードになっています。 先ほど紹介したのフィードをみればわかるように、 何かをアップで写した写真や同じような写真が連続して投稿されていませんよね このバランスを考えるのはほんとに難しいです。 何かをアップで写した写真を連続で投稿してしまうと、なんだか圧迫感のあるフィードになってしまう気がするので 気を付けたいところです💦 全体のバランスや画像のテイストに合わせて投稿する順番を左右したり、 引き写真を撮ることで圧迫感のあるフィードを避けられ、抜け感のあるフィードが完成します 😎 世界観、コンセプトが決まっている インスタグラムのフィードはその人の好みや世界観がそのまま映しだされます。

次の