ペット 飼いやすい。 犬か猫か飼うならどっちが飼いやすい?10の比較

飼いやすい室内犬おすすめランキング。種類は?散歩はいる?臭いは?

ペット 飼いやすい

この記事でまとめたこと• 人気室内犬1位:不動の人気トイプードル 第1位はトイプードルです。 カワイイだけでなく学習能力が高く、しつけもしやすいです。 性格は温厚で人懐っこいので、初めて犬を飼う方、家族がいる方でも飼いやすいおすすめの犬種です。 毛が抜けづらく臭いも少ないので、お世話のストレスもあまりかかりません。 体高30cm前後で小型犬に該当するため、室内の限られたスペースでも飼うことができます。 大型犬に比べると食費は安く抑えられるものの、トリミングをしておしゃれを楽しむのであればある程度の維持費はかかります。 トイプードル自体も購入価格が20〜30万円ほどします。 関連記事 番外編1. ペットのにおいの消臭・除菌に「カンファペット」 犬を飼うときにどうしても気になってしまうトイレやケージのにおい、またカーペットやカーテンに染みついてしまったにおいには消臭剤「カンファペット」がおすすめです。 カンファペットは一般的な「においを香りで上書きする」消臭剤とは違い、においの発生源を分解・変質させ、無害化することによってにおい自体を消し去ることを可能にした消臭剤です。 強力な除菌・消臭力があるにも関わらず、ペットにとっては全くの「無害」です。 原料は全て人間の食品用として認可されたものを使用しており、「財団法人 日本食品分析センター」でもその安全性を認められています。 ペットの目や口に入っても安心・安全ですよ。 今なら初回限定で詰替えパックが1個無料になります。 ぜひカンファペットの瞬間消臭力を実感してみてくださいね。 earth tatedについて詳しく紹介している記事は 番外編2. ペットの飲み水に「bee mee nee」 「bee mee nee」は、天然の珪砂にイオン化した銀などを吹き付けて熱燃焼させたセラミックスの改水触媒です。 水道水に6時間浸けるだけで水の中に溶け込んでいる溶存酸素が分子状酸素へと変化、クラスターを小さくし活性化させる分子状酸素の働きで水道水が浸透力・溶解力・分解力・抗菌力・還元性のある水へと変化します。 bee mee neeの成分の1つである銀イオンが体臭悪化のサポートをしてくれるので、体臭や糞尿臭が気になりにくくなりますよ。 1つの触媒で1日1リットル、約半年間の使用が可能なので1日あたりのコストは20円とコストパフォーマンスも抜群です。

次の

一人暮らしで飼いやすいおすすめのペット19選!猫や犬以外の小動物も紹介

ペット 飼いやすい

お金のかからないペット1 ハムスター ハムスターはそのキュートなルックスや可愛らしい動きで、胸をキュンとさせてくれる人気の小動物。 赤ちゃんの頃から飼い始めるとなつきやすく、手乗りハムスターにすることも可能です。 価格 ハムスターの値段は1000円~3000円程度で、珍しいハムスターは多少値が張りますが、それでも1万円程度で購入できるでしょう。 飼い始めにかかる費用 ハムスターのお家には給水器や回し車、エサ用の食器や巣箱がセットになった、ハムスター用の飼育ケージがおすすめ。 安いものなら2000~3000円程度で購入できます。 毎月の飼育費用 お世話に必要な道具一式を揃えてしまえば、一か月にかかる飼育費用はエサ代のみです。 ハムスターのエサ(ペレット)は数百円から1000円ほどで購入が可能です。 おやつとして余った野菜の皮やヒマワリの種、果物をあげると喜んで勢いでよく食べます。 もぐもぐと頬を動かすしぐさがとても可愛く癒されます。 お金のかからないペット2 うさぎ うさぎは見た目の可愛らしさと撫でたときの滑らかな手触りで、人の心をわしづかみにする小動物です。 犬や猫の「もふもふ感」を求める方には、かなりおすすめのペットです。 価格 品種によって違いがありますが、ペットショップで売られているうさぎは3000円~4万円ほどで、ミニウサギ(雑種)であれば3000円~10000円くらいで購入することができます。 飼い始めにかかる費用 うさぎケージやトイレ、エサ(牧草)入れ、給水器、ブラシなど最小限のうさぎ用品を揃えるのに必要な費用は、20000円~30000円程度です。 毎月の飼育費用 うさぎのエサとなるペレットや牧草、おやつ代やトイレシーツなどの消耗品にかかる費用は3000円~5000円程度です。 お金のかからないペット3 セキセイインコ セキセイインコは人懐っこく羽の色の組み合わせが豊富で、音まねや手乗りと行った芸を覚える子もいます。 好みの色合いを持つセキセイインコを見つけて、うんと可愛がって育てましょう。 価格 セキセイインコのヒナは2000円~3000円くらいで、手乗りにしつけされている成鳥であれば5000円~10000円程度で購入できます。 飼い始める費用 セキセイインコを飼い始めるのに必要な用品は、鳥かご(ケージ)や止まり木、ケージカバー、保温カバー、保温電球、給仕セットで初期費用は1万円程度です。 毎月の飼育費用 セキセイインコにかかる毎月の飼育費用は1000円程度です。 ペットシートは不要で、ケージには新聞紙やチラシを敷けばいいので、エサ代とおやつ代以外の費用はほぼかかりません。 エサにはシードとペレットの2種類があり、1000円前後で購入できます。 文鳥の種類と値段• 並文鳥…1500円~2000円• 桜文鳥…2000円~3600円前後• 白文鳥…2500円~3600円前後• シルバー文鳥…5000円~9700円• シナモン文鳥…5000円~6500円 飼い始める費用 文鳥を飼い始める際に必要な費用は、1万円程度です。 必要なものは鳥かご(ゲージ)、止まり木、エサ入れ、水入れ、菜差し、水浴び用の容器(バードバス)、巣箱などで、ヒナから育てる場合はさし餌用のスポイトも用意しましょう。 寒さに弱い鳥なので、朝夕の寒暖差は激しい時期は文鳥用のペットヒーターで文鳥の健康管理をしましょう。 ペットヒーターは3000円ほどで購入できます。 毎月の飼育費用 「文鳥の餌」という専用の混合シードがあり、300円程度で売っています。 「文鳥の餌」のほかにカルシウムを補うための「ボレー粉」というエサがあり、こちらは500円程度です。 ビタミン補給のための青菜やペットヒーターの電気代と合わせても月1000円ほどで賄えるでしょう。 お金のかからないペット5 ハリネズミ ハリネズミの特徴といえば針状のトゲですが、攻撃性の強い動物ではないので急に触ったり驚かせたりしなければ痛い目にあうことは少ないでしょう。 臆病で警戒心が強い性格なので、飼い主に慣れるまで多少時間がかかりますが、キュートなルックスにはあらがえず、ペットにしたいと熱望する人が増えています。 価格 ハリネズミは1万円~4万円ほどで購入できますが、購入する地域や毛の色によって値段に差が出ます。 ハリネズミの毛の色にはソルト&ペッパーという定番カラーのほか、アプリコット、シナモン、アルビノという種類があります。 飼い始める費用 ハリネズミを飼い始めるのに必要なグッズは、ケージ、回し車、小屋、エサや水をあげるための食器、ペットヒーターなどで、1万円~2万円程度の費用が掛かります。 毎月の飼育費用 ハリネズミの飼育費用は毎月のエサ代と冷暖房にかかるお金です。 エサはハリネズミ専用のフードが300g1000円ほどで販売されていますので、まずは専用フードから食べさせてみましょう。 主食となる専用フードとは別に栄養補給としてミルワームやコオロギなどの昆虫を与える必要があります。 ミルワームは1匹10円ほどなので、エサのコストは高くつきます。 またハリネズミは暑さ寒さに弱い動物ですので、温度管理もしっかりしなくてはなりません。 ペットヒーターやひんやりボードでしっかり対策してあげましょう。 お金のかからないペット6 金魚 金魚は他のペットに比べて飼育費用が掛からず、お世話が楽チンです。 ゆらゆらと泳ぐ姿や鮮やかな色は癒し効果抜群で、いつまでも水槽を眺めてしまいます。 価格 金魚の種類によってかなり差がありますが、数百円から高くても1万円程度で購入できます。 お祭りの金魚すくいで有名な「和金」という種類であれば20円前後から売られていることもあります。 飼い始める費用 金魚を飼い始める際に必要なグッズは、水槽セット、水草、エアレーション、エアポンプ、水温計です。 水槽のサイズやグレードにもよりますが、5000円~6000円ほど用意しておきましょう。 毎月の飼育費用 金魚を飼うために毎月かかる費用は、エサ代とエアレーションにかかる電気代を含めても500円以下とかなりリーズナブルです。

次の

飼いやすいペットはどの動物?なつく小動物や鳥はお金もかからなくおすすめ!

ペット 飼いやすい

お金のかからないペット1 ハムスター ハムスターはそのキュートなルックスや可愛らしい動きで、胸をキュンとさせてくれる人気の小動物。 赤ちゃんの頃から飼い始めるとなつきやすく、手乗りハムスターにすることも可能です。 価格 ハムスターの値段は1000円~3000円程度で、珍しいハムスターは多少値が張りますが、それでも1万円程度で購入できるでしょう。 飼い始めにかかる費用 ハムスターのお家には給水器や回し車、エサ用の食器や巣箱がセットになった、ハムスター用の飼育ケージがおすすめ。 安いものなら2000~3000円程度で購入できます。 毎月の飼育費用 お世話に必要な道具一式を揃えてしまえば、一か月にかかる飼育費用はエサ代のみです。 ハムスターのエサ(ペレット)は数百円から1000円ほどで購入が可能です。 おやつとして余った野菜の皮やヒマワリの種、果物をあげると喜んで勢いでよく食べます。 もぐもぐと頬を動かすしぐさがとても可愛く癒されます。 お金のかからないペット2 うさぎ うさぎは見た目の可愛らしさと撫でたときの滑らかな手触りで、人の心をわしづかみにする小動物です。 犬や猫の「もふもふ感」を求める方には、かなりおすすめのペットです。 価格 品種によって違いがありますが、ペットショップで売られているうさぎは3000円~4万円ほどで、ミニウサギ(雑種)であれば3000円~10000円くらいで購入することができます。 飼い始めにかかる費用 うさぎケージやトイレ、エサ(牧草)入れ、給水器、ブラシなど最小限のうさぎ用品を揃えるのに必要な費用は、20000円~30000円程度です。 毎月の飼育費用 うさぎのエサとなるペレットや牧草、おやつ代やトイレシーツなどの消耗品にかかる費用は3000円~5000円程度です。 お金のかからないペット3 セキセイインコ セキセイインコは人懐っこく羽の色の組み合わせが豊富で、音まねや手乗りと行った芸を覚える子もいます。 好みの色合いを持つセキセイインコを見つけて、うんと可愛がって育てましょう。 価格 セキセイインコのヒナは2000円~3000円くらいで、手乗りにしつけされている成鳥であれば5000円~10000円程度で購入できます。 飼い始める費用 セキセイインコを飼い始めるのに必要な用品は、鳥かご(ケージ)や止まり木、ケージカバー、保温カバー、保温電球、給仕セットで初期費用は1万円程度です。 毎月の飼育費用 セキセイインコにかかる毎月の飼育費用は1000円程度です。 ペットシートは不要で、ケージには新聞紙やチラシを敷けばいいので、エサ代とおやつ代以外の費用はほぼかかりません。 エサにはシードとペレットの2種類があり、1000円前後で購入できます。 文鳥の種類と値段• 並文鳥…1500円~2000円• 桜文鳥…2000円~3600円前後• 白文鳥…2500円~3600円前後• シルバー文鳥…5000円~9700円• シナモン文鳥…5000円~6500円 飼い始める費用 文鳥を飼い始める際に必要な費用は、1万円程度です。 必要なものは鳥かご(ゲージ)、止まり木、エサ入れ、水入れ、菜差し、水浴び用の容器(バードバス)、巣箱などで、ヒナから育てる場合はさし餌用のスポイトも用意しましょう。 寒さに弱い鳥なので、朝夕の寒暖差は激しい時期は文鳥用のペットヒーターで文鳥の健康管理をしましょう。 ペットヒーターは3000円ほどで購入できます。 毎月の飼育費用 「文鳥の餌」という専用の混合シードがあり、300円程度で売っています。 「文鳥の餌」のほかにカルシウムを補うための「ボレー粉」というエサがあり、こちらは500円程度です。 ビタミン補給のための青菜やペットヒーターの電気代と合わせても月1000円ほどで賄えるでしょう。 お金のかからないペット5 ハリネズミ ハリネズミの特徴といえば針状のトゲですが、攻撃性の強い動物ではないので急に触ったり驚かせたりしなければ痛い目にあうことは少ないでしょう。 臆病で警戒心が強い性格なので、飼い主に慣れるまで多少時間がかかりますが、キュートなルックスにはあらがえず、ペットにしたいと熱望する人が増えています。 価格 ハリネズミは1万円~4万円ほどで購入できますが、購入する地域や毛の色によって値段に差が出ます。 ハリネズミの毛の色にはソルト&ペッパーという定番カラーのほか、アプリコット、シナモン、アルビノという種類があります。 飼い始める費用 ハリネズミを飼い始めるのに必要なグッズは、ケージ、回し車、小屋、エサや水をあげるための食器、ペットヒーターなどで、1万円~2万円程度の費用が掛かります。 毎月の飼育費用 ハリネズミの飼育費用は毎月のエサ代と冷暖房にかかるお金です。 エサはハリネズミ専用のフードが300g1000円ほどで販売されていますので、まずは専用フードから食べさせてみましょう。 主食となる専用フードとは別に栄養補給としてミルワームやコオロギなどの昆虫を与える必要があります。 ミルワームは1匹10円ほどなので、エサのコストは高くつきます。 またハリネズミは暑さ寒さに弱い動物ですので、温度管理もしっかりしなくてはなりません。 ペットヒーターやひんやりボードでしっかり対策してあげましょう。 お金のかからないペット6 金魚 金魚は他のペットに比べて飼育費用が掛からず、お世話が楽チンです。 ゆらゆらと泳ぐ姿や鮮やかな色は癒し効果抜群で、いつまでも水槽を眺めてしまいます。 価格 金魚の種類によってかなり差がありますが、数百円から高くても1万円程度で購入できます。 お祭りの金魚すくいで有名な「和金」という種類であれば20円前後から売られていることもあります。 飼い始める費用 金魚を飼い始める際に必要なグッズは、水槽セット、水草、エアレーション、エアポンプ、水温計です。 水槽のサイズやグレードにもよりますが、5000円~6000円ほど用意しておきましょう。 毎月の飼育費用 金魚を飼うために毎月かかる費用は、エサ代とエアレーションにかかる電気代を含めても500円以下とかなりリーズナブルです。

次の