オスバン s 使い方。 オスバンS

オスバンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

オスバン s 使い方

洗濯物がニオう… こんにちは。 sugarです。 突然ですが、 梅雨の時期や秋雨の時期に• 洗濯物から生乾き臭…• タオルで顔を拭いたらなんだか鼻の下がくさい…• アルコール製剤とかハッカ油とかの並びにいる気がします。 使い方• 通常どおり洗濯 最後の脱水はなしでも良い• 逆性石鹸で約1時間つけおき 400倍~1000倍に薄める• すすぎ、脱水• 洗濯物を乾かす かんたんですね! 3. オスバンS用の簡易計算機作りました。 ところで逆性石鹸ってなに? 簡単に言うと食器・器具類の消毒などに使える石鹸です。 細菌やカビと結びつき、細胞を破壊し消毒・殺菌効果が得られるものです。 インフルエンザやノロウィルスの対策には使えないようです。 普通の石鹸が弱アルカリ性で逆性石鹸は弱酸性です。 詳しくは以下をご覧ください。

次の

オスバンは洗濯物の消臭対策に効果的?柔軟剤と一緒に使う方法は?

オスバン s 使い方

スポンサーリンク 今までに試したオスバン以外の消臭対策 オスバンを使う以前の消臭対策は以下のようなもの。 柔軟剤を多めにしたら洗濯物が前よりは柔らかくなって、香りがしっかりとついたので個人的には継続中。 想像していたほど洗濯槽は汚れてないのでたまにすればいいかも。 脱水はほどほどに。 とまぁ、こんな感じでやってきたチャレンジは結果いまいちで、とくにタオルはお風呂上りに髪の毛を拭いたりして濡れると臭さが復活します。 あなたも、このような経験があると思います。 スポンサーリンク そこで、たどり着いたのがオスバン(逆性石鹸)を使う方法。 これは本当にすっきりとニオイがとれましたよ~今までの苦労とガマンはなんだったんだというくらいあっさりニオイがとれたのです。 ネットで検索すると意外に使っている人たちが多くてビックリ。 使い方や使うタイミングなどは、バラバラで結局どうすればいいのか?迷うところです。 使うタイミングが違ったら効果は発揮できませんので、私の使い方を紹介しておきます。 オスバンの私の使い方を紹介 私のオスバンの使い方は、いたってシンプル。 洗濯機の柔軟剤を入れるところに柔軟材と一緒にオスバンを入れて普通に洗濯するだけ。 お水45Lでキャップ3杯くらい入れています。 オスバンは洗剤と混ぜると害はないですが、殺菌効果がなくなってニオイの原因になっている雑菌を消せません。 これだと意味がないのですが、柔軟剤となら混ぜても効果を発揮。 濡れるとニオイの復活していたタオルでも風呂上りに体をふいても臭さが復活することはなかったですし、時間をかけて部屋干ししていた洗濯物も臭くなくなります。 ニオイのきついものやスニーカーの中敷などはつけおきしてから洗うといいですよ。 オスバンのまとめ オスバンはホームセンターやドラッグストアでゲットできます。 ついでに手や食器、冷蔵庫の消毒にも使えるのですごく重宝しますよ。 もちろん、ネットでも購入はできます。 価格ですが、だいたい1本900円くらいですね。 その他、代用できるものはないかと探しました。 探したといってもすぐに見つかりましたが、普通に他社のメーカーから出ている「ベンザルコニウム塩化物液」とか「塩化ベンザルコニウム液」と書いてあるものだったら大丈夫。 そちらのほが少し安く買えるので、現在は、「ベンザルコニウム塩化物液」を買うようにしています。 これで雨の日のイライラもかなり解消されましたよ~。 ぜひ、お試しあれ。 今回、「オスバン」や「ベンザルコニウム塩化物」の私の使い方をご紹介しましたが、用法や用量については本体の注意事項をしっかりと確認した上でお使いください。

次の

オスバンSで洗濯してカビ・臭い対策!すごい消臭殺菌効果と用途別5つの使い方・ポイントを伝授

オスバン s 使い方

手紙やメールで本文のあとに使う「追伸」。 S…どれが正しい?」といった疑問を持ったり、そもそもビジネスシーンで追伸を使ってよいのか、と迷ったことはありませんか? この記事では、ビジネスメールで意識したい、追伸の書き方や使い方についてご紹介します。 S…どれが正しい?書き方について まず、「PS」または「P. 」はpostscriptの最初のpと二番目のsをとった略号。 ラテン語でpostは「after, later」、scriptは「write」のこと。 追伸には、伝え忘れたことや書きそびれたこと、補足しておきたいことを書き加える意味合いがあります。 次に、追伸の書き方について。 追伸を表す場合、「ps」「p. 」「PS」「P. 」など、大文字か小文字化、ピリオドを付けるべきか外して良いか、迷うことがあると思います。 結論をお伝えすると、「ps」「p. 」「PS」「P. 」はどれも表記方法としては合っています。 PSに限らず略字の印のピリオドは「すべてを抜かす」もしくは「すべて入れる」が正しい使い方であるためです。 つまり、「P. S」「ps. 」は上記の理由により用法上は間違いです。 なお日本では、追伸のやり取りが複数回になった場合に追伸、追追伸、と「追」を重ねていきますが、英語の場合もPS、PPS、PPPSと重ねることが可能です。 一般知識として覚えておくと良いでしょう。 ビジネスで追伸、P. は使ってもよいか 基本的に、ビジネスシーンにおいて追伸を使うことはあまりおすすめできません。 ビジネスメールの基本は、1つのメールで1つの要件を伝えることです。 追伸を使うと要件が2つになり、相手に伝わりづらくなってしまいます。 また、追伸は元々メールではなく文を後から書き直せない手紙で使うものでした。 書き直しのできるメールでは追伸を使う必要はなく、メールに追伸を使うと、「書き直しが面倒くさいのだな」と捉えられてしまう可能性があります。 伝え忘れたことや別件がある場合は、メール本文を書き直すか、メールを分けるようにしましょう。 ただし、相手との心理的距離を近づけたい時には、追伸を使う場合もあります。 例えば、下記のようなシーンです。 1、相手への心遣いを表現したい時 「P. 季節柄、体調をくずしやすくなります。 どうぞご自愛ください。 」などとメールの最後に入れることで、さりげなく相手を気遣っていることを伝えることができます。 2、本文と関係のない話題を振る時 「ps 先日、おいしい料理屋を見つけました。 お忙しそうですが、よろしければ息抜きも兼ねてご一緒にいかがでしょう?」といったお誘いをする場合などです。 いずれの場合も、追伸を書く場合は端的に簡潔にまとめて書きましょう。 追記で書いている文章ですので長々と書いてしまうとどちらが本文なのかわからなくなります。 また、返信してほしい内容はあくまで本文ですから、追伸にはできる限り返事を書く必要がある内容は避けるようにします。 どうしても返信が欲しい場合は、別のメールとして伝えることをおすすめします。 追伸の使い方を押さえ、上手に活用していきましょう。

次の