オース ブレイカー mtg。 召し上げ/Expropriate

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:インフェルノ・オース(ヴィンテージ)|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

オース ブレイカー mtg

【翻訳記事】オースブレー疑似総合ルール 本記事はMTG のカジュアル・ルールである、 「オースブレー」の『総合ルール』についての非公本語訳です。 1 オースブレー変種ルールでは、各デッキはそのデッキのオースブレーとして指定されたプレインズウォーカーと、刻銘呪文として指定されたインスタントまたはソーサリーによって率いられる。 オースブレーフォーマットの作成は公式でなく によるものです。 オースブレー変種ルールでは、通常のマジックのルールすべてに加えて、以下の追加ルールを用いる。 906. 2 オースブレー戦は多人数戦で行われる。 通常、無差別戦変種ルールに「複数への攻撃」選択ルールを用い、「影響範囲限定」選択ルールは用いない。 rule 806参照。 906. 3 各デッキにはオースブレーとして指定されるプレインズウォーカー・カードが1枚含まれる。 この指定はそのカードで示されたオブジェクトの特性ではなく、そのカードそのものの持つ属性である。 領域を変更したとしても、そのカードはこの指定を受け続ける。 906. 3a カードの第1面がプレインズ・ウォーカーのタイプを持つ限り、両面カードでもオースブレーに指定できる。 906. 3b 共闘メズムを使用する場合、あなたは2人のオースブレーカーを持つことができる。 ルール702. 12参照。 906. 3c オースブレーカーは「レジェンド・ルール」に従う。 906. 4 各デッキには1枚、「刻銘呪文」として指定されているインスタント・カードまたはソーサリー・カードが含まれる。 刻銘呪文は、オースブレーの固有色に収まる必要があります。 この指定はそのカードで示されたオブジェクトの特性ではなく、そのカードそのものの持つ属性である。 領域を変更したとしても、そのカードはこの指定を受け続ける。 906. 4a オースブレーがオーナーのコン下で戦場に出ている間にのみ、そのオースブレーの刻銘呪文を唱えることができる。 906. 4b 共闘メズムを使用する場合、各オースブレーがそれぞれ刻銘呪文を持つ。 各刻銘呪文は、それぞれのオースブレーの固有色に限定されます。 906. 5 オースブレー変種ルールにおいては、あるオースブレーを使うデッキに入れることができるカードを決定するために固有色を用いる。 カードの固有色とは、そのカードのマナ・コストやルール文章に含まれるマナ・シンボルの色と、その特性定義能力や色指標によって定義される色のことである。 906. 5a 固有色は、ゲームの開始前に確定する。 906. 5b カードの固有色を決定するに際し、注釈文は無視する。 906. 5c カードの固有色を決定するに際しては、両面カードの第2面も考慮する。 906. 6 オースブレー戦デッキは、以下のデッキ構築ルールに従う。 906. 6a 各デッキには、オースブレーと刻銘呪文を含めて、ちょうど60枚のカードが含まれなければならない。 906. 6b 基本 土地以外のカードは、すべてがそれぞれ異なるカード名でなければならない。 906. 6c オースブレー戦のデッキに入れることができるカードは、その固有色の全てがそのデッキのオースブレーの固有色に含まれるものだけである。 906. 6d 基本土地タイプを持つカードをデッキに入れる場合、オースブレー固有色に含まれる色のマナを出すものでなければならない。 906. 6e デッキにはオースブレーカーと刻銘呪文が含まれていなければならない。 906. 6f デッキにはヴィンテージで使用可能なカードのみが含まれていなければならない。 ただし禁止されたカードは含めない。 禁止リストは で管理されています。 906. 7 ゲームの開始時に、各プレイヤーは自分のデッキから自分のオースブレーと刻銘呪文を統率領域に表向きで置く。 その後、各プレイヤーは自分のデッキの残りの58枚のカードからなるデッキを切り直し、それをライブラリーとしてゲームを始める。 906. 8 開始プレイヤーが決定したら、各プレイヤーは自分のライフ総量を20にし、7枚のカードを引く。 906. 9 プレイヤーは自分が所有するオースブレーを統率領域から唱えることができる。 統率領域から唱えたオースブレーを統率領域から唱えるには、それ以前にそのゲームの間に統率領域からそれを唱えた回数ごとに(2)を追加コストとして支払う。 この追加コストは俗に「統率領域税」と呼ばれる。 906. 10 オースブレーがどこかから追放されたりオーナーの手札や墓地やライブラリーに置かれたりする場合、オーナーは代わりにそれを統率領域に置いてもよい。 この置換効果は同じイベントに複数回適用できる。 906. 11 オースブレーがそのプレイヤーのコン下で戦場に出ている限り、プレイヤーは自分がオーナーである刻銘呪文を統率領域から唱えることができる。 刻銘呪文を統率領域から唱えるには、それ以前にそのゲームの間に統率領域からそれを唱えた回数ごとに(2)を追加コストとして支払う。 906. 12 刻銘呪文がどこかから追放されたりオーナーの手札や墓地やライブラリーに置かれたりする場合、オーナーは代わりにそれを統率領域に置かなければならない。 この置換効果は同じイベントに複数回適用できる。 906. 12a もし刻銘呪文がなんらかの理由で統率領域かスタック領域以外のどこかに置かれるなら、それは代わりに統率領域に置かれる。 これはバイバックなどの他の置換効果よりも優先される。 906. 13 「ゲームの外部」で所有されているカードを参照する 効果は、オースブレーでは機能しない。 文意をとって効果と訳したけれど最終的な判断はweirdcards. orgやあなたのプレイグループに委ねます) 906. 14 他のルールまたは効果があなたの統率者を参照する場合、代わりにそれはあなたのオースブレーを参照する。 ___________________ 上記の『総合ルール』は Bryan Spellmanによる Weirdcardsのオリジナルルールを、 豆にゃあ @MAME_NYA が2019年7月15日に翻訳したものになります。 それ以降に原文が書き換えられた場合には対応していません。 ルールの最終的な判断はweirdcards. orgやあなたのプレイグループに委ねます。 omamesensei.

次の

龍神降臨(スタンダード)|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

オース ブレイカー mtg

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:インフェルノ・オース(ヴィンテージ) by 岩SHOW 「ヴィンテージは魔界」一昔前には随分と耳にしたものである。 このコラムではそういった世間のイメージに対して、デッキを紹介することで誤解されている部分なんかが解消できれば良いなと思ってヴィンテージのデッキを紹介している。 「マジックじゃない」なんて言われるゲーム展開もあるが、そんなことはない。 ヴィンテージは「ピュアすぎるマジック」なのだ と思う。 カードがいっぱい引きたい、なら1マナインスタントで3枚引いちゃおう!特に何もデメリットはないよ~とか(《》)。 墓地のカードが使いたい、だったら3マナソーサリーで墓地の全カード手札にあるように使ってOK!このターンだけだぞ~とか(《》)。 そういう、皆がしたいことをもう許しちゃおうという。 ある意味最も慈悲深いフォーマットと見ることもできるわけで。 そして、そんなフルパワーなカード同士のぶつかり合いで消耗戦に突入した際には、他のフォーマット以上にグダグダになることもヴィンテージらしさだ 笑。 こういう展開になることもあって、ヴィンテージでは意外と、何か悪いことをしようというデッキよりも実直なクリーチャーデッキの方が強いなんてことが度々ある。 最近では特にクリーチャーの質も高くなってきて、黎明期からは考えられないほどクリーチャーに比重を置いたデッキが増えてきた。 そんな昨今のヴィンテージ事情に合わせてだろうか、最近「ん?」と思わされるカードが活躍しているらしい。 確かに強いカードであり、僕も大好きでいろんなフォーマットで使ったが...... ヴィンテージでも本当に強いの? と正直なところビックリした。 とりあえず、デッキを見てもらうことにしよう。 名カードだ。 ただ、ヴィンテージ? そう思ったプレイヤーは少なくないだろう、僕もそうだ。 このタイタンは戦場に出たとき、そして攻撃時に3点のダメージを好きなように振り分けることができる。 盤面を制圧する能力はかなり高く、ダメージ源としても大体2回殴れば勝ちと優秀だ。 そういう意味では、《》よりもフィニッシュまでが速いため納得のチョイスではある。 冒頭で述べたクリーチャー祭りな現行ヴィンテージ的にも、3点ばらまきはかなり強い。 エムラ&グリセルというコンビに慣れ過ぎていて、本当にどれくらい強いのかさっぱりわからない 笑。 そういう時は、試してみたら良いんだよということで、早速Magic Onlineでこのリストを回してみた。 ちなみに、ヴィンテージの世界最大級のトーナメントである2017 North America Vintage Championshipで3位になっているデッキだ。 参加者数は驚くなかれ430人! ひぇ~っ。 で、回した結果... とりあえず、とんでもない動きでまずは洗礼を。 サイドボード後、お互いに対策カードを出し合ってグダグダになったゲームでは、6マナという現実的なコストが活きてくる。 盤面に触れながらのフィニッシュを6マナで得られるのだから、安いもの。 サイド後は《》を減らして、《》《》とともに普通にクリーチャーを唱えて戦うコントロールデッキにシフトだ。 プレイしていて、楽しいし好感触。 確かに《》は強く、この「インフェルノ・オース」が流行っているのも頷ける話ではあった。 ただ、《》以外のカードも試してみたくなったのも事実。 2大巨頭しか選択肢にない、という時代は終わった。 さあ、6マナ圏で制圧力のあるクリーチャーを探してみよう! ヴィンテージに新たな風をバンバン吹かせるんだ!.

次の

海外で人気の多人数戦カジュアルルール:「オースブレイカー(Oathbreaker)」ルール解説

オース ブレイカー mtg

【翻訳記事】オースブレー疑似総合ルール 本記事はMTG のカジュアル・ルールである、 「オースブレー」の『総合ルール』についての非公本語訳です。 1 オースブレー変種ルールでは、各デッキはそのデッキのオースブレーとして指定されたプレインズウォーカーと、刻銘呪文として指定されたインスタントまたはソーサリーによって率いられる。 オースブレーフォーマットの作成は公式でなく によるものです。 オースブレー変種ルールでは、通常のマジックのルールすべてに加えて、以下の追加ルールを用いる。 906. 2 オースブレー戦は多人数戦で行われる。 通常、無差別戦変種ルールに「複数への攻撃」選択ルールを用い、「影響範囲限定」選択ルールは用いない。 rule 806参照。 906. 3 各デッキにはオースブレーとして指定されるプレインズウォーカー・カードが1枚含まれる。 この指定はそのカードで示されたオブジェクトの特性ではなく、そのカードそのものの持つ属性である。 領域を変更したとしても、そのカードはこの指定を受け続ける。 906. 3a カードの第1面がプレインズ・ウォーカーのタイプを持つ限り、両面カードでもオースブレーに指定できる。 906. 3b 共闘メズムを使用する場合、あなたは2人のオースブレーカーを持つことができる。 ルール702. 12参照。 906. 3c オースブレーカーは「レジェンド・ルール」に従う。 906. 4 各デッキには1枚、「刻銘呪文」として指定されているインスタント・カードまたはソーサリー・カードが含まれる。 刻銘呪文は、オースブレーの固有色に収まる必要があります。 この指定はそのカードで示されたオブジェクトの特性ではなく、そのカードそのものの持つ属性である。 領域を変更したとしても、そのカードはこの指定を受け続ける。 906. 4a オースブレーがオーナーのコン下で戦場に出ている間にのみ、そのオースブレーの刻銘呪文を唱えることができる。 906. 4b 共闘メズムを使用する場合、各オースブレーがそれぞれ刻銘呪文を持つ。 各刻銘呪文は、それぞれのオースブレーの固有色に限定されます。 906. 5 オースブレー変種ルールにおいては、あるオースブレーを使うデッキに入れることができるカードを決定するために固有色を用いる。 カードの固有色とは、そのカードのマナ・コストやルール文章に含まれるマナ・シンボルの色と、その特性定義能力や色指標によって定義される色のことである。 906. 5a 固有色は、ゲームの開始前に確定する。 906. 5b カードの固有色を決定するに際し、注釈文は無視する。 906. 5c カードの固有色を決定するに際しては、両面カードの第2面も考慮する。 906. 6 オースブレー戦デッキは、以下のデッキ構築ルールに従う。 906. 6a 各デッキには、オースブレーと刻銘呪文を含めて、ちょうど60枚のカードが含まれなければならない。 906. 6b 基本 土地以外のカードは、すべてがそれぞれ異なるカード名でなければならない。 906. 6c オースブレー戦のデッキに入れることができるカードは、その固有色の全てがそのデッキのオースブレーの固有色に含まれるものだけである。 906. 6d 基本土地タイプを持つカードをデッキに入れる場合、オースブレー固有色に含まれる色のマナを出すものでなければならない。 906. 6e デッキにはオースブレーカーと刻銘呪文が含まれていなければならない。 906. 6f デッキにはヴィンテージで使用可能なカードのみが含まれていなければならない。 ただし禁止されたカードは含めない。 禁止リストは で管理されています。 906. 7 ゲームの開始時に、各プレイヤーは自分のデッキから自分のオースブレーと刻銘呪文を統率領域に表向きで置く。 その後、各プレイヤーは自分のデッキの残りの58枚のカードからなるデッキを切り直し、それをライブラリーとしてゲームを始める。 906. 8 開始プレイヤーが決定したら、各プレイヤーは自分のライフ総量を20にし、7枚のカードを引く。 906. 9 プレイヤーは自分が所有するオースブレーを統率領域から唱えることができる。 統率領域から唱えたオースブレーを統率領域から唱えるには、それ以前にそのゲームの間に統率領域からそれを唱えた回数ごとに(2)を追加コストとして支払う。 この追加コストは俗に「統率領域税」と呼ばれる。 906. 10 オースブレーがどこかから追放されたりオーナーの手札や墓地やライブラリーに置かれたりする場合、オーナーは代わりにそれを統率領域に置いてもよい。 この置換効果は同じイベントに複数回適用できる。 906. 11 オースブレーがそのプレイヤーのコン下で戦場に出ている限り、プレイヤーは自分がオーナーである刻銘呪文を統率領域から唱えることができる。 刻銘呪文を統率領域から唱えるには、それ以前にそのゲームの間に統率領域からそれを唱えた回数ごとに(2)を追加コストとして支払う。 906. 12 刻銘呪文がどこかから追放されたりオーナーの手札や墓地やライブラリーに置かれたりする場合、オーナーは代わりにそれを統率領域に置かなければならない。 この置換効果は同じイベントに複数回適用できる。 906. 12a もし刻銘呪文がなんらかの理由で統率領域かスタック領域以外のどこかに置かれるなら、それは代わりに統率領域に置かれる。 これはバイバックなどの他の置換効果よりも優先される。 906. 13 「ゲームの外部」で所有されているカードを参照する 効果は、オースブレーでは機能しない。 文意をとって効果と訳したけれど最終的な判断はweirdcards. orgやあなたのプレイグループに委ねます) 906. 14 他のルールまたは効果があなたの統率者を参照する場合、代わりにそれはあなたのオースブレーを参照する。 ___________________ 上記の『総合ルール』は Bryan Spellmanによる Weirdcardsのオリジナルルールを、 豆にゃあ @MAME_NYA が2019年7月15日に翻訳したものになります。 それ以降に原文が書き換えられた場合には対応していません。 ルールの最終的な判断はweirdcards. orgやあなたのプレイグループに委ねます。 omamesensei.

次の