夜 が また くる 映画。 夜がまた来る : 作品情報

【動画】夏川結衣濡れ場動画【夜がまた来る】

夜 が また くる 映画

作品目『夜がまた来る』 アルゴ・ピクチャーズ 1994年 DVD発売中 監督/石井隆 出演/夏川結衣、根津甚八、寺田農、椎名桔平、永島敏行ほか 〝脱税男〟と糾弾され、テレビから消えた『チュートリアル』徳井義実の〝元恋人〟ということで、とんだトバッチリを受けた人気女優・夏川結衣。 昨年10月期のドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)では、14年前の前作でヒロインを演じていたことから〝出演しない〟ことの方が話題になった。 そんな夏川は、山田洋次監督の『家族はつらいよ』シリーズなどで、しっかり者の奥さん役が定着した感があるが、彼女の〝初脱ぎ作〟は鬼才・石井隆監督のコレ。 現在からは想像も付かないほどのハードな全裸演技を見せてくれる。 何者かに殺された上、汚職の疑惑までかけられた麻薬Gメンの夫の無実を信じるのは妻の名美(夏川結衣)だけだった。 絶望のあまり自殺を図るが、一命を取り留めた彼女は、夫殺しの犯人が池島組組長・池島(寺田農)と睨み、彼の命を狙おうとするが、そこに現れた男・村木(根津甚八)に、池島のことは諦めろと忠告される。 やがて、2人は池島組の組員とクラブホステスとして再会するが…。 石井監督による〝村木と名美〟、男と女のネオ・ノワールの1本。 ちなみに題名は、小林旭のヒット曲の冒頭部分からの引用だとか。 思い出のせて、俺を泣かせに…というアレね。 あれから四半世紀、当時25歳。 前年のテレビドラマ『夏目雅子物語』で注目された新進のころであった。 石井監督の大ファンと自認し、「いつか〝名美〟を演じたかったんです。 それが実現してうれしい」とも言っていた。 「確かに脱ぐことは恥ずかしかったですけど、必要なシーン、と良い意味で割り切って演じました」と、その言やヨシであった。 ハードなレイプ・シーンにも、根津との濃厚な濡れ場にも、果敢に挑んでいた。 中でも最も注目なのは、彼女が夫の仇を打つため、組織に潜入するのだが、逆にシャブ漬けにされてしまうあたり。 ベッドで寝ている組長を殺そうとするも、痛恨の失敗。 その報いとして、命までは取られなかったものの、場末のバーに売り飛ばされ、わずかなシャブ欲しさに体を投げ出す〝堕ちたメス犬〟に成り下がる。 この〝シャブ中演技〟がズゴイ。 激しい禁断症状にさいなまれる中で、「パケひとつくれりゃあ、バックでも何でもヤラせるからさあ…」とヨダレを流さんばかりに、媚を売りねだるサマが哀れを誘う。 もう理性も羞恥心も失せ、自らパンティーをずり下げ、形良いおっぱいを丸出しにするシーンは鬼気迫るものがあった。 昨年は沢尻エリカの件など、薬物の恐怖をあらためて知る1年だったが、そんなことを胸に刻みつつ、ここは、若き日の夏川結衣が体を張って熱演したこの貴重な映像をガン見してほしい。 (映画評論家・秋本鉄次) 【画像】 xiuren.. Click.

次の

井浦新×黒川芽以のW主演映画『二十六夜待ち』 孤独な男女描く18禁作

夜 が また くる 映画

原作は1853年発表の、1841年にワシントンD. で誘拐され奴隷として売られたによる " Twelve Years a Slave"(意味:12年間、奴隷として)である。 彼は解放されるまで12年間ルイジアナ州のプランテーションで働いていた。 1968年発表のスー・イーキンとジョセフ・ログスドンの編集による初めてのノーサップの伝記の学術書によって 、彼の伝記が驚くほど正確であると証明された。 が監督、が脚本を務めた。 主人公のソロモン・ノーサップはが演じる。 本作は2013年8月30日にテルライド映画祭でプレミア上映された。 アメリカ合衆国では2013年10月18日に限定、2013年11月1日に拡大公開された。 日本ではに公開された。 のをはじめ、様々な映画賞を受賞した(詳細は後述)。 内容 [ ] 1841年、のソロモン・ノーサップ(イジョフォー)は自由黒人のヴァイオリニストだった。 彼は妻と子供2人と順風満帆な生活を送っていた。 ある日、彼は二人組の男たち(とタラン・キルラム)から金儲けができる周遊公演に参加しないかと誘いを受けた。 ある晩、二人組の男たちにノーサップは薬漬けにされ、昏睡したまま奴隷商に売られることとなった。 彼は自分は北部の自由黒人だと主張するが、材木商のウィリアム・フォード()に購入される。 フォードは信仰心が篤く温和な性格の農園主だった。 奴隷となったノーサップは知能と知識を使って、材木の水運を提案する。 これが成功しフォードに目をかけられるが、農園の監督ジョン・ティビッツにねたまれる。 いやがらせを受けたノーサップは逆上して鞭で打とうとするティビッツからこれを奪い暴力を振るってしまう。 ノーサップはティビッツに報復行為として木につるされる。 ノーサップの身の危険を悟ったフォードは、仕方なしに資金面で世話になっている別の農園の支配人のエドウィン・エップス()にノーサップを売ってしまう。 フォードと異なりエップスは非常に陰湿で残忍な性格の持ち主だった。 綿花栽培のノルマを達成しない奴隷や気分が悪いときは平気で鞭打つなどしていた。 ノーサップはひたすら耐え忍ぶが、ある日奴隷として白人であるアームスバイがやってくる。 アームスバイはかつては監督官であったが、不祥事を理由として奴隷に身を落としていたのであった。 自分と近い境遇に親近感を覚えたノーサップはアームスバイを信用し、友人へ手紙を送るよう懇願する(黒人ではなく白人であれば手紙を送ることは自然だろうと考えたのも決め手となった)。 だがアームスバイは裏切り、ノーサップはエップスに責め立てられるが機転を利かし難局を乗り切る。 その後も長い奴隷の時を過ごすが、カナダ人で大工のサミュエル・バス()と出会ったことから風向きが変わる。 ノーサップは奴隷制に反対で良心を持っているバスを信用し、自らの素性を明かし、北部時代の知己に手紙を送ることを懇願する。 数日後エップスの農場のもとに保安官がやってきて、遂に奴隷から解放されサラトガに帰郷する。 当時の黒人としては珍しく字の読み書きができ教養が高い。 但し奴隷時代はトラブルのもととなるため隠していた。 その後伝記本を出版し、奴隷解放運動にも携わるが、晩年の動向(没年や没した場所など)は一切不明とされている。 エドウィン・エップス 演 - 、日本語吹替 - プランテーションの残酷な支配人。 ウィリアム・フォード 演 - 、日本語吹替 - バプティスト派の聖職者で奴隷のオーナー。 温和な性格。 ノーサップが本当は奴隷ではないのではないかと薄々感づいているが、行動を起こせないでいる。 ジョン・ティビッツ 演 - 、日本語吹替 - ウィリアムの農園の監督官。 陰湿な性格でノーサップに対して暴力をふるうが、返り討ちにあう。 セオフィラス・フリーマン 演 - 、日本語吹替 - 奴隷貿易の元締め。 ノーサップをプラットと呼び、以後この名前が定着する。 パッツィー 演 - 、日本語吹替 - エップスのプランテーションの奴隷。 エップスから日常的に性的暴行を受けている。 綿花を毎日200キロ以上も摘むなど農園に多大な貢献をしているが、虫の居所が悪かったエップスに鞭打ちされる。 メアリー・エップス 演 - 、日本語吹替 - エドウィン・エップスの妻。 嫉妬深い性格。 サミュエル・バス 演 - 、日本語吹替 - カナダ人大工。 計算高さと人の好さを併せ持つ。 ハリエット・ショー夫人 演 - 、日本語吹替 - マーガレット・ノーサップ 演 - 、日本語吹替 - ソロモン・ノーサップの娘 ヴィリエレ保安官 演 - () アブラム叔父様 演 - () ロバート 演 - アームスバイ 演 - 白人。 かつては農園の監督官だったが、奴隷に身を落とす。 ノーサップから手紙を出すよう依頼されるが、保身に走る。 ブラウン 演 - セレステ 演 - エリザ 演 - () クレメンズ・レイ 演 - ジェイムズ・バーチ 演 - () ハミルトン 演 - 製作 [ ] 企画 [ ] 当初はパラマウント・ピクチャーズでの製作だったが、黒人の奴隷映画では興行収入が見込めないと断られた。 この作品がアカデミー賞を受賞したことで、パラマウント・ピクチャーズとブラッド・ピットの製作会社プランBが反目しあっていると、ハリウッド・レポーター紙が報じた。 2008年にの『 』のスクリーニングで会った後、監督のは脚本家のと「アメリカの奴隷時代」を扱った映画について話し合った。 2人はマックイーンの妻がによる1853年の自伝『 』を見つけるまでそれを知らなかった。 「私はこの本を読み、愕然とした」、「そして同時に、この本のことを知らなかった自分に腹が立った。 私は国民的英雄であるがいたに住んでいるし、私にとってこの本は『』のように読めるが、それよりも97年前に書かれていたのだ。 私はこの本を映画化するために情熱を持った」とマックイーンは述べた。 企画期間を経て、2011年8月、マックイーンが監督し、奴隷とされた黒人のソロモン・ノーサップをが演じることが発表された。 マックイーンは、イジョフォーをやと比較した。 2011年10月、(マックイーンの以前の映画『 Hunger』と『』でも共同)がキャストに加わった。 2012年初頭、残りの役柄もキャスティングされ、撮影開始予定が2012年6月末に設定された。 撮影 [ ] 2000万ドルの製作費をかけ 、2012年6月27日よりで撮影が始まった。 7週間後 の2012年8月13日、撮影は完了した。 音楽 [ ] 「」も参照 映画音楽はが作曲し、がバイオリン音楽を書いてアレンジし、 ()が演奏した。 サウンドトラックアルバム『 12 Years a Slave: Music from and Inspired by the Motion Picture』はより11月5日にデジタル、11月11日に物理メディアで発売される。 アルバムにはジマーの音楽の他に、、、、の曲が収録される。 レジェンドの曲「Roll Jordan Roll」はサウンドトラック発売の3週前にオンラインで公開された。 公開 [ ] 2013年8月30日にでプレミア上映された。 9月6日には 、10月8日には 、10月19日には ()で上映された。 2011年11月15日、が国際配給権を獲得したことが発表された。 2012年4月、開始の数週間前にが共同出資することに合意した。 リージェンシーとは配給協定を結んでいるため、アメリカ合衆国での配給はが務めることとなった。 しかしながら配給権に金を払う代わりに、フォックス・サーチライトは映画の出資者と興行収入を共有する契約を交わした。 アメリカ合衆国では2013年10月18日に限定公開された後、同年11月1日より拡大公開される。 当初は2013年12月下旬公開が予定されていたが、前倒しされた。 騒動 [ ] 本作をで配給するBIM社が、脇役であるとを中央に描き、主役のを隅に配置したポスターを制作した。 黒人奴隷を主人公とした映画のポスターがになっていることに対して疑問の声が多数上がった。 本作の海外配給を担当してるはこのポスターを許可しておらず、ポスターの回収を求めた。 この騒動に関して社は謝罪し、ポスターを回収したと発表した。 2014年1月6日に行われたの授賞式において、監督賞を受賞したがスピーチをしていたところ、協会員の一人である『 CityArts』のアルモンド・ホワイトが野次を飛ばした。 しかし、マックイーンは何事もなかったかのようにスピーチを続けた。 この件に関して、協会は謝罪の意を表明している。 後日、ホワイトは協会から除名された。 なお、ホワイトは野次を飛ばしていないと主張している。 映画監督のは、『』の製作スタッフがを酷使しているとして、『それでも夜は明ける』での奴隷制になぞらえて批判したため、物議をかもした。 その後、ラッセルは表現が不適切だったとして謝罪した。 評価 [ ] 興行収入 [ ] 2013年10月18日にアメリカ合衆国の19館で限定公開され、週末3日間の興行収入は92万3715ドル、1館平均は4万8617ドルであった。 2週目末には123館まで拡大され、3日間で約210万ドルを売り上げた。 さらに、3週目末には410館まで拡大公開され、460万ドルを稼いだ。 日本においては2014年3月7日に全国43館で公開され、土日2日間の成績は動員3万2,431人、興収4,054万7,800円を記録し、週末興行収入ランキングで10位となった。 批評家の反応 [ ] 2013年のテルライド映画祭、において、批評家および観客から高く支持され、演技(特に、、)、の演出、脚本は高評価された。 この数値は、Metacriticにおいて、最も高い加重平均値を出した映画の一つである。 英紙が選ぶ2014年映画ベスト10の第6位を獲得。 また、本作のはAであった。 著名人の反応 [ ] 俳優のは「『それでも夜は明ける』こそ、アメリカの映画界が人種差別に真摯に向き合おうとしていないことを証明している。 」と述べた。 その根拠として「もし、アフリカ系アメリカ人の監督が本作を監督したいといっても、アメリカの負の歴史を描くことにスタジオが難色を示すであろうこと」を挙げた。 また、「過去の奴隷の解放を描いた本作よりも、現代における理不尽な黒人殺害事件を描いた『』を作ることの方が勇気のいることだ」とも述べている。 受賞とノミネート [ ] 賞・映画祭 発表日 部門 候補 結果 受賞 ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート 作品賞 、、、、 受賞 () 2013年11月9日 ブリティッシュ・アーティスト賞 受賞 () () ブレイクスルー監督賞 受賞 ニューハリウッド賞 受賞 () 2013年10月11日 観客賞 受賞 () スティーヴ・マックイーン、 受賞 観客賞 スティーヴ・マックイーン 受賞 作品賞 、、ジェレミー・クライナー、 、、 、アンソニー・カタガス ノミネート 主演男優賞 ノミネート ブレイクスルー女優賞 ノミネート 監督賞 受賞 作品賞トップ10 入賞 作品賞 、、、、、、 受賞 監督賞 受賞 主演男優賞 受賞 助演女優賞 受賞 編集賞 受賞 作曲賞 受賞 作品賞 受賞 監督賞 受賞 脚色賞 受賞 ブレイクアウト演技賞 受賞 作品賞 、、、、、、 受賞 監督賞 受賞 主演男優賞 受賞 助演男優賞 受賞 助演女優賞 受賞 脚色賞 受賞 作品賞 、、、、、、 次点 監督賞 次点 主演男優賞 次点 助演男優賞 次点 助演女優賞 次点 作品賞 受賞 監督賞 受賞 主演男優賞 受賞 助演男優賞 ノミネート 助演女優賞 受賞 脚色賞 受賞 撮影賞 受賞 美術賞 ノミネート 作曲賞 ノミネート ベストシーン 絞首刑のシーン ノミネート 作品賞トップ10 2位 主演男優賞 受賞 助演女優賞 受賞 脚色賞 受賞 作品賞 、、、、、、 次点 監督賞 次点 主演男優賞 受賞 助演男優賞 次点 脚色賞 次点 作品賞 受賞 作品賞 、、、、、、 6位 監督賞 ノミネート アンサンブル演技賞 ノミネート 主演男優賞 受賞 助演男優賞 ノミネート 助演女優賞 次点 脚色賞 ノミネート 撮影賞 ノミネート 作曲賞 ノミネート 主演男優賞 受賞 作品賞 3位 主演男優賞 受賞 脚色賞 受賞 作品賞 受賞 監督賞 ノミネート 主演男優賞 ノミネート 助演男優賞 ノミネート 助演女優賞 ノミネート 脚本賞 ノミネート 作品賞 受賞 監督賞 受賞 主演男優賞 受賞 助演男優賞 受賞 助演女優賞 受賞 作品賞 受賞 監督賞 受賞 主演男優賞 受賞 助演男優賞 受賞 助演女優賞 受賞 脚色賞 受賞 編集賞(ドラマ) ノミネート 受賞 ノミネート 受賞 ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート プロダクトデザイン賞 ノミネート 編集賞 ノミネート 作品賞 受賞 監督賞 受賞 主演男優賞 ノミネート 助演男優賞 ノミネート 助演女優賞 ノミネート 脚色賞 ノミネート 作曲賞 ノミネート 撮影賞 ノミネート 編集賞 ノミネート 衣装デザイン賞 ノミネート 作品賞 、、、、、、 受賞 監督賞 受賞 主演男優賞 受賞 助演男優賞 受賞 助演女優賞 受賞 脚本賞 受賞 撮影賞 ノミネート 、、、、、、 受賞 ノミネート ノミネート ノミネート 受賞 受賞 アダム・ストックハウゼン、アリス・ベイカー ノミネート ノミネート ジョー・ウォーカー ノミネート 法曹界 [ ] 、アメリカ合衆国の少年家庭裁関係地方裁判所は、小学校に侵入して人種差別的な落書きをした少年5人に対し、読書や映画鑑賞を通じて世界観を広げるよう命じる判決を言い渡した。 この判決で裁判所が指定した映画の中には、「それでも夜は明ける」が含まれていた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Artinfo. 2013年2月1日閲覧。 2014年1月14日閲覧。 「」2015年3月下旬号 73頁• ibrary of Southern Civilization. 2013年9月27日閲覧。 2013年9月26日閲覧。 foxsearchlight. com. 2013年10月2日. 2013年10月16日閲覧。 作中のエンディングの説明による• Thompson, Anne 2013年10月16日. 2013年10月25日閲覧。 National Public Radio, Inc. 2013年10月24日. 2013年10月25日閲覧。 Sneider, Jeff 2011-08-17. Kroll, Justin 2011-10-12. Sneider, Jeff 2012-05-24. Scott, Mike 2012年5月3日. 2013年2月1日閲覧。 Smith, Nigel M. 2012年8月13日. 2013年2月1日閲覧。 Film Music Reporter 2013年10月14日. 2013年10月26日閲覧。 Film Music Reporter 2013年10月18日. 2013年10月25日閲覧。 Jagernauth, Kevin 2013年10月22日. 2013年10月26日閲覧。 2013年10月24日. 2013年10月27日閲覧。 Hammond, Pete 2013年8月31日. 2013年10月28日閲覧。 Bailey, Cameron. Toronto International Film Festival Inc.. 2013年10月28日閲覧。 Brooks, Brian 2013年8月30日. 2013年10月28日閲覧。 Philadelphia Film Society 2013年10月14日. 2013年10月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年10月28日閲覧。 McNary, Dave 2011年11月15日. 2013年10月27日閲覧。 Masters, Kim 2013年10月27日. 2013年10月27日閲覧。 Weston, Hillary 2013年3月28日. McCarthy, LLC. 2013年4月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年10月25日閲覧。 Horn, John 2013年10月25日. 2013年10月25日閲覧。 foxsearchlight. com. 2013年10月2日. 2013年10月16日閲覧。 Fleming, Mike 2013年6月27日. 2013年12月25日閲覧。 2013年12月25日閲覧。 2013年12月28日閲覧。 2014年1月30日閲覧。 2014年1月30日閲覧。 2014年2月9日閲覧。 2014年2月9日閲覧。 Subers, Ray 2013年10月20日. 2013年10月27日閲覧。 Mendelson, Scott 2013年10月27日. Forbes publishing. 2013年10月27日閲覧。 2014年1月4日閲覧。 シネマトゥデイ. 2014年3月11日閲覧。 2013年9月9日閲覧。 2013年9月9日閲覧。 com 2014年12月31日. 2015年1月5日閲覧。 2014年1月4日閲覧。 indiewire. 2014年2月4日閲覧。 2014年1月4日閲覧。 2014年1月3日閲覧。 British Academy of Film and Television Arts BAFTA 2013年9月4日. 2013年9月5日閲覧。 Fienberg, Scott 2013年9月30日. 2013年9月30日閲覧。 Walsh, Jason 2013年10月15日. 2013年10月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年10月25日閲覧。 2014年3月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年10月25日閲覧。 Vlessing, Etan 2013年9月15日. 2013年9月15日閲覧。 Hammond, Pete 2013年9月15日. 2013年9月15日閲覧。 Anne Thompson and Beth Hanna 2013年10月24日. Thompson on Hollywood. 2013年10月24日閲覧。 2014年1月29日閲覧。 2014年3月11日閲覧。 2013年12月8日閲覧。 2014年1月29日閲覧。 2013年12月17日閲覧。 2014年1月17日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年12月20日閲覧。 2014年1月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年2月8日閲覧。 2014年3月11日閲覧。 2013年12月24日閲覧。 2014年2月4日閲覧。 2014年1月3日閲覧。 2014年8月6日閲覧。 2014年2月4日閲覧。 2014年2月10日閲覧。 2014年2月10日閲覧。 2014年2月8日閲覧。 2014年2月4日閲覧。 2014年2月9日閲覧。 2014年2月9日閲覧。 シネマトゥデイ. 2014年3月11日閲覧。 シネマトゥデイ. 2014年3月11日閲覧。 2014年3月2日閲覧。 2014年2月8日閲覧。 シネマトゥデイ. 2014年3月11日閲覧。 シネマトゥデイ. 2014年3月11日閲覧。 CNN 2017年2月9日. 2018年12月24日閲覧。 関連項目 [ ]• - のがテーマの映画 外部サイト [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• [ ] LSU Press Books• 米文学研究同好会• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019.

次の

夏川結衣 夜がまた来るで、、、: 夏川結衣、夜がまた来るの情報

夜 が また くる 映画

カテゴリ 最新の記事 at 2015-05-07 03:55 at 2015-05-04 02:42 at 2015-05-03 12:55 at 2015-04-25 19:18 at 2015-04-22 01:40 以前の記事 フォロー中のブログ タグ 検索 その他のジャンル この作品、夏川結衣さんの映画初主演作、だったそうで。 初にしてあれだけのベッドシーンをやり遂げてしまう女優魂にただただ感心するばかり。 「ヌードの夜」がR15だったなんて信じられない。 今この作品が放映されたら、R18相当になるんじゃないかと。 ディスクの特典で、確か石井監督が、夏川結衣さんに出演オファーをした際に、一つだけ条件があると言われ、その条件が、「Vシネではなく劇場公開にしてほしい」とのことだったとか。 当時26歳だった夏川さんにとってこの映画は、苦しい時代を脱するための一つの挑戦みたいなものだったのかなぁ。 渾身のお芝居に衝撃を受けた一本でした。 改めて、偉大な女優さんだと思います。 麻薬Gメンとして池島組に潜入していた夫・満が殉職。 しかし汚職の疑いをかけられ、名美(夏川結衣)はその無念を晴らすべく、池島組会長、池島政信の命を狙いに行くものの、その場にいた幹部・村木(根津甚八)がそれを阻止。 その後自殺を図ろうとする名美を救い、池島には近づくなと忠告します。 しかしその忠告を聞かず、ホステスとなり池島に接近した名美は、今度こそ彼を殺害しようとするものの、失敗。 暴行され、バーに飛ばされ、挙句の果てにはクスリ漬けになってしまう名美。 そんな彼女を生還させようと、またしても現れた村木の介抱によって、正気を取り戻した名美は、彼の協力を得て、池島を殺害。 全てが終わったと思ったその瞬間、衝撃の事実が判明。 村木が名美を懸命に助けていたその真相が明かされるのでした。 この最後にあるどんでん返しが面白かったなぁ〜。 しかし何より、根津甚八さん演じる村木が抜群に格好よかった。 一途なまでに彼女を助けようとする姿が本当に格好よくて、惚れました。 印象的だったのは、クスリの幻覚で、自分の身体にウジ虫がわいていると騒ぐ名美への、手慣れた対処。 ただの組員じゃないなと匂わせる感じがよかった。 背中の入れ墨も似合ってたし。 ラストの夏川さんはとても綺麗だった。 桔平さんが演じていたのは、池島組の柴田。 池島に命令されて名美を犯すシーンがこれまたなかなかの見もの(笑) 右手の中指の指輪。 忠誠を表すとか書いてあったけど、会長に対するそういう意図なのかな。 それにしても怖かった、この場面。 夜中に観たから余計に怖かった。 ラストの村木と柴田の決闘。 喉に傘を突き刺されてビルの屋上から転落する柴田もまた、狂気に満ちて恐ろしかった。 と同時にお芝居に対する必死さが垣間見えた気がして、少し微笑ましくなったり。 観終わってから気づいたけど、土屋名美、村木哲郎といった登場人物の名前は実は「ヌードの夜」と同じ。 ヌードの夜では、紅次郎(村木哲郎)を竹中直人さんが、土屋名美を余貴美子さんが演じていました。 そんなお二人がこの作品では、名美が売られた先のバーの娼婦と、そのヒモ、というかたちで特別出演。 こういう遊び心みたいなのも、石井監督作品の醍醐味。 現在、山本未来さんと同じ事務所で、仲もいいという夏川さん。 桔平さんとの交友関係もあるのかなぁ。 というかあってほしいなぁと思う。 とにかくこの石井ワールドには色んな意味で驚かされるばかりで。 改めてGONINサーガが楽しみになりました。

次の