ボンボン 第 五 人格。 【第五人格】ボンボンの救助狩りがほんとに強すぎて楽しいwww

第五人格の現在のサバイバー環境と運営の誠意のなさについて...

ボンボン 第 五 人格

(最大6個まで) 爆弾を設置すると十字型の爆風を発生させ、爆風範囲にいるサバイバーに0. 5ダメージを与える。 爆風範囲内に爆弾がある場合は連鎖で爆発する。 同じタイミングで複数の爆風がサバイバーに命中した場合、爆弾1個分のダメージを受ける。 形態変化(スキル) 名前 存在感 CT 時限爆弾 0 (爆弾1つのチャージ時間)6秒 リモコン爆弾 1000 35秒(爆破後) 爆弾EX 2500 なし ・時限爆弾 スキルボタンをタッチするとその場に爆弾を置く。 長押しすると爆弾を投げ、遠くに設置できる。 爆弾は投げる前に起爆時間の調整ができる。 爆弾が地面に着地してから起爆カウントが進む。 ・リモコン爆弾 任意のタイミングで起爆する爆弾。 リモコン爆弾を設置してから再度スキルボタンをタッチすると起爆する。 設置時にその場に爆弾を置いた場合は硬直が発生する。 起爆時も硬直が発生する。 爆破までの待機可能時間は40秒。 ・爆弾EX 爆弾のチャージ時間が短くなり、爆風の長さが伸びる。 時限爆弾のチャージ時間が4秒になる。 ボンボンの立ち回り解説! ボンボンのファーストチェイス ボンボンは救助狩りがとても強いハンターです。 ファーストチェイスがある程度伸びたとしても、救助狩りをすることで勝利へと近づけます。 しかし、通電後はチェイス能力、索敵能力等の性質上、ハンターの中でも最弱の部類といっても過言ではありません。 ですので、通電するまでに勝負を決めるため、ファーストチェイスは出来るだけ早く終わらせましょう。 連鎖爆弾でサバイバーの逃げ道をなくそう! ボンボンは時限爆弾によって攻撃硬直無しで、サバイバーに0. 5ダメージを与えることが出来ます。 時限爆弾の使い方は、 1個の設置した時限爆弾の起爆時にサバイバーにダメージを与える通常の時限爆破と、 2個以上の時限爆弾を用いてサバイバーにダメージを与える連鎖爆破の2種類です。 通常の時限爆破は、普通に置いているだけでは避けられてしまうので、 乗り越えるであろう窓枠や板場等のチェイスルートを予想し、2秒爆弾を設置しましょう。 2秒爆弾を設置したことを予想できるサバイバーが居るランク帯や試合では、 あえて5秒爆弾を置くことも有効的です。 連鎖爆破とは、1個目の爆弾が爆発する時に2個目の爆弾を爆発箇所に置くことによって 2個目の爆弾も爆発させる方法です。 テクニックとしては大きく分けて3種類の方法があります。 一つ目は、2秒爆弾を足元に置き、爆発する瞬間に2個目を置く方法です。 チェイス中や救助狩り時等様々な場面で使える最もスタンダードなテクニックです。 三つ目は 回路型と呼ばれる救助狩り方法です。 爆弾のダメージは、爆発した爆弾が2個だったとしても、同時爆破だった場合は 1個分のダメージ(0. 5ダメージ)しか入りませんが、連鎖爆破を回路のように使うと2ダメージ分のダメージ(1ダメージ)が入ります。 多くのボンボンランカーの方々が自分だけのオリジナル回路を作り上げて 救助狩りを行いやすくしています。 このブログでは最強のボンボンランカーである「這い寄るパリ卍」さんが YouTubeで解説されている回路を紹介させていただいております。 詳しい説明を知りたい方は「這い寄るパリ卍」さんのYouTubeで解説されています。 ぜひボンボンのトップランカーの爆弾技術をご覧になって下さい!YouTubeで「ボンボン 回路型」等で検索するとヒットするかと思います。 (当ブログのURL動画は筆者が再現してみた物です。 ) 準備に数秒かかってしまいますが準備が出来れば最強の救助狩り方法です! 是非マスターしましょう! ボンボンは救助狩りを100%決めることが出来れば負けることが少ないハンターです。 自分に合った救助狩り方法を極めましょう! 一人脱落させた後は次のサバイバーを捕まえよう! ボンボンの 理想の試合展開は、救助者を救助狩りして一人が脱落している流れが理想ですが、 救助狩り失敗の時や、救助者が来ず、サバイバーが見捨てを行った場合等、理想通りにはならない事もあります。 その際はすぐに次のサバイバーを追いかけて捕まえ、もう一度キャンプを行い、救助狩りを目指しましょう。 ボンボンは救助狩り命です! 通電前は爆弾でダウンさせて中治りを無効化しよう! 「 ボンボンは通電させると負け」と言っても良いくらい、通電後に弱いハンターです。 ですが、通電前のサバイバーへの攻撃を爆弾でダウンさせ、通電後の 中治り直後に通常攻撃で再度ダウンを取ってしまえば、4人通電からでも引き分けを目指す事ができます! 通電後は一人のサバイバーを追い切ろう! 前述の通り、通電後はチェイス能力、索敵能力等の性質上、ハンターの中でも最弱の部類といっても過言ではありません。 しっかりと一人のサバイバーを追い切りましょう! ボンボンのおすすめ内在人格! ボンボンのおすすめ内在人格は右上型! ボンボンは兎にも角にも救助狩りをして通電する前に勝ち切るハンターです。 その為、 閉鎖空間や 破壊欲などに人格を降ることにより、 サバイバーの思い通りのチェイスをさせないようにしましょう。 また、 裏向きカードでその時々に必要な特質を切り替えて、中盤以降も優位に試合を運びましょう。 ランク帯によっては コントロールもオススメです。 ランク帯が高くなればなるほど、ボンボンに対しては即救助を行ってくるサバイバーが増えてきます。 そうなってくるとコントロールは外して 凶暴や 指名手配に振りましょう。 また、 巨大ペンチに人格を振ることによって解読中の暗号機に寄せて暗号機圧をかけたり、自分が救助狩りのしやすい、得意な椅子に座らせたりと優位に立ち回る事も有用です。 ボンボンのおすすめ特質! ボンボンのオススメ特質は 神出鬼没です。 ボンボンは早くキャンプが出来れば出来るほど 試合を優位に進めることが出来ます。 その為神出鬼没で少しでも早く最初のチェイスを終わらせましょう。 ボンボンの対策は連鎖爆破を避けよう! ボンボンは救助狩りに特化したハンターです。 その為ファーストチェイスが長引けば長引くほどその試合の勝利は固くなります。 ボンボンがチェイス中に使用してくるであろう爆弾はほとんどが2秒爆弾です。 つまり、ボンボンが1個目の爆弾を置いた2秒後に爆発します。 その爆発に合わせて連鎖爆破を狙ってくる事が多いので、 爆弾の爆発タイミングに合わせて 左右に移動することで連鎖爆破を避ける事ができます。 もしもファーストチェイスが伸びなかった場合は救助に行かず、 見捨てをする事によって引き分けを目指す事もとても有効です。 どうしても救助に行かないと厳しい場合は、 救助者は 椅子に吊られる前から椅子付近に近づいておき、ボンボンが爆弾を設置し、救助狩りの準備を整える前に耳鳴りを鳴らしましょう。 ボンボンが耳鳴りを気にせずに、爆弾を設置し始めた場合は、準備中に救助してしまえば救助狩りされるリスクは減り、無傷で救助することすら狙えます。 逆に、耳鳴りを気にしているようであれば、ボンボンは十分な準備が行えなくなるので救助狩りされるリスクはかなり減るでしょう。 まとめ ボンボンは索敵能力こそ低いですが、とても強力な救助狩り性能を持ったハンターです。 また、爆弾をうまく使えばたとえ強ポジであろうがサバイバー優位なチェイスをし辛くさせることも可能です。 キャンプ時は丁寧に爆弾を設置し、救助を行えなくしてしまいましょう!.

次の

第五人格 ボンボンストーリー紹介

ボンボン 第 五 人格

総合評価:C 外在特質 効果 爆発連鎖 十字型の爆風を放つ爆弾を持てる 0. 5ダメージ 同時に2つ以上の爆弾を当てても1ヒットしかしない 存在感 形態変化 効果 0 時限爆弾 爆弾を出せる クールタイム6秒 1000 リモコン爆弾 任意のタイミングで爆発させることができる 2500 爆弾EX 爆弾チャージ時間短縮 爆発範囲拡大 能力詳細• 爆弾は設置してから爆発するまでの時間を調節できる。 2秒、5秒、10秒、15秒、20秒、25秒、30秒、35秒、40秒からダイヤル式で選べる。 ダイヤルの動きはスムーズでいつでも(風船状態でも)動かせる• 存在感2500でのチャージ短縮後は4秒に1つ爆弾が溜まる• リモコン爆弾は40秒以内の任意のタイミングで爆発させられる• リモコン爆弾は一度爆発させると次に使うまで 35秒のクールタイムが必要• 設置後、赤いラインで結ばれた爆弾は誘爆する(どれか一つが爆発すると一緒に他の爆弾も爆発する)。 誘爆するかどうかは爆風範囲の十字に乗っているかどうかで決まる(近くても十字に入らない場合は赤いラインで結ばれない=誘爆しない)• 爆弾ボタンを押すとその場に爆弾を落とす。 長押しすると遠くに投げることができる(投げられた爆弾は放物線を描き、途中の障害物に当たるとそこで落ちる)。 設置してから爆発するまでのカウントは爆弾が地面に設置されてからカウントが始まる• 5ダメは入れやすいと思います。 そこからは使用者の腕次第でしょう。 正直微妙だが 救助狩りは強いですが、ハスターに比べるとファーストの弱さが気になります。 2秒爆弾を投げまくって相手サバイバーのルートを潰していくというのが基本的な戦い方だと思いますが、当たっても0. 5ダメージだからと普通に逃げられた時に、存在感0の爆風だとそんなに当たってくれる感じがしません。 上に書いたように素の能力は高くないので、 存在感0から能力をしっかり発揮できるのにもかかわらず、現環境で強いハンターにはならないでしょう。 しかし、ボンボンは 使っていて楽しいです。 文字通りボンボン爆弾を投げられるので、空中まで含めた地形をしっかり把握して爆弾をうまく設置したり、解読中の解読機に投げて牽制したり、とにかく投げまくれるし爆発しまくるので使っていて楽しいです。 一般的にうまく使えないハンターだと板窓攻防でなかなか殴らせてくれないということが多いのですが、ボンボンの場合は板なんか使ってグルグルしていたら爆弾をモロに喰らってしまうので、必然的にが大回りになるというのは一つ注目に値するポイントだと思います。 見た目に反して0. 5ダメージではあるけれど、爆弾を投げまくれるのは第五人格らしくない楽しさなので、そういう意味で使い甲斐のあるハンターでしょう。 Apollon24.

次の

【第五人格】ボンボンの救助狩りがほんとに強すぎて楽しいwww

ボンボン 第 五 人格

ガードNo. 26とは ガードNo. 26は、第五人格日本版に登場した新ハンターです。 このハンターは、十字に爆発範囲を発生させる爆弾を複数所持していて、その 爆発範囲内にいる全てのサバイバーに、通常攻撃の半分のダメージを与えられます。 範囲内であれば、たとえ障害物があっても 爆発が貫通するので、かなり強力なハンターと言えそうです。 ガードNo. 26のキャラ情報 キャラクター名 入手方法 ボンボン S8-真髄2 ガードNo. 26は、狂眼バルクの助手として製造されたロボットです。 しかし、助手をやっているうちに徐々に自我に目覚めました。 それに気づいたバルクは、何度もコアモジュールを変更し、プログラムを書き換えましたが、自我が消えることはありませんでした。 ガードNo. 26の評価 総合評価:A ・0.5ダメージを与えらる爆弾を持っている ・時限爆弾とリモコン爆弾の使い分けで強さを発揮! ・時限爆弾の補充が早い! スキル チェイス 探索 A A B サバイバーを牽制する爆弾 存在感0の状態から使用できる「 時限爆弾」は、2~40秒の間で自由にタイマーを設定し、任意の場所に設置あるいは投げられます。 設置してからその時間が経過すると、十字状に障害物を無視した爆発範囲が発生し、その中にいる 全サバイバーに通常攻撃の半分のダメージを与えられます。 ) さらに補充が非常に早く、最大6個まで同時に所持できるので、複数バラまけば様々な場面で活用可能です。 他の爆弾に当たれば誘爆させることもできるので、広範囲を爆破させたり、タイマーの設定ミスをカバーしたりできる他、誘爆させないように配置して 連続攻撃を狙ったりと、チェイスとキャンプどちらにも使用できます。 しかもサバイバーからはどのくらいで爆発するかわからないので、 置くだけでも牽制できますし、場所によっては通常攻撃を受けるか爆発を受けるかの2択を迫ることも可能です。 また、任意のタイミングで爆破できる リモコン爆弾(存在感1000以上で使用可能)は、タイマーの設定ミスをカバーし、サバイバーの動きに合わせられるので、時限爆弾よりも使い勝手がよくなっています。 補助特質に「異常」や「監視者」、内在人格に「崩壊」や「パニック」を採用していれば、暗号機を守って立ち回る遅延戦術も、狭いマップでは強力かもしれません。 万人向けではない ガードNo. 26は、複数の爆弾でサバイバーを牽制しながらダメージを与えられる強力なハンターです。 存在感が最大になれば、 時限爆弾の爆発範囲が拡大し、補充も早くなるので、サバイバーが逃げ切るのは困難でしょう!補助特質に「巡視者」を採用すれば、チェイスや救助狩りがやりやすくなると思います。 しかし、時限爆弾は投げてから起動するまでに若干ラグがあり、サバイバーからでも爆発範囲を確認できます。 そのため、1発1発を確実に当てるのは、非常に難しいです。 また、移動速度などの基本的な能力が何かずば抜けているわけではないので、爆弾の設置場所やタイマーの設定が勝敗の鍵になると思われます。 まとめると、ガードNo. 26は強力なスキルを持っていますが、知識や経験がないと性能を活かしきれないテクニカルなハンターと言えそうです。 ガードNo. 26のスキル ガードNo. 26の外在特質 外在特質 能力 爆発連鎖 ガードNo. 26は、その中に複数の爆弾を格納でき、いつでも設置あるいは投げることができる。 爆弾の爆発範囲は十字型で、爆発した際に、その範囲内にある他の爆弾を誘爆させられる。 範囲内にサバイバーがいた場合は、そのすべてに通常攻撃の半分のダメージを与える。 ただし、1人のサバイバーに対して、複数の爆発が同時に当たっても、0.5ダメージしか与えられない。 ガードNo. 26の形態変化 能力 効果 時限爆弾 時限爆弾を設置、あるいは投げることができる。 投げる前に爆弾のタイマーを調整でき、設定した秒数が経過すると、爆発する。 リモコン爆弾 特殊なリモコン爆弾を設置、あるいは投げることができる。 この爆弾を設置後、スキルボタンを再度タップすることで爆発する。 起爆されずに一定時間経過すると、自動で爆発する。 爆弾 EX 爆弾のチャージ時間を短縮し、全ての爆弾の爆発範囲が拡大する。 ガードNo. 26の立ち回り サバイバーのチェイスルートを制限しよう! ガードNo. 26は、存在感0の状態から任意の場所に「時限爆弾」を設置あるいは投げることができます。 時限爆弾のタイマーは、2~40秒の間で自由に設定でき、 サバイバーはあと何秒で爆発するかわからないので、サバイバーが通る確率が高い場所にこれを投げて牽制しましょう! 補助特質に「巡視者」を採用すれば、爆弾と通常攻撃のコンボも狙いやすくなります。 また、ある程度なら高低差にも対応しています。 サバイバーのいるところよりも下に置けば、 爆発範囲を隠して、ダメージを狙えるので、これも積極的に活用しましょう! 複数の時限爆弾を設置しよう! ガードNo. 26が同時に所持できる時限爆弾は最大6つで、補充も早いので、 短時間に複数投げるのがおすすめです。 こうすることで爆発を当てやすくなり、もしタイマーの調節を間違えても、後からカウントダウンが短めの爆弾を投げて、誘爆させられます。 また、自身の周辺や移動ルートに配置しておけば、スタンキャラによる風船救助にも対応しやすいので、積極的に使いましょう! 狭いマップであれば、補助特質「監視者」や「異常」と遅延系の内在人格で害悪な立ち回りも期待できそうです。 ただし、使いすぎると強みがなくなってしまうので、残量には注意してください。 リモコン爆弾でサバイバーを牽制しよう! 存在感が1000になると、 任意のタイミングで爆発させられるリモコン爆弾が使えるようになります。 同時に1つしか所持できず、クールタイムが長めなのが弱点ですが、これで爆発をかなり当てやすくできるので、積極的に活用しましょう! 救助狩りを狙おう! ガードNo. 26は、救助狩りが得意なハンターです。 サバイバーを拘束しているロケットチェア付近に、複数の時限爆弾を設置すれば、これだけで牽制になります。 また、 誘爆しないように置ければ、連続攻撃も狙えるので、爆弾を使ってキャンプしましょう! 下記動画は、サバイバー側の対策動画ですが、爆弾の置き方など参考になるところも多いので、ぜひご覧ください。 おすすめの内在人格 指名手配 指名手配は、サバイバーをロケットチェアに拘束した時に、他の3人のサバイバーが動ける状態(ダウンを除く)にあると、ランダムでその内1人の輪郭を表示する内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾を利用した救助狩りが得意なので、サバイバーの位置を探知できるこの内在人格は相性がいいと思われます。 特に救助が得意なサバイバーに指名手配がつけば、形勢は有利に傾くでしょう! 崩壊 崩壊は、攻撃が命中したサバイバーの自己治療もしくは仲間による治療にかかる時間が最大30%増加する内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾で複数のサバイバーを同時攻撃し、普通のサバイバーには回復できない0.5ダメージを連続で与えられるので、狭いマップで遅延戦術を採用する場合は、かなり有効だと思われます。 健康状態以外のサバイバーがいると、他のサバイバーの解読・治療・破壊速度が3%低下する「パニック」やダウン状態の自己治療上限が低下する「後遺症」をこれに組み合わせるといいかもしれません。 コントロール コントロールは、ロケットチェアのカウントダウン速度が最大9%上昇する内在人格です。 ガードNo. 26は、ロケットチェア付近に複数の爆弾を設置して、サバイバーを簡単に牽制できるので、この内在人格と合わせて、救助のタイミングを狂わせましょう! 引き留める 引き留めるは、ゲートを開けられる状態になると、通常攻撃のダメージが2倍になる内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾を上手く使いこなせれば、非常に強力なハンターと言えます。 しかし、時限爆弾のタイマー設定や設置場所は慣れないと難しいと思われるので、慣れていない時や解読が完了してしまった時の保険としておすすめです。 まとめ ガードNo. 26は、爆弾でサバイバーの動きを制限できることを強みとするハンターです。 サバイバーがよく通る場所にタイミングよく設置できれば、強さを発揮できると思います。 ただし、使いこなすには知識や慣れが必要なので、カスタムマッチや1対1で練習してから使うのがおすすめです。

次の