片岡 愛之助 ブログ。 片岡愛之助、「桶狭間でリラックス」 『麒麟がくる』オフショット公開

片岡愛之助さんのプロフィールページ

片岡 愛之助 ブログ

屋号:松嶋屋 定紋:追っかけ五枚銀杏 略 歴 昭和47年3月4日大阪生まれ 魚座 血液型B型。 5歳のとき、「松竹芸能」の子役オーディションを受け、子役としてテレビや大衆演劇等に出演。 昭和56年12月 十三代目片岡仁左衛門の部屋子となり、 南座「勧進帳」の太刀持で片岡千代丸を 名のり初舞台 平成4年1月 片岡秀太郎の養子となり、大阪・中座「勧進帳」の 駿河次郎ほかで六代目片岡愛之助を襲名 平成6年 名題昇進 平成7年 国立劇場奨励賞 平成9年 咲くやこの花賞 平成12年 十三夜会賞、国立劇場奨励賞 平成14年 国立劇場優秀賞 平成15年 大阪舞台芸術新人賞 平成17年 国立劇場優秀賞 平成18年 松尾芸能賞新人賞、 日本映画批評家大賞主演男優賞、他多数受賞 舞伎の本拠地が上方から江戸へ移り、現在では数少なくなった関西在住の歌舞伎役者の一人。 若手実力派の役者として、関東でも人気の歌舞伎の明日を担うホープ。 一般家庭に生まれながらその実力を認められ、歌舞伎界の御曹司としての道を選んだというその生い立ちは、伝統芸能の世界において異彩を放つ。 実力はもちろん、さわやかな風貌とそのあたりの柔らかさ、それに調子にも恵まれ、幅広いファン層を持つ。 もともとは父・秀太郎より女方の基本を仕込まれるが、最近では線の太い敵役から和事の柔らか味をもった若旦那役まで幅広い立役をこなす。 平成14年よりは、父・秀太郎とともに「平成若衆歌舞伎」を旗揚げし新作にも積極的に取り組み、平成17年には宝塚月組と共演し、日本演劇史始まって以来の宝塚と歌舞伎の歴史的コラボレーションを実現する。 舞台での活躍は高い評価を受けている一方、関西での歌舞伎隆盛に積極的に活動、後身の育成にも励んでいる。 平成15年にはフジテレビ系列「夜桜お染」にレギュラー出演、また平成16年には映画「シベリア超特急5」で主演、平成17年にNHK教育テレビ「歌舞伎入門教室」に案内役として出演、さらに、平成18年NHKお正月時代劇「新撰組!!~土方歳三最期の一日」に準主役ともいえる榎本武揚役として出演する。 平成19年「Beauty」「宮城野」、平成20年には「私は貝になりたい」「築城せよ!!」、平成22年にはTBS「Japanese American」、「小川の辺」、平成23年テレビ朝日「ハガネの女2」と、舞台以外にも話題作に出演。 平成25年には、TBS「半沢直樹」でインパクトのある役で大ブレークを果たし、活躍の場がさらに広がっている。 趣味はドライブと音楽鑑賞。

次の

六代目 片岡愛之助 オフィシャルサイト

片岡 愛之助 ブログ

実際、今川家は将軍家に近い家柄だったし、 戦国の世だけど、義元あたりの頃は公家は権威がある存在でした。 しかし、相次いで兄たちが亡くなってしまいます。 急遽跡継ぎ候補となり、還俗(げんぞく・僧をやめて、戻ること)しますが、 反対する家臣が、別の後継者として異母兄・玄広恵探(げんこうえたん)をかかげて 家督争いになります。 結局義元はその争いに勝ち、今川家当主となります。 当主となった義元は、北は武田信玄、東は北条氏真という最強の戦国武将と同盟を結びながら、勢力を伸ばします。 この手腕が、「海道一の弓取り」といわれるのです。 義元は自分の領土内を治める法律を制定し、領地経営を安定化します。 ただ領地を拡大させるだけでなく、内乱がおきないようにバランスをとることがうまかったのですね。 義元は、同盟を結ぶことで北と東からは攻められることはなくなったので、 西へと勢力を拡大します。 しかし、1560年桶狭間(現在の愛知県豊明市付近)でに討ち取られてしまいます。 (桶狭間の戦い) ここまで見ると、強い戦国大名だったはずですが、今川義元はよく残念な戦国大名のイメージがあるようです。 生誕500年を迎えた今川義元(ゆるキャラ・今川さん)が『歴史人』編集部に出現!GWは「今川復権まつり」がアツい!! 戦国時代は合戦だらけですが、野戦で総大将が討ち取られてしまうことは、あまりありませんでした。 おネエ言葉のエリート官僚なんて役作りが毎回話題になりましたね。 大河ドラマは2回目で、2016年の真田丸で大谷吉継役を演じました。 片岡愛之助が演じる今川義元は、クールで強い武闘派大名 麒麟がくるで片岡さんが演じる今川義元は圧倒的な強さを持つ戦国武将の姿が描かれます。 何を考えているかを表に表さない、クールでミステリアス、冷酷な一面をもっています。 今川義元は幼少期の徳川家康(竹千代)を人質にとるシーンでは、歓迎すると見せかけて、幼い竹千代を見定めています。 竹千代と今川義元のやり取りが緊張感があり、クールな義元の見せ場です。 片岡さんは全く新しい義元像を作り上げることに意欲だそう。 利用するものは何でも利用するというような、冷酷な一面を出していきたいそうです。 これまでの今川義元と全く違った人物が見られそうですね。 麒麟がくるのあらすじをまとめています。 麒麟がくる・明智光秀大特集についてはこちらです.

次の

片岡愛之助(大河ドラマ麒麟がくる今川義元)のプロフィールと見どころ紹介

片岡 愛之助 ブログ

実際、今川家は将軍家に近い家柄だったし、 戦国の世だけど、義元あたりの頃は公家は権威がある存在でした。 しかし、相次いで兄たちが亡くなってしまいます。 急遽跡継ぎ候補となり、還俗(げんぞく・僧をやめて、戻ること)しますが、 反対する家臣が、別の後継者として異母兄・玄広恵探(げんこうえたん)をかかげて 家督争いになります。 結局義元はその争いに勝ち、今川家当主となります。 当主となった義元は、北は武田信玄、東は北条氏真という最強の戦国武将と同盟を結びながら、勢力を伸ばします。 この手腕が、「海道一の弓取り」といわれるのです。 義元は自分の領土内を治める法律を制定し、領地経営を安定化します。 ただ領地を拡大させるだけでなく、内乱がおきないようにバランスをとることがうまかったのですね。 義元は、同盟を結ぶことで北と東からは攻められることはなくなったので、 西へと勢力を拡大します。 しかし、1560年桶狭間(現在の愛知県豊明市付近)でに討ち取られてしまいます。 (桶狭間の戦い) ここまで見ると、強い戦国大名だったはずですが、今川義元はよく残念な戦国大名のイメージがあるようです。 生誕500年を迎えた今川義元(ゆるキャラ・今川さん)が『歴史人』編集部に出現!GWは「今川復権まつり」がアツい!! 戦国時代は合戦だらけですが、野戦で総大将が討ち取られてしまうことは、あまりありませんでした。 おネエ言葉のエリート官僚なんて役作りが毎回話題になりましたね。 大河ドラマは2回目で、2016年の真田丸で大谷吉継役を演じました。 片岡愛之助が演じる今川義元は、クールで強い武闘派大名 麒麟がくるで片岡さんが演じる今川義元は圧倒的な強さを持つ戦国武将の姿が描かれます。 何を考えているかを表に表さない、クールでミステリアス、冷酷な一面をもっています。 今川義元は幼少期の徳川家康(竹千代)を人質にとるシーンでは、歓迎すると見せかけて、幼い竹千代を見定めています。 竹千代と今川義元のやり取りが緊張感があり、クールな義元の見せ場です。 片岡さんは全く新しい義元像を作り上げることに意欲だそう。 利用するものは何でも利用するというような、冷酷な一面を出していきたいそうです。 これまでの今川義元と全く違った人物が見られそうですね。 麒麟がくるのあらすじをまとめています。 麒麟がくる・明智光秀大特集についてはこちらです.

次の