水戸 黄門 初代。 「水戸黄門」の知られざる歴史

水戸黄門の歴代キャストがスゴイ!有名人の一覧みたい!

水戸 黄門 初代

最近のドラマは、トレンディ・ドラマ ばかりですね。 当然時代に沿ったドラマが流行する のですが、たまには違ったストリーも 見たいと思います。 ご馳走でも同じものばかりを続けて いると、飽きてしまいますね。 だから、コースの途中でお口直しの メニューが出るのです。 まあ、テレビで言えば、映画や音楽、 旅行などの場組みになりますね。 そう、時代劇などもその一つだと 思います。 最近、水戸黄門が6年ぶりに復活と 話題になりました。 注目の目玉は、武田鉄矢さんが主役の 水戸光圀を演じると発表された ことでした。 しかし、「 イメージが違う」と 騒ぎになりましたね。。。 そこで、歴代のキャストを調べて みましたが、黄門様を演じた俳優は、 今では有名人ばかりになっていますね。 改めて、チョッとした オドロキでした。 長寿番組の時代劇ですが、主役の黄門様を 務めた歴代の俳優を一覧にしてみましょう。 なかなかの顔ぶれとなっていますね。 初代の黄門様は東野英治郎 初代の黄門様は、 東野英治郎さんが 務めています。 sponichi. jp 1969年8月4日 — 1983年4月11日で、 1部-13部に出演しました。 当時の東野英治郎さんは、時代劇などで 悪役を演じていました。 そんなイメージの俳優さんが黄門様 役ですから、やはり世間は驚いた ようですね。 しかし、水戸黄門が続くに従って 役柄が定着します。 あの黄門様の「 高笑い」の声が ストーリーにピッタリですね。 それで、今でも黄門様といえば 東野英治郎を思い浮かべる人も 多いですね。 とくに年配の方々ですが。。。 東野英治郎さんは、初代の黄門様を 61歳から75歳まで務めました。 2代目の黄門様は西村晃 2代目の黄門様は、 西村晃さんです。 sponichi. jp 1983年10月31日 — 1992年 11月9日で、 14部-21部の出演です。 西村晃さんは、新劇俳優として活躍 した方です。 いろんな賞にも輝いていますが、 どちらかと言うと悪役のイメージが 強かったようです。 渋い演技が多かったからでしょうか。 初代、2代目と続き、 悪役イメージの 俳優さんが黄門様役になるという ことになりましたね。 しかし、先代の黄門様に比べて、 若くダンディな西村晃さんんの 評判は、高まることになります。 演技がしっかりしているので、 黄門様=西村晃のイメージが 出来上がっていくのだと思います。 西村晃さんは、59歳から68歳まで 黄門様を務めました。 3代目の黄門様は佐野浅夫 3代目の黄門様は、 佐野浅夫さんです。 sponichi. jp 1993年5月17日 — 2000年11月20日で、 22部-28部の出演です。 佐野浅夫さんは、劇団出身の俳優で ドラマや映画でも大活躍し、 瑞宝章を受章しています。 初代、2代目の俳優さんと違い 庶民的なイメージの黄門様でした。 悪役出身の黄門様が途絶えましたね。 佐野浅夫さんの黄門様は、 優しい、 慈悲深い、涙もろい黄門様として 支持を集めることになりました。 そして、佐野さんは撮影所の 移動で、自転車を乗り回していた そうです。 この姿も庶民的と話題になった そうです。 佐野さんのエピソードをみると、 俳優さん自身のキャラクタが 黄門様に反映されると言うことが よく分かりますね。 佐野浅夫さんは、68歳から74歳まで 黄門様を演じました。 4代目の黄門様は石坂浩二 4代目の黄門様は、 石坂浩二さんです。 sponichi. jp 2001年4月2日 — 2001年9月17日で、 29部-30部の出演です。 石坂浩二さんは、よく知られた俳優です。 ドラマや映画、司会、ナレーター、 画家など、幅広い活躍で知られています。 また、博学でありなんでも知っている という印象もありますね。 クイズ番組の常連でもあります。 そんな石坂浩二さんですから、 歴代の黄門様役とは、少しキャラが 違いますね。 そのためなのか、理由は諸説ありますが 歴代で一番短い出演となっています。 早めの降板の理由は、病気(直腸がん) のためと言うことです。 しかし、石坂さんの黄門さまは、 トレードマークの ヒゲがない、 印籠を出さない、漫遊しない、など スタート当初は、異色のシリーズと 言われました。 後になって、従来のパターンに 合わせていきました。 なので人気もないと言われましたが、 最短で交代しています。 石坂浩二さんは、59歳から60歳まで 黄門様を演じました。 5ヶ月余りですが、途中で誕生日を 迎えています。 5代目の黄門様は里見浩太朗 5代目の黄門様は、 里見浩太朗さんです。 sponichi. jp 2002年10月14日 — 2011年12月19日で、 31部-43部の出演です。 里見浩太朗さんは、映画やドラマに 活躍していました。 また、各局の時代劇にも出演し 人気となっていましたね。 そのため、水戸黄門のキャストに 決まっても違和感は、それほど ありませんでした。 それもその筈、里見浩太朗さんは、 2代目黄門様のとき助さん役だった のですね。 また、映画では格さん役も 演じています。 水戸黄門シリーズで、 黄門様、 格さん、助さんの三役を演じたのは 里見浩太朗さんただ一人です。 最後の黄門様ということで、現在の 多くのファンにとって、黄門様と 言えば、里見浩太朗さんの印象が 強いですね。 里見浩太朗さんは、65歳から75歳まで 黄門様を演じました。 水戸黄門の歴代の動画が揃う 水戸黄門は、歴史が長くドラマだけでなく 映画もありますね。 映画の水戸黄門では、ドラマと 違ったキャストが揃っています。 ドラマでは見られない黄門様や 助さん・格さんが、活躍します。 水戸黄門シリーズの 原点が映画に ありますね。 いつも見ていたドラマとは、 少し違いますが、昔の時代劇が どんな作品だったのか分ります。 また、 初期の頃のドラマを見る ことで、新鮮なイメージも感じ ますね。 昔の映画やドラマは、テレビで見る ことは難しいので配信サービスが 手軽です。 まとめ そして、6代目の黄門様が、 武田鉄矢さんに決まりました。 歴代の黄門様のキャスト一覧を 眺めてみると、武田鉄矢さんの 黄門様も異色ですね。 ファンや視聴者の「 想像できない」 「 イメージが違う」という意見も 理解できます。 しかし、歴代のキャスティング された俳優さんたちも、最初は 馴染めなかったようですね。 やはり、俳優それぞれに個性や イメージ、キャラが違います からね。 しかし実力のある俳優さんは、 次第に個性を活かし、自分の 黄門像を作り出しています。 そして最後には、黄門様は この人だ、と言われるまでに なっていますね。 42年続いた長寿番組「水戸黄門」 の新リースは、どうなるので しょうか。 武田鉄矢さんは、どんな黄門様を 演じるのでしょうか。 期待されますね。

次の

水戸黄門の歴代キャストがスゴイ!有名人の一覧みたい!

水戸 黄門 初代

沿革 [ ] 物語の背景 [ ] 実在の水戸藩主である徳川光圀は、国史編纂(『』)の為に史局員のらを日本各地へ派遣して史料蒐集を行っているが、光圀自身は世子時代の遊歴と、藩主時代のと国元の往復や領内巡検をしている程度で、諸国を漫遊したという記録は一切確認されていない。 光圀は同時代の資料においてと評され、庶民の間でも知名度は高かった。 亡くなった時には「天が下 二つの宝つきはてぬ 佐渡の金山 水戸の黄門」というが流行った。 水戸黄門漫遊譚の成立には、この様な名君としての評判や、におけるの浸透が後の物語の形成に影響していると思われる。 光圀の伝記資料としては、正伝である『義公行実』をはじめ『』『』など様々なものがあり、年間にはこれらの伝記資料を基に実録小説である『』が成立し、黄門漫遊譚の起源となっている。 また史実の光圀は、家臣の(佐々宗淳)らを各地へ派遣しており、総裁であった佐々と(あさかたんぱく、安積覚兵衛)の二人が、後の助さん・格さんのモデルと見られている。 当時の身分制社会では現在に残る風習以上に、は本人・直系・本人が仕えるのみが、プライベートないし畏まった特別の場面でのみ呼称できるものであった。 目下の者が目上の者あるいは上位家系・上位職にある者などに対して諱を直言することをとし、呼称の際には、被呼称者がの場合には・・居住地などをあるいはと併用することが一般的であった。 の場合には法名を用いたり、呼称者と被呼称者の格差が大きい場合には姓すらも直言を視したりする風習が厳然と存在していた。 このため、水戸黄門の名は、光圀がの一統である水戸藩の藩主であり、として権中納言を名乗っていたことから、「徳川光圀」と直言することを避けるために、藩名である「水戸」と、中納言のである「」をとって広く用いられていた別称である。 詳細は「」を参照 講談『水戸黄門漫遊記』 [ ] になって、(氏名は不明)がこれらの伝記や作の滑稽話『』などを参考にして『水戸黄門漫遊記』を創作したと考えられている。 内容は、「天下の」こと光圀がお供のを連れて諸国漫遊して世直しをするというもので、大変な人気作となった。 副将軍職は幕府の職制にはないが、水戸徳川家にはがなく江戸定府であったことから、家臣の中には「いったん将軍にことあるときは、水戸家当主が代わって将軍職を務める」と思いこんで「副将軍」という者もいたという。 この講談話の始まりについては、を将軍職に就けるため、父であるが裏で動いて、水戸徳川家は「天下の副将軍」であるという話を世間に広めようとしたのだという説がある。 になると、の講釈師がお供を俳人ではなく家臣の(介三郎、助さん)と(格さん、または厚見角之丞など)の二人とする話に膨らませて、さらに人気の題材となっていった。 助・格は、『東海道中膝栗毛』が持つ「弥次・喜多」の魅力を取り入れたものと思われる。 明治初期の黄門物の講談はとでは演じられる筋が大きく異なっていたが、助・格を従えた大阪式のものが主流になっていったという。 が衰退した幕末から後の明治、、の前にかけて、幕府全盛期に比べてへの評価が著しく低下したにもかかわらず、黄門物がもてはやされた。 この背景には、実在の光圀がを敬ったりを忠臣として称えたりして、『大日本史』編纂やがや・に多大な影響を及ぼしていることと関連していると考えられよう。 幕末からの黄門物の講談・小説などでは、へ楠木正成の墓参に行くなどの尊王論的色彩が強かった。 大戦後の映画やテレビドラマではそのような尊王色は払拭されていった。 時代劇の定番として [ ] 明治末期に日本でも映画製作が始まると、時代劇映画の定番として『水戸黄門漫遊記』ももてはやされ、戦前から戦後にかけて数十作が製作された。 をはじめとして、、、ら時代劇の大スターたちが黄門を演じている。 黄門が老け役であることを嫌った大河内や市川のために、若侍との一人二役が設定された。 戦後はの禁止を経た後に、が市川右太衛門に続いてを主演にシリーズ化。 初期の月形黄門は作品であったが、好評のためオールスターキャストの大作が作られるようになり、題名も従来の『水戸黄門漫遊記』から単に『水戸黄門』が主流になっていった。 月形シリーズでは、昭和34年()の『』が名高い。 月形黄門の興行的成功により各社が競作したが、東映の月形作品には及ばなかった。 テレビ時代になると、がやはり月形を主演ににてした。 さらに月形と同様に悪役が多かったを主演に起用した(現・)シリーズ『』は更なる人気を博し、黄門ほか数役の俳優を幾たびか変更しつつ長寿番組化。 レギュラー番組としては2011年12月まで続いた。 このナショナル劇場版では脚本家のの案により、ドラマの毎回の佳境での紋所(の)が描かれたを見せて「控え居ろう! この紋所が目に入らぬか」と黄門の正体を明かすという筋書きがある。 TBS版水戸黄門は2015年のスペシャル版以降、放送が無いが、10月より、グループ局ので『水戸黄門』の新作が放送開始。 制作会社はTBS版と同じだが、黄門役がになったのを始め、出演者は一新された。 水戸黄門の人気や知名度は高く、で開かれる、水戸黄門漫遊 のような行事名などにも取り入れられている。 あらすじ・内容 [ ] 時は、「犬公方」こと五代の治世。 した光圀はお供の俳人を連れて、諸国漫遊を兼ねて藩政視察の世直しの旅に出る。 悪政を行なう・などがいれば、光圀は自らの「水隠梅里」を書き記すなどしてその正体をほのめかし、悪政を糾す。 しかしながら光圀が正すのは局所々における役人の不正であり、時にはの掟で結ばれない恋人同士に粋なはからいを示すことなどはあるが、身分制度の矛盾を根本的に正す社会改革にまで踏み込んだ対応を試みようとすることはない。 お供は明治の講談以降、佐々木助三郎と渥美格之進の二人に定まった。 作品中、光圀が問屋「越後屋」(あるいはにあるちりめん問屋)の隠居・光右衛門と名乗る設定、助・格が印籠を悪人に見せるクライマックス、物語の冒頭でのが、出立しようとする光圀一行を諫めるシーン、さらには一行に護衛のが加わるなどは、主としてテレビドラマ『』での演出であり、先行作品を含めて他の水戸黄門物に必ずしも共通する設定とは限らない。 ふたりの水戸黄門 2003年12月30日 単発 2017年10月4日 - 2017年12月6日 10 2019年5月19日 - 2019年8月11日 番外編 [ ] 番組名 放送期間 話数 制作局 主演(黄門役) 1981年9月3日 - 1982年7月15日 46 テレビ東京 (声) 水戸黄門ミステリー 2009年2月18日 単発 日本テレビ 関連項目 [ ] その他 [ ]• - 水戸黄門をモデルにした• - 水戸黄門をモチーフとした• - あだ名が「昭和の黄門」• - あだ名が「水戸黄門」• - NHKのアナウンサー時代、あだ名が「NHKの水戸黄門」であった。 - 「美浦黄門」の異名を取った元JRA調教師• - 「競輪界の黄門」という異名を取った元競輪評論家• - 開設記念の名称が「水戸黄門賞」• - テレビCMでアニメのキャラクターとして起用• 歌謡曲• 水戸黄門旅日記() ゲーム• 水戸黄門漫遊記を下敷きにした作品 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2018年12月) 『水戸黄門漫遊記』からヒントを得た作品に、次などがある。 TVアニメ• - ストーリー展開はドラマ版と同様だが、時代劇とは思えぬアップテンポの主題歌や「流星十文字斬り」や「葵三ツ葉返し」などの必殺技を持つ助さんと「力だすき」で百人力になる格さん、印籠を出すシーンの派手な演出など、奇抜な作風が特徴となっている。 - 6話の「黄門様がやって来た!! 」で、水戸光圀、佐々木助三郎、渥美格之進が登場する。 - SFコメディアニメ。 - 巨大ロボットアニメ。 - 破壊戦士(ロボット)「ゴールドスケザーン」「ゴールドカクザーン」が登場。 - ミト、スケ、カクが3代目ラムネのレギュラー仲間に登場。 - 劇中に『水戸悶々』という時代劇が登場。 TVドラマ• 「俺は天下の偽将軍」 - 水戸黄門漫遊記や三つ葉葵の印籠が登場。 「陰謀に巻きこまれた黄門様!? 」 - が父・光圀にあやかり、市中に出て悪を懲らそうとする。 - ちょこちょこっと登場する。 - 第27話「ティナのテスト勉強」でタイムスリップし、水戸光圀、佐々木助三郎、渥美格之進らが登場。 コミック• - による漫画作品。 光圀の命を受けた浪人が「格さん」を連れて諸国を旅して悪人を斬るというストーリー。 なお、もともとは「傀儡」というタイトルであった。 - による漫画作品。 - による漫画作品。 事故死して地獄へ落ちた老教師とその生徒2人が、阿弥陀如来の命で三千世界の秩序を乱す閻魔大王を退治に行くというストーリー。 - によるパロディ小説。 - (原案:)• - 落語• ゲーム• -『暴れん坊将軍』を下敷きにしているが、登場人物の相関性についてはむしろ『水戸黄門』を髣髴させる面が強い。 - 秋山駿にミレニアムタワー地下から助川、格田が登場。 - 第1弾のシールに黄門天神 天使 、助格さん お守り 、代官魔 悪魔 での三形成が登場。 参考文献 [ ]• 『』三代目著、編、版、2006年、• 『水戸黄門』著、、 脚注 [ ].

次の

水戸黄門 (第1

水戸 黄門 初代

日本が誇るもののひとつとしてあがるのは、「時代劇」ではないでしょうか。 日本の歴史を学ぶことができる大河ドラマから、今の特撮ヒーローの先駆けとなったといっても過言では無い悪者から人を助ける人情もののドラマ。 様々なものがあります。 それぞれの時代背景を美しく描いているものが多くどのドラマも素晴らしいですよね。 その中でも特に知名度が高く、 長きにわたって愛されているのが「水戸黄門」です。 今回はそんな歴史のある時代劇「水戸黄門」に主要メンバーとして出演されてきた俳優の方々をご紹介したいと思います。 SPONSORED LINK 水戸黄門の歴代俳優を紹介!初代から6代目まで まずは「水戸黄門」の主役である黄門様を務められた歴代の俳優さんをみてみます。 初代黄門様 東野英次郎さん 東野英次郎さんは俳優の他にも演出家や随筆家としても活躍されていたそうです。 戦前期は本庄克二として活動していたそうです。 1969年の「水戸黄門」放送開始から1983年まで黄門様を演じていました。 2代目黄門様 西村晃さん 俳優、声優として活躍していた西村晃さん。 1964年公開の映画「赤い殺意」で、ブルーリボン賞助演男優賞 1987年に紫綬褒章を受賞を受賞されています。 まさに日本が誇る俳優ですね。 1983年 から1992年まで黄門様を演じていました。 3代目 佐野浅夫さん 佐野浅夫さんは俳優、声優、童話作家、実業家として幅広く活動されています。 現在94歳ということで、いつまでも元気で素敵な方です。 1993年から2000年まで黄門様を演じていました。 4代目黄門様 石坂浩二さん 石坂浩二は、タレント・司会者・ナレーターとしてもよくお見掛しますね。 他にも画家・作家・翻訳家・作詞家として活動されており、とても多彩な形です。 2001ねんから2002年まで黄門様を演じていました。 5代目黄門様 里見浩太朗さん 里見浩太朗さんは時代劇によく出演されている名俳優です。 高校生の頃に「NHKのど自慢大会」で合格をするほどの美声の持ち主で、歌手としても活躍されています。 2002年から2008年まで黄門様を演じていました。 6代目黄門様 武田鉄矢さん ドラマ「金八先生」としてのイメージが強い武田鉄矢さん。 他にも海援隊のボーカルとしても有名ですが、片山蒼として映画やドラマなどの脚本も書かれているそうです。 2008年から現在も黄門様として活躍されています。 SPONSORED LINK 現在は7代目?水戸黄門の歴代助さん• 初代 杉良太郎 俳優であり歌手として活躍されている杉良太郎さん。 初代助さんとし1969年8月4日 — 1971年まで演じました。 2代目 里見浩太朗 5代目の黄門様として活躍された里見浩太朗さん。 助さんとしても活躍されていたんですね。 1971年から1988年まで務められまさした。 3代目 あおい輝彦 声優や歌手としても活動されているあおい輝彦さん。 ジャニーズ事務所や劇団四季に所属されていたこともあるそうです。 1988年 から2000年まで助さんを務めました。 4代目 岸本祐二 岸本祐司さんは沖縄出身で甘いマスクの持ち主です。 2001年から2003年まで助さんを務めました。 5代目 原田龍二 年末恒例の「笑ってはいけない」シリーズに出演するなど、気さくなイメージのある原田龍二さん。 2003年から2010年6月28日まで助さんを務めました。 6代目 東幹久 目力の強さが特徴的な東幹久さん。 バラエティー番組などでも活躍されていて、笑顔がとってもすてきですよね。 2010年から2011年まで助さんを務めていました。 7代目 財木琢磨さん 現在の助さんは、「ミュージカルテニスの王子様3rdシーズン」にも出演していた財木琢磨さん です。 2017年から助さんを務めています。 SPONSORED LINK 水戸黄門の歴代格さん(初代から7代目)• 1969年から1978年まで格さんを務めていました。 2代目 大和田伸也 日本人として初めて中国映画に出演したこともある大和田伸也さん。 幼い頃からとても優秀だったそうです。 1978年から1983年まで格さんを務めました。 3代目 伊吹吾郎 9月に73歳で熟年離婚したことで話題になった伊吹五郎さん。 長男である伊吹康太郎さんも俳優として活躍されています。 1983年から2000年まで格さんを務めました。 4代目 山田純大 杉良太郎さんが父である山田純大さん。 親子で「水戸黄門」に出演経験があるのはとても素晴らしいですね。 2001年から2003年まで格さんを務めました。 5代目 合田雅吏 特撮ドラマのヒーローの主役としても活躍したことのある合田雅吏さん。 2003年から2010年まで格さんを務めました。 6代目 的場浩司 クールでワイルドなイメージがある的場浩司さん。 趣味も多くアクティブな俳優さんです。 2010年から2011年まで格さんを務めました。 7代目 荒井敦史さん そして現在格さんを務めているのは、D-BOYSのメンバーである荒井敦史さんです。 2017年から格さんを務めています。 SPONSORED LINK 水戸黄門といえば忘れられない歴代女優 水戸黄門の紅一点女優といえば、霞のお新を演じた宮園純子さん。 そして1986年から2000年までのかげろうお銀。 2001年からは疾風のお娟(はやてのおえん)を演じる由美かおるさんです。 いずれもくノ一で、なかでも由美かおるさんの入浴シーンは、水戸黄門の名物シーンですよね。 「水戸黄門」はとても歴史のある時代劇で、錚々たる俳優の皆さんが出演されていて凄く魅力のあるドラマです。 これからも末長く続いて欲しいですね。 SPONSORED LINK•

次の