フットワーク 重い。 フットワークが軽い人の特徴を知ろう!成功者に多い?名言も知っておこう!

腰が重い人の6つの特徴や心理とは?

フットワーク 重い

最後の一歩を大きくする練習 最後の一歩で床を蹴り鋭く足を踏み出せるようにするための練習法です。 手でタッチ サイドへのフットワークの要領で一歩で左右に跳び、シングルスかダブルスの サイドラインに右手の指先をタッチします。 次にフォア前、バック前、フォア奥、バック奥の4隅をシャセかランニングステップ でサイドラインを超えた位置で着地し、両手の手のひらをしっかり床につけます。 ポイントは体の内側で手をタッチすることです。 一人が指示者で二人一組でオールコートを使い、ラインの外に手のひらを タッチしましょう。 最後の一歩をよほど大きく跳ばなければ、ラインの外でタッチできない 練習にはちょうどいい距離感になっています。 トスノック トス(手投げ)ノックシャトルを、最後の一歩を大きく跳びついて返球します。 前だけではなく、後ろへもトスし、後ろのフットワークの最後の一歩も大きく しましょう。 シャトル交換 コートの4隅(サイドを入れると6隅)にシャトルを置き、最後の一歩が 大きいフットワークを使い、指示に従ってシャトルを交換します。 負荷を伴う練習 おもりにより筋力アップの補助をしましょう。 慣れてくると普通のスピード動くことができます。 下半身への負担が大きいので、使用時間には十分注意が必要です。 動かずゆっくりしたテンポでひざの屈伸や、ランジング姿勢、(ネット前の 前傾姿勢)のポーズを続けるのも、ハムストリングスやひざの強化に効果が あります。 中国ではジュニア段階から、負荷を伴うフットワークの練習を積極的に取り入れて います。 パワーステップを巻く 足首にパワーステップを巻いてフットワークの練習をします。 さまざまな重さのものが市販されていますが、500グラム~1キログラム ぐらいが適当です。 慣れてきたら、パワーステップをつけてゲームにチャレンジしてみましょう。 フットワークのスピードアップやジャンプ力のアップに効果的です。 重いラケットを使う バドミントンのラケットの代わりに、重さのあるスカッシュやテニスのラケットで フットワークの練習をしましょう。 前腕(ひじから先)の進展力強化によるパワーアップが狙いです。 最初はスカッシュから始め、次にテニスラケットに移りましょう。 バドミントンのラケットを握ったときに軽さを感じ、自分でも驚くほど スイングスピードがアップします。 マスクを使う 水泳や陸上のトレーニング法に高地トレーニングがありますが、 酸素の薄い高地でトレーニングするので心肺機能が高まります。 同様の効果を狙い、マスクをしてフットワーク練習してみましょう。 注意してほしいのは、ジュニア初期の段階では決して無理をしないことです。 無理のない範囲の負荷を伴うトレーニングは大きなレベルアップにつながり ますが、無理をすればケガの原因になるので、注意しなければなりません。 壁を使う バーベルを使うウェイトトレーニングが定期的にできれば よいのですが、施設などの関係もあり、なかなか思うようには いきません。 ウェイトトレーニングがフットワークに効果があるのはわかっていても、 気軽に簡単にできないのです。 そこで簡単にでき、ウェイトトレーニングと同様な効果が期待できる 方法をご紹介します。 二人一組になり、壁に正対しながら一人が肩車しますが、 壁から離れすぎてはいけません。 ひざを曲げた状態からゆっくり起き上がりながらかかとを上げます。 左右の片足と両足の3種類を時間をかけて行いますが、前脛骨筋 (足を持ち上げる筋肉」)やヒラメ筋の強化に効果があります。 体勢を崩してからのスタート 逆をつかれたりで遅れた場合の、ノータッチを防ぐのが練習の目的です。 ホームポジションで、あえてバランスの悪い体勢をつくりフットワークを スタートさせます。 二人一組になり一人が指示を出し、後退で行いましょう。 体勢の崩し方の例• 前後ステップ後• 左右の開閉ステップ後• 左右のクロスステップ後• ジャンピングスクワット後• 連続ジャンプ後• もも上げ まとめ バドミントンで全てのショットの基盤となる動きはフットワークです。 威力のあるストロークには、速く打点に入り安定した体勢でシャトルを 捉える必要があり、そのためには素早いフットワークが欠かせません。 練習としてはハードできついですが、実際のゲームでバテて、いつもどおり のフォームでストロークが打てないと試合を有利に進めることが出来ません。 フットワークの練習をすれば、バドミントンに必要な筋肉や、基礎体力が 備わるので、ぜひ上記の練習メニューを取り入れていきましょう。

次の

『フットワークの軽い人』とはどんな人?

フットワーク 重い

フットワークが軽い人。 思いついたらすぐに行動を起こせる人。 そんな彼らには、いくつかの共通点があるようです。 経験が多彩なので、対応が柔軟 行動力が高い人は物事の切り替えも早く、方向転換も素早いのが特徴。 仕事にはその影響力の広さが表れますが、その分蓄えている知識も多彩。 あらゆる経験を元に、柔軟な対応をすることができます。 新しい出会いもいっぱい!初対面でも物怖じしない フットワークが軽い人は、人が集まる場所へ出かけるのも積極的で新しい出会いのチャンスに恵まれており、初対面の相手にも緊張しません。 友人や異性との出会いだけでなく、普段出会えないような大物との出会いが多いのも、フットワークが軽い人の特徴です。 誰とでも、すぐに友達になれる 誰に対してもオープンなのでどんな人とも気軽に友達になれます。 年齢や社会的地位などに固執しないので、多くの友人関係を築くことができます。 読書も大好き! 意外に読書が好きという人も多いのが特徴です。 これはいろいろなことに関心を持ち、自分にない知識を本から吸収しようと考えています。 特定の分野ばかりではなく、様々な分野の本を読むのもフットワークが軽い人の特徴です。 趣味の幅が広い 好奇心が旺盛で、貪欲に何事も吸収しようと考えているため、多趣味な人が多いようです。 広く浅く、何にでもチャレンジする性格で、自分の世界観を広げていきます。 束縛は苦手、自分から行動! 友達も多く、豊富な人間関係を保つことが多いので、どこかに拘束されるような環境が苦手です。 引っ越しが多い人も。 突然の誘いも大歓迎! 積極的に、人の集まる場所へ出かけるのが好きなフットワークが軽い人は、急な誘いでも基本的にはレッツゴー! よほどのことがない限りは時間の都合をつけて、駆けつけます。 精神的にタフ!切り替えも早い 仕事をしていると、さまざまな問題が起こり精神的にストレスを抱えてしまう人も少なくありません。 しかし、フットワークが軽い人は、そんな時でも柔軟に対処ができます。 気持ちの切り替えが早いため、誰から見てもさっぱりしている印象が。 なぜか多い!幸運のチャンスをものにしている人 幸運の女神には後ろ髪がないと言われますが、チャンスが目の前にあるときいち早く行動を起こしモノにする瞬発力を持っているのかもしれません。 深く考える前に行動!当たって砕けろ精神 フットワークが軽い人は、いろいろ考える前にまず行動。 失敗したら、そこから解決策を探っていくのが特徴です。 行動を起こすことで自分の経験値も高まり、次への自信や実績に繋がります。 フットワークが軽い人との付き合い方 あまりべったりしすぎないことが大切です。 適度な距離を保ちましょう。 しかし、寂しがりやといった面もあるので、常に気をかけてあげる必要もあります。 動きが速いので、彼らを追いかけるのは大変な一面も。 しかし、学べることは多いかもしれませんね。

次の

フットワークが軽い人の10の特徴と付き合い方

フットワーク 重い

スポンサーリンク フットワークが軽い人 とにかく行動力がある 「フットワーク」とは。 バスケットボールの練習で足腰を鍛えるために、足腰に負担がかかるようなトレーニング(ジャンプとかダッシュ)をします。 それがフットワークです。 (他にも意味はあると思います) ここから「フットワークが軽い人」というのは、つまり、足腰が丈夫で素早く動ける人の意味です。 そこから、「行動力のある人」という意味も生まれたのだと思います。 出典 フットワークが軽いという言葉は「軽い」というワードがあるため、そこまで情熱的なイメージを持つ人はいないかもしれません。 しかし、実際に彼らの行動を見てみると一目瞭然。 とにかく行動しまくっている姿を目にして、驚くことでしょう。 仕事がとにかくできる できる人は、軽いフットワークを兼ね備えています。 突発的な仕事にもいつでも対応できるように、軽いフットワークを意識している人です。 軽さには2種類あります。 物が少ない意味での「物質的軽さ」と、ストレスや悩みが少ない意味での「精神的軽さ」です。 フットワークが軽い人とは、この両方ともが軽い人を指しています。 出典 どんなことに対しても、すぐに対応できるスピードというのは、仕事をする上では必要不可欠です。 しかし、多くの人はそれに対応することができていません。 そんな中で、そつなく頼まれたことをこなす人は、やはり 材だと言えるでしょう。 また、が高いのも、仕事をする上ではとても有利なので、周りからの評価が高くなります。 スポンサーリンク 初対面の相手に対しても物怖じしない フットワークが軽い人は、人脈を作るのが得意です。 そのため、人が集まる場所にはどんどん臆することなく出掛けて行き、新しい出会いを貪欲に求めます。 そしてその際、「初対面の相手に対しても物怖じしない」という才能を、大いに発揮します。 普段から人と接し慣れているため、初対面の相手を前にしても、無駄な緊張を感じないのです。 なので、社会的地位の高い人などに初めて接したとしても、臆することなく することができるというのも大きな特徴の1つです。 基本的に、誰とでも仲良くなれる フットワークが軽い人は、友達を増やすことも得意です。 新しい出会いを常に求めているため、「友達を増やして、自分の人生に刺激を与え続けたい」と願っているのです。 なので、基本的に、どんな人とでも仲良くなることができます。 先入観をもって人と接しないため、常に人に対してはオープンマインドです。 なので、彼らの周りには自然と人が集まってきて、友達がどんどん増えていくのです。 「御縁があれば、どんな人とでも仲良くなりたい」というのが、フットワークが軽い人の特徴です。 スポンサーリンク 好奇心旺盛 フットワークが軽い人の行動力は、目を見張るものがあります。 少しでも興味を持ったら、次の瞬間、即行動に移しています。 行動を起こす前に少し考える、ということも全くないわけではありませんが、考え込む時間は普通の人よりも短いのが特徴です。 「心配ばかりして行動せずに終わるよりも、実際にやってみて具体的な結果を得たい」というのが、彼らの基本的な考え方です。 従って、実際の行動に基づく経験値も高いので、彼らの言葉にはどこか説得力があるというのも、大きな特徴の1つです。 チャンスをつかみやすい チャンスを掴んでいる人って、フットワークの軽い人だと思っているんですよ。 フットワークの軽い人は、本当に色んなことを吸収しますからね。 頭の中でいつまでもあれこれ考えるより、目の前の現実をどう楽しめるか、実際に行動しましょう!って感じなのです。 出典 フットワークの軽い人はチャンスを掴む!! 行動をすれば経験値が自然とたまっていくので、あらゆることに自然と対応することができるようになります。 すると、今まで見えなかったものが見えるようになってくるので、誰も気づけていないチャンスに気付きやすくなるのです。 スポンサーリンク 切り替えが早い フットワークが軽い人は、考えるよりも先に行動を起こしてしまうため、時には失敗もあります。 しかし、その失敗に際しても、長々と落ち込むということはありません。 失敗したのなら、次の方法をすぐに試してみて、早く挽回しようと頑張るからです。 従ってフットワークが軽い人は、頭の切り替えも非常に早いのです。 行動を起こすのも早いですが、失敗した時の方向転換もまた早いのです。 「落ち込んでいるのは時間の無駄」と考えているのです。 時間が許す限り、突然の誘いにはできるだけ応じる フットワークが軽い人は、人との交流が大好きです。 時間が許す限り、色々な人と交流を持ち、自分への刺激を増やしたいのです。 なので、突然飲み会や食事に誘われても、よほどのことがない限りはできるだけ足を運びます。 1人でぼーっとした時間を過ごすのなら、人と接して、少しでも何かの刺激に繋げたいという考えが、彼らの根本にあるのです。 短所として「狭く深く」の付き合いは苦手 フットワークが軽い人には、友達がたくさんいます。 しかし、どちらかと言うと「広く浅く」という交際が特徴で、「少人数の人とべたべた付き合う」ということはあまり得意ではありません。 そのため、束縛してくるような人や、親密さを求めてくるような人は、どちらかというと、彼らにとっては苦手な部類に入ります。 「友達はたくさんいるのが良い」、でも「みんな平等に付き合いたい」と願っているため、どうしても親密な深い友達付き合いに対しては、苦手意識を抱いてしまのです。 スポンサーリンク 多趣味 フットワークが軽い人は、色々なことに興味を持ち、しかも、実際にやってみるというエネルギーがあります。 従って結果的に、趣味もどんどん増えていくのが特徴です。 フットワークが軽い人は、ほぼ例外なく、多趣味な人が多いのです。 様々な分野のことを実際にトライしているので、物の見方が偏るということもありません。 彼らの多趣味さは、「色々な角度から物事を見る」ということに繋がり、常に世界が広がり続けているのです。 読んでいる本の量が多い フットワークが軽い人は、なぜか読書家が多いのも特徴です。 「自分の世界を広げる」ということに何よりも情熱を燃やすため、「自分の経験だけで足りなければ、本を読むことで補おう」と考えているからです。 興味を持った分野の本はすぐに読み始めます。 そして、読む本のジャンルも、非常に多岐に渡っているので、知識や教養が一方に偏ることがありません。 フットワークが軽い人ほど、読書の大切さをひしひしと実感しているのです。 フットワークが軽い人から学ぶことはたくさんある いかがでしょうか。 フットワークが軽い人は、常に自分の世界を広げ、人生の刺激や肥やしにできることは何かを考えて生きています。 そして、実際に行動し、自分が経験することによって学ぶため、机上の空論で物を言うことが少ないと言えます。 そのため、世の中や物事を、様々な角度から考えることができるのです。 このような姿勢はとても勉強になるのではないでしょうか。 リスクを負ってでも行動して、結果を出したり、チャンスをつかむことができるのはやはりフットワークが軽い人なのかもしれませんね。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の