アップスキャン。 4K対応 コンポジット/Sビデオ to HDMIアップスキャンコンバーター REX

アップスキャンコンバータ

アップスキャン

ファミコンなどのレトロゲーム機を現在の環境で遊ぶためには、何かしらのアップコンバーターが必要になります。 PCはもちろんのこと、テレビやディスプレイなどコンポジット入力ができるデバイスの数が少なくなってきているからです。 アマゾンなどを覗いてみると、1000台でコンポジットからHDMIに変換できる アップスキャンコンバーター が売られていますが、これらの問題はアスペクト比が16:9固定で レトロゲーム の画面が横に引き延ばされてしまうことでした。 今回ご紹介する アップスキャンコンバーター の は、本稿を書いている時点で5533円というそこそこ安価でありながら、アスペクト比が16:9と4:3の切り替えが行えるアイテムです。 新画像エンジン「MSTAR MST6M182」を搭載。 従来のモデルと比較して、映像ラインだけではなくテクスチャーや色補正、コントラストをリアルタイムで補正して鮮やかで鮮明な映像が出力できるようになっています。 本体のほかケーブル類とACアダプター、説明書などが入っています。 これまでアスペクト比4:3の映像をHDMIで出力するのは、 『フレームマイスター』 など高価なアップスキャンコンバーターが必要でした。 しかし 『フレームマイスター』 はパーツが入手できなくなったことから、すでに終売が決定していました。 また、たしかに便利な機械ではありますが、やや取り回しが面倒でお手軽に使えるという感じではありませんでした。 そこで何かいいものがないか探しているところ、見つけたのがこの 『SD-UPCSHA』 です。 映像入力はコンポジットのほか、S端子にも対応しています。 本体背面のスイッチを切り替えることで、コンポジットとS端子の入力切り替えが可能です。 本体前面には様々なスイッチ類が並んでおり、こちらでメニュー画面を呼び出すことが可能です。 デフォルトでは映像出力のアスペクト比は16:9になっていますので、こちらで4:3に変更するといいでしょう。 背景に映っているゲーム画面のアスペクト比は、デフォルトの16:9。 ちなみに言語は英語と中国語しか選べないので、このままで大丈夫です。 ちなみにデフォルトの状態でも、特に音が小さいという印象はありませんでした。 映像入力はコンポジットのほか、S端子にも対応しています。 本体背面のスイッチを切り替えることで、コンポジットとS端子の入力切り替えが可能です。 映像出力も720p60と1080p60が切り替えられるため、ディスプレイなど環境に合わせて選ぶことができます。 アスペクト比も4:3に変更できるほか、サウンドや映像の細かい調整もできるなど、5000円台で購入したアップスキャンコンバータとは思えないほどの高機能っぷりです。 ちなみに、アスペクト比以外の項目については、デフォルトのままでも特に問題なく使用することができます。 ゲーマーとして気になる点は、ラグくないのか? というところではないでしょうか。 試しに『エキサイトバイク』と『スーパーマリオブラザーズ』をプレイしてみましたが、ほとどラグを感じることなく遊ぶことができました。 レトロゲーマーなら迷うことなく買って間違いなし! ちょっと試してみましたが、少なくとも自分が要求している要件はすべて満たしており、レトロゲーム を実機で楽しみたいというユーザーならば、買って損はないといえます。 なにかいい アップスキャンコンバーター はないかとお探しの方は、ぜひこちらを試してみてください。

次の

パソコンのモニタでゲームがしたかった: エアリア UP KING アップスキャンコンバーター SD

アップスキャン

コツを押さえて効率アップ!スキャンの便利機能 業務で発生する書類、きちんと整理できていますか? 日々、業務においてはさまざまな書類が発生します。 不要な書類と今後も必要な書類を分け、必要な書類はスキャンして保管・整理しておくと、机の上は片付き、紛失もなくなり、業務効率もグッと上がりますよ! とはいっても、スキャンしたい書類は• サイズも向きもさまざま• 中綴じされている• 量がたくさんある• 担当者ごとに保管したい書類と、部署で共有したい書類がある など、手間がかかりそうで後回しになっている・・そんなことはありませんか? 実は複合機にはスキャンの手間をぐっと減らす便利機能があるんです。 ポイントは、「 スキャンして送信」の「 その他の機能」。 スキャンした後の業務効率も上がる、スキャンの便利機能をご紹介します。 「さまざまな書類をまとめて読み込みたい」そんな時は? 会議で配布された紙の資料をデータで共有するためにスキャンしたい、しかしサイズはA3とA4が混ざっており、さらには片面原稿もあれば両面原稿もある。 このような場合にも、実はまとめてスキャンすることができるんです。 異なる原稿サイズが混在している場合 原稿をセットする時に、タテの幅が同じ場合には同じ幅の辺をそろえてフィーダーにセット。 タテの幅が異なる場合には、フィーダーの奥側に原稿の端をそろえてセットします。 「スキャンして送信」画面の「その他の機能」ボタンを押し、さらに「原稿サイズ混載」ボタンを押し、「同じ幅」または「違う幅」を選びます。 これでサイズが異なるものも同時にスキャンすることができます。 片面と両面の原稿が混在している場合 片面と両面の原稿が混じっている場合、すべて両面で読み込むと白紙ページも読み込まれてしまいます。 こんなときは「白紙スキップ」機能を選択して「両面」で一気に読み込めば、白紙と判断されたページを自動で削除することができます。 PC側で白紙ページを削除する手間がなくなり、とても便利です。 原稿の向きをそろえるには 縦向き・横向きの書類をスキャンして、PCで見る時に原稿の向きがばらばらだと閲覧しにくいですよね。 その場合には、ファイル形式で「PDF(OCR)」を選択します。 文字認識されたPDFファイルを作成するためのボタンですが、この機能により、文字の向きを判別してページの向きを自動補正してスキャンできます。 オプションのサーチャブルPDF拡張キットが必要です。 「見開きの原稿を2ページに分けてスキャンしたい」そんな時は? 本や雑誌、綴じられた契約書のような見開き原稿の左右ページを、一度の操作でそれぞれのページに分けて読み込むことができます。 見開き原稿を読み込むときは、原稿を原稿台ガラスにセットします。 上の図のように原稿の上部を原稿台ガラスの左上隅と上部に合わせて置いてください。 「スキャンして送信」の「その他の機能」で、「見開き2ページ」を選択します。 <左開き原稿>または<右開き原稿>を選んでスキャンを実行します。 左右のページが分かれて2ページとして保存できるので、スキャンデータが見やすくなり、再印刷する時の印刷設定も簡単です! 「スキャンしたファイル名がすべて数字!何のファイルなのかわかるようにしたい」そんな時は? スキャンは簡単なのでよく使っているという方に多いのは、ファイル名が数字の羅列となっており目的のファイルを探しづらい、というお悩みです。 「内容がわかるようなファイル名にしたい」というときは、「その他の機能」の「ファイル名」を押してファイル名を入力し、スキャンします。 ファイル形式でPDF(OCR)を選んでいる場合には、「ファイル名」画面で「自動(OCR)」にチェックを入れると、原稿内の文字列から自動でファイル名がつけられてさらに便利です。 よく使う機能を登録して、すぐ使えるようにしておきましょう! このページでご紹介した機能は、設定内容を保存することができます。 よく使う機能はワンボタンですぐ使えるように登録していただくことをおすすめします。 ご紹介したスキャンの設定をした状態で、画面右上にあるボタンを押します。 「カスタムメニューに登録」もしくは「ホームに登録」ボタンより登録できます。 スキャンする原稿に合わせた設定にすることで、その後のデータの扱いがぐんと楽になります。 お問い合わせは土・日・祝日および年末年始を除く弊社営業日・営業時間内で対応させていただいております。 なお、お問い合わせ内容によってはご回答にお時間をいただく場合がございます。 あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

次の

RGBI対応アップスキャンコンバータ

アップスキャン

アナログ映像をHDMI信号へ変換するコンバーター REX-AV2HD-4Kは、アナログコンポジット出力・Sビデオ出力が可能な機器と接続することで、アナログ映像をHDMI信号に変換できる映像コンバーターです。 レトロゲーム機やVHSビデオなど、アナログ出力のみ可能な機器でも本機を使用する事でHDMI入力のテレビ・ディスプレイに接続・投影が可能です。 シンプルな操作ですぐにアップスキャンが可能 REX-AV2HD-4Kは、「SCALE」「ADJUST」「INPUT」3つのボタンだけの簡単操作ですぐにアップスキャンが可能。 複雑な操作や設定が無く、操作に戸惑う心配がありません。 SCALE ボタン 本製品から出力する映像の解像度を変更する場合に使用。 ADJUST ボタン テレビ画面の端などから映像が隠れてしまう場合などに画面サイズを縮小させる場合に使用。 HDから4K 60Hzまで解像度を変更可能 REX-AV2HD-4Kは、入力したSD映像をお手持ちのテレビ、ディスプレイに合わせ、720p(HD)から4K(3840x2160)までの解像度に変換・出力することが可能。 本体の"SCALE"ボタンを押すことで、720p〜4K60Hzまで順番に変更することができます。 切替時は映像が表示されてから任意の解像度になるまで順番に押してください。 アジャスト機能で映像の大きさを調整可能 REX-AV2HD-4Kは、本製品から出力される映像を段階的に縮小させる事のできる「アジャスト機能」を備えています。 お手持ちのテレビ・ディスプレイで画面の端が隠れてしまう場合、ボタンを押すことで画面の枠内に映像を収める事が可能です。 コンポジットケーブル、オーディオアナログ、S端子ケーブルおよび HDMIケーブルは添付していません。 安定感のあるメタル筐体.

次の