早速 の ご 対応 ありがとう ござい ます。 「早速のご対応」は敬語?意味とメールでの使い方、読み方、英語表現を解説!

間違いも多い「早速のご対応」の意味と敬語表現・使い方と例文

早速 の ご 対応 ありがとう ござい ます

ビジネスで取引先から早い対応をしていただいたときや、 ビジネスメールですばやく返信いただいた場合に、 感謝を表す表現としてどのような言葉を使えば、 相手に失礼無く相手に感謝の気持ちを伝えることができるのでしょうか? 「早い対応ありがとうございます」 と、そのまま述べてしまうとぶっきらぼうな印象となりますし、 せっかくのお礼の文章も、選ぶ言葉を間違ってしまうと、 相手を不快にさせてしまったり、 誤解を生むことにつながってしまいます。 そこで今回は ・早い対応のお礼を表す敬語 について解説をしていきます。 早い対応のお礼でありがとうございます、を敬語で述べる表現は ビジネスなどでは多用する場面が多いものです。 いくつか表現の仕方を知っておくだけで、非常に便利になります。 スポンサードリンク Contents• 早い対応のお礼ありがとうございますを敬語で表す表現 早い対応のお礼を敬語で表す場合の文例です。 代表的なものをいくつかあげておきます。 早い対応のお礼 ・迅速なご対応ありがとうございました。 ・早速のお返事ありがとうございました。 ・早速のご返信ありがとうございます。 ・迅速な対応をしていただきありがとうございました。 注意点としては、ご迅速なご対応とはいわないことです。 「ご」をつけるのは「ご対応」として1つにしておきましょう。 この他にも早い対応のお礼を表す表現は たくさんありますので、みていきましょう。 他にもたくさんある、あわせて使いたい感謝を表す表現! 基本的な表現としては上記の表現を使っておけば問題ありません。 他にもあわせて使うと効果的な表現ありますのでご紹介しておきます。 あわせて使うと 効果的な 感謝を表す表現 ・心より感謝申し上げます。 ・お礼の申し上げようもございません。 ・ご配慮ありがとうございます。 使い方ですが、 「迅速な対応をしていただき、心より感謝申しあげます。 」 といったかたちで用います。 クレームや問題があった場合の対応を素早くしていただいた場合などは 「お礼の申し上げようもございません。 」といった表現を 使っても良いででしょう。 また相手の心遣いや思いやりに対して、 「ご配慮ありがとうございます。 」という表現も文中に加えることで より感謝の気持ちが伝わる文章になります。 スポンサードリンク お礼メールを送る時にやりがちなビジネスマナー違反 お礼を伝える際にやってしまいがちなビジネスマナーの失敗を 以下にあげておきますので気をつけましょう。 ・相手の役職の後に様をつける ・自社の上司に敬称を用いて表現する ・文章が簡潔でなく長い ・タイトルは一目みて何が書いてあるか分かるようにしておく ・顔文字や「!」や「?」などの表現は使わない 基本的なビジネスメールのマナーですが、 きちんと守られているでしょうか。 貴重な相手の時間をメールに割いてもらうのですから、 基本的なマナーや簡潔に内容がまとめられていることは 相手への最低限のマナーです。 最近はスマホなどでやりとりすることも増えているので、 誤っていつも使っている顔文字や「!」「?」などの表現を 使わないようにしましょう。 プライベートではよいですが、ビジネスなどで使ってしまうと 信頼性が落ちてしまいます。 まとめ 早い対応のお礼ありがとうございます。 を表す表現について 書いてきましたがいかがだったでしょうか? お礼のメールも相手への失礼があれば台無しになってしまいます。 基本的なルールを守って送れば、 あなたの信頼性や印象もグンとアップさせることができます。 それではありがとうございました。 Sponsored Link•

次の

【1分でわかる】早速のご対応ありがとうの意味やビジネスメールでの使い方と例文!敬語表現も

早速 の ご 対応 ありがとう ござい ます

まず最初にご紹介するのが、上司からのメールの返信は「タイミングに合わせたお礼の一言」を活用するという点です。 これはどういうことかというと、上司からメールを貰ったときは、その内容だけでなくメールがどのタイミングで送られてきたメールなのかを確認して、時間帯などに合わせた言葉を選んでお礼メールとして返信する、という意味です。 上司からのメールが何時に送られたものなのか? どのようなビジネスメールなのか? これらをお礼のメールとして返信する際に把握しておけば、上司がどのような状況下でメールを送ってくれたのかが想像できます。 それにより、感謝やお礼の言葉も変えるのがビジネスマナーといえるのです。 上司からもらったメールに対してお礼メールで返事をする際は、ビジネスメールとして使えるある程度決まったフレーズというものもあります。 もしメールの内容に迷った場合は、こういった感謝の言葉を使えば問題はありませんから、覚えておきましょう。 基本的に、お礼の気持ちがしっかりとこもったメールであれば相手に伝わりますので、それほど神経質になる必要はありませんが、参考程度に頭に入れておけば、長いビジネスマン人生の中でいつか必ず役に立つはずです。 丁寧な感謝の言葉として、上司からの印象はよいものとなるでしょう。 また、「感謝しております」という言葉もお礼メールの返信で使えるフレーズですからオススメです。 上司といっても、直属ではなく会社の中でもかなり高い地位にいる役職付きの人に対しては、丁寧なお礼の言い方として「心より感謝申し上げます」「感謝申し上げる次第です」などもあります。 とはいえ、直属の上司に対してここまで改まる必要もありませんから、メールを返信する相手によって使い分けをしましょう。 「お世話になりました」「お手数をおかけしました」「お気づかいありがとうございます」「ご配慮いただき、ありがとうございます」などがこれにあたります。 ビジネスメールでは、文末にこういった感謝の気持ちを添えるケースは非常に多いので、返信の際の基本的なお礼のフレーズは、しっかりと頭に入れておきましょう。 せっかく感謝の気持ちを込めて返信するお礼のメールですから、これまでのようにそのタイミングやフレーズをおさえておくのは元より、感謝の気持ちがより伝わる構成・書き方にすれば効果が高まるでしょう。 次に、上司へのお礼メールにおけるコツについてお伝えします。 このテクニックを使うだけで感謝の気持ちが強調され、メールから格段とお礼の気持ちも上司へ伝わるはずです。 要点を簡潔にまとめ感謝の気持ちを際立たせる お礼メールというものは、そもそも上司に取り急ぎ感謝を述べるためのビジネスメールですから、書き方として「内容は要点を絞って簡潔にまとめる」ようにしましょう。 大事なのは内容や言葉選びではなく、上司からのメールに対して「とにかく感謝の気持ちが伝わる」かどうかです。 つまり、感謝を伝えるためには必要のない要素を削る、とい考えれば良いので、何に対するお礼かがわかれば問題ありません。 また、メールそのものの文章も数行にまとめるように意識するのが、お礼のメールを送る際に望ましい書き方です。 上司へ感謝のメール・お礼メールを返信する際の注意点 それでは最後に、上司へ感謝のメール・お礼メールを返信する際の注意点についても見ておきましょう。 これらのメールはビジネスメールである訳ですから、当然ながら感謝の気持ちを伝えればいいというものではありません。 ビジネスにおけるマナーを守り返信する必要があるのです。 では一体、どういった点に注意して上司にメールを返信すれば良いのでしょうか? 感謝のメール・お礼のメールの返信は時間との勝負! 先ほども述べたように、感謝のメールやお礼のメールというのは上司の心遣いに対して、取り急ぎお礼を述べるためのメールです。 とにかく時間を空けないようにするのが重要です。 経過する時間に反比例して、感謝やお礼の言葉が持つ効果は薄くなっていくと考えましょう。 もちろん、メールの中身は最低限のマナーを守った丁寧な文章である必要ありますが、あまりにもこだわりすぎて時間がかかっていては、そもそもお礼の意味がありません。 上司に対するメールは早いレスポンスであるかどうかも大事なので、注意してください。 お礼のメールを上司に送る際のフレーズや書き方を覚えて返信しよう 今回は、感謝の返信メールに使える一言!お礼のメールを上司に送る際の書き方について見てきました。 上司へのお礼といっても、堅苦しくならずに柔らかく素直な気持ちで返信した方が相手に感謝の気持ちが伝わり易いものです。 どうやって返事をしていいのかわからない人は、今回まとめたフレーズや書き方を参考に、自分の気持ちを素直に文字に表して上司に返事をしましょう。 感謝の子持ちをお礼のメールとして返信するのとしないのでは、上司からの評価も変わってきます。 但し、お礼メールや感謝メールを上司に返信する際に、時間を掛けてしまうのはNG。 ビジネスメールでは迅速な対応が第一ですから、ビジネスマンとしてのマナーを守った感謝のメールを上司へ返信するのが吉です。

次の

【1分でわかる】早速のご対応ありがとうの意味やビジネスメールでの使い方と例文!敬語表現も

早速 の ご 対応 ありがとう ござい ます

予想外の事態が起こり、上司や取引先などのビジネスの相手に、急ぎの対応をお願いする時に使うのが「早急なご対応をお願いします」という言葉です。 この記事では「早急なご対応」という言葉の意味や具体的な使い方、類語の「早速」「早々」「迅速」などとの使い分け、実際に上司や取引先に早急に対応してもらうためのコツなどについて解説しています。 上手く使えると便利な言葉なので、ぜひ覚えておきましょう。 「早急なご対応」の意味 「早急」の意味は「非常に急ぐこと」であり、 「対応」は「周囲の状況などに合わせて物事をすること」なので、具体的な行動を指示しているわけではありません。 「早急なご対応を願います」という言葉は、「(予期せぬことが起こったので、誠に申し訳ありませんが)至急対応してください」と、相手に依頼する時の丁寧な表現として使われます。 「早急なご対応」という言葉が使われる場面 「早急なご対応」という言葉は何か突発的な事態に陥り、現場に応じた作業を大至急で相手にお願いする時に使われます。 しかし、こちらにとっての「突発的な事態」への対応は、相手にとっても「突発的な事態」です。 「早急なご対応をお願いします」だけでは、命令のニュアンスがあるので、「申し訳ありませんが」などのお願いする気持ちを表す言葉を付け加えると、対応を依頼された相手も快く作業をしてくれるでしょう。 「早急なご対応」の使い方と類語・例文 ビジネス敬語としての「早急なご対応」 「早急なご対応」の「ご対応」という言葉では、指示や命令に近いニュアンスを持つ「対応」に尊敬語の「ご」をつけて、「対応していただきたい」を丁寧にした言い回しです。 メールに「早急なご対応をお願いします」だけ書いても、相手から「突然、大急ぎの用事を持ち込まれた」と迷惑に思われることもあるので、「早急なご対応をお願いします」の前に「申し訳ありませんが」をつけると、相手も快く協力してくれるでしょう。 「早急」の類語3つ ビジネスの場で頻繁に使われる「早急なご対応をお願いします」の「早急」には、意味の似た言葉が3つあります。 それは「早速」「早々」「迅速」です。 ここでは「早急」と類語の「早速」「早々」「迅速」の違いと使い分けのコツを勉強していきましょう。 類語をたくさん知って、うまく使い分けることができると、ビジネスもスムーズに進みます。 類語1. 「早速」 「早速」は「すみやかなこと」「すぐ行うこと」「すぐに」を意味する言葉ですが、文章の途中からしか使えない形容動詞の「早急」とは違い、形容動詞・副詞の「早速」は文章の最初につけてもかまいません。 使用例として「早速お返事をいただき、ありがとうございます」「早速だが、上海でのビジネスの話をしよう」「早速ご報告していただきたいことがあります」などがあります。 類語2. 「早々」 早々は「はやばや」と「そうそう」の2つの読み方があります。 「早々」は「早急」と違って自分や目下の人や友人、知人などには使えますが、目上の方に使うと失礼な印象を与えます。 「中学時代の後輩は入社早々から仕事の面倒をみてくれた」「彼は結婚早々、札幌に転勤になってしまった」「マイホーム購入早々に出た転勤辞令だったが、子どもの学校のこともあり、単身赴任することにした」などの使用例があります。 類語3. 「迅速」 「迅速」は物事の進捗や行動が速いことを意味します。 「早急」は自分の行動には使えませんが、「迅速」は自分の行動に対しても、相手側の行動に対しても使うことができます。 ビジネスでは「迅速なご対応ありがとうございます」という表現が頻繁に使われます。 他に「警官は迅速に現場にかけつけた」「通勤用車両は迅速な乗降のために扉を大きくした」「契約後、迅速に資金が振り込まれた」などの表現例があります。 「早急なご対応」と類語の例文4つ 例文1 ビジネスのメールで使われることが多い「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」という言葉は、突発的な出来事に対して自らの予定を変更して処理してくれた相手への感謝の思いが込められています。 メールだけでのやりとりはドライな関係になりやすいですが、「早急にご対応をお願いします」と「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」を一対で使うように習慣づけておくと、相手と良好な関係が築けます。 例文2. ビジネスメールで使われる「この度は迅速なご対応ありがとうございました」という言葉は、思いがけず相手がすばやく対応してくれたことへの感謝の表現です。 「早急なご対応をお願いします」とメールを送った後、相手の対応が速くて適切に処理できた時に、報告メールの文中に「迅速なご対応ありがとうございました」と一言添えると相手に喜ばれます。 「早急なご対応をお願いします」とワンセットで使うとよいでしょう。 3 「〇〇商事の件、メールで送付しましたので早急に対処をお願いします」の「対処」は、「対応」と似たニュアンスで使われることが多い言葉です。 「対応」は 周囲の状況などに合わせて物事をすることで、「対処」はある事に対して適当な処置をとることを指し、「対処」は「対応」よりも範囲が限定的です。 使用例に「取引先の倒産に対処した」「倉庫の火災への対処に保険をかけた」「顧客からのクレームに対処する」などがあります。 このように早急な対応をお願いする時には、必ず期限を明確に記載することが大事です。 敬語について知りたい方へおすすめの本はこちら ここでは上司や取引先に「早急なご対応」をお願いする時の注意点について説明します。 ポイントは4つあります。 迅速に依頼すること 2. メールの見出しで急ぎの依頼内容であることを伝える 3. 案件の回答期日や急ぎの理由を明確に書く 4. 返事が遅れている場合は、督促メールをだけでなく、電話や口頭でも「早急なご対応をお願いします」と伝え、急ぎの案件があることを思い出してもらう 具体的な方法についてみていきましょう。 迅速に依頼 相手に依頼しなければいけない緊急の案件がまわってきたら、自分の抱えている案件は後回しにしてでも、即座に上司や取引先にお願いのメールを送り、必要があれば電話します。 相手もたくさんの案件を抱えているため、突発的な事態に早急な対応が必要になった場合、スケジュール調整しなければならないケースが多いので、自分の片付けたい急ぎの案件を、速く処理したい気持ちを抑えて、まずは相手に連絡することが大切です。 メールや依頼内容 急ぎの案件があることを取引先に確実に伝えるには、メールで依頼するのがよいでしょう。 メールのタイトルに「急用」「至急」などの文字を入れておくと、相手が至急の案件が入ったことに気づきやすくなります。 相手がメールをフォルダー分け設定していない場合もあるので、メール送信だけではなく、必ず電話や口頭で「お忙しいとは思いますが、早急なご対応をお願いします」と、相手に急ぎの案件があることを伝えましょう。 例えば「上司に売上データを急いで送ってほしい」と依頼するメールに、「来季の売上目標を決める会議の資料として使いたいので、売上データを〇月〇日〇時までに資料を送ってください」と理由を書き添えるとよいでしょう。 メールだけでなく口頭でもリマインド 上司に送ったメールが期限間近になっても返答が帰ってこない場合、改めて「お忙しいところ申し訳ありませんが、早急なご対応をお願いします」と催促のメールを送ります。 そして、もう一度口頭で催促します。 この時に相手を急かし過ぎず、失礼のないように丁寧に対応することが大切です。 多忙の余り、こちらが送ったメールを見ていない可能性もあるので、口頭で早急な対応が必要な案件があることを思い出してもらうことが重要です。 ビジネスシーンで「早急なご対応」を正しく使おう この記事ではビジネスメールを書くケースを中心に「早急なご対応」という言葉の意味や使い方、「早急」の類語「早速」「早々」「迅速」との使い分けについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。 「早急」の類語「早速」「早々」「迅速」や、「対応」の類語「対処」との使い方の違いに注意して、メールで頻繁に出てくる「早急なご対応をお願いします」という言葉を使いこなして、ご自分のビジネスを円滑に進めてください。 ビジネスにおいて正しい敬語を身に付けよう 社会人になると、上司・先輩・同僚・後輩・お客様・取引先の担当者など、性別も年代も価値観も立場も全く違う人とコミュニケーションを取る必要が出てきます。 特に先輩や上司、お客様や取引先などの目上の方に、親しみの気持ちを保ちながらも距離感を調節していくためには「敬語」の使い方が重要です。 周りの人たちと良好なコミュニケーションをとり、自信を持って仕事をしていくために、正しい敬語の使い方を身につけましょう。

次の