フェール ワン。 フューエルワン [WAKO'S]を入れるベストタイミング 知ってます?

【エンジン内部比較画像あり】フューエルワンの効果が凄い!バイクや車に超オススメ!│ionadev.ionagroup.com

フェール ワン

概論 [ ] 「フェイルセーフ」との語句は「故障は安全な側に」というのが原意である。 機械は壊れたときに、自然にあるいは必然的に安全側となることが望ましいが、そうならない場合は意識的な設計が必要である。 たとえばは、が故障した場合、エンジンの回転を制御できないような故障ではなく、回転が停止するような故障であれば、自動車自体が止まることになり安全である。 このため、回転を止めるような故障モードへ自動的に(自然に)落とし込むような設計思想が、フェイルセーフとなる。 の場合は、エンジン故障で全推力を失っても滑空して無事できる設計であればフェイルセーフである。 のエンジン停止においては、という飛行方法により飛行機同様滑空して着陸することができる。 (推力を失った場合に滑空出来ない機体設計の場合は、エンジンの搭載機数を増やし、その内一機が故障しても推力を失わないという別の設計思想となどの運用方法で対応する。 ) は、過電流が流れた場合にヒューズ自身が溶けて壊れることにより、それ以上の過電流を止めて基板等の焼損や出火を防止する。 この点で、ヒューズも一種のフェイルセーフであるといえる。 コンピュータシステムや操作している人間の不具合を検知するために、定められた周期に決められた信号を送り続け、相手側で信号の受信が無いと不具合をみなす仕組みをやと呼ぶ。 空気ブレーキ [ ] は、(空気圧で動作する)に故障があった場合、がかかるように設計することがフェイルセーフとなる。 たとえば、においては、何らかの衝撃で車両間の連結が外れた場合は必ず非常ブレーキが作動するようにするため、列車貫通ブレーキ管に空気圧をかけなければブレーキが緩解しないように設計されている。 これにより、連結が外れて配管が切れた場合でも、各車両にある補助空気だめの圧力により非常ブレーキがかかる。 また一部の電車では、非常ブレーキ指令線と呼ばれる信号線を編成内に引き通し、断線等で信号が途切れると非常ブレーキが作動するよう設計されている。 踏切 [ ] のにおいては、「遮断棹が上がっている状態」を維持するために力をかけなければならないよう、設計される。 これがフェイルセーフとなる。 この場合は、などが起きて遮断機が作動しなくなっても、重力によって自然と遮断棹は下りたままになり、踏切内への立ち入りを防止するようになっている。 なお、節電のため列車を運転しない時間帯に故意に停電させている路線では、停電状態でも遮断機が下がらないように調整することが出来る。 信号機 [ ] 道路 [ ] 交通においては、制御機が故障した場合や、停電した場合には、発電機付きの信号を除いて灯火が消えるが、赤点滅と黄点滅をそれぞれの道路に表示して交通の安全と円滑を確保している。 灯火が消えた場合でも明確に「交通整理の行われていない交差点または横断歩道としての注意義務が生じる」と有るため運用上致命的な問題は発生しない。 鉄道 [ ] ではや、が何らかの異常で故障した場合や、停電となった場合は赤信号(停止)を表示するよう、設計されているため、を防いでいる。 例えば自動閉塞方式を採用している路線では軌道を介して閉塞の終端側にある送信用電源から信号機などが設置されている受信側の軌道継電器まで常に電流が流れており、この電流を受信することにより信号は列車の進入を許可している。 この一連の回路を軌道回路といい、回路である閉塞内に列車が在線していることで電流を短絡していると軌道継電器に電流が流れなくなるため信号は赤信号を表示する。 一方でレールの破断など軌道回路を構成する部分の故障によって回路の電流が遮断されたりすると同様に軌道継電器に電流が流れなくなるため信号は常に赤信号を表示するようになるのでフェイルセーフとなるのである。 無灯火状態は、赤信号と同じ効力を持つと定められている。 MIDI [ ] での音楽演奏中には音楽信号とは関係のない「アクティブセンシング」という信号を定期的(約300ごと)に出力している。 出力側が「ノートオン」(音を出す命令)を出すと受信側は「ノートオフ」の信号を受信するまで音を出し続ける。 しかし、ノートオン後に不具合が発生して「アクティブセンシング」の信号が受信できない場合は、強制的に音を止める。 故障した場合は音が止まる方向で動作を停止するので、故障した機器を使わずにコンサートなどが続行できる(逆に故障時に音が出る方向で設計されていた場合、演奏に支障がある)。 人工呼吸器 [ ] マイクロコンピュータを搭載したにおいて、メインのマイクロコンピュータだけではなく、サブのマイクロコンピュータも搭載し、メインコンピュータが仮に故障しても自動的にサブのマイクロコンピュータ作動する。 麻酔器 [ ] こと超急性期医療現場やで使用されるの場合、の供給が断たれた際に、自動的にガス(笑気ガス)の供給も断たれる (酸素の供給が全くなくなり笑気ガスのみの供給となると、生体に極めて危険な影響をおよぼす)。 脚注 [ ].

次の

ワコーズフューエルワンを入れてみた!直噴エンジンのカーボン除去

フェール ワン

Contents• 直噴エンジンのカーボン除去対策 直噴エンジンの場合、インジェクターノズルやポート、バルブ、燃焼室、ピストンにカーボンが堆積しやすいようです。 EGRや吸気、排気バルブのオーバーラップ(排気バルブが閉じる前に吸気バルブが開き始める)が原因で各部の煤(すす)の堆積が懸念されます。 そこでケミカル、燃料添加剤の出番。 これは、整備工場でも普通に使われている有名なケミカル。 カーディーラーやカー用品店でも積極的に販売されている製品。 車両の点検後、原因がはっきりしないものの、どうもエンジンの調子が良くない場合、ガソリンタンクにフューエルワンを注入することでエンジンの調子が好転することもあるようです。 アルミ製の容器には、このように表示されています。 デポジットの除去• 燃焼効率の向上• 排気ガスのクリーン化• 燃料系の防錆 フューエルワンの特徴 ・燃焼室、吸気バルブ、噴射ノズルなどに堆積したカーボン、ワニス、ガム質を除去し、黒煙、一酸化炭素、炭化水素等の有害排出ガスを低減。 ・燃料の酸化劣化や燃料タンクの腐食を抑制。 ・燃焼を改善し、オクタン価要求値を下げ、ノッキングを防止。 ・噴射ポンプ、噴射ノズルの摩耗を予防。 ・特殊気化性防錆剤により、燃料接触部、非接触部の金属表面の発錆を防止。 フューエルワンの使用方法 燃料20~60L(旧フューエルワンは燃料30~60L)に対して、フューエルワン(F-1) 1本を燃料タンクに注入します。 YouTuber、OSHO氏のフューエルワン解説動画。 (再生時間:6分40秒) YouTube動画からも、フューエルワンを使用することで直噴ターボエンジンの燃料タンクから燃料ライン、インジェクターノズル、燃焼室、排気バルブ、排気ポートまでの洗浄が期待できます。 メルセデス・ベンツやBMW、アウディ、ポルシェ、VWゴルフやポロ、パサート、ルノーメガーヌ、プジョー、シトロエン、アルファロメオ、ボルボ、ジャガー、レンジローバー、ランドローバー等の欧州車の多くは直噴エンジンを搭載しているため、カーボン対策としてフューエルワンの洗浄効果が期待できます。 フューエルワンは直噴ターボエンジンのみならず、従来のポート噴射式エンジン、ディーゼルエンジン、バイクのエンジンまで幅広く使用可能。 ワコーズのフューエルワンは次のようなピストンエンジン搭載車に適しています。 走行頻度が少ない(燃料の劣化予防、トラブル予防) 走行距離が伸びている(ピストン、バルブのカーボン対策) 年間走行距離が多い(ピストン、バルブのカーボン対策) コントロールユニットやエアマスセンサー、プラグ、ダイレクトイグニッション系に異常が無くても、 エンジン不調の場合 バイクの冬眠に ライダーにとって冬季の11月~3月頃までは、バイクを冬眠させる季節。 バイクの長期保管でガソリンが劣化してしまうとトラブルの元。 バイクの冬眠方法として、タンクにフューエルワンを適量入れて、ガソリンを満タンにします。 そして、冬眠の前に燃料コックをOFF。 キャブ車であればキャブレーター内のガソリンを抜きます。 フューエルワンの使用でガソリンの劣化とタンク内のサビ予防対策になるため、バイクの冬眠に役立つアイテムと言えます。 ジェットスキーも同様です。 燃料タンクにフューエルワンを入れてみた フューエルワンはPEA(ポリエーテルアミン)系の燃料添加剤。 これは、分解&洗浄性能が高い物質。 フューエルワンのデメリットはまず無いと思われます。 そこで、管理人は次のようにフューエルワンを使ってみました。 Step 1 ガソリンスタンドで給油口からフューエルワンを1本注入して満タンにする。 Step 2 給油ランプが点灯するまで走行する。 あるいは、なるべく燃料タンク内の燃料が少なくなるまで走行する。 ( 注意点) もし、燃料タンク内の燃料が半分程度まで減った時点で再給油すると、フューエルワンの濃度が薄くなってしまいます。 これでは、フューエルワンの効果が期待できません。 Step 3 ガソリンスタンドで給油。 その月にディーラーで1年点検を実施し、エンジンオイルとオイルフィルターの交換を実施しました。 フューエルワン注入後の変化 今回、予防整備的にフューエルワンを試してみました。 フューエルワンを注入後、体感的な変化や効果は感じられませんでした。 今後、定期的にフューエルワンを注入することで、カーボン堆積の除去が期待できるかもしれません。 なお、エンジン内部の確認はできないため、フューエルワンはサプリメント的なものと捉えています。 フューエルワンはエンジンに害は無いため、今後、毎年1回のオイル交換前に注入する予定です。 ワコーズ、フューエルワンの使用頻度 フューエルワンの使用頻度は特に決まりは無いようですけど、走行4,000~5,000kmに1回の使用が理想的と聞いています。 使用例1 年間走行距離が約10,000km、エンジンオイルの交換時期が走行5,000km毎の場合。 各車両の燃費や燃料タンクの容量によっても変わってきますけど、月に1~2回はGSで給油することになります。 これは年に2回、フューエルワンを注入する方法。 使用例2 走行距離が伸びている車両の場合、ワコーズさんのオフィシャルサイトによると、2~3回連続してフューエルワンを使用することで効果が期待できます。 タイミングを見計らってオイル交換すれば、より理想的。 フューエルワンは1本1,000円台という価格的にも手軽な燃料添加剤のため、愛車にマッチする使用方法を探ってみてもいいと思います。 ガソリンスタンドで「 給油前」にフューエルワンを給油口から注入しました。 給油後ではフューエルワンが全量入らないことがありますから要注意です。 当然です。 ゆっくりとフューエルワンを注入することでタンク内に入ります。 フューエルワンを全量注入後、ガソリンを給油。 フューエルワン、2回目注入後の効果 エンジンスタート時、インパネのスタートボタンを押すと、セルモーターが何回転かしてエンジンがかかります。 今回、フューエルワンを再注入して走行を繰り返すうちに、エンジンスタート時のセルモーターの回転音が以前より短く感じる時があります。 擬音語でこんな感じです。 スターターバッテリーを新品バッテリーに交換すると、当然、エンジンの始動性が良くなります。 それと似たような印象を受ける時があります。 「それは、気のせい」 なんて突っ込みがあるかもしれませんけど(笑)、エンジンの始動性がいいと感じる時があります。 フューエルワンによって、徐々にエンジン内部の汚れが除去されて効果が出てきたのかもしれません。 もちろん、新車にフューエルワンを注入しても、効果は感じれられないでしょう。 ある程度、走行距離が伸びているエンジン車両にフューエルワンを注入することで、洗浄効果が期待できます。 何回か連続使用する方がフューエルワンの効果が出てくるかもしれません。 この添加剤は遅効性のため、2~3回は連続注入してみてもいいでしょう。 最初、物は試しでC200にフューエルワンを注入してみましたが、効果があるような気がしてきました。 ガソリンタンクに燃料を入れる前にフューエルワンを1本注入します。 フューエルワンがモデルチェンジされ、液体の粘度が高くドロッとしています。 Newモデルは従来品より内容量を減らした分、効果を高めているのでしょうか? なお、給油口に可動式の逆流防止フラップが装着されていると、粘性が高いフューエルワンがタンク内に入っていくまで少々時間がかかります。 一気にフューエルワンを注入しようとすると、溢れ出てくる可能性もあります。 ゆっくりF-1を注入することをお勧めします。 今後、何か気付きがあれば、コメントしていきます。 6回目、ワコーズ、フューエルワンを注入 2019年12月15日、燃料タンクにワコーズ・フューエルワンを注入。 (6回目) 2017年からフューエルワンを使い始めて2年が経過しました。 エンジン始動性は今までと変化はありません。 当然、エンジンのバルブや燃焼室の状態を確認することはできないため、フューエルワンの効果を視覚的に確認することは不可能。 フューエルワンは遅効性ケミカルのため、2年かけてエンジン内部のカーボンがじわじわと除去されていることに期待したいと思います。 燃費 2019年11月、関西方面に用事があり、東名高速道路、伊勢湾岸自動車道、新名神高速道路、名神高速道路を往復で約600km走行しました。 その日は土曜日だったこともあり、新名神高速道路と名神高速道路を走行する大型トラックが少なく、乗用車も少なかったため、スムースで快適な高速移動ができました。 大型トラックにはスピードリミッターが装着されているため、高速道路の追い越し車線がトラックで塞がれていることが多々あります。 今回、高速道路上に大型トラックが少なかったため、クルーズコントロールを活用することで好燃費を記録しました。 約600km走行して、メーターパネルが表示する燃費は17. もちろん燃費計は若干の誤差があるものの、1,800ccの直噴ターボエンジンとしては優れた燃費と言えます。 ちなみに、装着タイヤはミシュラン・プライマシー3。 ここで誤解が無いように付け加えておきますと、フューエルワンの効果で好燃費を記録したとは思っていません。 あくまで高速道路の流れが良かったため、結果的に好燃費を記録できたと思います。 フューエルワン注入によるエンジンオイルへの影響 フューエルワンは洗浄力や浸透能力が高いものの、エンジンオイルの劣化等が個人的な懸念点でした。 検索すると、「燃料タンクにフューエルワンを入れると、エンジンオイルが汚れる?」「エンジンオイルが汚れるので、フューエルワンを入れたらオイル交換した方がいい?」などの情報が散見されます。 Life Garage YouTuberさんのYouTube動画内容によりますと、Lifeさんがワコーズへ電話確認されたそうです。 こちら。 (再生時間:4分09秒) フューエルワンの使用によるエンジンオイルへの影響はまったく無いということで安心して使えますね。 直噴エンジンのカーボン除去対策(その2) ある程度、直噴エンジンを回す 多くの直噴エンジンはインテーク側の吸気ポートに燃料噴射ノズルがありません。 よって、フューエルワンを注入してもインテークバルブの洗浄効果はありません・・・ 例外として、TOYOTA 8AR-FTSエンジンは状況に応じて直噴と吸気ポート噴射を切り替える方式を採用しています。 「じゃ、どうする?」となります。 直噴ターボエンジンのカーボン堆積の問題は早めのエンジンオイル交換やフューエルワンで対策していくしかないでしょう。 欧州車は速度無制限のアウトバーンを高速巡航する前提で設計されています。 そのような環境下では、エンジン内部はカーボンの影響を受けにくくなります。 その点、 日本の道路では車両の発進と停止の繰り返しが多く、概ね平均速度が低いのです。 そこで、直噴エンジン搭載車は時として、ある程度エンジンを回した方がいいと思います。 もちろん、エンジンを高回転まで回すと燃料の空燃比が濃い目になる傾向があるため、これもカーボン生成の原因になります。 状況に応じてエンジンを中回転で回し、高速道路に入る加速車線ではレッドゾーン手前まで回して、本来の調子をキープしたいもの。 いつもエンジン回転を抑えてエコ運転を繰り返していると、回りにくく眠いエンジンとなりますし。 [関連記事] 人気の記事• 68,558件のビュー• 54,085件のビュー• 40,377件のビュー• 33,868件のビュー• 31,632件のビュー• 28,067件のビュー• 27,852件のビュー• 15,419件のビュー• 15,400件のビュー• 15,080件のビュー• 14,601件のビュー• 14,404件のビュー• 14,356件のビュー• 13,987件のビュー• 13,028件のビュー 最近の投稿• カテゴリー• 1 ポチっとお願いします。

次の

フューエルワン [WAKO'S]を入れるベストタイミング 知ってます?

フェール ワン

添加剤や洗浄剤について、私の方で論文などを読んでリサーチしたり、有識者から得た知見を元にまとめました。 参考になれば幸いです。 ご指摘くださいまして、本当にありがとうございます。 今後もより一層気をつけて情報を発信させていただきます。 以下の流れで記載します。 洗浄剤の主成分• 実際に効くのか• 使用上の注意点 洗浄剤の主成分 フューエルワンをはじめとする現在販売されている洗浄剤は、ほぼ PEAが使われています。 一般的な価格(300mlで1000円以上)のものは、ほぼ使われていると思っていただいて間違いありません。 ekouhou. html PEAは 「ポリエーテルアミン」の略です。 アミノ基(-NH2)を有する化合物で、アルカリ性を示します。 非常に 還元力が高く、汚れなどの隙間に入り込んで、分解する洗浄性能を持つ物質です。 1970年代までは、 PBA ポリブテンアミン という物質が洗浄剤として使われていました。 ただPBAは高い耐熱性を持つため、燃焼しきらず、エンジン筒内に「デポジット(燃焼阻害物質)」として残留してしまう問題が指摘されました。 そこで研究が進み、1980年台からはPEAが洗浄成分の代表格として使われているようです。 ちなみにワコーズのフューエルワンの場合、主成分がPEAとの表記があります。 質量パーセント濃度で50%を占めているそうです。 またハイオクガソリンの「洗浄成分」と言われているものもPEAですが、燃料添加剤よりも配合量が少ないようです。 (具体的な濃度は調べても出てこなかったです) 原理 PEAなどの還元力が高い物質を使って、ガソリンタンク、インジェクターやキャブなどの燃料供給系統、さらにはエンジン内部までの、カーボンやオイル汚れワニス等を、「 溶かして除去」する。 これが洗浄剤の原理です。 こびりついた物質を物理的に拭うのではなく、分解して溶かすには、 酸やアルカリなどを使う必要があります。 ちなみに酸ですが、自動車のエンジンにたくさん使われている、鉄・アルミ・真鍮などを溶かします。 だから使えません。 アルカリを使っているのはこれが理由です。 汚れを解して剥がし燃焼室で燃やす、という方法で、エンジン内部を洗浄します。 また1本200円とかの激安洗浄剤は、 メタノールなどのアルコールが含まれている可能性が高いです。 アルコールは非常に安価で、油をとてもよく溶かします。 まさに洗浄剤にうってつけ。 ですが、同時にOリングやパッキンなどの ゴムを侵食してボロボロにする(膨潤と言います)という、致命的な欠陥があります。 なので、成分に「メタノール」「アルコール」と書かれている品物については、ちょっと疑ってかかったほうがベターです。 実際に効くのか フューエルワンは、私もZ400LTDに使ったり、ラシーンに添加したりしています。 車もバイクも、入れたすぐはあまり効果が感じられません。 ガソリンを使いきって次に満タンにした際、吹け上がりが軽く感じる、アクセルのツキが良くなったかも、というようなフィーリングでした。 燃焼効率という点で見ると、フューエルワンを添加したすぐは、どうしても空燃比が濃い状態になりがちです。 また洗浄効果が出て溶けた汚れが、エンジン筒内に噴射されればされるほど、完全燃焼しにくくなるだろうなぁと想像できます。 なので、入れたすぐはあまり効果が感じられす、 むしろ悪くなった感じすらでる、というのは、原理的に間違っていないのではないかと思うのです。 あくまで洗浄剤ですので、新車で走行が数千km程度のマシンだったら、効果が薄いと思います。 長い距離を走り込んだり、日常でのんびり走って汚れなどが溜まった車両のほうが、効き目を感じやすいとおもいます。 燃費は良くなるのか? また、コレを入れて燃費が良くなるというのは、 かなり眉唾です。 使用して燃費が改善した!というのは、相当にエンジン内部や燃料供給系統が汚れていた可能性があります。 「かなり燃費が悪い状態から、良い状態に戻った」というのが適切な表現かと考えます。 使用上の注意点 オイル交換直前がベター またPEAの洗浄力や浸透能力が高いため、エンジンオイル内にフューエルワンが 不純物として混ざってしまうことがあるようです。 すると、高い分解性能でエンジンオイルの劣化、具体的には粘度低下を引き起こすと言われています。 ですので、もうすぐオイル交換したほうがいいなというタイミングや、車検の前など、タイミングを選んで投入したほうがいいかと思います。 特にオイル管理にシビアなマシンなどは、注意して下さい。 濃度を厳守する 厳密に言えばアミンやエーテルも、ゴムやOリングを膨潤させる因子を持っています。 また、燃料系統の部品で使われている、一部のコーティングなどに対しても、 アタックする性質を持っているようです。 ですので、ガソリンにフューエルワンを入れる際は、メーカー指定の濃度である、 1%以下の濃度に抑えることが重要です。 濃度が高過ぎると、ゴム類へのダメージが大きくなったり、燃焼室で綺麗に燃えずパワーダウンする可能性があります。 まぁよほどの量と濃度を添加しないかぎりは、車が動かなくなることはないと断言できます。 ただし、そういったリスクが有るということも、頭のなかには入れておいて欲しいです。 綺麗にするつもりが、逆に車にダメージを与える事になりかねないので、しっかり守って下さい。 sakura-seal. google. 具体的には、比較的空いているバイパスや高速道路の合流車線で、低いギア(ATやCVTの場合はLOレンジ)でアクセル全開を試みるなどです。 しっかりエンジンを高回転まで回してください。 勢い良くガソリンが吹き出され、普段よりも高負荷で燃焼することにより、洗浄効果が飛躍的に高まることが期待できます。 できるだけ早く使い切る ガソリンに添加してからは、できるだけ早く使いきるのがよいかと思います。 長く浸け置きしておけばより効果が高まりそうな気もしますが、その分ゴム類にPEAが曝露され、ダメージを与える期間も長くなります。 感覚的な話になりますが、2週間から1ヶ月以内には次の給油をして、ガソリン系統のPEAを薄めたほうがいいでしょう。 冬眠などの際のガソリン防腐剤として使われている方もいらっしゃるようですが、冬が明けたらすぐに走って、新しいガソリンを入れたほうが無難です。 使用頻度について 前述のゴムへの攻撃性の観点から、繰り返し使用は避けたいなぁというのが本音です。 ただ、1回目の使用で少し剥がれかかっていたのが、2回目の使用でより綺麗になるだろうなぁ、というのも考えられることではあるので、悩ましい部分ではあります。 個人的な感覚では、連続使用は2回まで。 頻度としては、年に1~2回、もしくは1万kmに1回くらいでいいのではないかと思っています。 まとめ 以上が、私が燃料添加剤・洗浄剤について知っている内容です。 洗浄剤自体は、原理的にも間違っていないので、正しく使うとかなり効果を発揮できると思います。 用法を守って、愛車のケアをしてみてください。

次の