接客 を 伴う 飲食 店。 接客伴う飲食店、全国に利用自粛呼びかけへ 政府追加策 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

飲食店の接客マニュアルに絶対載せるべき9つの基本、接客マナー&言葉使い

接客 を 伴う 飲食 店

和歌山県は22日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため遊興施設や運動施設などに対して出していた休業要請を23日午前0時から一部解除すると発表した。 スポーツクラブやカラオケボックスの他、床面積が1000平方㍍を超えるパチンコ店などを休業要請の対象から外す一方、接待を伴う飲食店やライブハウスなどに対しては引き続き休業要請を継続する。 仁坂吉伸知事が22日に県庁で記者会見し発表した。 仁坂知事は県内や京阪神の感染リスクについて「明らかに下がっていると思う」と述べ、「コロナは怖い病気だが、ゼロリスクを目指していたら永久に学校や商売は開けない。 コロナの状況を見ながら経済活動を徐々に再開していくのが大事では」との考えを強調。 「国民の皆さんが犠牲的な精神で努力された結果、ここまで来た。 これまで以上に医療保健行政をしっかりやっていく」と述べた。 休業要請を解除する施設は、ダーツバー、カラオケボックス、スポーツクラブ(屋内)、ホットヨガ・ヨガスタジオ、床面積1000平方㍍を超えるゲームセンターやパチンコ店など。 仁坂知事はカラオケボックスについて、「1人か同居家族と行ってもらい、次の利用客との間にしっかり消毒をしてもらいたい」と呼び掛けた。 一方、スナックやバーなどの飲食店のうち客の接待を含む店舗や性風俗店、ライブハウスなどに対しては引き続き休業を要請する。 要請の期間は31日までとし、その後の方針は未定という。 臨時休校が続いている県立学校については6月1日から再開する予定で、「様子を見ながら分散型(登校)など工夫をして段階的にやっていくことになると思う」と述べた。 休業要請の一部解除を受け、県内の対象施設では着々と再開準備が進む。 ジストスポーツクラブ和歌山(和歌山市中野)は、25日からフィットネスジムやプールなどを再開。 サウナやレッスンプログラムは当面の間中止とする。 同施設の大谷学支配人は「非常にうれしく思う。 お客さまから早く再開してほしいとの声もいただいていた。 感染防止対策を徹底していきたい」と話していた。

次の

接客伴う飲食店の利用自粛、全国に…首相「他の道府県へ人が流れないよう」 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

接客 を 伴う 飲食 店

2020年の前半ほど新しい言葉や造語が次々定着していった時期も珍しいだろう。 「新型コロナ」に始まりCOVID-19、オーバーシュート、クラスター、ロックダウン、実効再生産数、コロナの女王、東京アラート、緊急事態宣言、アビガン、アベノマスク、リモートワーク、ズーム、ステイホーム等々。 この中でカタカナ言葉が多いことへの違和感を抱く人は少なくない。 河野太郎防衛大臣はツイッター上で、「クラスター」は「集団感染」、「オーバーシュート」は「感染爆発」、「ロックダウン」は「都市封鎖」でいいではないか、といった意見を表明している。 同様の指摘をする識者や記事も多い。 一方で、新語や造語ではないのだが、曖昧な物言いや表現がひっかかる、という人もいる。 「自粛」を要請する、というのはそもそも日本語としておかしくないか、何か矛盾していないか、といった声もある。 また、意外と見過ごされているのが婉曲表現である。 「夜の街」「接客を伴う飲食店」といった言葉が代表だろうか。 もちろん何でもストレートに言えばいいというものでもないだろうし、奥ゆかしい表現は日本的な美徳かもしれない。 しかし、少なくともメディアが深刻な事態を伝える際にそうした配慮は必要だろうか。 フリーアナウーサーの梶原しげるさんの著書『口のきき方』に、この種の婉曲表現の問題点を指摘した文章がある。 「サービス残業」の実態は「超過勤務分の給料不払い」であり、要は「不払い残業」「タダ働き」のことである。 それを「サービス残業」などと言ってはまるで労働者側が、 「いいすよ、社長。 この前も焼肉ご馳走になったんだから、今日の超過分はまけときますわ」 と言っているような、牧歌的労使関係を思わせやしないか。 その疑問を梶原さんが実際に労働組合の事務局長にぶつけたところ、こんな答えを返してきたという。 「おっしゃるとおりです。 我々も内部では不払い残業と言ってるんですが、マスコミはサービス残業と言わないと食いついてこないんでしかたなく使っているんですよ」 これを受けて梶原さんはこう述べている。 「表現をやわらかくしてしまった結果、実態が深刻に見えなくなってしまった言葉に『オヤジ狩り』『いたずら』『援助交際』などがあります」(『口のきき方』より) これらは本来「窃盗および暴行傷害」「強姦」「売春」と本来の言葉で語るべきではないか、というのだ。 「重い言葉には軽挙妄動をためらわせる迫力があると私は思っています」(同) では、コロナ報道で用いられてきた「夜の街」「接客を伴う飲食店」は婉曲表現ではないのか。 そこに問題はないのか。 しゃべりのプロとして知られる梶原さんに、今回改めて意見を聞いてみた。 「夜の街、というのは一定年齢以上の日本人ならばわかるかもしれませんが、若い人や外国人には通じないかもしれません。 かといって、ネオン街、歓楽街といった言葉もちょっと古い感じがしますね。 簡単に言ってしまえば歌舞伎町みたいなところ、で済むのでしょうが、特定の地域を悪者にするのに抵抗があるのでつい曖昧になるのでしょう。 わかりやすくするには、業種名などを積極的に言ったほうがいいという考え方はあると思います。 キャバクラ、ホストクラブ、ガールズバーというように言わないとイメージがわきにくいのではないでしょうか。 ただ、こちらも職業差別や業種差別になるのでは、といった配慮から婉曲表現が多用されているのかもしれません。 でも、現実問題としてそういう場所、お店でクラスターが多発しているのならば、あまり配慮ばかりしていても仕方がないのではないでしょうか。 曖昧な物言いをしていると、本来あまりリスクのないお店や人まで巻き込んでしまうこともあります。 たとえばソムリエや仲居さんだって『接客』をしているわけですが、メディアはそういう人たちのお店も含めて『接客を伴う飲食店』と言っているのではないでしょう。 あくまでもキャバクラなどが対象のはずです。 小池都知事はカタカナ言葉を連発するのが得意ですが、本当に危機意識を持ってもらいたいのならば、そろそろカタカナや婉曲表現以外で注意を喚起することも考えてほしいと思います。 業態をハッキリ言うのに差しさわりがあるなら『イチャイチャする店』『鼻下長系』『エッチ系』『出会い型飲食店』等々。 その場合、『夜の街』は『エッチなお店で賑わう街』あるいは思い切って『興奮街』とか? そのくらいかみ砕いたほうが、このところ感染が増えているという若者には通じやすいのではないでしょうか。 また、自粛を促すのにもいいかもしれません」 「エッチ系」ではないタイプの店からの声が届いたか、菅官房長官は6月3日の会見で、「接待を伴う飲食店」は「キャバレーなど」を指す、と具体的な例を出したという。 果たしてこれで「夜の街」問題は解決するだろうか。 デイリー新潮編集部 2020年6月6日 掲載.

次の

接客伴う飲食店など4分野 県、厳重な対策要請

接客 を 伴う 飲食 店

2020年の前半ほど新しい言葉や造語が次々定着していった時期も珍しいだろう。 「新型コロナ」に始まりCOVID-19、オーバーシュート、クラスター、ロックダウン、実効再生産数、コロナの女王、東京アラート、緊急事態宣言、アビガン、アベノマスク、リモートワーク、ズーム、ステイホーム等々。 この中でカタカナ言葉が多いことへの違和感を抱く人は少なくない。 河野太郎防衛大臣はツイッター上で、「クラスター」は「集団感染」、「オーバーシュート」は「感染爆発」、「ロックダウン」は「都市封鎖」でいいではないか、といった意見を表明している。 同様の指摘をする識者や記事も多い。 一方で、新語や造語ではないのだが、曖昧な物言いや表現がひっかかる、という人もいる。 「自粛」を要請する、というのはそもそも日本語としておかしくないか、何か矛盾していないか、といった声もある。 また、意外と見過ごされているのが婉曲表現である。 「夜の街」「接客を伴う飲食店」といった言葉が代表だろうか。 もちろん何でもストレートに言えばいいというものでもないだろうし、奥ゆかしい表現は日本的な美徳かもしれない。 しかし、少なくともメディアが深刻な事態を伝える際にそうした配慮は必要だろうか。 フリーアナウーサーの梶原しげるさんの著書『口のきき方』に、この種の婉曲表現の問題点を指摘した文章がある。 「サービス残業」の実態は「超過勤務分の給料不払い」であり、要は「不払い残業」「タダ働き」のことである。 それを「サービス残業」などと言ってはまるで労働者側が、 「いいすよ、社長。 この前も焼肉ご馳走になったんだから、今日の超過分はまけときますわ」 と言っているような、牧歌的労使関係を思わせやしないか。 その疑問を梶原さんが実際に労働組合の事務局長にぶつけたところ、こんな答えを返してきたという。 「おっしゃるとおりです。 我々も内部では不払い残業と言ってるんですが、マスコミはサービス残業と言わないと食いついてこないんでしかたなく使っているんですよ」 これを受けて梶原さんはこう述べている。 「表現をやわらかくしてしまった結果、実態が深刻に見えなくなってしまった言葉に『オヤジ狩り』『いたずら』『援助交際』などがあります」(『口のきき方』より) これらは本来「窃盗および暴行傷害」「強姦」「売春」と本来の言葉で語るべきではないか、というのだ。 「重い言葉には軽挙妄動をためらわせる迫力があると私は思っています」(同) では、コロナ報道で用いられてきた「夜の街」「接客を伴う飲食店」は婉曲表現ではないのか。 そこに問題はないのか。 しゃべりのプロとして知られる梶原さんに、今回改めて意見を聞いてみた。 「夜の街、というのは一定年齢以上の日本人ならばわかるかもしれませんが、若い人や外国人には通じないかもしれません。 かといって、ネオン街、歓楽街といった言葉もちょっと古い感じがしますね。 簡単に言ってしまえば歌舞伎町みたいなところ、で済むのでしょうが、特定の地域を悪者にするのに抵抗があるのでつい曖昧になるのでしょう。 わかりやすくするには、業種名などを積極的に言ったほうがいいという考え方はあると思います。 キャバクラ、ホストクラブ、ガールズバーというように言わないとイメージがわきにくいのではないでしょうか。 ただ、こちらも職業差別や業種差別になるのでは、といった配慮から婉曲表現が多用されているのかもしれません。 でも、現実問題としてそういう場所、お店でクラスターが多発しているのならば、あまり配慮ばかりしていても仕方がないのではないでしょうか。 曖昧な物言いをしていると、本来あまりリスクのないお店や人まで巻き込んでしまうこともあります。 たとえばソムリエや仲居さんだって『接客』をしているわけですが、メディアはそういう人たちのお店も含めて『接客を伴う飲食店』と言っているのではないでしょう。 あくまでもキャバクラなどが対象のはずです。 小池都知事はカタカナ言葉を連発するのが得意ですが、本当に危機意識を持ってもらいたいのならば、そろそろカタカナや婉曲表現以外で注意を喚起することも考えてほしいと思います。 業態をハッキリ言うのに差しさわりがあるなら『イチャイチャする店』『鼻下長系』『エッチ系』『出会い型飲食店』等々。 その場合、『夜の街』は『エッチなお店で賑わう街』あるいは思い切って『興奮街』とか? そのくらいかみ砕いたほうが、このところ感染が増えているという若者には通じやすいのではないでしょうか。 また、自粛を促すのにもいいかもしれません」 「エッチ系」ではないタイプの店からの声が届いたか、菅官房長官は6月3日の会見で、「接待を伴う飲食店」は「キャバレーなど」を指す、と具体的な例を出したという。 果たしてこれで「夜の街」問題は解決するだろうか。 デイリー新潮編集部 2020年6月6日 掲載.

次の