自己 愛 性 パーソナリティ 障害 顔つき。 自己愛性人格障害には気をつけてという話(見抜くポイント編)

自己愛性パーソナリティ障害(NPD)

自己 愛 性 パーソナリティ 障害 顔つき

自己愛性人格障害の犯罪からみる「歪んだ勘違い」が怖い! 自己愛性人格障害と犯罪の関係 自己愛性人格障害は、 自分しか愛せない人間の事を言います。 自分は素晴らしくて賞賛されるべき、賞賛しない人は敵と極端な考えを持っています。 そんな自己愛性人格障害は簡単に言えば、自分勝手な性格になりますが、一見犯罪と関係がないように感じます。 しかし自己愛性人格障害は 偏った正義感と他の意見を認めない性格から、犯罪になることもあると思っています。 というのも、 自己愛性人格障害は罪悪感という感情が薄いからです。 津久井やまゆり園の犯人の植松は自己愛性人格障害と認定! 知的障害者施設に侵入し、19名を次々と刺していった植松容疑者。 普通の考えだったらそんなことできません。 しかも取り調べでは反省や謝罪の言葉もなく、 「ナイフで刺したことは間違いない。 障がい者なんていなくなればいい」と、自身の行為の正当化を繰り返しているというとんでもない態度。 自己愛性人格障害は、罪悪感が薄く、相手の気持ちには無頓着で共感性が非常に 薄いと言われています。 これをやったら周りがどうなるか?は理解できないのでしょう。 植松容疑者の考えは極端すぎますが、 この「障害者がいなくなればいい」と考える歪んだ考えは非常に恐ろしいと言えます。 改めて自己愛性人格障害とは関わらない方がいい 自己愛性人格障害からは離れる方が無難 改めて近くに 自己愛性人格障害がいる場合は離れるようにした方がいいと思いました。 自己愛性人格障害といても良いことはまずありません。 それは長い間友好な人間関係を築くことができないことが証明しています。 自己愛は魅力的に見えるので恋愛関係になることも多いですが、非常に入れ替わりが早いのです。 またトラブルを起こすことも多いので、近くにいても傷つくだけで良いことはありませんし、 簡単に裏切ります。 しかも裏切る時も「これで良かったんだ」と歪んだ勘違いで納得するので、歯向かえば犯罪になる可能性だってると思います。 どうあがいても分かり合えないのでなるべく早く離れることをオススメします。 まとめ 自己愛性人格障害の犯罪についてご案内しました。 いろんな犯罪がありますが、一番怖いのは植松容疑者のように正義のためにやっていると勘違いしているところですよね。 自分の考えが間違っていないとしか思えないのはある意味かわいそうでもありますね。

次の

岡田クリニック

自己 愛 性 パーソナリティ 障害 顔つき

この記事では、• 自己愛性人格障害の男性の顔つきを知りたい方。 自己愛性人格障害を見抜く方法。 夫や彼氏が自己愛性人格障害か確かめたい方。 にオススメの記事になっています。 是非チェックして同じように被害にならないように祈っています・・・。 自己愛性人格障害の人は爬虫類顔? 自己愛の方がパートナーになると人生が変わります。 私自身も自己愛の標的にされやすい性格もありますが、気をつけなければいけませんね・・・。 自己愛かどうか判断するのはいくつかありますが、大体は関わってみた時の性格で判断できると思います。 しかし、見た目でも自己愛の方を見分ける方法があると言われています。 自己愛は、 「爬虫類顔」だと言われています。 特に目に特徴があり、 目を見るとよいと言われているそうです。 爬虫類顔に限定せずに目つきに気をつけると良いですよ。 因みに旦那は爬虫類顔ではありません(笑) どちらかというとゴリラ?顔でした(笑) ですが 目には特徴あった気がします。 自己愛性人格障害の男性の特徴的な目つきとは? 自己愛の男性の目つきはどちらかというと「トロン」とした目元ではないです。 自己愛の男性の目は、 目力があり目をギョロギョロとした目なのが特徴です。 そして割と 目をしっかり見て話す人のような気がします。 自己愛の方は、 獲物を見つけると興味があるかどうか、危険があるかどうかを見分けるために、凝視するんだそう です。 それは、 相手が他の人から見てどんな存在でいるか?を見たらいいと思います。 どういう事なのか、詳しくご説明しますね! 自己愛性人格障害の男性をいち早く見抜く方法は? 自己愛の男性の簡単は見抜き方は、 相手が他の人から見てどんな存在なのか?をよく観察してみましょう! 私の場合ですが、旦那と初めて会ったとき、彼はその場でボス的な存在でした。 良く言えばボス、 悪く言えば浮いていた感じでした。 彼を立ててくれる、なんでもいうこと聞く人たちでした。 周りに気を使えない、自分が王様のように振舞っている男性がいたら少し警戒したほうがいいかもしれません。 自己愛に限らず、そんな男性は願い下げですけどね(笑) まとめ:自己愛の見抜き方は周りの評価で判断すべし! 顔の特徴で判断するよりも、周りは夫や彼をどんな風に見ているかの方が確実性があります。 あいついいやつだよ〜!と言われている男性は大丈夫でしょう。 自己愛の場合は長い交友関係を築けないので、聞いてみて微妙な反応なら疑ってもいいと思います。

次の

体験者から見た自己愛性パーソナリティ障害者の人生の最後を教えます

自己 愛 性 パーソナリティ 障害 顔つき

もくじ• 自己愛性人格障害者の顔つき 「自己愛性人格障害者を顔だけで見分ける」 そんなことが出来るんだろうか。 けど、被害に遭った以上はもう一度自己愛性人格障害者に 出くわしたくないっていう人も多いはず。 自己愛性人格障害者の「爬虫類顔」って何? 自己愛性人格障害者は爬虫類顔ってよく言われる。 私は最初、爬虫類顔っていうものをよく知らなくて、 調べてみた。 けど、爬虫類顔ってどんな顔なのか調べても あんまり正確なことは載ってない。 ソース顔とかしょうゆ顔とかそういうレベル? と思ったけど画像検索で大体ぼんやりと特徴は分かった。 それでも、視覚的に特徴がわかるだけで 人によって印象も変わってくると思うから、 とりあえず感じたことを記しておく。 目の特徴について 「ギョロ目」といわれる自己愛性人格障害者の 特徴的な目。 自分が当てはまっているなと思うのは、 「眼球がちょっと外を向いて、ちょっと出ている」。 目の位置が離れているんではなくて。 ただの外斜視じゃない。 ただ、眼球突出があるだけじゃない。 外を向いていて、眼球がちょっと出ている。 自分のモラ夫と義母、以前同僚にストーカーまがいのことを していた同僚も含めて全員この目の特徴。 けど、自己愛性人格障害者全員に当てはまるわけではないよなと 思う。 被害者が見たら「明らかにこの人、モラハラしてたよね・・・」 と誰でもわかるような発言を繰り返している芸能人が 一人いるのだけど、その芸能人も、この「眼球が外を 向いている」というのは特徴的じゃないので。 目が離れているかどうかはまた別だと思う。 三白眼も言われるけど、三白眼は多すぎてなんだか ただただ「人相悪いよね」っていうレベルの話なだけな 気がする。 顔全体の特徴について 顔全体の特徴はないと思う。 書いたように目が離れているかどうかは あんまり関係がないと思うし、 「爬虫類顔」というか「目の特徴」のほうが 明らかに強いから。 それ以外で、顔の特徴や共通した部分というのは あんまり見当たらない。 境界性人格障害者の顔つきとの関連性 境界性人格障害者は明らかに顔の特徴はない。 そもそもどちらも性格傾向だから「思考の偏り」が 顔つきに影響するというのはわかる。 で、境界性人格障害者と自己愛性人格障害者も、 あるいは演技性パーソナリティ障害者とか 回避性パーソナリティ障害とかいろいろあると思うんだけど、 それらも「思考の偏り」なんだよね。 けど、自己愛性人格障害者だけが、 「爬虫類顔」って言われる。 で、それが多分単なるデマとかそういう感じでもなく、 実際に自分もそう思う。 じゃあ、自己愛性人格障害者の「どういった思考の偏り」が 人相を特徴的なものにするんだろう? 自己愛的思考が爬虫類顔にする? 「エモノを探し回っている」というのは 後付けなのか的確なのか分からない。 境界性人格障害者もターゲットに対する 執着心はすごいし。 じゃあ、境界性人格障害者も 爬虫類顔にならないとおかしいよね。 じゃあ、どちらかというと 「自己愛が傷つけられないか?」 「自己愛を満たす絶好の機会はないか?」を 常にアンテナを張って探っているから爬虫類顔の傾向 (いや、顔じゃなくて目が特徴的なんだけど)といったほうが しっくりくるかも。 結論としては、「爬虫類顔」じゃなくて、 「爬虫類みたいなギョロ目」がやっぱり適格だと思う。

次の