マホイエド。 キングダムカム・デリバランス プレイ日記⑥

サイドクエスト・アクティビティ一覧

マホイエド

経歴 [ ] 幼少 - 現役時代 [ ] オハイオ州の農場に生まれたが、3歳の時にが元で難聴を患った。 1872年にオハイオ州の聾学校に進学し、勤勉だったホイは1879年に卒業する際には卒業生の総代をつとめたという。 当時他の難聴者がそうしたようにホイも最初靴屋を開き、店の合間に近所の子供達を集め野球をしていたという。 1886年頃にプロのチームから勧誘されたことをきっかけにウィスコンシン州のオシュコシュ球団に所属、2年後のにのワシントン・ナショナルズ(当時)に入団してメジャーの選手となった。 ホイは当時クラブハウスに、『ご存知の通り私は耳が聞こえない。 そこでフライを捕る時に大声を上げるので、二塁手、ショート、レフト、ライトはその声を聞いて私との衝突を避けてくれ』と書いた紙を貼り出していた。 ホイがデビューした1年目の打率は. 274だったが、リーグ最多となる82の盗塁を記録した。 1890年にに参加した後、1891年にはセントルイス・ブラウンズ(現カージナルス)で119四球、出塁率. 424という記録を残している。 1890年代は主にシンシナティ・レッズのセンターとして、毎年3割前後と安定した活躍を見せた。 にアメリカンリーグが創設された年に、1年だけシカゴ・ホワイトソックスに参加する。 既に40歳に近かったが打率. 294、60打点、四死球数がともにリーグ最多で4割を超える出塁率を残し、ホワイトソックスのリーグ優勝に貢献した。 ホイは1902年にシンシナティ・レッズでメジャーリーグ選手としてのキャリアを終えたが、この年の5月26日のレッズ対ニューヨーク・ジャイアンツ戦では、当時ジャイアンツの投手だった(彼も同じく聴覚障害者であった)との対戦が実現している。 選手引退後 [ ] 1903年のマイナーリーグでの活動を最後に選手を引退した後、ホイはオハイオ州に農場を購入し酪農家となったが、一方で社の人事の仕事もしばらく行っていたという。 1898年に結婚した同じ聴覚障害者の妻アンナ・マリア・ローリーとの間の3人の子供は、それぞれ弁護士や学校の教師になった。 ホイが幼い頃から世話をし、学資を提供したポール・ホイ・ヘルムズは後年シラキュース大学を卒業後、ロサンゼルスで成功し、1930年代にアメリカのオリンピック委員会への融資を請け負うなどの活躍をした。 にトレドで行われたレイバー・デイの催し(聴覚障害者のソフトボール大会)で、ホイはダミー・テイラーと再会、40年ぶりにバッテリーを組んだが、この時は既に80歳になっていた。 ホイが最後に観衆の前に姿を見せたのは99歳の時で、ヤンキースとレッズの間で争われた第3戦の始球式に招かれている。 当時ホイはメジャーリーグ選手の中では最も長生きした人物であった。 同年12月にシンシナティで死去。 2003年にレッズの球団殿堂入り選手となっているが、アメリカの聴覚障害者スポーツ連盟は以降、ホイの入りへ向けた各方面への働きかけを続けている(リンク参照)。 諸説 [ ] 野球史研究家の一部は、当時難聴のホイに対し審判が一定の動作でボール/ストライクなどの判定を伝えるようにしていたことが、後年により、の判定動作が体系化されるに至るきっかけになっていると主張している。 287. 386. 373 タイトル [ ]• 盗塁王:1888年 脚注 [ ].

次の

【キングダムカム】草地の宿屋はどこにある?場所は?

マホイエド

経歴 [ ] 幼少 - 現役時代 [ ] オハイオ州の農場に生まれたが、3歳の時にが元で難聴を患った。 1872年にオハイオ州の聾学校に進学し、勤勉だったホイは1879年に卒業する際には卒業生の総代をつとめたという。 当時他の難聴者がそうしたようにホイも最初靴屋を開き、店の合間に近所の子供達を集め野球をしていたという。 1886年頃にプロのチームから勧誘されたことをきっかけにウィスコンシン州のオシュコシュ球団に所属、2年後のにのワシントン・ナショナルズ(当時)に入団してメジャーの選手となった。 ホイは当時クラブハウスに、『ご存知の通り私は耳が聞こえない。 そこでフライを捕る時に大声を上げるので、二塁手、ショート、レフト、ライトはその声を聞いて私との衝突を避けてくれ』と書いた紙を貼り出していた。 ホイがデビューした1年目の打率は. 274だったが、リーグ最多となる82の盗塁を記録した。 1890年にに参加した後、1891年にはセントルイス・ブラウンズ(現カージナルス)で119四球、出塁率. 424という記録を残している。 1890年代は主にシンシナティ・レッズのセンターとして、毎年3割前後と安定した活躍を見せた。 にアメリカンリーグが創設された年に、1年だけシカゴ・ホワイトソックスに参加する。 既に40歳に近かったが打率. 294、60打点、四死球数がともにリーグ最多で4割を超える出塁率を残し、ホワイトソックスのリーグ優勝に貢献した。 ホイは1902年にシンシナティ・レッズでメジャーリーグ選手としてのキャリアを終えたが、この年の5月26日のレッズ対ニューヨーク・ジャイアンツ戦では、当時ジャイアンツの投手だった(彼も同じく聴覚障害者であった)との対戦が実現している。 選手引退後 [ ] 1903年のマイナーリーグでの活動を最後に選手を引退した後、ホイはオハイオ州に農場を購入し酪農家となったが、一方で社の人事の仕事もしばらく行っていたという。 1898年に結婚した同じ聴覚障害者の妻アンナ・マリア・ローリーとの間の3人の子供は、それぞれ弁護士や学校の教師になった。 ホイが幼い頃から世話をし、学資を提供したポール・ホイ・ヘルムズは後年シラキュース大学を卒業後、ロサンゼルスで成功し、1930年代にアメリカのオリンピック委員会への融資を請け負うなどの活躍をした。 にトレドで行われたレイバー・デイの催し(聴覚障害者のソフトボール大会)で、ホイはダミー・テイラーと再会、40年ぶりにバッテリーを組んだが、この時は既に80歳になっていた。 ホイが最後に観衆の前に姿を見せたのは99歳の時で、ヤンキースとレッズの間で争われた第3戦の始球式に招かれている。 当時ホイはメジャーリーグ選手の中では最も長生きした人物であった。 同年12月にシンシナティで死去。 2003年にレッズの球団殿堂入り選手となっているが、アメリカの聴覚障害者スポーツ連盟は以降、ホイの入りへ向けた各方面への働きかけを続けている(リンク参照)。 諸説 [ ] 野球史研究家の一部は、当時難聴のホイに対し審判が一定の動作でボール/ストライクなどの判定を伝えるようにしていたことが、後年により、の判定動作が体系化されるに至るきっかけになっていると主張している。 287. 386. 373 タイトル [ ]• 盗塁王:1888年 脚注 [ ].

次の

疫病

マホイエド

馬が殺されているよ。 マホイエドの馬が全滅だよ。 こんなひどいことになるなんて。 馬に何の罪があるんだ。 戦馬ジェンダを買っておいてよかった。 下手をしたらジェンダちゃんもあの死骸の中に加わっていたかもしれません。 馬たちが燃やされています。 うわーん 2 ヘンリー君出世する 戦で首領を一騎打ちで殺すといううっかりをやらかしたヘンリー君ですが、頑張ったご褒美にラッタイの城に部屋をもらいます。 ええ、お部屋をもらいました。 でも、隣の住民は豚さんだよ。 一応街中で鍛冶屋や錬金部屋に近くなって便利になったけれど。 寝ていたら衛兵にたたき起こされました。 松明をともしていないとは何事だって。 でも、自分の部屋だよ。 路上じゃないんだよ。 やはりここは豚小屋判定なのでしょうか。 隣の部屋の住人(豚)です。 仲良くしてね。 3 偽造と強盗 それはともかく、ハヌシュ卿はお怒りです。 せっかく手に入れたと思っていた銀貨は全部贋金でした。 銀貨じゃなくて、中は銅だったのだそうです。 そうか、このころは銀貨というと本当に銀を使っていたのですね。 今の日本では一応小銭は銀色ですが、銀メッキですらありません。 紙幣なんか、諭吉さんでも原価は数円だよ。 紙切れだもの。 今の貨幣を見たら、ハヌシュ卿、頭が沸騰して倒れてしまいそうです。 銀だと思って箱を開けたら、紙ですよ。 紙…… それともう一つ悪い知らせが、マホイエドの町が盗賊に襲われたということです。 そこで一人盗賊を捕まえたとのこと。 そいつから情報を引き出してこいとのおえら方からのご命令です。 下っ端ヘンリー君、なんでも致しますよ。 豚小屋(もとは倉庫だったかな?)を改装していただいたお礼です。 銀貨が箱いっぱいと喜んでいたのに、偽物とは…… 4 疫病?の蔓延 それで、マホイエドに行ってみたら、上記のような事態に。 なんで馬を殺すのだろう。 盗賊許すまじ。 と思っていたら、どうも盗賊ではなく、病気にかかって死んでしまったようです。 盗賊は村の人が撃退したそうです。 ヘンリー君がいつもぼこぼこにされて逃げまどっている盗賊を襲い返すとはマホイエドの人たちは強者ぞろいです。 農民は起こると怖いよ。 なめてかかるとぼこされます。 何度街道で武装した農民にやられたことか。 喧嘩は売らないようにしよう。 しかし、そんな村の人たちも病気には負けてしまいました。 次々に倒れて、大変な事態です。 スカリッツ仲間のマタイアス君もけがをしています。 ヨハンカちゃんの彼氏らしい。 急いで彼らの治療をしなければなりません。 ついでにいうと捕まえた盗賊も病にかかっているようで、会わせてもらえません。 治療をするなら、ササウのヨハンカちゃんに頼もう。 ということで、ヘンリー君が修道院に送られることになります。 その前に病状を聞いておかないとね。 扉に十字マークがついている家を訪問します。 こうして、伝染病が出た家に入らないように対処していたんですね。 なるほど。 なんだか、この病気、症状がまちまちです。 発熱、腹痛、幻覚……家畜も死んでいるところを見ると人間だけにかかる病ではないようです。 なんだろうね。 5 修道院の医療チーム大活躍 一通り話を聞いて、短いクエストとかこなして、修道院に向かいます。 しかし、ヨハンカ、いないよ。 どこに行ったのかな? 地図で見るとサモペシュから修道院に向かう道を歩いているようです。 あそこは盗賊が定期沸きする場所なのに。 危ないよ。 何しに行ったのだろう。 マホイエドにいるマタイアス君に会いに行った設定なのでしょうか。 このゲーム、色々裏の関係があって、実は誰と誰が恋人でというのがほのめかされています。 ヨハンカちゃん、美人だけど彼氏持ちだったんだね。 ヨハンカちゃんの手に余る事態に役に立つのがインテリのニコマデス神父です。 彼は本を調べて、何が原因か探ります。 字が読めるヘンリー君もお手伝いです。 当時の人の病気のとらえ方は現代とはだいぶ違うようです。 ラテン語の知識をひけらかすニコマデス神父。 さすがにヘンリー君、ラテン語はわからないよ。 日本語に翻訳された本を読んで、あてはまるのは水中毒でしょうか? 人間だけでなく動物もかかっているし、熱、腹痛、幻覚というまちまちの症状を考えると、これしかないような気がする。 早速薬を調合します。 せっせとセーブ薬を作っていたので、ヘンリー君は調合もお手の物です。 この時代にしてはマルチなタレントの持ち主に成長しています。 薬はレシピの中に自動的に載せられる仕様です。 材料は部屋の棚を漁れば調達できます。 自力調達は木炭がネックでしょうか。 それ以外は畑や周りの草原で手に入りますね。 ニコマデスさん、持ってたかなぁ。 6 どうもこれは時間が限られているイベントらしい。 というわけで薬は完成。 早速これを村へもっていきます。 すでに神父様とヨハンカちゃんは病人の手当てをしています。 そこで、薬をみんなに飲ませて、しばらく様子を見よう、の指示。 ? この田舎町で、おまけに村人がみんな病気で倒れてて、何もすることがない場所で待機しろ? 本当に何もすることがありません。 退屈というのも困りますね。 と、思っていたら、捕まえた盗賊への尋問許可が下りました。 やった。 奴はろくなことを知りませんでした。 でも、敵のボスと思しき人がロブナあたりで取引をするという情報を持っていました。 次はロブナかぁ。 あの辺りは盗賊がたくさん表れてぼこぼこにされるいやな地点です。 その時、盗賊をリンチにしたい村人が来襲。 なんかなぁ。 このゲーム、出てくる人、出てくる人、血の気が多すぎ。 すぐに暴力に訴えるんだよね。 俺の息子を殺した犯人を引き渡せ、と迫られます。 怒れる村人の襲撃です。 よく見ると短剣を持ってますね。 ヤル気満々です。 この盗賊は、馬を殺した犯人たちの仲間。 村人に引き渡してもいいのだけれど……優しい日本国憲法のもとで生まれ育った人間に中世の非情さを求めるのは無理でした。 ざ、罪刑法定主義…万歳。 ラッタイに連行することにします。 どのみち首を吊ることになりそうなんだけれどこちらのほうがまだまし、かな? 一応裁判とかありそうだからね。 痛いのには変わりなさそうだけど、ワンちゃん、慈悲があり? そこで、ラジク卿に報告。 ラジク卿、眺めのいい場所でキャンプ中でした。 ここからの風景は本当に美しい。 意味深なシーンで終わります。 ラジク卿、ヘンリー君を高く買っているみたいです。 それからしばらくほかのサブイベントをしていて、マホイエドの立ち寄るのはずいぶん後になりました。 でも、ちゃんと村人が無事だったと報告があったよ。 お金を渡されたけれど受け取れないよなぁ。 被災者から金を巻き上げるのは気が引けました。 このイベントは時限イベントで、あまり村を放置するとみんな死んでしまうらしい。 なんてこった。 途中で寄り道の誘惑に乗らなくてよかったよ。 ヨハンカちゃんイベントの二の舞になるところでした。 メインイベントはメインイベントに集中して取り組むことにします。 時限の罠が仕掛けられていそうなので。

次の