親族続柄。 親族紹介の仕方について。続柄の言い方がわかりません。父親が代表して...

No.1180 扶養控除|国税庁

親族続柄

親族紹介の順番を具体的に考えてみよう でも実際に親族を順に並べてみるとどうしたらいいのかわからないところがいくつか出てきます。 そこでこちらでは 河合家(仮)を例にとって親族紹介の順番を一緒に考えてみましょう。 招待した親族を家族ごとにまとめてみよう まずは河合一族を家族単位でまとめてみます。 家族ごとに色分けしてみたので、そちらも併せて見てください。 親族紹介ではわかりやすく紹介することも大事なので、そこまで親等順にこだわらなくても良いのです。 親族紹介する順をわかりやすく並べかえてみよう 親等順を重視するとわかりにくくなってしまうこともあるので、もしこの河合家に私が親族紹介の順番をアドバイスするとしたら次のような感じになります。 あと新郎新婦様からよくいただいた質問や疑問もあわせてご紹介していきますね。 まず兄弟姉妹までの家族を紹介します。 ただし 結婚して独立世帯になっているなら親の後に続けて別に紹介します。 結婚して独立世帯になっているのであれば4親等のはじめに紹介します。 基本の続柄とは少し順番が変わりますができるだけ本来の紹介順を取り入れつつ 、家系単位 (図中のピンク・黄色・緑・青の矢印)にまとめてみました。 順番は親族の顔ぶれも見て両親にも相談しながら決めましょう。 親族紹介の仕方は2パターンある 親族紹介をする順番はなんとなくわかりましたか? あとは 誰がどうやって紹介をして行くかですね。 親族紹介には大きく分けて2つの紹介方法があるんですが特にどちらとは決まっていないので、どちらにするかはお2人で決めてもいいんです。 そこで それぞれのやり方とメリットとデメリットをまとめてみました。 【1】自己紹介形式 1人1人自分で新郎新婦との関係と名前を言って行く方法です。 《メリット》 自分の名前を言うので名前の間違いはない。 《メリット》 ゲストを緊張させてしまうことがない。 《デメリット》 いとこや遠い親戚など久しぶりに会った親戚の名前と顔かわからなくなって間違えてしまうことがある。 会場によってはスタッフなどが紹介してくれるところもありますが、ほとんどは 代表者か各自どちらかが紹介するのでそれぞれのメリットとデメリットを見ながら両親にも相談して決めましょう。 結婚式での親族紹介の呼び方~やり方別の方法~ 紹介する順番、方法が決まったら、あとは 親族の呼び方です。 基本的に親族紹介をする時はシンプルに 新郎新婦から見た続柄で紹介をします。 なのでお父さんであれば 「新郎の父の河合雄太でございます。 」 となります。 ただ 親族紹介は「自己紹介」と「代表者紹介」の二つの方法があるのでそれぞれの具体的な続柄の呼び方と紹介方法を紹介します。 自己紹介形式の親族の呼び方と紹介の仕方 まずは 自分で自分を紹介する自己紹介形式から。 よろしくお願いします。 よろしくお願いします。 よろしくお願いします。 よろしくお願いします。 よろしくお願いします。 」 POINTひとりづつ最後に 「よろしくお願い(いた)します。 」とつけましょう。 代表者紹介方式の呼び方と紹介の仕方 こちらは 両親など、代表者が全員を紹介する場合です。 」 POINT代表者が紹介する場合はひとりづつ「…でございます。 」と紹介するよりも、家族単位まとめて紹介して最後の人にだけつけた方が聞きやすくなりますよ。 新郎父が紹介する場合、よく「私の兄の…」というお父さんがいますがこれは間違い。 あくまでも続柄は新郎新婦から見てなので、お父さんの兄は「おじ」で紹介しましょう。 かりん 代表者が紹介する場合に「さん」などの敬称はつける? あとよくあった間違いが「さん」などの敬称です。 基本的に親族紹介は身内の紹介なので「さん」などの 敬称はつけないのです。 年上の親族を呼び捨てなんてちょっと気が引けるかもしれませんが、 身内に軽傷を付けるのはおかしいので胸を張って「さん」なしで紹介しましょう。 でも年上を呼び捨てにするのはちょっと…というのであれば自己紹介形式にしちゃいましょう。 実際に見ていても代表者が紹介するよりも、自己紹介の方がスムーズに進んでいましたよ。 それに実際に緊張してやっちゃったお父さんのエピソードはいくつかありますからね~。 親族紹介のはじめと終わりの挨拶は? あと忘れがちなのがはじめと終わりの挨拶。 親族紹介って独特の挨拶をするのが一般的。 ほんの一文だけなので ここは丸暗記しちゃいましょう。 末永く(幾久しく)お付き合いの程よろしくお願いいたします。 」 注意くれぐれも「これで河合家の紹介を 終わりにします。 」などの忌み言葉を使わないように注意しましょう。 親族紹介の順番・やり方・呼び方~さいごに~ 結婚式って独特の習慣や決まりごとなどがあるけれどそのひとつが親族紹介。 そのために色々考えるとどうしたらいいかよくわからなくなってしまうこともあるでしょう。 でも実際は そこまで神経質にならなくても大丈夫^^v ぶっちゃけ誰が誰かすべて覚える人なんてそうそういないので、あまり深く考えずとにかく続柄と名前を間違えないように注意すれば問題ありませんからね。 もし間違えそうとか自信がないようであれば紙などにまとめて見ながら紹介しても良いので、何度か読み上げる練習もしてスムーズに紹介できるように心がけましょう。 【関連記事】 >>> >>>.

次の

家系図で見る親戚・親族の呼び名早見表

親族続柄

< 例文> 間柄:親友Aさんとの間柄。 続柄:実はAさんは主人の妹だったので、続柄でいうなら「義妹」になる。 2.「続柄」の一覧表 「続柄」は「本人からみて、どの立場の存在・関係であるか」を記入するための用語です。 なので、世帯主(この場合夫の立場)からみた続柄の名称は以下のようになります。 滅多に記入することが無い親戚関係の続柄ではありますが、知識として知っておくといいでしょう。 両親の兄 伯父 両親の弟 叔父 両親の姉 伯母 両親の妹 叔母 伯父伯母の息子:(自身より年上) いとこ・従兄 伯父伯母の息子:(自身より年下) いとこ・従弟 叔父叔母の娘:(自身より年上) いとこ・従姉 叔父叔母の娘:(自身より年下) いとこ・従妹 兄弟姉妹の息子 甥 兄弟姉妹の娘 姪 上記の「続柄」は「一般的な読み方・書き方」であります。 別途紹介する 様々な書類によっては、独自のルールが存在するのです。• 一般的な書き方• 戸籍の場合• 住民票の場合• 年末調整の扶養控除申告書の場合• 確定申告書の場合 それぞれ説明します。 3-1.「続柄」の一般的な書き方 ここでいう一般的な書類とは「 会社に提出する事務手続き関連」の書類を指します。 そのような 一般的書類においての「続柄」は 者から見た目線での関係で記入します。 戸籍の「子」の書記入についてみていきましょう。• 3-2.戸籍は「子」の書き方が変わるので注意 戸籍の場合は「筆頭者」目線の関係を表記しています。 「筆頭者」とは戸籍の最初に記載されている人のことです。 なので「筆頭者」とは、一般的には多くが「夫」になります。 戸籍の「続柄」も一般的な書き方と変わりませんが、「子」の書き方が変わるので注意が必要です。 戸籍における「子ども」の書き方 子どもの続柄 捕捉 長男 二男 「次男」と記入しない 三男 長女 二女 「次女」と記入しない 三女 養子 養子縁組している場合は「養子」と記入する 3-3.住民票での「続柄」の書き方 住民票の場合は 「世帯主」から見た、家族との関係を記入します。 ただ、必ずしも「父親」が世帯主ではないという点がポイントです。 結婚や一人暮らしなどライフスタイルの変化や、純粋に引っ越しの度に住民票を移動する必要があるので、その度記入することになります。 兄 Elder brother 弟 Younger brother 姉 Elder sister 妹 Younger sister 以下は親戚関係です。 両親の兄 Elder brother of parents 伯父 Uncle 両親の弟 Younger brother of parents 叔父 Uncle 両親の姉 Elder sister of parents 伯母 Aunt 両親の妹 Younger sister of parents 叔母 Aunt 伯父伯母の息子: (自身より年上) Son of the Aunt uncle I am older than own いとこ・従兄 Cousin 伯父伯母の息子: (自身より年下) Son of the Aunt uncle (I am younger than own) いとこ・従弟 Cousin 叔父叔母の娘: (自身より年上) Daughter of the Aunt uncle I am older than own いとこ・従姉 Cousin 叔父叔母の娘: (自身より年下) Daughter of the Aunt uncle (I am younger than own) いとこ・従妹 Cousin 兄弟姉妹の息子 Son of siblings 甥 Nephew 兄弟姉妹の娘 Daughter of siblings 姪 Niece まとめ 「続柄」とは「 親族・親戚としての関係」を意味する言葉です。 今回「続柄」の意味や正しい使い方をすることで、初めて知った事柄も多いのではないでしょうか? 自身の「続柄」を正しく理解し、スムーズに書類記入することで「続柄」に悩む時間ロスを少なくしましょう。

次の

結婚式での親族紹介、おさえておきたい基礎知識は? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

親族続柄

一覧 [ ] 横軸の数字は同者の親等、縦軸の数字は直系者の親等でその他の続柄については縦と横の数字をその者の親等となる。 呼称は簡潔に示している。 別名・別表記・使い分けについては各節を参照。 たとえば、のは(従兄弟姉妹の上の従伯叔父母ではなく)左上のである。 義理の関係 [ ] 本人か血族のやによって成立した関係は、義理の関係と呼ばれる。 続柄としては同じ呼称を使うことができる。 「義〜」(例えば「義父」「義兄」など)と書くこともあるが、読みは同じである。 自分の実親の再婚相手、すなわち継父(ままちち)・継母(ままはは)や自分の(ようしん。 養父・養母)も父・母と呼ぶ場合もある。 配偶者から見ると(義父・義母)であり、舅(しゅうと)・姑(しゅうとめ)である。 親の親や、自分の配偶者の親(義親)の親を指す。 「おじいさん」「おばあさん」ともいう。 年齢的には、と限らずにも祖父・祖母となるのは基本的であること。 配偶者側(姻族)の場合と祖父母の再婚相手や親の養親、親の再婚相手や養父母の父母も本人とは義理の関係にあたる。 配偶者から見ると大舅(おおじゅうと)・大姑(おおじゅうとめ)である。 祖父母の親(親の祖父母)、または自分の配偶者の祖父母の親を指す。 「ひい(お)じいさん」「ひい(お)ばあさん」や「大きい(お)じいさん」「大きい(お)ばあさん」などと呼ぶ場合もある。 曽祖父母の親(祖父母の祖父母、親の曽祖父母)である。 「ひいひい(お)じいさん」「ひいひい(お)ばあさん」と呼ぶ場合もある。 配偶者側と再婚相手(姻族)の場合は親族に含まれない。 高祖父母より上 [ ] 高祖父母より前の世代の呼称は特に決まっておらず単に「高祖父母の父母」「五世の祖( great 3-grandparents)」「5代前」、「高祖父母の祖父母」「六世の祖( great 4-grandparents)」「6代前」と呼び、高祖父母の父母は5親等、高祖父母の祖父母は6親等の直系親族にあたり「高祖父母の祖父母」までが親族とされる。 自分の子と結婚した配偶者も自分から見たら(義理の)子にあたる。 また、自分の配偶者の連れ子や自分の養子も子(息子・娘)と呼ぶ場合がある。 子が複数いる場合、息子のことを年上のものから順に長男・次男・三男・四男〜末男(まつなん)と呼び、娘のことを同様に長女・次女・三女・四女〜末女(まつじょ)と呼ぶことがある。 男女が混じっている場合は第一子・第二子・第三子・第四子〜末子(まっし・ばっし・すえこ・すえっこ)と呼びかける。 孫 [ ] (まご、 grandchild)は2親等の直系親族である。 自分からしたら子の子。 年齢に限らず、自分の娘や息子の妻が産んだ子供である。 自分の孫と結婚した配偶者も本人から見たら(義理の)孫にあたる。 また、稀ではあるが自分の配偶者に孫がいたり子の配偶者や養子に子供がいる場合も「孫」と呼ぶ場合がある。 家督を継ぐ子(嗣子)の子を内孫、家督を継がなかった子の子を外孫という。 曽孫 [ ] 曽孫(そうそん、ひまご、ひこ、ひこまご、ひいまご、 great-grandchild)は3親等の直系親族。 孫の子、子の孫である。 自分の曽孫と結婚した配偶者も本人から見たら(義理の)曽孫にあたる。 また、稀ではあるが自分の配偶者に曽孫がいる場合、自分の子の配偶者の孫、自分の孫の配偶者の子も「曽孫」という場合がある。 玄孫 [ ] 玄孫(げんそん、やしゃご、 great 2-grandchild)は4親等の直系親族。 曽孫の子、孫の孫、子の曽孫である。 本人を1世、息子と娘を2世とすれば5世(4代後)の末裔であり「五世」と呼ばれる場合もある。 来孫 [ ] 来孫(らいそん、 great 3-grandchild)は5親等の直系親族。 玄孫の子、曽孫の孫、孫の曽孫、子の玄孫、孫の孫の子である。 耳孫(じそん)ともいう。 本人を1世とすれば6世(5代後)の末裔である。 昆孫 [ ] 昆孫(こんそん、 great 4-grandchild)は6親等の直系親族。 来孫の子、玄孫の孫、曽孫の曽孫、孫の玄孫、子の来孫、孫の孫の孫である。 晜孫(読みは同じ)とも書く。 本人を1世とすれば7世(6代後)の末裔である。 に116歳で死去した米国人女性は、昆孫が75人いたという。 仍孫 [ ] 仍孫(じょうそん、 great 5-grandchild)は直系7親等で昆孫の子、来孫の孫、玄孫の曽孫、曽孫の玄孫、孫の来孫、子の昆孫、孫の孫の孫の子である。 礽孫(読みは同じ)とも書く。 本人を1世とすれば8世(7代後)の末裔である。 意味はつるの子。 なお、存命中に仍孫(それ以降も含む)が誕生した例は存在しない。 雲孫 [ ] 雲孫(うんそん、つるのこ、 great 6-grandchild)は直系8親等で仍孫の子、昆孫の孫、来孫の曽孫、玄孫の玄孫、曽孫の来孫、孫の昆孫、子の仍孫、孫の孫の孫の孫である。 本人を1世とすれば9世(8代後)の末裔である。 意味は雲のように遠い孫。 雲孫以下 [ ] 雲孫よりもあとの世代の呼称は特に決まっておらず単に雲孫の子や雲孫の孫と呼び、前者は直系9親等、後者は直系10親等にあたる。 雲孫の子 [ ] great 7-grandchild)は直系9親等。 子の雲孫、孫の仍孫、曽孫の昆孫、玄孫の来孫、来孫の玄孫、昆孫の曽孫、仍孫の孫、孫の孫の孫の孫の子である。 本人を1世とすれば10世(9代後)の末裔である。 雲孫の孫 [ ] great 8-grandchild)は直系10親等。 子の雲孫の子、孫の雲孫、曽孫の仍孫、玄孫の昆孫、来孫の来孫、昆孫の玄孫、仍孫の曾孫、孫の孫の孫の孫の孫である。 本人を1世とすれば11世(10代後)の末裔である。 傍系尊属 [ ] 傍系尊属の呼び名には1つの訓に対し、「伯」か「叔」かが異なる2つの漢名がある。 たとえば「おじ」に対し「伯父」と「叔父」の2つの漢名がある。 傍系尊属は「『親・祖父母・〜』の『兄弟姉妹・いとこ・〜』」と言い換えることができるが「親・祖父母・〜」に対し年上なら「伯」、年下なら「叔」を使う。 ただし傍系尊属の配偶者の場合は、血族であるその配偶者が年上か年下かで判断する。 年齢が不明だったり複数人を総称する場合などは、「伯叔」を使うこともある(たとえば「おじ」を「伯叔父」)。 義理関係で、例えばおじ・おばの場合、義父母(舅・姑、養父母、継父母)の兄弟姉妹は義父・義母を基準に年上であれば「伯」、年下であれば「叔」を使い、おじ・おばの配偶者を除く父母の義兄弟姉妹(祖父母の養子女や再婚相手の連れ子、父母の養親の実子)は父母より年上であれば「伯」、年下であれば「叔」を使う。 「おじさん」「おばさん」ともいう。 親の、またはその配偶者(おば婿・おじ嫁)、または舅・姑の兄弟姉妹である。 また祖父母の養子女、父母の養親の子、祖父母の再婚相手の子も義理の伯叔父母にあたる。 従伯叔父母(いとこおじ・いとこおば)等 [ ] 親の従兄弟姉妹・再従兄弟姉妹・三従兄弟姉妹・四従兄弟姉妹・〜は同様に、• 再従伯叔父母(はとこおじ・はとこおば、またいとこおじ・またいとこおば、ふたいとこおじ・ふたいとこおば)• 三従伯叔父母(みいとこおじ・みいとこおば、そのまたいとこおじ・そのまたいとこおば)• 四従伯叔父母(よいとこおじ・よいとこおば) 〜 と呼ぶ。 個別には、性別と年齢により伯祖父・叔祖父・伯祖母・叔祖母と書き分ける。 単に呼称として使用することは少なく、「おじいさん」「おばあさん」や「おじさん」「おばさん」と言うことが多い。 二人称としては年齢的に呼ぶらしい。 従伯叔父母(いとこおじ・いとこおば)の親(再従兄弟姉妹の祖父母、祖父母の兄弟姉妹、親の伯叔父母)、またはその配偶者、または祖父母の小舅・小姑である。 従祖伯叔父母(従伯叔祖父母)(いとこ大おじ・いとこ大おば)等 [ ] 祖父母の従兄弟姉妹・再従兄弟姉妹・三従兄弟姉妹・四従兄弟姉妹・〜は同様に、• 再従祖伯叔父母(はとこおおおじ・はとこおおおば、またいとこおおおじ・またいとこおおおば、ふたいとこおおおじ・ふたいとこおおおば)• 三従祖伯叔父母(みいとこおおおじ・みいとこおおおば、そのまたいとこおおおじ・そのまたいとこおおおば)• 四従祖伯叔父母(よいとこおおおじ・よいとこおおおば) 〜 と呼ぶ。 曽祖父母以上と同世代 [ ] 曽祖父母の兄弟姉妹・従兄弟姉妹・再従兄弟姉妹・〜は、曽祖伯叔父母・従曽祖伯叔父母・再従曽祖伯叔父母・〜(個別には「伯叔父母」の部分を伯父・伯母・叔父・叔母とする)と呼ぶ。 「大おじ・大おば」等に相当する和名はない。 高祖父母と同世代の傍系も同様である。 高祖父母より前の世代については特別な呼び方はなく単に五(六、七〜)世の祖の兄弟姉妹、五(六、七〜)世の祖のいとこなどという。 傍系同世代 [ ] 兄弟姉妹 [ ] は、2親等の傍系親族である。 通常は同じ父母から生まれた者だが、父か母が異なる場合は「異父兄弟姉妹」(種違い)や「異母兄弟姉妹」(腹違い)(個別には「兄弟姉妹」の部分を「兄・姉・弟・妹」とする)といい、自分の親より年長の場合(父親と前妻の間にできた子が母親より年長など)も稀にある。 兄弟姉妹が複数いる場合、兄のことを年上のものから順に長兄・次兄・三兄・四兄〜末兄と呼び、弟のことを同様に長弟・次弟・三弟・四弟〜末弟と呼ぶことがある。 姉妹についても同様に呼ぶことがある。 も兄・姉・弟・妹と呼び、その場合は義兄・義姉・義弟・義妹(ぎけい・ぎし・ぎてい・ぎまい)と書いて「あに・あね・おとうと・いもうと」と呼ぶ場合が多い。 なお、以下のような呼称をする場合もある。 親の、養父母の実子、親の再婚相手の子である義兄弟姉妹が義兄姉と義弟妹のどちらになるかは年齢による。 兄弟姉妹の配偶者と配偶者の兄弟姉妹は義兄・義姉が自分より年下、義弟・義妹が自分より年上であることがありうる。 配偶者の兄弟姉妹は兄弟を小舅(こじゅうと)、姉妹を小姑(こじゅうとめ・こじゅうと)とも呼ぶ。 従兄弟姉妹(いとこ) [ ] 従兄弟姉妹(、 cousin)は、4親等の傍系親族である。 伯叔父母の子(親の甥姪)、または伯叔父母の子の配偶者である。 親同士が兄弟姉妹、祖父母が共通の先祖という関係にある。 漢字では従兄弟・従姉妹・従兄妹・従姉弟というように「従」を付け本人より年上の男性のいとこ(女性のいとこ、父母の姪の夫)を従兄、年上の女性のいとこ(男性のいとこ、父母の甥の妻)を従姉、年下の男性のいとこ(女性のいとこ、親の姪の夫)を従弟、年下の女性のいとこ(男性のいとこ、親の甥の妻)を従妹と表記する。 父方の従兄弟姉妹(父の甥・姪)は堂兄弟や堂姉妹というように「堂」を付け、母方の従兄弟姉妹(母の甥・姪)は表兄弟や表姉妹というように「表」を付けて書く。 まれではあるが、おじ嫁・おば婿の甥姪と結婚した場合、夫の従兄弟姉妹と妻の従兄弟姉妹が同一人物となる。 平行いとこ・交差いとこ [ ] 互いの親が同性の兄弟姉妹であるいとこ同士を平行いとこ、異性の兄弟姉妹であるいとこ同士を交差いとこという。 二重いとこ [ ] 互いの両方の親がそれぞれ兄弟姉妹であるいとこを二重いとこという。 再従兄弟姉妹(はとこ) [ ] 再従兄弟姉妹(、またいとこ、ふたいとこ、 second cousin)は、6親等の傍系親族である。 伯叔祖父母の孫(祖父母の大甥・大姪、従伯叔父母の子、親のいとこ甥・いとこ姪)、またはその配偶者である。 親同士が従兄弟姉妹、祖父母同士が兄弟姉妹、曽祖父母が共通の先祖という関係にある。 漢字では再(又、二)従兄弟・再(又、二)従姉妹・再(又、二)従兄妹・再(又、二)従姉弟、本人より年上の男性のはとこ(女性のはとこの配偶者にあたる男性)を再(又、二)従兄、年上の女性のはとこ(男性のはとこの配偶者にあたる女性)を再(又、二)従姉、年下の男性のはとこ(女性のはとこの配偶者にあたる男性)を再(又、二)従弟、年下の女性のはとこ(男性のはとこの配偶者にあたる女性)を再(又、二)従妹と表記する。 また父方のはとこは従堂兄弟や従堂姉妹というように「従堂」を付け、母方のはとこは従表兄弟や従表姉妹というように「従表」を付けて書く。 三従兄弟姉妹(みいとこ)以降 [ ] 以下同様に三従兄弟姉妹(みいとこ)または其又従兄弟姉妹(そのまたいとこ)、四従兄弟姉妹(よいとこ)、五従兄弟姉妹(いついとこ)、六従兄弟姉妹(むいとこ)〜と続く。 「 N従兄弟姉妹」の Nは、自分から数えて何代前の祖先が兄弟姉妹となるかを表す。 親等はいとこの前に付く数を2倍して2を加える。 兄弟姉妹の子(自分の子のいとこ)、またはその配偶者(自分の小舅・小姑の子)である。 「甥っ子」や「姪っ子」とも称することがある。 甥・姪の配偶者、兄弟姉妹の養子や配偶者の子、親の養子の子、養父母や親の再婚相手の孫は、本人とは義理の関係にあたる。 従甥・従姪(いとこ甥・いとこ姪)等 [ ] 従兄弟姉妹の子・再従兄弟姉妹の子・三従兄弟姉妹の子・四従兄弟姉妹の子・〜は同様に、• 再従甥・再従姪(はとこ甥・はとこ姪)• 三従甥・三従姪(みいとこ甥・みいとこ姪)• 四従甥・四従姪(よいとこ甥・よいとこ姪) 〜 と呼ぶ。 甥姪の子(兄弟姉妹の孫、孫の再従兄弟姉妹)、またはその配偶者(甥姪の婿・嫁)である。 又甥・又姪(またおい・まためい)、姪孫(てっそん)ともいう。 従姪孫(いとこ大甥・いとこ大姪) 等 [ ] 従兄弟姉妹の孫・再従兄弟姉妹の孫・三従兄弟姉妹の孫・四従兄弟姉妹の孫・〜は同様に、• 再従姪孫(はとこ大甥・はとこ大姪)• 三従姪孫(みいとこ大甥・みいとこ大姪)• 四従姪孫(よいとこ大甥・よいとこ大姪) 〜 と呼ぶ。 曽孫以下と同世代 [ ] 曽孫と同世代の傍系卑属は、曽姪孫(そうてっそん)・従曽姪孫(じゅうそうてっそん)・再従曽姪孫(さいじゅうそうてっそん)・三従曽姪孫(さんじゅうそうてっそん)・四従曽姪孫(よんじゅうそうてっそん)・〜と呼ぶ。 玄孫・来孫・昆孫・仍孫・雲孫と同世代の傍系卑属も同様である。 詳しい系図 [ ] でご覧下さい。

次の