厚 揚げ 冷凍。 豚厚切り肉の冷凍保存

豚厚切り肉の冷凍保存

厚 揚げ 冷凍

コロッケは調理に手間がかかるので、まとめて作って冷凍しておきたいもの。 でも、タネを冷凍しても揚げたときに破裂することがあるので敬遠気味という人も。 そこで、料理研究家の中村美穂先生に、冷凍しても破裂しにくいコロッケのレシピと揚げ方のコツを教えてもらいました。 破裂しにくいコロッケを作る4つのコツ コツ1 タネに余分な水分を含ませない 加熱によりタネの水分は蒸発するが、水分が多いと水蒸気量も増え、蒸気圧(水蒸気による圧力)が高まって衣が破裂しやすくなる。 じゃがいもはゆでると水分を含むので電子レンジで加熱し、タネは衣をつける前にしっかり冷まし、余分な水分を蒸発させて。 コツ2 タネの厚みは均一に。 割れ目に注意 厚みが均一だと火が均等に入り、蒸気圧も全体に分散されるので破裂しにくい。 また、タネに割れ目があるとそこから亀裂が入りやすいので、成形の際に注意。 コツ3 衣を均一にしっかりつける 衣に対し蒸気圧が均等にかかるため破裂しにくい。 衣は小麦粉と水を混ぜたものを絡めてからパン粉をまぶすと均一につく。 写真(上記)のようにコロッケの端は衣が薄くなりがちなので注意。 コツ4 冷凍するときは十分に冷ましてから 冷めないうちに冷凍用保存袋に入れると、コロッケに霜がつく原因になる。 霜がついたまま揚げると加熱により霜が溶けて水蒸気になり、蒸気圧の力が衣にかかって(油はねの状態)、破裂しやすくなる。 冷凍仕様! 破裂しにくいコロッケレシピ 材料(5個分)• じゃがいも…約3個(正味300g)• 牛豚合いびき肉…80g• こしょう…少々• サラダ油…小さじ2• 小麦粉…大さじ5• 水…大さじ4(60ml)• パン粉…適量(1カップ程度)• 揚げ油…適量 作り方 1 玉ねぎとひき肉を炒め、塩こしょうをする 玉ねぎはみじん切りにする。 フライパンにサラダ油を中火で熱し、玉ねぎを入れてツヤが出るまで炒める。 ひき肉を加えて火が通るまで炒め、塩こしょうをし、火を止めてフライパンの上に薄く広げて冷まし、余分な水分を蒸発させる。 2 じゃがいもは電子レンジで加熱し、ポリ袋に入れて麺棒でつぶす じゃがいもは皮をむき、1cm厚さの半月切りにし、さっと水洗いして水気を切り、耐熱ボウルに入れる。 ラップをして600wの電子レンジで約6分、柔らかくなるまで加熱する。 厚手のポリ袋にじゃがいもを入れ、熱いうちに麺棒で押しつぶす。 3 1を加え、袋ごともむようにして混ぜ合わせる 4 袋の底を使って筒状に整え、包丁で5等分に切る ポリ袋の底を使い、10cm長さの筒状に整える。 袋の両端を切り開き、包丁で5等分に切る。 5 手でタネの表面をなめらかにし、小判型に成形する タネは厚さ2cmほどの小判型にし、割れ目がないように成形する。 タネはしっかり冷まし、余分な水分を蒸発させる。 6 タネに小麦粉と水を混ぜたつなぎを絡ませて、パン粉をまぶす ボウルに小麦粉と水を混ぜてつなぎを作り、タネを入れて全体に絡ませる。 パン粉の入ったバットに移し、しっかりまぶす。 均一についていないと衣の薄いところから破裂するので注意。 7 しっかり冷ましてから、冷凍用保存袋に入れて冷凍する コロッケを冷凍用保存袋に入れ、空気を抜くように口を閉じ、金属製のバットにのせて冷凍する。 1ヵ月程度保存可能。 十分に冷ますことで水蒸気が出ず、霜がつきにくくなる。 破裂を防ぐ! 揚げ方のコツ 1 コロッケは凍った状態で油に入れる タネの温度が上がりすぎず、破裂の原因、水蒸気の発生が抑えられる。 タネには火が通っているので、中まで温まる程度に加熱すればOK。 冷凍しない場合もタネはしっかり冷やしてから揚げると同様の効果が得られる。 2 揚げている間、中温をキープする 高温で揚げると、タネ表面の温度が急上昇し、急激に水蒸気量が増えて蒸気圧が高まるため、破裂しやすくなる。 3 むやみに触らない 触ると衣が傷つき、蒸気圧による負荷がかかりやすくなり破裂する。 とくにコロッケを油に入れた後は、衣が固まるまで触らないこと。 4 揚げ時間は約5分。 揚げすぎに注意 長く加熱していると、その間タネの水分が水蒸気になり、衣に蒸気圧が絶えずかかるため破裂しやすくなる。 衣がキツネ色になったら網に上げて。 冷凍コロッケの揚げ方 1 コロッケを凍ったまま、中温の油に入れる フライパンに揚げ油を深さ1. 5cmほど入れ、中火〜強火で中温にし、凍ったままコロッケを入れる。 油の深さは菜箸の先を立てて入れ、確認するとよい。 中温は、パン粉を入れて一旦沈んでから浮いてくるくらいが目安。 コロッケに霜がついている場合は払い落とし、冷凍庫から出したらすぐに揚げる。 コロッケは入れすぎると温度が下がるので、一度に入れるのは4個までに。 2 中温をキープし、表裏ともこんがりキツネ色に揚げる 衣が固まるまで極力触らない。 火加減を中温に調整しながら、常に大きな泡が出ていて、パチパチと音が聞こえる状態を保つ。 キツネ色になったら裏返し、同様に揚げる。 3 揚がったら網に上げて油を切り、器に盛る 5分くらい揚げ、衣がカリッと固まり、キツネ色になったら揚げ上がりのサイン。 網に上げて油を切り、器に盛る。 冷凍せずそのまま揚げる場合の注意点は? A. 揚げる前にタネをしっかり冷ますことが大事 タネに熱が残っていると、揚げている間にタネの温度が必要以上に上がりすぎ、水蒸気が多く発生して破裂の原因になります。 急いでいるときは金属製のトレイにタネを並べ、冷蔵庫で冷やしても。 揚げたコロッケは冷凍できる? A. 冷凍できます。 電子レンジ&オーブントースターで解凍&加熱を 揚げたコロッケはよく冷まし、冷凍用保存袋に入れ、空気を抜くように口を閉じてから冷凍を。 1ヵ月程度保存可能。 食べるときは耐熱皿にのせ、ラップをしないで電子レンジの解凍モードで解凍。 その後、トレイにのせて1000wのオーブントースターで10分ほど焼くとカリッと仕上がります。 途中、焦げそうなときはホイルをかぶせて調整を。 コロッケが油っぽくなっちゃう…。 油の温度が低いのが原因。 揚げている間は中温を保って 揚げているときの温度が低いと油を吸ってしまいます(冷凍コロッケの場合も同様)。 泡が小さく、音が静かなのは低温の状態。 写真のようにコロッケを一度に多く入れすぎていないか、火が弱くなっていないか確認を。 スーパーの惣菜コロッケも冷凍できる? A. 再冷凍の可能性があるのでおすすめできません 冷凍コロッケを揚げている場合は再冷凍になり、品質が落ちてしまうので冷凍は不向き。 惣菜コロッケが冷凍のものかどうかは判断できないので、冷凍するのはおすすめできません。 お弁当用にコロッケを冷凍するなら、揚げたものと揚げる前のもの、どちらがおすすめ? A. 揚げたものの方が温めるだけなので便利 揚げたものの方が、電子レンジとオーブントースターで温めるだけなので、忙しい朝におすすめです。 業務用の冷凍コロッケを上手に揚げるには? A. 紹介した冷凍コロッケの揚げ方と同じでOK ちなみに、業務用の冷凍コロッケは昔と比べて破裂しにくくなっているそうです。

次の

冷凍メンチを何分揚げれば「0

厚 揚げ 冷凍

そのまま食べても美味しく、料理の具材にも便利な さつま揚げや練り物。 ご自宅でお使いになった時に、「ちょっと残ってしまった」「全部食べ切れないので置いておきたい」というお困りはありませんか? このページでは、練り物 さつま揚げ・かまぼこ・ちくわ の美味しさをなるべく損なわないようにするための上手な保存方法をご紹介します。 さつま揚げの保存方法ですが、2〜3日程度の保存でお早めにお召し上がりいただくなら、冷蔵保存が適しています。 冷凍するよりもさつま揚げの美味しさが保たれます。 もっと長持ちさせたいのであれば、冷凍保存が良いでしょう。 さつま揚げは油で揚げており表面に油分があるため、まとめて袋に入れてもくっついたりすることはありません。 ですが小分けしてストックしておくと、調理の際に必要な分だけ取り出すことができて大変便利です。 一つずつラップで包み、空気が入らないよう冷凍用パックに敷き詰めて乾燥を防いでください。 かまぼこは、さつま揚げと違って「生もの」なので、基本的には冷凍などの長期保存に適していません。 開封したらなるべく早くお召し上がりください。 具材や種類によって差はあるものの、冷蔵保存で約一週間は大丈夫です。 密閉できるタッパーなどの容器に入れておけば、美味しさをより長く保てます。 なお、使いかけのかまぼこはかまぼこ板からなるべく外さずに、板ごと保存されることをおすすめします。 かまぼこ板は余分な水分を吸収し、カビや細菌を繁殖しにくくする効果があるからです。 ちくわ ちくわも、料理に使うとけっこう余らせてしまいがちの食材です。 棒状のままで冷凍保存しておくことも可能ですが、もう一工夫してみましょう。 5mmほどの食べやすい大きさで輪切りにしてから冷凍しておくと、解凍後の調理がスピーディーに行えます。 この時、さつま揚げやかまぼこと同様、ラップや冷凍用の袋でしっかりと密封してから冷凍庫に入れましょう。 保存しておいた練り物をお料理に使う時は? 保存しておいたさつま揚げや練り物は、後日またお料理に使ったり、温め直して食べたりできます。 保存できるとはいっても、なるべく早く頂くにこしたことはありません。 炒め物や煮物に使うなら、多少冷凍されていてもそのまま調理OK! 冷蔵庫へ移して自然解凍すれば、ヒンヤリ&さっぱり感を残したままのサラダや和え物として重宝します。 また、冷凍したさつま揚げを解凍せずにオーブントースターで焼くと、揚げたて、とまではいきませんが、それに近い食感や風味が楽しめます。 焦がしてしまわないように注意しながら温めてくださいね。 こんな使い方はいかが?アイデアレシピあれこれ チーズとの相性抜群! 他にもいろいろなさつま揚げレシピをご紹介していますので、ぜひご覧ください! できたて・揚げたてほど美味しい! ご存じの通り、さつま揚げやかまぼこなどの練り物は、生のお魚の魚肉を練ったすり身でできています。 加工されているとはいえ基本は生もの、やはり鮮度が大事で、できたて・揚げたてほど美味しく頂けるというのは間違いありません。 上手に保存しながらご賞味いただくのもうれしいですが、私たちさつま揚げ専門店としては、ぜひ一度「できたて」の練り物の味をお試しいただきたいと思います。 その食感や旨さは、大違いですよ! 魚万のさつま揚げづくりのこだわり 私たち魚万のさつま揚げは、一番美味しい状態で皆様にお召し上がりいただけるよう、次の3点を実践しております。 熟練のさつま揚げ職人による「手作り」• 店頭から「揚げたて」をその日に出荷• 保存料は一切不使用 また新鮮な素材を使って作っておりますので、冷蔵庫で保存していただけば、製造日(=出荷日)含め5日間はそのままお召し上がりいただけます。 さらに魚万では、長期間保存できる「さつま揚げ真空パック」もご用意しております。 手作り・揚げたてのさつま揚げを、店内で真空パック。 美味しさはそのままに、冷蔵庫で10日〜20日の保存ができます。 開封してレンジなどで温めていただけば、ジューシーなさつま揚げをすぐにご賞味いただけます。 まとめ さつま揚げやかまぼこ、練り物の保存方法についてご説明しました。 色々と工夫して保存しながら、さつま揚げを無駄なく、上手に使いきっていただきたいと思います。 また練り物は本来「生もの」ですので、作ってから早いほどより美味しく頂けます。 魚万では「できたて・揚げたて」のさつま揚げを皆様にお届けしておりますので、専門店ならではの本物のさつま揚げを、ぜひご賞味くださいませ!.

次の

冷凍唐揚げの人気おすすめランキング20選【ニチレイや味の素も】

厚 揚げ 冷凍

スポンサードリンク 冷凍フライは解凍せず凍ったまま揚げる? パン粉を付けた状態で 一旦冷凍庫に入れた揚げ物は 凍ったまま揚げるのが鉄則です。 なぜ解凍しないのか ちゃんと理由があるのでお伝えしておきますね。 まず一つ目の理由は 解凍してしまうとパン粉が水分を吸収してしまうからです。 どうしてパン粉が水分を含んでしまうとダメなの? と思うかもしれませんが 水分をパン粉が含んでしまうと 揚げるときにパンクして中身が飛び出してしまうこともあるし 油ハネの危険が高まるからです。 ただ油はねの危険については 解凍だけでなく、冷凍庫から揚げ物を出した時に 霜が付いている場合起こりやすいです。 そのためもし霜がフライ自体についているようであれば 凍った状態でも揚げる前に霜はよく落とすようにしてくださいね。 二つ目の理由は、 解凍すると、お肉やお魚からドリップが出てきてしまうからです。 ドリップが出てしまうと どうしても素材の味や風味が落ちてしまうんですよ。 それだけでなく、形崩れもしやすくなったり 油を吸収しすぎてしまったりすることもあります。 そのため一旦冷凍庫で保存した揚げ物は 解凍はせずに凍った状態のまま揚げるようにしてくださいね。 スポンサードリンク 冷凍したフライの上手な揚げ方は? さて、冷凍のフライものは凍った状態で揚げるのがベストと お伝えしたのですが、 通常の揚げ物と同じ要領で揚げると 中身が冷たいままだったとか 焦げてしまったという失敗もよく聞きます。 そこでどうしたら上手に冷凍のフライものを揚げられるのか 紹介していきますね。 1)油はたっぷり全体が浸るくらい使うこと 2)一度にたくさんのフライを入れすぎないこと 一気に大量のフライものを鍋やフライパンに入れてしまうと 油の温度が急激に下がり、 その結果として油ハネが起こりやすくなります。 そのため一度にたくさん揚げてしまいたい という気持ちは分かりますが 少量ずつ鍋に揚げ物を投入して揚げていくようにしましょう。 温度が高くなりすぎると 表面ばかり焦げてしまって中身はまだ冷たいまま ということが起きやすくなり、 逆に温度が低すぎると 爆発して中身が出てしまう原因になってしまうからです。 油の温度を保つためにも 揚げ物を入れると一旦は油の温度が下がってしまうので 火加減を少し強めにし30秒くらいおき また火を緩めるようにして油の温度調整をしてくださいね。 揚げ物の油の温度設定や測り方についてはに詳しくまとめましたので よかったら参考にしてくださいね。 4)揚げ始めは触らないこと 表面が衣が固まる前に菜箸などで触ってしまうと 中身が出てきてきたり、 お魚だと身がホロっと崩れてしまったりします。 揚げ始めはフライから泡が出ますが、 この泡が少なくなるまでは触らないようにしましょう。 冷凍揚げ物を少量の油で揚げるコツってあるの? 揚げ物はたっぷりの油を使って揚げるのが基本ですが、 油の量を節約して少量で揚げれるのもなら揚げたい! と思いますよね。 私も冷凍してないフライをあげるときは 大量に油を使わず、揚げ焼きのような感じで 揚げ物をあげることが多いので 出来れば揚げ物は少量の油で揚げたい派です。 そこで調べてみるとあったんですよ。 油がフライ全体が浸かる程ヒタヒタに使わないで 揚げ焼きスタンスで冷凍のフライを揚げる揚げ方。 それがなのですが、 この方法であれば、フライ全体が浸かるほど油を入れず フライが半分隠れるかな?くらいの少ない油で 冷凍フライを揚げることが出来ますよ。 それだけでなく 油の温度が上昇していくにつれて 自然と冷凍フライが解凍されていくので 油ハネしたり、中身が冷たいままだったというこも 避けられます。 そして冷凍のフライを鍋やフライパンに並べてから 油を入れ揚げていくので 少量ずつではなく、一気にフライものを完成させられます。 その結果としてですが、時短にもなりますよ。 通常の揚げ物とは違うやり方にはなりますが、 よかったらチャレンジしてみてくださいね。 他にも色々とありますが 特に気をつけたいのはこの3つ! ポイントさえきっちり押さえておけば 冷凍のフライでも失敗なく揚げることができますので トライしてみてくださいね。

次の