ヘラヘラしている人は過去に何かあった人。 【今日のnote】人から言いたい放題言われるのが「やさしい人」ではない。|狭井悠📝Sai Haruka🧙‍♀️🐉🌬|note

仕事中にヘラヘラしてる人の心理とその対処法とは?

ヘラヘラしている人は過去に何かあった人

笑えるのは、楽しんでる証拠。 怒るのは、真剣だった証拠。 喧嘩するのは、一緒だった証拠。 つまずくのは、進んでいる証拠。 裏切られるのは、信じていた証拠。 失恋は愛していた証拠。 「疲れた」は、頑張った証拠。 「失敗した」は、挑戦した証拠。 「もう止めようかな」は、 まだ希望を捨てずにいた証拠。 「素直になれない」は、 それだけ愛している証拠。 もう良いは、全然よくない証拠。 大丈夫は、全然大丈夫じゃない証拠。 いつもヘラヘラしてる人は、 過去に何かあった人 よく笑う人は、よく泣いた人 よく大丈夫と言う人は、よく無理をする人 よく強がる人は、よく我慢する人 幸せな人は、幸せを知っているから 優しくなれる。 強くなれる。 泣きたかったら泣けばいい 辛かったら頼ればいい 我慢できなくなったら我慢しなくていい 笑うのが疲れたら無理しなくていい 「明日笑えるかな」って思うより 「明日少し笑ってみよう」って 思う方が辛くない。 立ち止まることは、 悪いことなんかじゃない。 辛いとき。 苦しいとき。 少し休憩して またもう一度歩きだせばいい。 不明 物事って、捉え方・考え方しだいなんだなと思わせてくれるフレーズです。 特に、マイナスの事象の裏には、プラスの要素が隠れています。 そのプラスの要素に気づければ、マイナスだった事も、そんなに悪くはないのかも。 また、後半部分は、いつも頑張りすぎる人に向けてのフレーズ。 自分の事を、ここまで分かってくれて、受け止めてくれる人に、巡り合えたら幸せですよね。 逆に、僕も、周りにいる人を、こんな風に見れたら、いいなぁと思います。 笑えるのは、楽しんでる証拠。 怒るのは、真剣だった証拠。 喧嘩するのは、一緒だった証拠。 つまずくのは、進んでいる証拠。 裏切られるのは、信じていた証拠。 失恋は愛していた証拠。 「疲れた」は、頑張った証拠。 「失敗した」は、挑戦した証拠。 「もう止めようかな」は、 まだ希望を捨てずにいた証拠。 「素直になれない」は、 それだけ愛している証拠。 もう良いは、全然よくない証拠。 大丈夫は、全然大丈夫じゃない証拠。 いつもヘラヘラしてる人は、 過去に何かあった人 よく笑う人は、よく泣いた人 よく大丈夫と言う人は、よく無理をする人 よく強がる人は、よく我慢する人 幸せな人は、幸せを知っているから 優しくなれる。 強くなれる。 泣きたかったら泣けばいい 辛かったら頼ればいい 我慢できなくなったら我慢しなくていい 笑うのが疲れたら無理しなくていい 「明日笑えるかな」って思うより 「明日少し笑ってみよう」って 思う方が辛くない。 立ち止まることは、 悪いことなんかじゃない。 辛いとき。 苦しいとき。 少し休憩して またもう一度歩きだせばいい。

次の

いつもヘラヘラしている人

ヘラヘラしている人は過去に何かあった人

職場にいつもヘラヘラしているオンナノコがいるのですが、事あるごとに「私って馬鹿だから〜」「何も考えてないから〜」と言っています。 話してみると、他人の欠点をあげては馬鹿にする頻度が高く、一生懸命とか真面目といったこと全般を茶化します。 ヘラヘラしているのはひょっとすると笑顔を心がけているつもりなのかも知れませんが、真剣になることがない様子なので周りから軽んじられています。 そのため嫌な思いをすることもあるようで気の毒にも思うのですが、本人は前述したように、基本的に周囲を見下しているので精神衛生は保たれているようです。 「他人に何言われても気にしな〜い」のだそうです。 今は不愉快なのでなるべく近寄らないことにしています。 しかし、仕事上どうしてもコミュニケーションを取らなくてはいけないこともあるので、トピを立てさせていただきました。 このような人とうまくやっていくアイディアや心得などございましたらご教示下さい。 ユーザーID: ではないでしょうか?その人。 自分に自信がないから「私って何にも考えてない馬鹿なの」と、まず先手を打っておく。 ヘラヘラして何事も真剣さが見られないのは、真剣に取り組んだときに、期待されるほど結果が現れないのが怖い。 こんな感じで全てから逃げて自分が傷つかないように傷つかないように必死で守っている感じに思えます。 他人をこき下ろしてヘラヘラしているのは、きっと攻撃と言う形の防御ではないでしょうか? こういう人は見た目以上にへこたれやすい上に、へこたれている表情をなかなか見せないのでやりにくいです。 また、うまくやっていこうと気負いすぎると、その一生懸命さが伝わって小馬鹿にされかねません。 必要以上な会話は避け、彼女のために骨を折ることはやめましょう。 かといって嫌っているでもなくサラリとかわして下さい。 彼女がその性格ゆえ損をしてもそれこそどうでも良いことではありませんか。 ユーザーID:• へらへら癖 私の同僚にも、人を馬鹿にはしないけど、へらへらして、仕事を積極的にせず、人のストレスをためさせるおばさんがいました。 お茶らけるのは、自分に自信がなくて、そういうキャラを作ることで、周りの笑いを取って受け入れさせる、というその人の防御的な処世術だと思うのです。 実際、その方も、怖がりで、やりたくない仕事はしない頑固者でした。 同僚がすべてその人のペースに乗ってしまってましたが、私はリーダー的な立場で、同じペースに乗るわけには行きませんでしたので、極めてクールにその人に接しました。 そしたら、私にはへらへら態度をとらなくなりました。 その代わり、頑なで突っかかることもありましたが。 でも、私はその方と友達になるために仕事に来てるんじゃないと割り切りました。 その人はその人で、表面では、私には対抗的な態度をとりながら、陰で「のろじかさんによく注意される」と、愚痴を言ってたらしいです。 あと、へらへらさんがどうしてもその仕事をしないといけない状況に追い込んで突き放してみてはどうでしょう。 その人、強がり振舞ってるけど、バッシングされたりと言うのは内心相当へこんでる可能性あると思います。 ユーザーID:• 自己保身の方法は色々あるけど 彼女がこれまでの環境や経験から得て確立した自己保身術でしょうね。 不快なほどへりくだって自己卑下してる限り他人の攻撃から自分の身を守れる。 彼女の中でこのバランスの取り方が何の矛盾もないんでしょう。 周りから見たら信用に値しない人間ということですがそういう乏しい人間性を持った人もいるということです。 そこに至った彼女のキャラを受け止める義理はないと思いますので トピさんや周りの人のように一線を画すしかないですね。 仕事だけの付き合い。 別に邪険にはしないけれど決して優しくもしない。 それ以外ないと思います。 ユーザーID:• 情報不足なんで補足願います。 >ぴな様 「こういう人は見た目以上にへこたれやすい上に、へこたれている表情をなかなか見せない」というコメントは意外でした。 確かにへこたれた様子を見たことがありません。 私はむしろものすごい自信家なのだと感じていましたが、逆と考えた方がいいのですね。 >のろじか様 「やりたくない仕事はしない」傾向、彼女にもあります。 それも私が不愉快に感じる原因なんだと気づかされました。 「仕事をしないといけない状況に追い込んで突き放して」みることもありますが、その度に「メガネっ子さんは冷たい」的なことを言われ、自分が悪いのかと悩んでいました。 今後は私も彼女のペースに乗らないよう注意します。 >かる様 彼女にも私から見て見習いたいと思える所があります。 また、彼女のキャラも学生時代の友人であったなら受け入れられたかもしれません。 ・・・なんて考えてしまうのが私自身の落ち度のようです。 彼女の人格の問題だけではないことをキモに銘じます。 もやもやしていた気持ちがかなり晴れました。 お三方、どうもありがとうございました。 ユーザーID:• キャリア・職場ランキング• 自己防衛 夫が昔そのタイプでした。 もしかしたら男性と女性で違うかもしれませんが。 いつもヘラヘラ、相手を小ばかにし、軽い言動を繰り返す。 真面目に話していても、揚げ足をとりふざけてばかり。 当然イタイ人と思われ、「なんであんな人と結婚したの?」 でも知ってる人は知ってます。 夫は実はお堅い人。 不器用で人見知り、自分に自信がない、そしてすごくすごく小心者です。 ふざけた言動とることでコンプレックスをごまかしてるんです。 そしてまわりもごまかしてるつもりになってる。 実は結構バレてるんですけどね。 こういう人とつきあうには自分が大人になることでしょうね。 でも正直言って疲れますからおすすめはしません。 ユーザーID:• それは本心ではないと思う 仕事場にもそういう男がいます。 ずっと我慢してきました。 なに言ってもへらへら。 注意するとこちらをバカにするか揚げ足を取る。 さらに注意すると「自分バカなんで」というし、 もうすぐ40なのにもかかわらず、本当に頭の悪い男。 ただ自分がミスしても本当に悪い事をしても、責任を逃れるたいだけの誤魔化しです。 課長も部長からも「頭悪いな」と言われ続けていて、どうやらそういう病気みたいです。 病院で頭に酸素がいってないという検査結果がでたそうで。 病気だから可哀想なんて全く思いませんよ。 ガン治療しながらバリバリ仕事なさってる上司もいるんです。 甘えんな!役立たず!と上司から言われていますよ。 人をバカにするのもいい加減にしろ!去れ!です ユーザーID:• なんとなくネガティブだね まあ彼女の分析をしても当たってるかどうか分からないし、悪く考えても仕方ないので、見方を変えてみませんか? 仕事については真面目じゃなくても、別にいいところがあるかもしれない。 家族と団欒してる彼女を想像したら、意外といい人に思えるかもしれない。 そう考えてはどうでしょう。 大抵は虫が好かないという相性の問題であって、本当に悪い人ってのは少ないものです。 虫が好かない相手の場合、悪いところが妙に目に付くというのもあるでしょう。 彼女の悪い面ばかり気にしないで普通にビジネスに徹していれば、うまくやっていけるのでは? そうやってうまくやれば、今度は逆にいいところがよく見えてくるかもしれませんよ。 ユーザーID:• ヘラヘラでもニコニコでも 同僚の女性は、ヘラヘラではなく、ニコニコでした。 普段はそれが、プラスに作用して周りからはとても評判がいいのですが、いつでもニコニコって・・・・・。 時と場合によるのですね。 真剣に話している相手には、真剣な顔で受け止めて、意見を求められれば、不器用でも考えて自分の気持ちを伝える。 それが相手に対して誠実な態度だと思うのですが、彼女にはその能力がないようでした。 トピ主さんの同僚と同じように、人を見下す場面もありました。 彼女は美人でしたので、他人の容姿を頭が薄いとか、顔が大きいとか笑いのネタにしていました。 自分に自信のある部分にはそうなるのですね。 でも自信のない部分には・・・・。 だから、隠すために笑うしかないのです。 まさしく笑って誤魔化す。 どんな時でもニコニコしているということは、自分に自信がないのを隠す技術だと思います。 今までそうやってやり過ごせたのでしょう。 でも悲しいかな長くは続かないと思いますよ。 仕事はそんなに甘いものではないです。 笑いながら彼女はクビになりましたから。 ユーザーID:• 仕事をしている彼女の第一印象は、感じが良い方だと思います。 上司から頼まれた仕事についてもしっかりこなそうとしてるように見えます。 しかし、協力して仕事をするとなると無責任な態度が多いです。 二人でアイディアを出し合わなくてはならない場面で、「メガネっ子さんに任せた」。 自分から提案することはないくせに、私が必死で考えて出した案は「ここが駄目、それは面倒くさい、あれも抜けてる。 ・・・メガネっ子さんってホント馬鹿だね〜」。 あと、事あるごとに教えてちゃんになります。 期限も迫っておらずゆとりのある時期で、更にインターネットを使用できる環境なのに、エクセルの操作などの調べればいくらでも自分で解決できる問題を聞いてきます。 そして、「分からない、調べたら?」と言うとご機嫌斜めになります。 (そもそも「ホント馬鹿」な私に聞くのが間違いなのでは?と思ってしまいます。 ) ヘラヘラしてても真面目に仕事に向き合う人なら信頼して付き合えるのですが、彼女の場合はヘラヘラと不誠実な態度が相乗効果をあげています。 知らなければ私もこんなにストレスを感じることは無くてすんだのに、残念です。 ユーザーID:• トピ主です。 どうもありがとうございました。 1 >既婚者様 「相手を小ばかにし、軽い言動を繰り返す」 彼女の嫌な所とぴったりマッチしています。 そんな態度を取る人と結婚されたなんて、既婚者様の寛容さを分けて欲しいくらいです。 >くわ様 くわ様の所の困ったさんは深刻そうですね。 ご心労お察しいたします。 馬鹿だからって逃げ台詞、レッドカードものですよね。 病気だったとしても、能力が足りなかったとしても、他人や仕事と真摯に向き合える人なら非難する人は少ないと思います。 周囲への配慮がゼロで、自分の主張しかないからうんざりするんですよね。 >やじろべえ様 彼女はあまり家庭的に幸せではないようで、雑談の合い間に家族のことを罵倒していたことがありました。 そんな話をされるほどに、甘い態度を取り過ぎたのが大きな間違いでした。 おっしゃる通り、彼女と私はきっと相性が悪いのだと思います。 でも虫が好かない人とやっていくのも仕事のうちですね。 ユーザーID:• トピ主です。 どうもありがとうございました。

次の

ヘラヘラ三銃士の挨拶やEDは何?まりなの大学や元カレも!

ヘラヘラしている人は過去に何かあった人

ヘラヘラとは 「ヘラヘラ」は人が笑っている様子を表す擬態語です。 笑いを表現する擬態語は他にもありますが、「ヘラヘラ」には次のニュアンスが含まれています。 ・だらしなく笑う様子 ・軽々しくよくしゃべる様子 もともと「ヘラヘラ」は薄い紙や布が動いている様子を表していて、薄くて腰がないという意味があります。 つまり同じ笑いでも軽薄な笑いという意味が込められているのが「ヘラヘラ」です。 なお笑いを表す擬態語には「ヘラヘラ」の他に、以下のような言葉があります。 ・くすくす・・・こっそりと笑う ・にこにこ・・・楽しそうに笑う ・にたにた・・・声を立てずに笑う ・にやにや・・・声を出さずに微笑む 「ヘラヘラ」は上記の擬態語と比べて明らかに軽い、浅薄なニュアンスが含まれていますね。 「ヘラヘラする人」は真面目に取り組まなくてはいけないときに、それを軽く見ているように笑っている人のことを言います。 ヘラヘラしてる人の特徴・心理 職場にヘラヘラしている人がいると真剣な雰囲気もだいなしですが、ヘラヘラしている人にはどんな特徴があるのかを最初に考えてみましょう。 話題に興味がない その時の話題に興味がない場合ヘラヘラしてしまう人がいます。 いつもヘラヘラしているのではなく会話の中でときどきヘラヘラする人にこのタイプが多くなります。 話題に興味がないので早く終わってほしいと思っていますが、露骨に話に興味がないという表情をするわけにもいかずに、中途半端に笑ってごまかしているためヘラヘラしているように見えるのです。 会話をしているときに急にヘラヘラしだす人がいたらこのタイプの人かもしれませんね。 あまり注目されたくない ヘラヘラしている人の中にはあまり自分に注目を集めたくないという理由でヘラヘラする人もいます。 たとえば真面目な顔をしていて黙り込んでいたり、深刻な表情をしたりすれば必ず心配して声をかけてくる人がいます。 自分としては何も悩み事はない、あるいはあっても話したくないときなどはそのこと自体を煩わしく感じる人は少なくないでしょう。 しかし笑顔を絶やさずにいれば、それほど周囲の注目を集めることはなく、結果として煩わしいこともなくなります。 つまり周囲から注目されたくない、余計な心配をされたくないために笑顔を絶やさないことが、ヘラヘラした感じに見えるのです。 本当に楽しくて笑っているのではないので、浅く軽い笑いになってしまうためヘラヘラという表現がピッタリの笑いになってしまいます。 周囲を気にしすぎる 他人から注目を集めたくないときにヘラヘラする人がいる一方で、周囲を気にしすぎてヘラヘラしてしまう人もいます。 周囲を気にすると言うよりは周りの評価が気になる人といったほうがいいかもしれません。 このタイプの人は自分が周りからどう思われているのかが気になるので、悪い印象を持たれないようにいつも笑顔でいようとしています。 しかし表面的な作り笑顔になってしまうことが多いので、周囲から見るとヘラヘラした印象を受けるのです。 いわゆる根暗な人にこのタイプが多いようです。 ネガティブな思考をするので、いつまでも過去の嫌なことを引きずってしまうタイプの人はそんな自分を嫌っています。 しかし根暗なことを他人に知られたり、他人から嫌われたりすることも嫌いなので、気づかれないように笑顔を作っています。 やはり作った笑顔になるので周囲からの印象はヘラヘラした感じになってしまいます。 嫌われたくない 周囲を気にしすぎる人にも通じる心理ですが、嫌われたくないという気持ちもヘラヘラした人の特徴のひとつです。 嫌われたくないという気持ちが強くなると、周囲に対して自分の意見をはっきりということができなくなります。 自分を主張すればするほど嫌われる可能性が高くなるからです。 しかし、実際には自分を主張しようとしまいと自分を嫌っている人は一定の割合で存在しているのです。 それを勘違いしてだれからも嫌われたくないという気持ちのあまり、笑顔を絶やさなくなってしまうのです。 また、会話をしているときでも自分を主張せず、相手の意見に同調することがほとんどです。 意見を求められたとしてもだれかの意見と同じと答えることがほとんどでしょう。 へらへら笑いというのは物事を曖昧にごまかすときに出るものです。 堅苦しさを嫌う ヘラヘラしてる人の中には真面目なことや堅苦しい雰囲気が嫌いでヘラヘラする人もいます。 自分自身が真面目な人もそうですが、そうではなく堅苦しい雰囲気が嫌いという人もヘラヘラすることがあります。 このタイプの人は真面目な雰囲気の中にいると変に緊張してしまって、落ち着かずに意味もなく笑ってしまうことでヘラヘラしてしまいます。 もともと真面目なことが苦手なので、真面目だと思われることも嫌っています。 そのため真面目だと思われるよりは軽いと思われることを選ぶので、ヘラヘラした人に思われてもむしろそれが本望なのです。 空気を壊したくない ヘラヘラしてる人はその場の雰囲気や空気を自分が壊したくないという気持ちを持っています。 もともと自分の意見をはっきりというタイプではありませんが、そうなった理由としては空気を壊したくないという心理があるからでしょう。 みんなが盛り上がっているときに意見を聞かれて否定することなどはとてもできないタイプです。 かといって完全に周囲に同調しているわけでもないので、どっちつかずの曖昧な言葉とともに曖昧な笑いが出てしまいます。 それが周囲にはヘラヘラしているように見えるのです。 相手を刺激したくない 人によっては自分と意見が違う人に対して攻撃的になる人もいます。 ヘラヘラする人の中にはその攻撃を避けるために、相手を刺激せずに相手に気を遣うという意味でヘラヘラしている人もいます。 すべての人が攻撃的なわけではありませんが、見た目ではわからないのでとりあえずすべての人に対して気を使ってヘラヘラ笑いをしてしまうのです。 自分を隠す ヘラヘラしてる人の中には自分を隠す、自分の気持ちを知られたくないという理由でヘラヘラする人もいます。 自分の気持ちを知られたくない人は、プライドが高い人やコンプレックスのある人など様々ですが、共通しているのは本心を知られたくないときには笑いでごまかすという点です。 面白くて笑っているわけでなく、ごまかすために笑っているのでどうしても曖昧な笑いになるので、ヘラヘラしているように見えてしまいます。 つまり表情の変化によって気持ちを読まれたくないために、ヘラヘラ笑いをしているのです。 人を馬鹿にしている ヘラヘラと笑っている人を見ると人を馬鹿にしているように見えますが、実際人を馬鹿にしてヘラヘラしている人もいます。 周囲があなたの話を真面目に聞いているときに一人だけヘラヘラしている人がいれば、その人はあなたを小馬鹿にして笑っている可能性があります。 このタイプの人は人が真面目に反しているときにヘラヘラ笑うことで、相手をいらいらさせたり怒らせたりする人を楽しむようなタイプです。 こういう人を実際に注意したとしても効果はなく、むしろ喜ばせるだけなので放っておきましょう。 わざと頼りなく見せる ヘラヘラしている人の中にはわざとヘラヘラして頼りなく見せようとしている人もいます。 特に職場でヘラヘラしている人見たら、周囲はどのように感じるでしょうか? ほとんどの人は軽い、頼りないというイメージを持つことでしょう。 特に上司から見ると頼りなくてとても重要な仕事を任せる気になれないでしょう。 つまりわざとヘラヘラすることで重要な仕事を任されることを避けているのです。 職場で出世するためには責任のある仕事をして結果を出すということが大切になりますが、このタイプの人は出世にはそれほど興味がありません。 重要な仕事を任されて自由な時間を奪われるよりは、むしろヘラヘラしていて頼りない人だと思われることを選ぶ人です。 ヘラヘラしてる人が嫌われる理由 ヘラヘラしている人は周囲から嫌われる傾向になりましが、それはなぜなのでしょうか? ここでヘラヘラしてる人が嫌われる理由についても考えてみましょう。 不誠実 人はヘラヘラしてる人を見ると不誠実だと感じてしまうことが多くあります。 それはヘラヘラ笑っているので物事を軽んじている、軽薄だというイメージを受けるからです。 真剣さとはほど遠い軽いイメージによって、仕事を任せても責任を果たすというイメージは湧いてきませんね。 そのため誠実さを欠く、不誠実だという印象を強く受けるのです。 見た目はヘラヘラしているけれども中身は誠実で責任感が強いという人も中にはいるかも知れません。 しかし、ヘラヘラした人を見て責任感が強いかもしれないとは、ほとんどの人は思わないでしょう。 よほど長い付き合いで中身をよく知っている場合でなければ、ヘラヘラした人からは誠実さを感じ取ることはありません。 真剣さがない ヘラヘラした人には真剣さが微塵もありません。 いわゆる「チャラ男」を見て真面目そうだ、真剣だと考える人はいないのと同じです。 ヘラヘラしてる人は職場で仕事や頼み事をされたときには軽い態度で引き受けてしまいます。 頼まれた仕事が簡単なことだったとしても、頼んだ人としてはきちんとやってくれているかどうかは重要なことです。 簡単な作業でも必要性があるからお願いをしているのであって、いい加減にやってもらっては困るのです。 仕事を引き受ける側が軽い気持ちで受けてしまうと、頼んだ側からするとヘラヘラしていると感じることもあるので、十分気をつけましょう。 何を考えているのかわからない ヘラヘラしてる人は何を考えているのかわからないという不安を感じさせるので嫌われる傾向にあります。 実際にヘラヘラしてる人の中には本心を隠そうとしている人もいるのでそういった人にとっては成功していると言えます。 ヘラヘラしてる人は表面的には笑顔を絶やさずに人と接しているので、攻撃的でもないので良い印象を持たれてもおかしくないはずです。 それでも嫌う人がいるのは本心がわからずに得体が知れないという印象を与えてしまうからです。 それはその場の雰囲気や流れに関係なく、真剣な場面でもヘラヘラと笑っているので、周囲の気持ちと温度差があることが原因と言えるでしょう。 ヘラヘラしてる人への対処法 次にヘラヘラしてる人の対処法を考えてみましょう。 無視をする 職場でヘラヘラしていて仕事をしないような人は無視をするのが一番です。 関わってもなんのメリットもありません。 ヘラヘラしてる人は無駄話も多いので、関わることでむしろ自分の仕事にマイナスの影響が出てしまいます。 同じ職場なので全く無視することはできないかもしれませんが、極力関わりを持たないという姿勢を保ちましょう。 ヘラヘラしてる人は向こうからしつこく関わってくるということはほとんどないので対処しやすいと言えます。 はっきりと拒否する ヘラヘラしてる人を避けていても向こうから声をかけられることもあるでしょう。 しかし、その時ははっきりと「仕事が忙しい」「迷惑だ」ということを伝えましょう。 特にヘラヘラしてる人が隣席の場合は、仕事中に無駄話をされるという可能性も高いでしょう。 それにいちいち付き合っていては自分の仕事もはかどらず、ヘラヘラしてる人と同類だと思われるかもしれません。 そういった場合は一度はっきりと拒絶しておく必要があります。 人を拒絶するというのはかなり勇気がいる行動ですが、そのまま放っておくといつまでも話しかけられてしまいます。 拒絶は一度で十分なのではっきりと意思を示しましょう。 上司に相談する ヘラヘラしてる人はいつまでも関わってきて仕事に支障がある場合は、上司に相談して上司から注意してもらうことも考えましょう。 上司もただの個人的感情でのトラブルであれば、口出しはあまりできませんが、具体的に仕事に支障があれば善処するはずです。 なるべく具体的にどんな影響が仕事にあったのかを上司に説明しましょう。 部下がヘラヘラしている場合 上司として部下の失敗やミスに対して注意しているときにヘラヘラした態度をされると感情的につい怒ってしまうことがあるでしょう。 「ヘラヘラするんじゃない」と怒鳴っている上司を見かけることは、結構多いのではないでしょうか? しかし、上司に叱られているときにふざけてヘラヘラしている人というのはほとんどいないのではないでしょうか? もし、いるとすればむしろ将来大物になるかもしれません。 実際は叱られている内容に関係のないところで笑いをこらえきれないことがあった、もしくは笑っているように見える表情をしているだけの場合がほとんどでしょう。 そのため 部下がヘラヘラしているように見えても感情的にならず、客観的に失敗の原因を指摘して同じ間違いをしないような指導をしましょう。 ヘラヘラしてしまう癖を直す方法 自分ではそのつもりはないのにいつも「ヘラヘラしている」と言われてしまう人は、一度客観的な対処を考えてみましょう。 空気にあった対応をする ヘラヘラしてると言われてしまう人は状況判断を間違えている可能性があります。 笑ってはいけないときに笑ってしまうのでヘラヘラしていると言われてしまうのです。 また、ヘラヘラしてる人は空気が読めない人であることが多いので、会話をしているときはその内容に集中するようにしましょう。 会話の流れやどんな内容であるのかを常に意識していれば、笑ってはいけない場面でヘラヘラすることもなくなります。 顔の表情を作るトレーニングをしてみる 女性であれば毎日鏡を見ますが、男性の場合はあまり鏡を見ない人もいます。 電気シェーバーであれば鏡がなくても簡単にひげを剃れるので鏡を見る必要がなくなっているのです。 笑っているつもりがないのにヘラヘラしているという人は、自分で気がつかないうちにヘラヘラ笑いが顔に定着してしまっているかもしれません。 意識して鏡を見て表情を作るトレーニングをしてみましょう。 自分が普段している顔の表情は客観的にどのような印象を受けるのか、普段鏡を見ていない人は意外に気づかないものです。 ヘラヘラしているように見えるという人は、感情に合わせた表情を作ってみましょう。 はっきりと感情を表現できるようになれば、自然にヘラヘラ笑いと思われるような表情はなくなりますよ。 トレーニングだと思うと恥ずかしいですが、単なる表情を作る遊びだと思ってやればむしろ楽しいかもしれませんね。 気を使いすぎない 性格的に他人に気を遣ってしまうという人は、ヘラヘラとへつらうような笑いになってしまう可能性が高いでしょう。 そういう人は少し考え方を変えて、自分の意見をはっきりと言えるように努力してみましょう。 他人に気を遣うのは自分の意見を抑えて他人に合わせようとしているからです。 自分の意見や気持ちを表現できるようになれば、こびた笑いも自然に消えることでしょう。 まとめ ヘラヘラしてる人の特徴や対処法はおわかりいただけましたか? ヘラヘラしてる人はみんな同じように見えても背景にある心理や特徴には違いがあります。 職場にいるヘラヘラしてる人はどのタイプなのか見極めてから対処しましょう。 また、自分がヘラヘラしてるとよく言われる人も、この機会にヘラヘラする癖を直してみましょう。 この記事がヘラヘラ癖を直すお役に立てれば幸いです。

次の