ウィーン リング アンサンブル。 KAJIMOTO

ウィーン・リング・アンサンブル ニューイヤーコンサート|コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

ウィーン リング アンサンブル

大 ホールと異なり、ブラームス・ホールは歳月とともに大きく様相を変えてきた。 如何なる経過で、いつごろからブラームス・ホールが1993年以前のやや寂れ た状態になったかは不明のままであ った。 唯一確かだったのは、かつてのホールが全く異なる外観だったに違いないという事実だけであ る。 「楽友協会新建築の工事と落成に寄せて」という記録文書の中で、当時まだ小ホールと呼ばれていたブラームス・ホールは「小さな宝石あ 」と称えられている。 「愛すべき小ホールは大ホールと著しい対照を示している。 その落ち着いた雰囲気とシンプルな品位は、正に特筆に価する…」 1870 年当時の小ホールが如何なる外観であ ったか、即座に説明できる人物は全く存在しなかったが、古い資料が一条の光明をもたらした。 ウィーン美術アカデミーの銅版画キャビネットで発見された2つ のオリジナルなエスキスには、極めてカラフルに装飾された小ホールが描かれていた。 このことは壁面の丹念な調査により実証された。 緑の壁に赤い柱、そして 豊かな黄金の装飾、これが小ホールのオリジナルな外観であ ったに違いない。 それは又ブラームス・ホールの外観でもあ る。 抜本的な修復に よってホールは再び、色彩豊かな「ギリシャ風ルネサンス」へと蘇った。 ヘラスと呼ばれた古代ギリシャへの傾倒は、ここでも神殿の破風、イオニア柱、カリア ティードなどに表現されている。 1870年の最初のコンサートでは、クララ・シューマンが演奏した。 これはヨハンネス・ブラームスの提言によるものであ った。 ブラームス自身もピアニストとしてここで演奏し、彼の多くの作品がここで初演されている。 こうした経緯から協会創立125周年の1937年、小ホー ルはブラームス・ホールと改称された。 以来ブラームス・ホールは全世界の音楽ファンにとって歌曲および室内楽のトップアドレスとして知られている。 長さ32. 50メートル、幅10. 30メートル、高さ11メートル、座席数約600。 偉大な兄とも言うべき大ホール同様の音響条件を備えている理想的なホールであ る。 php on line 1007.

次の

『ウィーン・リング・アンサンブル 今年は、こうもりとヴェルディにうっとり』名古屋(愛知県)の旅行記・ブログ by ゆうこママさん【フォートラベル】

ウィーン リング アンサンブル

概要 [ ] のオーケストラである(6管編成・150名ほど)の団員のうち、入団を認められた者が自主運営団体たるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(5管編成・120名ほど)を構成する。 大型の編成を求められる曲(など)では、国立歌劇場の団員もエキストラとして出演する場合もある。 1933年以来、常任指揮者は置いていない。 定期演奏会のプログラムは楽団にて自主決定され、その上で、指揮者、独奏者、歌手を楽団が招聘する。 責任者である楽団長は選挙で選ばれる。 定期演奏会はあくまでも年間契約者に対しての予約販売であるため、現地でも入手困難である。 特色 [ ] 管楽器は、、、など、ウィーン独自の伝統的なスタイルのものが使われている(近年職人の減少により日本のがこれらの楽器の開発と製作に携わっている)。 弦楽器は、の一部を除いてオトマール・ラング工房で製作されたものが用いられている。 は、かつて自分が監督をしていたウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団(現)でウィーン・フィルの使っている弦楽器を使用してみたが、ウィーン・フィルのような美しい響きを作り出すことはできなかった、と語っている。 がウィーン・フィルに「譜面通りきちんと弾くよう」に指示したところ、コンサートマスターのから「やめなさい。 そんなスミをほじくるの僕らは好きじゃない」と言われて拒否されたという。 逆に、コンサートマスターのは「良い指揮者とは私たちの音楽を邪魔しない指揮者のこと」と語ったうえで、「(ウィーン・フィル名誉指揮者の)は天皇様のように怖かったです(無条件に従っていたということ)」と回想している。 そのカール・ベームは「ウィーン・フィルは、良くない指揮者をバカにする。 そして『あのエロイカのテンポは完全に間違いだ』『それなら我々の方がよく知っている』とみんなで言い始める。 ウィーン・フィルでは指揮者がよくないと、全くバラバラになってしまうのです。 こんなことはベルリン・フィルでは決して起こりません。 ただしウィーン・フィルでは全員にインスピレーションを与えられた時には、本来の姿よりもはるかに偉大なことをやり遂げるのです。 およそ考えうる限りの素晴らしいことを実現します」と語っている(1975年に来日した際のNHKインタビュー)。 定期演奏会は楽団にて自主決定されるため、たとえのやであっても、楽団員から認められなければ指揮者として呼ばれることがない。 定期演奏会の指揮回数を見ても、が57回と最高であり、次に多いのは出身のやである(アバドが41回、メータが29回)。 の都合で度々共演していたも、定期演奏会には8回しか呼ばれることはなかった。 しかし、の演奏法が理論的に浸透するに連れて、当時のピッチやボーイング、ヴィブラート、テンポ、バランスなどの点で指揮者の意見が通る例が増えてきている。 現代曲のが必要なの場合はペダル式のドイツののものを使用するか、第2奏者が調律ねじを操作する(通常はシングルハンドル式のウィンナ・ティンパニを使用する)。 楽器配置は「対向配置」(第一ヴァイオリンと第二ヴァイオリンが指揮台をはさんで「対になって向き合うように」配置する方法。 時計回りに、第1ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、第2ヴァイオリンの順に配置)であり、は左手奥へ、は金管の後ろ、オーケストラの一番後ろの列で横一列に並ぶのが一般的である。 また、弦楽器が指揮者の周りを時計回りに、第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラの順に並ぶ配置をとる場合も多い(やが指揮の時など、市販されている多くの演奏録画で確認できる)。 しかし、「現代(モダン)配置(弦楽器を第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの順に配置)の場合もある(市販されているとの演奏録画で確認できる)。 レパートリーは、、、、、、、などいずれもウィーンとゆかりの深いドイツ・オーストリア系の作曲家が中心である。 また領内であったや、の音楽などにも優れた資質を示す。 更に音楽や音楽の演奏でも一定の評価を得ている。 ブラームスやブルックナーのなど、ウィーン・フィルが初演を行ったものも多い。 の も初演している。 楽器は、楽友協会保管の楽器が貸与される。 コンサートマスターには、提供のの「シャコンヌ」が貸与される。 運営には専門事務職員もいるが、チケット販売、コンサートやツアーの企画、スケジュール、指揮者の選定、人事、コンサート記録の保管、予算管理、ポスターやグッズ販売を団員が主体的に自主運営している。 オーケストラのメンバー [ ] ウィーン・フィルハーモニー協会は自主運営団体であるが、そのメンバーはウィーン・フィルの基盤となるの団員としての活動が義務付けられている。 1973年以降は、に合格した後、まず国立歌劇場の団員として3年の試用期間を経て(その間ウィーン・フィルの演奏にも待機団員として加わる)、正式にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の団員として採用される。 1973年以前は、国立歌劇場管弦楽団の定員よりウィーン・フィルハーモニーの定員のほうが少なく、国立歌劇場管弦楽団入団と同時(、、等がその例である)あるいは短期間の後にフィルハーモニー協会に入会を認められた奏者もいる一方で、退職者が出てフィルハーモニーの定員が空くまで数年間待ってようやく入会を認められる奏者もいた(現行と同様、未入会期間中もウィーン・フィルの演奏に待機団員として加わっていた)。 特に、国立歌劇場総監督であったによって国立歌劇場管弦楽団の定員が増員された1964年以降に入団した奏者は、フィルハーモニーの定員に変化がなかったこともあり、フィルハーモニー協会への入会を認められるまで長期間を要する者も多く、規定が変更されて1973年3月1日付で入会を認められるまで8年間かかった奏者もいた。 ウィーン・フィルのメンバーとして25年間活動を続けた奏者は、楽団からウィーン・フィルハーモニー名誉リングを授与される。 65歳定年後は準団員となりオペラやウイーン・フィルの海外公演や定期公演のような忙しい時、ウイーン国立歌劇場管弦楽団、ウイーン・フィルのエキストラとして演奏する。 採用されるのは主にの出身者で、先輩団員から直接指導を受けている(多くの団員は演奏活動のかたわらウィーン国立音楽大学で教鞭をとっている)。 また、採用される前からエキストラとしてウィーン・フィルの演奏に参加している者が半数以上いる。 ウィーン国立音楽大学出身者でなくとも、のように、第1コンサートマスターであったに直接師事した直弟子で、名誉指揮者のの推挙によってコンサートマスターに採用されたものもいる。 まではオーストリア(ドイツ)人または旧支配地域出身の男性にほぼ限定されており、女性団体などから社会的に批判されることもしばしばだった。 しかし、に女性奏者(1971年に国立歌劇場管弦楽団に入団、1974年からはウィーン・フィルの勤務組合に所属しており、フィルハーモニー協会への入会は認められなかったものの、正団員と同様の報酬を受けていた)を採用したのを皮切りに、女性楽員が徐々に増加している。 歴史 [ ] ウィーン・フィルハーモニーの誕生 [ ] ワインガルトナー指揮によるリハーサルの様子。 フェルディナント・シュムツァーによる 1926 (後の)のオーケストラとして、にレドゥーテンザールにて行われた「大コンサート」もってウィーン・フィルの誕生とする。 帝国王立宮廷歌劇場の楽長で作曲家でもあったが指揮した。 1847年にニコライがウィーンを去ってしばらく活動は停滞したが、1860年にカール・エッケルトが宮廷歌劇場の監督に就任し、1860年1月15日にケルントナートーア劇場にて定期演奏会を指揮し、以来現在まで演奏会が継続している。 1875年から1882年にかけて、ウィーン・フィルのホルン奏者の出身である高名な指揮者を定期演奏会の指揮者(首席指揮者)として迎え、リヒターを中心とした家長的な温かい雰囲気の中でオーケストラは大きな発展を遂げた(『ウィーン・フィルハーモニーの黄金時代』と呼ばれる)。 リヒターはブラームスの、、ブルックナーのをウィーン・フィルハーモニーで初演している。 リヒターの後任としてが首席指揮者に就く(1898年 - 1901年)と、その妥協を許さない狂熱的かつ革新的な姿勢で楽員としばしば衝突し、マーラーに反対したリヒター時代からの古参楽員は引退に追い込まれ、若い優秀な楽員への大幅な入れ替えがあった。 定期演奏会でのマーラーのプログラムはやが主で、の『』やの(『初演)等も採りあげていたが、自作は採りあげなかった。 1900年のでも、マーラーの指揮のもと演奏を行った。 これがウィーン・フィル初の国外公演でもあった。 オーケストラとの関係悪化によりマーラーが退任した後、コンサートマスターで作曲家でもあったが首席指揮者に就任する(1901年 - 1903年)が、長くは続かなかった。 その後数年間客演指揮者制となり、世界的に声望のある指揮者陣、、、、、、若き日のなどが定期演奏会の指揮台に立った。 1908年にが宮廷歌劇場の総監督に就任すると同時にウィーン・フィルの首席指揮者として迎えられ、以後19年間(1908年 - 1927年)にわたって輝かしい芸術的成果を上げる。 同年にウィーン・フィルは公式に認可される協会組織となり、名称も新たに"Wiener Philharmoniker"となった。 1918年が崩壊するとパトロンを失い、宮廷楽団から脱皮し、労働者のためのコンサート、舞踏会主催、録音などの収益拡大した。 1922年夏にはワインガルトナーの指揮で初めて南アメリカへ演奏旅行を行い大成功を収めた。 また(ウィーン・フィルと同じく1842年に創設)においてオペラとコンサートの両面で活躍し、音楽祭の中心的な存在となる。 このザルツブルクでの活動は国立歌劇場総監督のとブルーノ・ワルターの貢献に拠るところが大きい。 ワインガルトナーの後任の首席指揮者としては、、の指揮者も兼任していたが就任する(1927年 - 1930年)が、ベルリンでの活動に専念するため数年で退任。 国立歌劇場総監督に就任したを首席指揮者に迎えた(1930年 - 1933年)が、クラウスが失脚してウィーンを去った後はかつて1903年〜1908年に行ったように、楽員の投票によって定期演奏会の指揮者を招聘する客演指揮者制となった。 当時、折からので演奏会の切符の売り上げが極度に落ち込み、楽員の内輪で切符を売りさばかなければならないほどだったが、客演指揮者制に移行して、、、、、など多彩な大指揮者たちが定期演奏会に登場することによって、そうした事態も解消された。 第二次世界大戦期および戦後 [ ] による1938年のは、ウィーン・フィルの栄光の歴史に暗い影を投げかけた。 によりウィーン・フィルハーモニー協会に解散命令が下ったのである。 フルトヴェングラーらの奔走により解散自体は免れたが、その後は組織改編を断行せざるを得ず、ナチス党員である楽員が幹部に就任した。 そして一部のの配偶者を持つ楽員や「半ユダヤ人」の楽員は残留を許されたものの、多数のユダヤ系楽員が退団に追い込まれるという大きな痛手を負った。 ユダヤ系楽員のうちのなどのように大部分はイギリスやアメリカなどに逃れたが、やはりコンサートマスターのを含む6人は強制収容所に送られ、そこで亡くなった。 また、父がユダヤ人であるブルーノ・ワルター、妻がユダヤ系のエーリヒ・クライバー、ナチズムを含むファシズムに反対の立場を明確にしていたアルトゥーロ・トスカニーニなどは皆アメリカ大陸へ逃れてしまい、これらの大指揮者による演奏は不可能になってしまった。 そのためフルトヴェングラーや国立歌劇場総監督のらによってウィーン・フィルの活動が続けられた。 その一方で、後にコンサートマスターに就任した、、といった若い有能な奏者も入団した。 演奏活動の面でもナチスのプロパガンダに大いに利用され、ドイツやオーストリアの各地の軍需工場などで多くの慰労演奏会を行った。 1945年4月、におけるナチスの敗北が目前に迫ると、ソ連軍がナチスを敗走に追い込みつつ、ウィーンの目前に迫った4月2日に、ウィーン・フィルはクレメンス・クラウスの指揮により戦中最後の演奏会を行った(曲目はブラームスの「」)。 演奏会終了後、フルトヴェングラーがかつて残した助言に従い、ムジークフェラインザールを護衛するという名目で「ウィーン・フィルハーモニー国防団」を結成し、楽員のほぼ全員が空襲の激しいウィーン市街に残留した(一部のナチス党員であった楽員はなどへ逃亡した)。 彼らはや消防署などの地下通路で生活し、ソ連軍が進攻するまでの時間を過ごした。 ソ連軍によるウィーン進駐後は、コンサートマスターでロシア語の堪能なを楽団長として、オーストリア新政府やソ連軍と交渉しつつ、ウィーンにおける文化活動の再開、すなわち演奏会の再開に向けて始動した。 オーストリア独立宣言の日(4月27日)に、やはりウィーンに残留していたクレメンス・クラウスの指揮の下、コンツェルトハウス大ホールにて解放記念コンサートを催した(曲目はベートーヴェンの、の、の)。 しかし、戦後処理としてナチス党員の楽員の半分以上は退団となり、また本業のオペラの本拠地である国立歌劇場は空襲で焼けてしまい(1955年に再建されるまではやを仮小屋とした)、フルトヴェングラーやクレメンス・クラウス、ハンス・クナッパーツブッシュ、カール・ベームなどの重要な指揮者たちはナチス協力疑惑のため連合国軍により数年間指揮活動を停止させられたことにより、ウィーン・フィルの活動は困難を極めた。 ユダヤ系指揮者ヨーゼフ・クリップスなどの尽力により、徐々にそのペースを回復し、大指揮者たちがウィーンに再び戻ってきた1940年代の終わりから往年の栄光と輝きを取り戻した。 諸外国への演奏旅行も再開された。 1947年にはに出演(指揮は1938年以降共演が途絶えていたブルーノ・ワルター)、1956年には初来日した。 中編成の規模で指揮者は作曲家の、での公演であった。 同年11月には、(急逝したの代役)の同行でアメリカへの楽旅が実現し、大きな成功を収めた。 1997年2月より、それまで長らく受け取ってきたオーストリア政府からの補助金を受け取らないことを決定している。 にはのに任命されている。 歴代コンサートマスター [ ] 1922年• (1842 - 1867)• (1842 - 1864)• (1863 - 1877)• (1868 - 1897)• (1875 - 1907)• (1881 - 1938)• *首席コンサートマスター: - 1938• (1897 - 1925)• (1902 - 1936)• (1921 - 1945)• (1935 - 1938)• (1938 - 1949)• *首席コンサートマスター:1945 - 1949• (1939 — 1970)• *首席コンサートマスター:1949 — 1970• (1939 - 1972)• (1945 - 1965)• (1965 - 1969)• (1965 - 1972)• (1969 — 1992)• *首席コンサートマスター:1972 - 1992• (1971 - 2016)• *首席コンサートマスター:1992 - 2016• (1974 - 1992)• (1974 - 2008)• (1992 - )• *首席コンサートマスター:2016 -• (1997 - 2000)• (2000 - )• (2011 - ) 指揮者たち [ ] 現在までにウィーン・フィルの指揮台に登場した主な指揮者は、以下の通りである。 首席指揮者 [ ]• 1860年-• 1875年-• 1882年-• 1883年-• 1898年-• 1901年-• からは首席指揮者不在(客演指揮者のみ)• 1927年-• 1930年-• 以降は首席指揮者を置かないことに決定。 実質的な首席指揮者 [ ]• また実際に戦後の定期公演の指揮回数は、カール・ベームが57回と最多である(フルトヴェングラーが22回、カラヤンは18回)。 名誉指揮者 [ ] 「名誉指揮者」の称号は、1967年のウィーン・フィル創立125周年を記念し、当時「オーストリア(共和国)音楽総監督」であり実質的な首席指揮者であったカール・ベームのために創設された。 ベームの死後にカラヤンにも贈られた。 (公式発表は) 名誉団員 [ ]• コンサート [ ] シェーンブルンの屋外コンサート 年間オーケストラに120日、オペラに300日の練習・公演をするので、楽団員の1日のスケジュールは昼間に国立歌劇場でのオペラのリハーサルと楽友協会でのオーケストラのリハーサルし、夜オペラの本番とハードであり、クオリティーの保持も求められる。 ニューイヤーコンサートのメンバーとオペラのメンバーは1年交替である。 定期演奏会 定期演奏会を大ホール(ムジークフェラインザール)で行う。 定期演奏会は9月〜6月にかけて毎月一回程度・日曜日午前11時開始・1プログラム1回・年10回である。 公開ゲネラルプローベ(総練習、ゲネプロ)と称してもう1回の公演も行われ、定期演奏会の前日の土曜日午後3時30分開始となっている。 夜はオペラ公演を行うため、ウィーン・フィルの定期演奏会と公開ゲネプロは昼間に行われる。 が1939年から始めたは現在最も世界的に有名なクラシックのコンサートとなっている。 このコンサートはの曲を中心としたウィーンゆかりの曲目でプログラムされており、アンコール曲に必ず『』と『』が演奏される。 () 2004年から始まった新しい試み。 毎年6月に入場無料の屋外コンサートをに於いて催している。 クラシック音楽からポピュラー音楽までのプログラムが組まれ、2010年にはの「のテーマ」や「」のような作品も演奏されている。 しかし必ずの「」を演奏して締めることになっている。 そのほかに特別演奏会として、ムジークフェラインザールやウィーン・コンツェルトハウスで演奏会を行っている。 また、や(Wiener Festwochen)でのメインイベントとして演奏会が行われている。 さらには、ニューヨークと東京およびケルンで毎年行われている「ウィーン・フィル・ウィーク」そしてユーロ・チクルス ロンドンとパリでの各2回から3回のコンサート がある。 の毎週日曜日のミサでは伴奏も行う。 レコーディング [ ] ウィーン・フィルの最初期のレコーディング(の機械吹き込み)には「」「」「」「」などワルツの曲が選ばれている(指揮はヴァイオリン奏者であったヨーゼフ・クライン)。 また、作曲家であるやの自作自演の録音も存在する。 近現代の音楽、戦後数年ぐらいまでは楽員が近現代の作品を演奏することに対してあからさまに拒絶反応を示すことがよくあったという(レコードプロデューサーのは「1910年以降作曲された作品に関して演奏することを極端に嫌がるオーケストラ」と評している)。 「」の大マニアでレコードコレクターであった英文学者のは、それでも「(この曲を演奏する上での)欠点と呼ぶには美しすぎる」と書いている。 マーラーの弟子であったや、マーラーの交響曲を得意としたバーンスタインが数多く取り上げるようになってから、マーラーはウィーン・フィルの主要レパートリーの一つとなった。 近年ではや、ハンガリー出身でウィーン在住だったなども、らと頻繁に取り上げるようになった。 メンバーの活動 [ ] 創立以来ウィーン・フィルのメンバーを中心として結成された室内楽グループは弦楽器、管楽器共に数多い。 著名な団体を下記に列挙する。 ヘルメスベルガー弦楽四重奏団(のおよびが主宰)• グリュン弦楽四重奏団(コンサートマスターのが主宰)• ロゼー弦楽四重奏団(コンサートマスターのが主宰)• プリル弦楽四重奏団(コンサートマスターのが主宰)• マイレッカー=ブックスバウム弦楽四重奏団(コンサートマスターの、首席チェロ奏者のが主宰)• セドラック=ヴィンクラー弦楽四重奏団(コンサートマスターのが主宰)• ウィーン・フィルハーモニア弦楽四重奏団(第1ヴァイオリン首席奏者のが主宰)• シュナイダーハン弦楽四重奏団(コンサートマスターのが主宰)• (第1ヴァイオリン奏者のが主宰)• バリリ弦楽四重奏団(コンサートマスターのが主宰)• ウィーン・フィルハーモニー弦楽四重奏団(コンサートマスターのが主宰)• (コンサートマスターのが主宰)• ウィーン・フィルハーモニー五重奏団(第1ヴァイオリン首席奏者のが主宰)• ウィーン弦楽四重奏団(コンサートマスターのが主宰)• ウィーン室内合奏団(コンサートマスターのが主宰)• キュッヒル四重奏団(ウィーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団)(コンサートマスターのが主宰)• ザイフェルト弦楽四重奏団(第1ヴァイオリン奏者のギュンター・ザイフェルトが主宰)• ウィーン・フィルハーモニア弦楽三重奏団(第2ヴァイオリン首席奏者のが主宰)• ウィーン・フィルハーモニア弦楽五重奏団(第2ヴァイオリン首席奏者のペーター・ヴェヒターが主宰)• シュトイデ弦楽四重奏団(コンサートマスターのが主宰)• ウィーン・フィルハーモニー管楽アンサンブル• ウィーン八重奏団(コンサートマスターのが主宰。 後に(のコンサートマスター)に交代)• 新ウィーン八重奏団(コンサートマスターのが主宰。 後にコンサートマスターのに交代し、ウィーン八重奏団となる(下記))• ウィーン八重奏団(コンサートマスターのが主宰。 新ウィーン八重奏団(上記)の後身)• ウィーン・リング・アンサンブル(コンサートマスターのが主宰)• ウィーン・ヴィルトゥオーゼン(首席クラリネット奏者のが主宰)• シャントル四重奏団(第1ホルン奏者のが主宰するホルン四重奏団)• シュティーグラー四重奏団(第1ホルン奏者のが主宰するホルン四重奏団)• フライベルク・ホルン五重奏団(第1ホルン奏者のが主宰するホルン五重奏団)• ウィーン管楽ゾリステン• ウィーン弦楽ゾリステン• アンサンブル・ウィーン(第1ヴァイオリン奏者のパウル・グッゲンベルガーが主宰。 グッゲンベルガーの死去後、コンサートマスターのが主宰。 現在はコンサートマスターのが主宰)• シュピラー・シュランメルン(第2ヴァイオリン奏者のアルフレート・シュピラーが主宰するアンサンブル)• フィルハーモニア・シュランメルン・ウィーン(第2ヴァイオリン奏者のアルフォンス・エガーが主宰するアンサンブル。 後に第1ヴァイオリン奏者のマルティン・クービクが主宰)• コルソ・ウィーン(第2ヴァイオリン奏者のアルフォンス・エガーが音楽監督)• ウィーン・ホフムジークカペレ(が音楽監督) 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ]• Dudenverlag. 2005. 837. Dudenverlag. 2005. 627. フルトヴェングラー『』芳賀檀・訳、新潮社、1981年、213頁。 ヴァントが1960年にと共にを録音した際のエピソードを自ら語ったもの。 『』1998年9月号、211頁。 中野雄『ウィーン・フィル 音と響きの秘密』文藝春秋<文春新書>、2002年。 2018年1月1日18時NHKEテレ放送「ウィーンニューイヤーコンサートに乾杯!生中継直前 音楽の祝祭を100倍楽しむ方法」• 2018年1月26日21時30分NHKEテレ放送「高橋克典のウィーン紀行 1 ウィーンフィルの秘密」• 野村三郎『ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで』音楽之友社、2014年、211ページ。 2018年1月1日19時NHKEテレ放送「ウィーンフィルニューイヤーコンサート2018」• 2018年1月1日18時NHKEテレ放送「ウィーンニューイヤーコンサートに乾杯!生中継直前 音楽の祝祭を100倍楽しむ方法」• 2018年1月1日19時NHKEテレ放送「ウィーンフィルニューイヤーコンサート2018」• 2018年1月26日21時30分NHKEテレ放送「高橋克典のウィーン紀行 1 ウィーンフィルの秘密」 参考文献 [ ]• アレクサンダー・ヴィテシュニク『ウィーン・フィルえぴそーど』福原信夫、吉野忠彦/共訳、立風書房、1975年。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (ドイツ語) (英語) (日本語)•

次の

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

ウィーン リング アンサンブル

ウィーン・フィルの首席演奏家たちが奏でる極上の音楽アルバム! ウィーン・リング・アンサンブルはウィーン・フィル首席演奏家たちによって結成されており、近年はウィーンでの「ニューイヤー・コンサート」を終えるとすぐに日本へ駆けつけ、各地で演奏会を開催しています。 本場の響きと空気をそのまま日本のファンに届けてくれる、ウィーン・フィル伝統の小編成アンサンブルです。 このCDに収録されているのは、1990年にウィーンのショッテン修道院で録音された、ヨハン・シュトラウスII世の作品を中心としたウィーン情緒あふれるワルツやポルカです。 シュトラウスの音楽が持つ上品さが融合された素晴らしい室内楽演奏となっています。 シュトラウスII世が宮廷での演奏依頼を受けていた当時、その編成は10名前後の規模のものが記録されています。 このウィーン・リング・アンサンブルの演奏は、そのような当時の宮廷での響きを彷彿とさせながらも、ウィーンの新鮮な風をも感じさせるような仕上がりとなっています。 最新リマスタリングによって、音質もさらに向上。 新年の幕開けに、ぴったりの1枚です。 美しく青きドナウ J. シュトラウスII世 2. ウィーン気質 J. シュトラウスII世 3. アンネン・ポルカ J. シュトラウスII世 4. 春の声 J. シュトラウスII世 5. 天体の音楽 ヨーゼフ・シュトラウス 6. トリッチ・トラッチ・ポルカ J. シュトラウスII世 7. ピツィカート・ポルカ J. 皇帝円舞曲 J. シュトラウスII世 9. ウィーンの森の物語 J. シュトラウスII世 【演奏】 ウィーン・リング・アンサンブル 【録音】 1990年9月18日、19日、20日 ショッテンシュティフト・フェストザール ウィーン.

次の