モノ太郎。 『朝メニューのコスパの高さはかなりのモノ』by くのっちょ : ゆで太郎 西岡3条店

MonotaRO

モノ太郎

カラーバリエーションはイエローとグレーとございます。 (今回はお客様のご要望でイエローです。 ) 金額は1袋/635円(税込10%) ちなみに、長崎ではナフコさんではまさ太郎、コメリさんではまさ王という類似品がございまして、弊社近辺ではナフコさんのまさ太郎のほうがお買い得でしたね~。 施工方法はとっても簡単• 固まる土を施工したい面積を計ります。 1㎡に2袋必要です。 側溝等へ水勾配を取るよう下地を均します。 まさ太郎を3cmの厚みに敷きます。 (できれば軽く押さえる)• 霧状か届かなければシャワーで水を撒きます。 約2時間後、もう一度水を撒きます。 半日もすれば固まっています。 (完了) 工事中の画像(1日目) まさ太郎は自分で簡単にできる優れものなんですが、今回は水が溜まらないようにとのことでした。 中々素人さんでは水勾配をとるのが難しいところもあり、弊社で工事をさせていただくこととなりました。 一気に進みますが、下地を均し、雑草と植木を1本抜きました。 細かい部分もまさ太郎を施工していきます。 仕切りに元々使われていたレンガを再利用。 画像左側のモルタル(グレー)に簡易側溝を作りまして、そちらに水を流していきます。 最終的には先の側溝に流れていくようになっています。 花壇の仕切りブロックも再利用です。 写真を撮り忘れましたが、転圧機で地面下地を押しつぶした後、後日いよいよまさ太郎を敷いていきます。 1日目はここまで。 元々の地面がデコボコだったので土均しに余計時間がかかっていますが、平坦なお庭であれば1日で完了すると思われます。 工事中の画像(2日目) まさ太郎ちゃんを敷いていきます。 コテと真っすぐな木材を使って均しながら押さえていきます。 画面右下が押さえていない状態で、大半が押さえ終わっている状態。 近くで見るとこんな感じ。 砂場の土をきれいに上から押さえたような状態です。 散水していきます。 近場は霧状、遠方はシャワーが良いなと思いました。 濡れて5分後ですが、もうかなり固いです。 でもまだ人が乗るのは厳しい。 散水後はこんな感じ。 とってもキレイになりましたね。 ビフォーアフター.

次の

NHK|みちのく モノがたり~久慈の琥珀加工職人 小山太郎|岩手

モノ太郎

やわらかい光をたたえる琥珀には古代から神秘の力が宿ると信じられ、世界各地で魔よけや安産のお守りとして用いられてきた。 日本では、1998年に北海道千歳市にある柏台遺跡から約2万年前(旧石器時代)の「琥珀製小玉」が出土。 世界最古級の琥珀製宝飾品として注目された。 久慈での琥珀採掘は縄文時代中期ごろ始まったとみられている。 奈良県を中心に点在する古墳から出土した数々の琥珀玉類が久慈産だったことから、古墳時代に久慈から大和朝廷に琥珀を運んだ「アンバー・ルート(琥珀の道)」の存在も明らかになった。 室町時代になると、当時の江戸や京都での需要が高まり、久慈の琥珀採掘が産業化。 江戸時代には、お香や線香、防虫剤、医薬品、塗料などへの用途も広がり、南部藩の貴重な財源となった。 2011年の震災後、久慈の琥珀から新たに発見された物質に高い抗アレルギー活性と美容効果があることが判明。 被災した久慈の復興を願い「クジガンバロール」と名付けられ、化粧品や建築資材の表面加工剤など、久慈琥珀の新しい活用方法が切り開かれようとしている。 「琥珀は1つ1つ違います。 」 そう語るのは、久慈で30年以上琥珀と向き合ってきたベテランの職人、小山太郎。 琥珀の原石は、大きさ、形、色、模様の入り方がそれぞれ全く異なる。 硬度が低いため衝撃に弱く、不純物が入っていると研磨中にボロボロと壊れてしまう。 採掘から加工まで、取り扱いには細心の注意が必要だ。 小山はまず、採掘された原石を観察して加工プランを立てる。 そして、切断、研削、成型、研磨の順で作業を進めていく。 まるで魔術師のように、それぞれの原石の中で眠っていた魅力を最大限に引き出して生まれ変わらせるのだ。 2011年、東日本大震災が起きたときには観光客と琥珀製品への注文が激減。 直接的な被害はなかったものの仕事量が減ったことで、それまで小山と一緒に仕事をしてきた仲間が去って行った。 そして2016年、台風による水害で採掘場が崩れ、半年ほど琥珀の採掘ができなくなった。 家が被災し1か月以上仕事を休んだ仲間もいた。 しかし、琥珀は久慈の宝だという信念をみなで共有して、新商品の開発などをバネに少しずつ回復していったという。 「地元の宝である琥珀を全国のみなさんに知っていただいて、遊びに来てくれるお客さんが増えてくれれば、地元の町が活性化して元気になるので。 」 こう語る小山に次の目標について尋ねると、照れ笑いしながら答えてくれた。 「ここで琥珀を削ったり磨いたりしている若いメンバーたちに、少しでも、技術というんですか、大層なもんじゃないんですけども、残していきたいなと思っています。

次の

『朝メニューのコスパの高さはかなりのモノ』by くのっちょ : ゆで太郎 西岡3条店

モノ太郎

カラーバリエーションはイエローとグレーとございます。 (今回はお客様のご要望でイエローです。 ) 金額は1袋/635円(税込10%) ちなみに、長崎ではナフコさんではまさ太郎、コメリさんではまさ王という類似品がございまして、弊社近辺ではナフコさんのまさ太郎のほうがお買い得でしたね~。 施工方法はとっても簡単• 固まる土を施工したい面積を計ります。 1㎡に2袋必要です。 側溝等へ水勾配を取るよう下地を均します。 まさ太郎を3cmの厚みに敷きます。 (できれば軽く押さえる)• 霧状か届かなければシャワーで水を撒きます。 約2時間後、もう一度水を撒きます。 半日もすれば固まっています。 (完了) 工事中の画像(1日目) まさ太郎は自分で簡単にできる優れものなんですが、今回は水が溜まらないようにとのことでした。 中々素人さんでは水勾配をとるのが難しいところもあり、弊社で工事をさせていただくこととなりました。 一気に進みますが、下地を均し、雑草と植木を1本抜きました。 細かい部分もまさ太郎を施工していきます。 仕切りに元々使われていたレンガを再利用。 画像左側のモルタル(グレー)に簡易側溝を作りまして、そちらに水を流していきます。 最終的には先の側溝に流れていくようになっています。 花壇の仕切りブロックも再利用です。 写真を撮り忘れましたが、転圧機で地面下地を押しつぶした後、後日いよいよまさ太郎を敷いていきます。 1日目はここまで。 元々の地面がデコボコだったので土均しに余計時間がかかっていますが、平坦なお庭であれば1日で完了すると思われます。 工事中の画像(2日目) まさ太郎ちゃんを敷いていきます。 コテと真っすぐな木材を使って均しながら押さえていきます。 画面右下が押さえていない状態で、大半が押さえ終わっている状態。 近くで見るとこんな感じ。 砂場の土をきれいに上から押さえたような状態です。 散水していきます。 近場は霧状、遠方はシャワーが良いなと思いました。 濡れて5分後ですが、もうかなり固いです。 でもまだ人が乗るのは厳しい。 散水後はこんな感じ。 とってもキレイになりましたね。 ビフォーアフター.

次の