グリコール 酸 ピーリング。 【アイハーブ】AHA(フルーツ酸とグリコール酸)のピーリングジェルの効果は?

グリコール酸とは?ピーリングの効果を医師が解説

グリコール 酸 ピーリング

Wフルーツ酸 *を8. 5%も配合した、ふき取りタイプの角質ケア用プレ化粧水。 肌に溜まった角質をWフルーツ酸 *(トリートメント成分)の力でやさしくオフし、 次に使う美容成分の浸透を高めます。 毛穴の目立つ方や、ターンオーバーをサポートしたい方にもおすすめ。 ピーリング力の高い「ピーリング力高め」タイプもあります。 ニキビができやすい方や標準タイプのスキンピーリングローションでは効果が弱いとお感じの方におすすめです。 ニキビのできやすい方、毛穴が目立つ方向け。 タイプより、[ピーリング力高め]をご選択ください。 「ピーリング力高めタイプ」は、ピーリング力が高いため敏感肌の方はお使いいただけません。 フルーツ酸 *(グリコール酸・乳酸)の配合量はどちらのタイプも同じ8. 5%です。 pHの値が違います。 標準タイプ:pH4. 0 ピーリング力高めタイプ:pH3. 敏感肌よりなので、標準タイプを購入。 顔と首に使用しています。 初回のみ、顔はかゆみが出たのですぐに洗い流したら治まりました。 その後は、かゆみなど出ていません。 小鼻の汚れがすっかりなくなるまでではないですが、肌が柔らかくすべらかになり、とても気持ち良いので、毎朝のふき取り洗顔として使っています。 夏は日焼け止めで首の肌がゴワゴワしてくることがあるので、首にも使っています。 首の肌も柔らかくなって気持ち良いです。 次回、強めのものも購入して、踵など身体に使ってみるのもよいかなと思っています。 「Wフルーツ酸高配合」 肌を柔軟に保ち、キメを整えるWフルーツ酸を高配合しました。 コットンに適量とり、お肌をそっとなでてください。 いらなくなった古い角質をピーリング除去できます。 毛穴が目立つ部分など、気になるお肌のポイントをケアしてください。 「肌を柔軟に保つアミノ酸」 肌にうるおいを与えるアミノ酸を配合。 ベタイン、PCA-Na、グリシン、グルタミン酸、セリン、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリンが角質をもっちりさせ、柔軟にしていきます。 「透明感をサポートする植物成分もしっかり配合」 フルーツ酸(グリコール酸・乳酸)自体も肌を明るくさせますが、透明感をサポートする保湿兼用成分として、オタネニンジン根エキス、ワイルドタイムエキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、マヨラナ葉エキス、クズ根エキスも配合しました。 「プレローションとして」 角質がたまると、毛穴が詰まりやすくなったり、肌の透明感が無くなってくるだけではなく、各アイテムの美容成分の浸透も悪くなっていきます。 プレローションとしてお使いいただくことで、各アイテムの有用性を向上させます。 全成分 水、BG(保湿剤)、乳酸(ピーリング)、グリコール酸(ピーリング)、水酸化Na pH調整剤 、メチルパラベン(防腐剤)、ベタイン 保湿 、PCA-Na 保湿 、ソルビトール(保湿)、オタネニンジン根エキス(保湿)、セリン(保湿)、マヨラナ葉エキス(保湿)、グリシン(保湿)、グルタミン酸(保湿)、ワイルドタイムエキス(保湿)、アラニン(保湿)、リシン(保湿)、アルギニン(保湿)、クズ根エキス(保湿)、トレオニン(保湿)、アロエベラ葉エキス(保湿)、クロレラエキス(保湿)、プロリン(保湿)• 消費期限 保管方法 ・室温保存(未開封1年、開封後6ヶ月) ・ 乳幼児の手の届かない場所に保管してください。 また、極端に高温の場所や低温の場所には保管せず、直射日光のあたらない引き出しの中などに保管してください。 ・本品が肌に合わない場合、次のような場合は使用を中止してください。 そのまま、使用を継続されますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医にご相談されることをお勧めします。 使用中、赤み、かゆみ、はれ、刺激等の異常があらわれた場合。 使用したお肌に直接直射日光が当たって、上記のような異常があらわれた場合。 傷や腫れ物、しっしんなどの異常のある部位にはつかわないでください。

次の

グリコール酸とは?ピーリングの効果を医師が解説

グリコール 酸 ピーリング

グリフォーム1300 AHAグリコール酸を13%配合! (多くのAHA洗顔料は、ピーリング成分濃度が5%程度です) グリフォーム1300は、AHAピーリング洗顔料でよく使われるリンゴ酸や乳酸ではなく、医療でも使われているAHAピーリング成分「グリコール酸」を13%使用。 グリコール酸の良いところは、AHAピーリング成分の中でも一番分子量が小さいため浸透性に優れています。 植物性石鹸ベース洗浄成分は、植物性石鹸ベースで、泡切れがよくさっぱり。 一般的な動物性(牛脂など)の洗顔料は、肌の上に洗浄成分が残った場合皮脂を固まらせやすく、これが角栓、毛穴を詰まらせる原因とも言われています。 肌に合わない化粧品トラブル。 原因原料を少なくしたい、だから、シンプル組成。 肌にも、環境にも、やさしい。 香料・着色料・パラベン 防腐剤)・鉱物油・石油系合成界面活性剤・パラベン(防腐剤)等は無添加。 特別な角質ケアをしたい人にAHA成分を可能な限り配合しました。 にきび肌、脂性肌向きの洗顔料です。 素早く角質ケア。 外出先、旅先、スポーツの後にもオススメです。 グリフォーム1300では突っ張りすぎるという時には、ピーリングの質を追求したがオススメ。 優しい洗い心地で、古い角質を確実に落とします。 メイク落としは、きっちりアイメイクもぐんぐん落とすがオススメ。 お肌に負担をかけず、角質・毛穴・ニキビケアにもぴったりです。 ニキビや毛穴をケアしたい方にはピーリング+ビタミンCケアの組み合わせが最適。 ピーリングにより古い角質を取り除いた後のお肌は、のビタミンC誘導体が良く浸透します。 皮膚科レベルのピーリングを求めるなら。 5日に1度使うだけで、ニキビを予防し、お肌の調子がぐ〜んとアップします。 グリフォーム1300適量を手のひらまたはスポンジに取り、水またはぬるま湯でよく泡立てます。 顔全体を泡で包み込むように洗顔し、その後、ぬるま湯で充分すすいでください。 ニキビの気になる部分には泡でパックするように少し時間をかけて洗顔してください。 すすいだ後はローションや美容液で保湿してください。

次の

溜まった老廃物を除去!グリコール酸ピーリングでもちもち肌に♡

グリコール 酸 ピーリング

肌状態に合わせ、濃度や塗り方を調整して行ったりイオン導入と組み合わせるなどして、最大の効果が出るよう配慮しています。 乳酸ピーリングの特徴• 分子が大きいため、グリコール酸と比較して皮膚の浅いところに作用します。 刺激が少なく、他のピーリングが合わなかった方にもおすすめです。 色素に高い効果を発揮し、しみ、くすみ、色素沈着、肌の色むらを改善します。 角質層のセラミドの生成を促成し、肌のバリア機能を向上させます。 蓄積された古い角質を溶かし、表皮の細胞を活性化して、肌のターンオーバーを正常にします。 皮膚の新陳代謝を整え、健康な肌の生まれ変わりのサイクルを取り戻し、おとなのニキビをなおす効果があります。 保湿効果があります。 「乳酸」は、グリコール酸と比較すると、分子が大きいため、皮膚のより浅いところに作用します。 その分、肌への刺激や負担が軽いところが特徴です。 また、美白効果もあります。 これらの特徴から、「乳酸」ピーリングは、角質除去効果を期待したニキビ治療よりも、くすみ、シミ、美白、老化予防などの美容目的につかわれることが多いのです。 色素疾患などの治療にも「乳酸」ピーリングがおこなわれており、ニキビ跡の色素沈着を改善する効果は期待できます。 「乳酸」は、肌にやさしいAHAとして、肌の弱い人やグリコール酸が肌にあわない人に使用されます。 角質除去の効果については、ニキビ治療には少しものたりないかもしれませんが、「乳酸」のケミカルピーリングは、肌への負担がかるいので、ピーリング施行の間隔をせまくして回数をふやせるということの2つの点から考えて、『おとなのニキビ』にも充分効果があげられる治療法です。 グリコール酸で角質を除去し、乳酸でニキビ跡の色素沈着を改善する、という2つの効果を期待して、グリコール酸のピーリングで治療をしたあとに、乳酸のピーリングをおこなうこともできます。 乳酸ピーリングの流れ•

次の