タイピング 最適化。 最適化タイピング|キーボード早打ちの応用

3Dプリンタでタイピング環境を最適化する|Kousaka Kazuma|note

タイピング 最適化

最適化タイピング|特殊運指(応用打ち) 標準通りに打つ「標準運指」に対して、あえて、標準通りに打たない「特殊運指」があります。 「最適化タイピング」とも呼ばれます。 上級者が使用する技のひとつです。 応用的な打ち方なので「応用打ち」という表現でも良いと思います。 この「特殊運指」は、人それぞれ違うので、種類も豊富で全部説明するのは、難しいですが、いくつか代表的なものを紹介致します。 これは、「標準運指」ではないので、「特殊運指」ということになります。 それでは、なぜ標準通りに打たないのでしょうか? これには理由があります。 しかし、小指というのはとても扱いにくい指です。 これを打ちやすい指で打つことで、より高速に打つことができるからです。 標準運指は、とても素晴らしいタイピング法です。 しかし、完璧ではないのです。 この完璧ではない部分を特殊運指で補うのです。 よく用いられる特殊運指として、「で」の打ち方があります。 この「で」を打つ場合、「D」「E」と打つので、標準運指では、[左中][左中]となります。 同じ指を続けて使用するのは、大変ですので、[左人][左中]と打ちます。 そうすることで、より高速に打つことが可能です。 特殊運指とは、標準運指では打ちにくい指だったり、同じ指の連続になったりと、速度低下になってしまう部分を違う指を用いて、速度低下を回避する打ち方です。

次の

タイピング中級者から上級者になるには「最適化」というのが上達に必要らしい

タイピング 最適化

タイピング上級者とは• タッチタイピングは完璧に習得した• スムーズに入力ができるが、 タイピング速度を更に向上したい ここでは上記のような上級者を対象に練習方法を説明します。 上級者の練習方法としては、当サイトでお勧めするタイピングソフトをやりこむことと、タイピングのランキングサイトに登録することでしょうか。 私もある程度速くなった状態の時にランキングサイトを見て、まだまだ自分が井の中の蛙だったことを知った記憶があります 笑。 ここで紹介している数多くのタイピングソフトやタイピングゲームサイトにおいて多くはランキング形式で自分の順位がある程度知ることが出来ます。 世の中には有り得ないほど早い人が数多くいます。 あなたがもしランキングに登録したことがなかったらまず登録してみて世界の広さを知ってみるのも良いと思います。 また、上級者はタイピングソフトなど記録を狙い続けることで日々タイピング速度は速くなります。 私もここで紹介しているソフトをやり込み、ランキングへ登録して練習しました。 自分の記録を日々更新することでやる気と成果が見られ上達することができるでしょう。 タイピングにおける最適化を習得する 最適化というものをご存知ない方も多いと思いますので、簡単に説明します。 では「指の配置はこうだ!」と言っていましたがタッチタイプの上級者に限っていうとホームポジションを崩すことで速くなります。 もちろん基本的な部分は守ってください。 ただ、このホームポジションをあえて崩してより速く打てる工夫をすることで更に速くなります。 例えば「ひょう:hyou」と入力する場合です。 これを普通に打つと右手ばかりになってしまいますがhyouのyを左手人差し指で打つことにより速く打つことができます。 これを最適化と呼びます。 最適化の方法には色々あります。 詳しく超上級者への道で最適化について説明しています。 興味のある方は門を叩きましょう。 関連ページ 初心者の時期がタイピングの練習において一番重要です。 変な癖を付けないように基礎からしっかりと学習しましょう。 やる気になれば1週間ですらすら打てるようにまで上達することは可能なのです。 ある程度キーボードを見ずに打てるようになってきた方、速度を上げるためにはタイピングソフトなどを用いた練習が最適。 タイピングを突き詰めるとどこまででも奥が深く、本当に楽しいもの。 基本的な速度向上も大切ですが色々なコツもあります。 日本語の入力方法について解説します。 ローマ字入力からJISかな入力など日本語入力方法について詳しく解説していきましょう。 タイピングの入力方法のひとつ「JISかな打ち入力」について紹介します。 タイピングの上級者ほどJISかな入力を習得しており、日本語だけに特化するのであればJISかな入力が入力速度は早いと思います。

次の

上級者の練習方法│タイピング練習広場

タイピング 最適化

タイピングの最適化とは? 無料タイピングゲームでタッチタイピングを学ぼう! > 最適化について(1/3) あなたは、タイピングにおける「 最適化 」という技術を知っていますか。 私は、先ほどから何度もホームポジションを守り、標準運指どおりに正確性の高いタイピングをしろと言ってきました。 これは、間違ってはいないのですが、若干の例外があります。 それが、「最適化」というものなのです。 タイピングをしてると、打ちにくいワードに出会うことがあります、例を挙げるなら、「うんぬん」などです。 「うんぬん」は、なぜ打ちにくいのか?それは、標準運指どおりに打った場合、右手の人差し指だけで打たなくてはならないからです。 この場合の最適化としては、人差し指と中指の2本の指を使用することです。 1本の指で打つより、2本の指で打つ方が速く打てるのは言うまでもありません。 ただ、これが一番の最適化とは言い切れません。 なぜなら、最適化とは人それぞれ違うからです。 もっと分りやすく言うと、 最適化とは、自分が打ちやすいように打つ 、ということだからです。

次の