深夜 食堂 テレビ。 小林薫主演の人気ドラマ『深夜食堂』が特別放送!松重豊の忘れられない赤いウィンナーの思い出とは?

小林薫主演の人気ドラマ『深夜食堂』が特別放送!松重豊の忘れられない赤いウィンナーの思い出とは?

深夜 食堂 テレビ

飲み屋の並ぶ片隅にある古い食堂。 夜の十二時から朝の七時頃まで、こわもてのマスター(小林薫)が包丁を握り、「豚汁定食」のほかは、材料 さえあれば、何でも作ってくれる。 常連客は長年ゲイバーで働いている小寿々(綾田俊樹)や、ストリッパーのマリリン(安藤玉恵)ら。 夜毎、 常連客が語り合う。 ある日のこと、ヤクザ者の竜(松重豊)が、手下のゲン(山中祟)と連れ立って店にやってきた。 「エスカルゴ」「燕の巣のスープ」、難癖をつ けるゲンの言動に店が一触即発になった時、マスターが作った「赤いウィンナー」を食べて感動した竜は、以来、時々店に顔を出すようになっ た。 客たちの内で竜が特に親しかったのは、大の卵焼き好きの小寿々。 一つの皿を仲良く分け合う二人だったが、「赤いウィンナー」には、それぞれ忘れられない思い出が詰まっていて...。 顔を腫らし、マスター(小林薫)の店にやってきたカッちゃん(音尾琢真)はボクサー。 勝った日に食べるのは「カツ丼」と決めているが、ボクシングだけではやっていけず、他の仕事をしながら練習にあけくれている。 ある時カッちゃんは常連客の一人、アケミ(霧島れいか)と出会う。 近所のスナックで働くアケミは夫を亡くしていて、今は小学生の娘・マユ(桑島真里乃)と二人暮らし。 マユにも慕われ、カッちゃんはアケミに恋心を募らしていた。 そんなカッちゃんに、勝てば次はタイトルマッチというビッグな試合が飛び込んできた。 勝ち目なしという厳しい下馬評にも関わらず、カッちゃんは仕事を辞め、ボクシングに専念する。 そして「勝ったらアケミさんにプロポーズ」をしようと考えていた。 ようやく掴んだタイトルへの挑戦権... 運命のゴングが鳴る。

次の

ドラマ「深夜食堂」が地味に10年続いてるワケ

深夜 食堂 テレビ

シリーズ累計発行部数240万部の原作マンガを小林薫さん主演でドラマ化したテレビドラマ『深夜食堂』、2009年10月から第一期がスタートし、直近では2014年10月期に第三期が放送されました。 そして、いよいよ1月31日より劇場版も公開されます。 今回はそんな映画化を記念して、テレビドラマ版全30話に出てきたメニューをまとめてみました。 歌舞伎町ならではの人情溢れるストーリーと共に、ぜひ『深夜食堂』の世界に触れてみてください。 第一話:赤いウィンナーと卵焼き 主な出演者:松重豊、綾田俊樹、安藤玉恵 地回りのヤクザとして剣崎組の幹部を務める竜(松重豊)は、赤いウィンナーの懐かしい味に惹かれて「深夜食堂」に通い始める。 ゲイバーを営んでいる常連の小寿々(綾田俊樹)とも卵焼きをきっかけに心を通わせ始めるが、竜はある日路上で刺されてしまう……。 第二話:猫まんま 主な出演者:田畑智子、田口トモロヲ、オダギリジョー ある日、ふと店にやってきた売れない演歌歌手のみゆき(田畑智子)は、かつお節をごはんにかけただけの猫まんまを注文。 第三話: 主な出演者:須藤理彩、小林麻子、吉本菜穂子 いつもを頼む三十代女子の3人、ミキ(須藤理彩)、ルミ(小林麻子)、カナ(吉本菜穂子)は常に恋愛の話を肴に深夜食堂に通っていたが、ルミがの実家に帰り、ミキの元カレとカナが付き合い始めたことによって、3人はバラバラになってしまう……。 第四話:ポテトサラダ 主な出演者:風間トオル、田中聡元、佐々木すみ江 ポテトサラダを目当てにたまに店にやってくる男(風間トオル)の職業はカリスマAV男優。 それに気づいたお店のお客(田中聡元)は弟子入りを志願する。 しぶしぶ弟子を受け入れた男だったが、ある日、弟子の母親が脳梗塞で倒れ、実家に帰るように指示する。 第五話:バターライス 主な出演者:岩松了、あがた森魚 ある日、常連客の小道(宇野祥平)が連れてきたのは、高名な料理評論家の戸山(岩松了)。 食通を気取る戸山に店内は微妙な空気になるが、そこに流しの歌手・ゴロー(あがた森魚)が現れ、いつものバターライスを注文し、戸山もそれを食べて、お店に通うようになる。 第六話: 主な出演者:音尾琢真、れいか、桑島真里乃 働きながらボクシングを続けているカッちゃん(音尾琢真)は、店で出会った常連客のアケミ(れいか)に思いを寄せ始める。 アケミは夫を亡くし、娘のマユ(桑島真里乃)と二人で暮らしていた。 そして、カッちゃんのところにビッグマッチの話が舞い込んでくる。 第七話: 主な出演者:田中圭、村川絵梨 新聞配達をしながら大学に通っている苦学生の中島(田中圭)と、タレントを目指しているリサ(村川絵梨)は店で出会い、をおすそ分けしたことから、恋が芽生えていく。 けれど、リサがタレントとして人気が出始めたことで、二人はすれ違うことに。 第八話:ソース 主な出演者:YOU、でんでん 元アイドルで現在は女優として活躍している風見倫子(YOU)は、店で必ず目玉焼きを乗せたを食べていく。 一方、財布を落としたマスターは届けてくれたホームレス(でんでん)に朝食を御馳走すると、そのホームレスからに青さをかける食べ方を教わる。 第九話:アジの開き 主な出演者:りりィ、安藤玉恵 朝6時頃、朝食を食べにくる老婦人の(りりィ)は、必ずアジの開きを注文する。 そこに地方巡業から戻ってきたストリッパーのマリリン(安藤玉恵)が合流し、二人はすっかり意気投合するのだが、ある日、店に二人で行くと、そこにはマリリンの元恋人が……。 第十話:ラーメン 主な出演者:山中崇、中村咲哉、光石研、不破万作、中山祐一朗 ある日、地回りのヤクザとして剣崎組の幹部を務める竜(松重豊)の子分、ゲン(山中崇)が一人で店にやってきた。 ラーメンを食べて店を出た後、敵対する組の人間を刺して、失踪してしまう。 そして、店には「父親に会いたい」と小学生(中村咲哉)がやってくる。 第十一話:再び赤いウィンナー 主な出演者:松重豊、光石研、安田成美 地回りのヤクザの竜(松重豊)を訪ねて、刑事の野口が店にやってきた。 二人は高校の同級生で、名門野球部に所属していたが、竜の暴力事件のために出場を辞退していた。 そして、野口は野球部の元マネージャーのクミ(安田成美)が死の淵にあることを伝える。 第十二話:唐揚げとハイボール 主な出演者:平田薫、宇梶剛士、甲本雅裕 唐揚げをいつも注文しては眠ってしまうサヤ(平田薫)は常連からも人気だったが、ある日ヒモのお笑い芸人の章介(永岡佑)が店を訪ねてくる。 サヤを激しく罵倒する章介にヤクザのゲン(山中崇)が激怒。 喧嘩になったところに刑事の野口(光石研)と足立(足立智充)が現れる。 第話:あさりの酒蒸し 主な出演者:馬淵晴子、宇梶剛士、甲本雅裕 あさりの酒蒸しを肴に酒を飲むおレン(馬渕晴子)は酔い潰れて息子の丈(宇梶剛士)に背負われて帰るのが常だった。 丈は空手教室の先生を務め、かつてのイジメっ子で親友の永井(甲本雅裕)からの信頼も厚い。 しかし、おレンが飲み過ぎのために入院することに。 第十四話:煮こごり 主な出演者:伊藤歩、優 に勤めている将司(優)は、店で出会った、煮こごりが好物のイクミ(伊藤歩)に心惹かれ、将司はイクミに告白するが、「彼氏がいるから」と断られてしまう。 その後、将司は常連の小道(宇野祥平)からイクミが風俗店で働いていることを伝えられる。 第十五話:缶詰 主な出演者:早織、森岡龍、前野朋哉 大学のサークルで映画を撮っているゲンキ(森岡龍)とユウキ(前野朋哉)はロケ先で見つけたの缶詰を店に持ち込む。 マスターの酢豚をつついていると、寂しげな美女の菊乃(早織)が現れ、二人は映画のヒロインにと懇願。 撮影当日、彼女は現れなかった。 第十六話:クリームシチュー 主な出演者:吹越満、朝倉あき、徳井優 小説家の鈴木(吹越満)はもう10年妻と娘のいる家に帰っていない。 一方、鈴木が店を出た後、客の(徳井優)と店に入ってきたキャバクラ嬢の花(朝倉あき)はクリームシチューを注文。 彼女は父親が家を出て行った後、自分で学費を稼いで大学に通っていた。 第十七話:白菜漬け 主な出演者:市川実和子、田中啓司、蛍雪次朗 TVのシナリオライターの月子(市川実和子)は店の白菜漬けが好物。 先日も乗ったタクシーの運転手・武(螢雪次朗)にマスターからもらった白菜漬けをおすそわけしたという。 そんな最中、月子は敏腕プロデューサー・野瀬(田中哲司)との不倫愛が週刊誌で報じられる。 第十八話: 主な出演者:酒井若菜、芦川誠、塩見三省 男に貢いでは捨てられていたひとみ(酒井若菜)はペットショップで出会ったオジサンの橋本(芦川誠)と付き合うことに。 二人は週末に店を訪ね、男の大好物であるというを決まって食べていたが、そこに定年間近の刑事・犬塚(塩見三省)が現れる。 第十九話:肉じゃが 主な出演者:前田亜季、東風万智子 常連客の金本(金子清文)が連れてきたのは美人の千秋(東風万智子)。 マスターの肉じゃがを見て六人兄弟の末っ子で牛肉の肉じゃがなど食べれなかったと思い出話を語る。 一方、ケーキ配達のノリ子(前田亜季)も幼い頃、豚肉の肉じゃがを食べていた話を語るが……。 第二十話:ギョウザ 主な出演者:黒谷友香、リリー・フランキー、オダギリジョー マスターが唯一出前を取って提供しているのがギョーザ。 専門店の村田(リリー・フランキー)が作るギョーザを出しているが、村田の妻である桃子(黒谷友香)は店の常連客であるカタギリ(オダギリジョー)とかつて深い仲にあった。 二人は店の前でばったり会ってしまう。 第二十一話:メンチカツ 主な出演者:美保純、岩松了、渡辺真起子 8年前に夫を亡くした歌手のかしまみさお(美保純)は夫の好物だったメンチカツを食べに店にやってきた。 第二十二話:豚バラトマト巻き 主な出演者:石田法嗣、ダンカン、椎名琴音 漫画編集者の宇野(ダンカン)が新人の漫画家・橋本ワタル(石田法嗣)と共に店にやってきた。 宇野の好物は豚バラトマト焼き。 橋本は漫画雑誌の新人賞を受賞し期待されたが、あまり芽が出ず、恋人ののりこ(椎名琴音)と同棲しながらも次第に追い込まれていく。 第二話:里いもとイカの煮もの 主な出演者:石橋けい、淵上泰史、古舘寛治 里いもとイカの煮物の香りに誘われて店にやってきた興信所に勤める里見けい(石橋けい)と見習いの佐々木守(淵上泰史)は店を出た後、一晩を共にする。 本気になってしまった佐々木は、社員になるための卒業試験として純一郎(古舘寛治)の浮気調査に取り組むが、その相手は意外な人物だった。 第二十四話:紅しょうがの 主な出演者:谷村美月、荒谷 常連客の小道(宇野祥平)は店に時々来る浪速娘のかすみ(谷村美月)に恋をするが、にべもなく断られてしまう。 どうにかしようと小道はからに進出したドラッグストアチェーンの社長の井出(荒谷)を店に呼ぶが、かすみがそこで注文したのは紅しょうがのだった。 第二十五話:春雨サラダ 主な出演者:粟田麗、辻香緒里、眞島秀和 小学校の同級生であるサユリ(粟田麗)とミホ(辻香緒里)が一緒に店にやってきた。 同窓会の準備を進めるなか、注文したのは春雨サラダ。 小学校時代、シガッチ(眞島秀和)の大好物だったという。 同窓会を機に再会した3人のそれぞれの思いが次第に明らかになっていく。 第二十六話:ロール 主な出演者:安藤玉恵、柴田理恵、高橋周平 ストリッパーのマリリン(安藤玉恵)は新しくできた男(高橋周平)と店に来ていた。 出されたのはロール。 マリリンは母親が男のところに行く日に作るのがロールと気が乗らない。 そんな折に母親のエリ(柴田理恵)が入院して、マリリンは福島に帰郷する。 第二十七話:しじみ汁 主な出演者:ベンガル、永島暎子、作間ゆい 土曜の朝、平賀良男(ベンガル)とみずえ(永島暎子)の夫妻は朝食を食べにやってくる。 しじみ汁を仲良く飲む姿に店でも有名なおしどり夫婦と評判になるが、良男はみずえの3番目の夫だった。 前夫の孫に会いに行ったみずえに対し、良男は勅使河原真梨子(作間ゆい)に惹かれていく。 第二十八話:きんぴらごぼう 主な出演者:山中崇、つみきみほ 常連客の地回りのヤクザ・ゲン(山中崇)がきんぴらごぼうを食べていると、颯爽と一人の女性・市川千鶴(つみきみほ)が店に入ってきた。 驚くゲン。 なんと千鶴はゲンの高校時代の英語教師であり、部活の顧問だったのだ。 NYから10年ぶりに帰ってきたという千鶴にゲンは思いを寄せていく。 第二十九話:レバにらとにらレバ 主な出演者:光石研、篠原ゆき子 刑事の野口(光石研)と夏木いずみ(篠原ゆき子)はコンビを組んでいるが、犬猿の仲。 一方がレバにらと頼めば、もう一方はにらレバと頼む。 捜査でも衝突するが、そんななか野口はある殺人事件で夫を失った未亡人・三上佐代子(阿部朋子)とその娘の相談に乗っていた。 第三十話:年越しそば 主な出演者:綾田俊樹、不破万作、松重豊、光石研、篠原ゆき子、谷村美月、オダギリジョー 大晦日、忠さん(不破万作)、マリリン(安藤玉恵)、小道(宇野祥平)、金本(金子清文)、八郎(中山祐一朗)、かすみ(谷村美月)、キミトシ(高橋周平)といった常連客がを持ち込んでくる。 年明け間際になってゲイバーで働く小寿々(綾田俊樹)とコウちゃん(吉見幸洋)も合流。 野口(光石研)、いずみ(篠原ゆき子)、小暮(オダギリジョー)はマスターの年越しそばを交番で食べている。 年が明けると、シスターズ(須藤理彩/小林麻子/吉本菜穂子)もやってきて、ヤクザの竜(松重豊)、と手下のゲン(山中崇)による餅つきも始まった。 以上、3シーズンに及ぶ全30話を一気に振り返ってみました。 何かを抱えた人々がやってくる不思議な「めしや」、深夜食堂。 DVDやBlu-rayといった映像商品も発売されています。 そして、なにより今週末の1月31日(土)より劇場版『深夜食堂』が公開されます。 今回も心にじんとくるエピソードばかりです。 ある日、誰かが店に置き忘れた骨壺をめぐってマスターは思案顔。 詮索好きな常連たちは骨壺をネタに、いつもの与太話に花を咲かせている。 そんなめしやに久しぶりに顔を出したたまこ(早紀)。 愛人を亡くしたばかりで新しいパトロンを物色中だったが、隣にいた年下の男(柄本時生)と肌が合い…。 無銭飲食をしたことを機に、マスターの手伝いを兼ねて住み込みで働くことになったみちる(多部未華子)。 いつのまにかめしやに馴染むが、どこか事情を抱えたままで…。 福島の被災地から来た謙三(筒井道隆)は夜な夜なめしやに現れては、常連のあけみ(菊池亜希子)に会いたいと騒いでは店の客と一悶着…。 春夏秋冬、ちょっとワケありな客たちが現れては、マスターの作る懐かしい味に心の重荷を下ろし、胃袋を満たしては新しい明日への一歩を踏み出していく。 C 2015安倍夜郎・小学館/映画「深夜食堂」製作委員会 劇場版オフィシャル・サイトはこちらから。 映画『深夜食堂』公式サイト - 1月31日(土)全国開店 映像作品の詳細は以下をご覧ください。 ) 発売:小学館/アミューズ/MBS 販売元:アミューズソフト c 2014安倍夜郎・小学館/「深夜食堂3」製作委員会.

次の

『深夜食堂』全30話に登場した食べ物をまとめてみた

深夜 食堂 テレビ

飲み屋の並ぶ片隅にある古い食堂。 夜の十二時から朝の七時頃まで、こわもてのマスター(小林薫)が包丁を握り、「豚汁定食」のほかは、材料 さえあれば、何でも作ってくれる。 常連客は長年ゲイバーで働いている小寿々(綾田俊樹)や、ストリッパーのマリリン(安藤玉恵)ら。 夜毎、 常連客が語り合う。 ある日のこと、ヤクザ者の竜(松重豊)が、手下のゲン(山中祟)と連れ立って店にやってきた。 「エスカルゴ」「燕の巣のスープ」、難癖をつ けるゲンの言動に店が一触即発になった時、マスターが作った「赤いウィンナー」を食べて感動した竜は、以来、時々店に顔を出すようになっ た。 客たちの内で竜が特に親しかったのは、大の卵焼き好きの小寿々。 一つの皿を仲良く分け合う二人だったが、「赤いウィンナー」には、それぞれ忘れられない思い出が詰まっていて...。 顔を腫らし、マスター(小林薫)の店にやってきたカッちゃん(音尾琢真)はボクサー。 勝った日に食べるのは「カツ丼」と決めているが、ボクシングだけではやっていけず、他の仕事をしながら練習にあけくれている。 ある時カッちゃんは常連客の一人、アケミ(霧島れいか)と出会う。 近所のスナックで働くアケミは夫を亡くしていて、今は小学生の娘・マユ(桑島真里乃)と二人暮らし。 マユにも慕われ、カッちゃんはアケミに恋心を募らしていた。 そんなカッちゃんに、勝てば次はタイトルマッチというビッグな試合が飛び込んできた。 勝ち目なしという厳しい下馬評にも関わらず、カッちゃんは仕事を辞め、ボクシングに専念する。 そして「勝ったらアケミさんにプロポーズ」をしようと考えていた。 ようやく掴んだタイトルへの挑戦権... 運命のゴングが鳴る。

次の