オンライン 飲み 会。 オンライン飲み会とは?やり方やLINE・ZOOMなどアプリの使用方法はこれ!

【オンライン飲み会のやり方】アプリ不要の「たくのむ」がおすすめ 使い方は簡単 登録もログインも必要なし!

オンライン 飲み 会

呑んべぇの皆さんは「オン飲み」というワードをご存知ですか?最近CMなんかでもたまにみる事があるオンラインでの飲み会、略して「オン飲み」を楽しむ人たちが今、急増してきているのです! 中でも、オンライン通話サービス「zoom」を使ったオンライン飲み会が人気でzoom飲みを楽しんでいる呑んべぇさんがたくさんいます。 とはいえ、オンラインでの飲み会ってホントに楽しいの…機械音痴だからそんなのできるかわからない…と興味はあるけどなかなか文明についていけない呑んべぇさんも多いはず!そんな呑んべぇさんのために今回は手取り足取りzoom飲み会について解説していきたいと思います! zoomは無料で使うことができるサービスなので、オンライン飲み会にかかる費用は個人の飲み物代とおつまみ代だけ!お金をあまりかけず飲み会を行うことが可能なんです。 また、zoomはオンライン通話サービスのため、居酒屋に足を運ばず家で飲み会ができるのも魅力の1つです。 そのため、気軽に飲み会を開催することができます。 実は、オンライン飲み会は近年人気上昇中の最先端飲み会なんです! 飲み会と言ったら、居酒屋で飲み食いする飲み会するのが一般的ですよね。 もしかしたら、家などで飲む宅飲みをイメージする人もいるかもしれませんね。 おそらく多くの人が頭に浮かべるのは、実際に同じ空間で飲み食いをする飲み会でしょう。 その概念を大きく覆した、新しい飲み会の形が「オンライン飲み会」なんです!! オンライン飲み会は、パソコンやスマートフォンを使ってオンライン上で行われ、「会わずにできる飲み会」とも言われています。 その多くがオンライン通話サービスなどを使って行われており、中でも人気の高いサービスが「zoom」です。 zoomはもともとビデオ会議のためのサービスだったのですが、最近は電話の延長線上として使う人が増えてきています。 無料で使うことができ、パソコンからだけではなくスマートフォンからも利用することができるのも魅力の1つです。 paylessimages. jp zoomを使ったオンライン飲み会はメリットがたくさんあります。 まず第一は、低コストで飲み会を実現できるという点です。 オンライン飲み会の出席者は各々好きな場所から参加するので、飲み物やおつまみは自分で用意することになります。 お酒やおつまみを居酒屋で注文するとそれなりにお金がかかってしまいますが、スーパーやコンビニで買ったものだったら安く済ませることができます。 また、zoomは無料で利用できるサービスなので、飲み会にかかるお金は個人の飲み物代とおつまみ代だけなんです。 これだったら、金欠状態でも気軽に飲み会を開くことができますね。 第二のメリットは、時間がない時でも開催できるという点です。 オンライン上で飲み会をするため、どこからでも参加することができます。 家から参加してもいいですし、スマホのzoomアプリを使えば帰り道に歩きながら参加することも可能です。 そのため、隙間時間を使って飲み会をすることができます。 また、zoomは無料アカウントだと1回40分という時間制限があるため、終わり時間をはっきりできるという点も魅力です。 zoomを使えば、長時間ダラダラと続いてしまった…なんていうことも防げますね。 以下のような画面になったら、右上の「参加者」ボタンを押し、下に出てきた「招待」ボタンを押してください。 「招待」ボタンを押すと以下のような画面になるので「URLのコピー」ボタンを押しましょう。 ギャラリービューにすると参加者全員の顔が見えるので、より飲み会感を味わうことができます。 もし、40分だけだと物足りない場合は、zoomが切れてすぐ新たなミーティングを作成すれば飲み会を続けることができます。 ・飲み会が大好きだけど金欠で飲みに行けない ・仕事が忙しくて飲み会する時間がない ・お酒が好きだけど1人で飲むのは寂しい ・誰かと飲みながらお喋りしたい そんな人こそ、オンライン飲み会がおすすめです。 飲み会好きこそ試さなきゃ損です! 誰でも気軽に飲み会できるのが良いですよね。 また、各々が好きな場所から参加する形なので、遠くに住んでいる人とも飲み会することができます。 実際にオンライン飲み会常連者の私は、海外に住んでいる友達ともzoomを使って飲んだりしています。 オンライン上のやりとりなので、距離の問題を気にせず楽しむことができます。 従来の飲み会の概念を覆す、進化した新しい飲み会「オンライン飲み会」。 お金や時間、場所を気にしなくて良いので、気軽に開催できちゃいます。 飲み会好きの人こそ是非、zoomを使ってオンライン飲み会を楽しんでみてください!.

次の

Skype使ってオンライン飲み会!やり方やメリデメを徹底解説!

オンライン 飲み 会

「声が被って話しづらい…」「沈黙が気まずい…」オンライン飲みにも悩みは付きもの。 盛り上がるために必要なコツは?(写真はイメージです) 画像:小林優多郎 新型コロナウイルスの感染拡大を受けてついに全国的に緊急事態宣言が発令され、リモート勤務が強く推奨される日々。 「職場のみんなで打ち上げ!」という光景も、もはや懐かしいものになりつつある。 そこで最近、しばしば取り上げられるようになったのが、Zoomなどを使った「オンライン飲み会」。 社員の自宅の様子が映ったり、家族やペットが乱入してきたり、普通の飲み会とは一味違う楽しさがある一方で、実際にやってみると「結構難しい」と感じる人も多いのではないか。 2〜3人のしっぽりした会なら大した問題もないが、大人数になると難しさがよくわかる。 先日、都内のITスタートアップに務める筆者の職場(3月初めから全社リモート体制に入っている)でも、全社横断のオンライン飲み会が開催された。 有志30人ほどが参加し、「会場」はグーグルの法人向けビデオ会議サービス「Google Meet」。 この会、多くの人が参加しながらも、これまでと違ってまったく「やりづらさ」がなく、2時間たっぷり楽しむことができた。 それはなぜか。 会の中に散りばめられていた、「大人数がオンラインで楽しむコツ」を、5つのポイントに分けて紹介したい。 1 タイムテーブル必須! 幹事の準備が大事 オンライン飲み会の難点のひとつは、「だらだら続いて終わりづらい」こと。 そこで肝となるのが、きちんと幹事を立てて、事前にタイムテーブルを用意しておくことだ。 最初の乾杯から締めまで、時間割がはっきりしていることで、途中参加もしやすくなる。 例えば先日の全社横断飲み会では、あらかじめこんなタイムテーブルがSlack(社内コミュニケーションツール)上で提示されていた。 そして当日は、幹事の音頭によって時間が区切られ、終了予定をむやみにオーバーすることもなかった。 google. 30人が一緒の部屋にいては、それぞれの表情もまともに見られないし、当然声もかぶる。 結局、盛り上げ役の人だけが話してあとは全員聞き役という、さながらプレゼンテーションのような場になってしまう。 そこでおすすめしたいのが、3〜5人ごとに班を分け、それぞれに部屋を用意すること。 これも幹事の事前準備のひとつ。 通常の飲み会でも、くじびきで席を決めることがあるが、そのオンライン版だ。 今回は 全社横断飲みなので、できるだけ部署がばらけるように調整されていた。 google. google. google. google. google. google. google. google. google. 途中で班替え(=席替え)をしても良い。 この人数であれば、みんなが均等に話すことができるし、喋っていないあいだもきちんと画面に姿が映るので、うなずくだけでも存在感が出る。 まるで一緒にひとつの卓を囲んでいるような雰囲気。 違和感がない。 ただし、遅刻者が多かった班は、しばらくサシ飲み状態だった……というハプニングも。 ちなみに、初めましての社員同士でも気まずくないように、幹事からトークテーマ案も提示されていた。 最初はそれが助けになったが、場があたたまってきたあとは自由に盛り上がり、離れるのが名残惜しいという班も。 いつまで経っても1stラウンドの部屋から出てこない班は、幹事が突撃し強制終了させていた。 著者提供 3 幹事以外は全員ミュート!乾杯・締めのコツ とはいえ、少人数に分かれた部屋で話をするだけでは、全社イベントとは言い難い。 せめて乾杯はみんなで。 ということで、最初と最後はみんなで同じ場所(同じURL)に集まるのが楽しい。 ただし、ここで全員がそれぞれに声を発してしまってはカオスだ。 そこで、集合部屋では発言を許される(=マイクオン)のは幹事のみ。 他はみなミュート(消音)を徹底したい。 幹事の指示にしたがって、許された人だけは、適宜マイクをつけて喋ることができる。 例えば、乾杯の発声をする人など。 「幹事以外ミュート」ルールは、開始前に周知しておくのが、会をオンタイムで進めるコツ。 これは練習問題。 著者提供 まとめ:いつもの「場の作法」を、オンラインの状況に「翻訳」して明文化する。 以上、筆者が社内で体験した「大人数オンライン飲み会」に散りばめられていた工夫を紹介した。 リモート勤務は、仕事場所が家であるだけで、業務自体がラクになるわけではない。 同じように大人数の飲み会も、オンラインだからといって準備や気配りゼロで臨めば決してうまくは回らない。 通常の飲み会と同じように、場を整え、仕切る「幹事」の存在は尊いことを実感した。 そしてそもそも、実はこれらの工夫は、通常の飲み会で無意識的に行われている「場の作法」を、オンラインに「翻訳」したものだといえるかもしれない。 幹事が手を鳴らしたら黙る。 乾杯の挨拶は傾聴する。 会話を回すには卓ごとに小さな輪を作るのが良い……。 それぞれをオンラインに置き換え、「オンラインならではの場のルール」を明文化することで新たな作法が生まれ、居心地がよい時間が続く。 リモート勤務においては、仕事中も、同僚・上司部下とのコミュニケーションに苦労する人も多いだろう。 オンライン飲み会を円滑にする「作法の翻訳」。 ここには、昼間の業務に生きるヒントも隠されているかもしれない。

次の

3密とは無縁! 巷で流行!【Zoom飲み会】みんなやってみて! オンライン飲み♡

オンライン 飲み 会

どうも!デートでは甘ーいカルアミルクのような男になりたいです。 突然ですが、みなさん飲み会は好きですか? ぼくはお酒はあまり強くないですが、飲み会は大好きです。 しかしせっかくお酒を飲むなら、楽しい時間にしたいですよね。 ・美人なちゃんねーと飲んだり ・可愛いちゃんねーと飲んだり ・やさしいちゃんねーと飲んだり・・・ ちゃんねーばっかりやないか!!! と激しくツッコミが飛んできそうですね。 心の声が漏れてしまいました申し訳ありません。 冗談はさておき、楽しい時間にしたいということは嘘ではありません。 嫌いな上司に延々と付き合わされるお酒の席や、同僚や友達の愚痴ばかり聞かされるのはあまり気分が良いものではありませんからね。 楽しい仲間と楽しい時間を過ごせる飲み会をしたいと思ったぼくは せっかくなら志を同じくしたPlayersの仲間と飲み会をしたい! そんな想いがあったので、Playersで飲み会を開催してみました。 しかもオンラインで!! 今回はなんと、ネット上で飲み会をやってしまったんです。 オンラインでも楽しく飲めるんです。 名づけて「オンライン飲み会」 そのまんまですね・・・ オンライン飲み会というのは、場所要らず!金かからず!飲みニケーションがとれる超画期的な飲み会なんです。 めんどくさい待ち合わせや、居酒屋で料理を何十分も待たされる心配もないんです。 開催してみて感じたことや、開催する際に気を付けたほうが良いことについてまとめてみました。 オンライン飲み会を開催するメリット 急な開催でも人が集まる ぼくは、結構昔から行き当たりばったりな所があって、計画性がありません。 思いつきで「これいいかも!」と思ったらすぐに行動に移してしまう癖があります。 Playersで飲み会チームを募集したきっかけも、「やってみたら面白いかも!」そんな単純な好奇心がきっかけです。 初めて告知を出したのは、なんと開催の二日前。 時間についてのアンケートをとったのは前日晩とかなり無理なスケジュールにもかかわらず、当日はぼくを含めた6人参加でオンライン飲み会を開催することができました。 playersでオンライン飲み会チームを募集した際に集まった6人中5人が参加。 出席率は80%を超えました。 疲れているから、人と約束をするのはちょっと抵抗があるし・・・遊びにいったりするのにはお金もエネルギーもかかるからなぁ。 と億劫になってしまう人でも、自分の家には帰ってくるわけですからね。 席料がかからない オンライン飲み会は参加費がかからないので、 居酒屋でお通しなどというよくわからないものにお金をとられる心配もありません。 居酒屋のお通しは「お投資」ではなく、単なる無駄使いだと思ってるぼくにとっては、オンラインでの飲み会はかなりの親切設計。 3000円の飲み会に10回でたら3万円になっちゃいますからね。 全部オンラインでやれば、かなりのお金を浮かすことができます。 人気でまくりになって、ぼくが参加費とっちゃうかもしれないですけどね。 そしたらごめんなさいね。 (100人から参加費徴収したら、儲かるかな?ぐはは・・・と妄想は膨らむばかりです。 ) 好きなお酒が飲める オンライン飲み会であれば、好きなお酒を好きなだけ飲むことができます。 嫌な上司の「とりあえずビール!」に付き合う必要もありません。 無理してないですよ!全然大丈夫ですよ!といっているそこのあなた。 笑顔ひきつってますからね。 好きなものを飲むのが一番です。 無理にお酒をすすめられることもない オンライン飲み会であれば、マイペースで飲み会に参加できるので、飲め飲めーとあおられることもありません。 あおられはしないので安心できるオンライン飲み会なんですが、主催者のぼくは、「うまくいくかなー?」と心配と緊張し過ぎで飲みすぎちゃいました。 翌日ゲロゲーロとカエルの合唱みたいになってましたけどね。 飲みすぎには注意しましょう。 飲んでなくてもバレない あれ、お酒減ってなくない?ノリ、悪くない?などということもありません。 マグカップにお酒をいれるふりしてこっそりお茶を飲んでいてもまったく問題ないのです。 仲間同士のコミュニケーションが深まる 普段playersのメンバーは、Facebookのメッセンジャー機能を使ってやり取りしています。 実際に話してみることでしかわからないことってありますよね。 ぼくもメンバーのこと知ってるつもりで、全然知りませんでした。 「え、そんなこと考えてたの?」みたいなあらたな発見が、オンライン飲み会によって得られます。 チャットだけでは決して足りない、ネット上でのコミュニケーションは、オンライン飲み会にて解決しましょう。 好きなおつまみを用意すれば更に楽しい ぼくはチーカマが大好物なので、大体お酒の席にはチーカマがあります。 居酒屋ではついつい周りに合わせてしまって結局食べたいものが食べられなかった・・・という人も、オンライン飲み会であれば好きなおつまみと供に楽しむことができます。 食べるとき、マイクはオフにしてくださいね。 参加者の中にはおつまみの写真を共有してくださる方もいました。 どどん!! ローストビーフすごいおいしそうですね。 自分の食べたいおつまみを用意して参加すると、満足度がアップすること間違いなしです。 オンライン飲み会を開催してみての感想<ぶっちゃけ、どうだった?> ぼくはついつい話しすぎてしまう癖があるようで、 当初は1時間を予定していた飲み会が、気がつけば2時間経過していました。 ちょっと間延びしちゃったかなーと個人的には反省しているのですが、 みなさんにはご満足いただけたようで、ぼく個人も開催してみて良かったなと感じています。 以下、参加者からのコメントです。 次回の開催日程も決まり、楽しい宴が開かれそうな予感がしますよ。 遠くに住む友人とのコミュニケーションに 今回開催したPlayersでのオンライン飲み会ですが、参加者の住む地域はバラエティに富んでました。 長崎、福岡、東京、大阪。 普通集まるとなったら東京なんですが、時間もお金もかかるし、大変ですよね。 日本全国(海外でもいけるかも?)遠くに離れた場所に住む友人とのコミュニケーションをとるのにオンライン飲み会は適しています。 大学の旧友などとも再会できるかもしれませんね。 ちょっとしたビジネストークに 今回オンライン飲み会に参加したメンバーの中には、FXのチャートを画面共有しながらお酒も入ってトークをしているなんていう方もいらっしゃいました。 既にオンライン飲み会の実践者がいたわけですね。 zoomであれば画面共有機能を使うことによって、同じ画面を全員でシェアしながら会話をすることができます。 普段は昼間のビジネスシーン、会議などで用いられるのが一般的ですが、ちょっとお酒をいれて盛り上がりたい、なんて場合にも使えそうですね。 テーマを決めてアメトーク!みたいなノリでやってみる 毎回テーマを変えて、それを議題にトークするというのも盛り上がるのではないでしょうか。 プライベートな内容だったら ・好きなお酒について ・趣味について などのテーマを設定するとよいでしょう。 ちょっとビジネス寄りにしたいというのであれば ・1冊ずつ本を紹介しあう読書飲み会 ・1人5分ずつプレゼンしあうプレゼン飲み会 なども盛り上がるかもしれませんね。 オンラインゲームをやりながらzoomを繋ぐなどのやり方でも盛り上がって楽しそうですね。 使い方はまさに無限大!といえるのではないでしょうか。 オンライン飲み会を開催する際の注意点 今回はzoomを使って開催しました。 Facebookのグループ通話でも可能だと思いますが、音声の品質はzoomのほうが上のように感じます。 無料プランだと40分までしかグループのミーティングができないので、そこが欠点といえるかもしれません。 今回は40分で一旦切り上げて、再度メンバーを招待してという形で40分のミーティングを2周しました。 それ以上を望むのであれば有料プランの検討をしてもいいかもしれませんね。 おわりに 今回はオンライン飲み会についての記事を書きました。 オンライン飲み会は ・自宅でリラックスした環境 ・好きなお酒とご飯を好きなだけ楽しめる ・お金もかからない リッチすぎる飲み会です。 みなさんもぜひ友達と開催してみてくださいね。 友達のいないぼっちな池田さんはPlayersで開催します。 Playersのチーム制度を活用してオンライン飲み会チームも作りましたので、 オンライン飲み会に参加してみたい!という方はぜひPlayersにご参加ください。

次の