冷凍 料理。 【業務スーパー】コレ買って正解!料理楽ちん「冷凍野菜」5選(1/2)

冷凍保存できる調理済みの料理

冷凍 料理

非常時のために「冷凍食品」などのストックを用意しても、賞味期限が気になる人も多いはずだ。 「冷凍だから半永久的に食べられるのかな? 」などと素朴な疑問を抱く人もいるだろう。 今回は、冷凍食品の気になる賞味期限について紹介していく。 冷凍食品の賞味期限設定の基準は? 今さらだが、「賞味期限」の定義とは何か。 ガイドラインを振り返ってみよう。 2002年7月に食品衛生法とJAS法に基づく表示基準を改定することになって、「賞味期限」と「品質保持期限」の2つの用語が「賞味期限」に統一されるとともに、「賞味期限」および「消費期限」の定義の統一が行われた。 【参考】 賞味期限の定義 「消費期限」とは、定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質(状態)の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期限を示す年月日のことだ。 「賞味期限」とは、定められた方法により保存した場合において、期待されるすべての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月日のことだ。 一般的に品質 状態)が急速に劣化する食品には、安全性を欠くこととなるおそれがない期限である「消費期限」を、それ以外の(比較的品質が劣化しにくい)食品には、おいしく食べることができる期限である「賞味期限」を表示すべきと考えられている。 ・魚フライ 12〜18か月 ・コロッケ8〜12か月 ・ハンバーグ 10〜12か月 ・しゅうまい、春巻 10〜12か月 ・米飯類 12〜15か月 ・うどん 10〜12か月 ・グラタン 15〜18か月 ・中華丼の具 15〜18か月 ある一定の水準が保たれた環境下での実験なので、あくまで参考データということだ。 【参考】 冷凍食品の賞味期限切れと供に品質管理に気をつけよう 賞味期限が切れてしまった冷凍食品を食べることはおすすめできない。 冷凍食品についている賞味期限まで品質を維持するためには、なるべく冷凍庫の一定の温度に保てるように、冷凍庫のドアの開け閉めの回数を減らしたり、きちんと密閉して保存しておくなどの工夫が必要なようだ。 実は手作りだと「冷凍食品」とは呼ばない? その賞味期限は? 冷凍食品には以下の4つの条件がある。 家庭で冷凍した食品は「ホームフリージング」と言って、「緩慢凍結」となるため「冷凍食品」とは呼べない。 【参考】 腐るとはどういうこと? 物が腐るということは大きくは2つの現象を指す。 1つは細菌、かびなどの微生物が食べ物を分解して毒素をつくることだ。 これは「腐敗」という。 2つ目は「自己消化」。 この自己消化とは食べ物のなかに元々ある「酵素」が、自分のタンパク質や栄養を分解し軟らかくなる現象を指す。 【参考】 ホームフリージングでも食品や扱い方によっては1か月位もつの!? 「ホームフリージング」した食品でも、扱い方によっては長く保存できることもあるようだ。 例えば「ローストビーフ」の場合、以下の手順で冷凍すれば1か月ほどの保存が期待できる。 ・1回で食べきる大きさのブロックに切り分け、ペーパータオルで水分を拭き取る ・ラップで包み、冷凍用保存袋に入れる ・しっかりと空気を抜き、金属製のバットにのせて冷凍庫へしまう ただし、微生物が付着していると腐敗してしまう。 作業の前の手洗いなどを徹底し、使うものは「殺菌された状態での保存期間設定の目安」となっているので注意が必要だ。 【参考】 「冷凍焼け」って何のこと? 冷凍庫にしまっている食品が冷凍焼けを起こす主な原因には、「昇華(しょうか)」と「酸化」が大きく関係している。 昇華とは、個体が液体にならずに直接気体へと変化する現象だ。 食品の中に含まれている凍った水分が冷凍庫の中で気体となって抜けてしまい、食品自体が乾燥してしまうことを指す。 水分が抜けた分だけ食品に空気が入るため、酸化が進んで冷凍庫の中で変色や変形が起こる。 これが、冷凍庫で保存していた食品に「冷凍焼け」が起こるメカニズムだ。 ただし、ある一定の水準が保たれた環境下での実験で、あくまで参考データである。 真空パックされている冷凍食品も、表示されている賞味期限に従って消費しよう。 文/佐藤深雪.

次の

「冷凍」しておくと便利な料理は?主婦550人に聞いてみた。気になる1位は…

冷凍 料理

冷やし中華を食べたくなって、「ちょっと錦糸卵が欲しい」というときがあるでしょう? でも、卵を溶いて、フライパンを温めて、1枚ずつ薄く焼いて……という作業は(かなり)めんどう。 だから私はおすしを作るときなどに、薄焼き卵を一度にたくさん作っておくんです。 卵4個分ぐらいまとめて焼いて、その時に使わない分は冷凍しておく。 くるくるっと丸めてラップに包めば、冷凍庫の中で場所をとりません。 室温にちょっとおいて半解凍の状態で切れば、すぐに食べられます。 冷やし中華はもちろん、ビビン麵やあえ物にもサッと使えるので、冷凍の薄焼き卵を常備すると食卓が豊かになります。 私はめんどうな仕事はまとめてやって、多めに作って冷凍しておくんです。 冷凍は使いようです。 万能こし器でこして5~10分おき、泡を落ち着かせる。 2 .直径26cmのフライパンを熱して、ペーパータオルにサラダ油を吸収させて薄く塗る。 3 .フライパンを火からおろして、薄焼き卵の下に菜箸を回しながら入れ、薄焼き卵を持ち上げて、裏返すようにしてフライパンにもどし入れる。 中火で5秒ほど焼き、盆ざるなどにあける。 残りも同様に焼く。 4 .薄焼き卵が完全に冷めたら、2~3枚ずつ重ねて巻き込み、ラップに包む。 さらにファスナー付きのフリーザーバッグに入れて空気を抜き、バットにのせて冷凍庫で凍らせる。 冷凍保存した食材で作る料理はおいしくないというイメージだったり、時短のつもりで、かえって冷凍や解凍に手間がかかったり、本末転倒になることも多いようです。 本書にはおいしくない冷凍保存レシピはありません。 むしろ冷凍することによってよりおいしくなる料理もあります。 また、自らを「ズボラ」という著者ならではの、ラクする冷凍のみ提案します。 ひとつは、めんどうなことや細かいことをしてから冷凍しない、「冷凍方法がラク」なもの。 たとえば「トマトはごろっとそのまま冷凍庫に」「小松菜は刻まず、軽く水洗いしたらそのままフリーザーバックで冷凍」など。 もうひとつは、ちょっとめんどうなものはまとめて作って冷凍する「調理がラクになる冷凍保存ワザ」。 「麺類などに添えたい錦糸卵はちょっとめんどうで省略しがちだけれど、まとめて作って冷凍しておけばすぐ使えてラクちん」といったもの。 安いと思ってまとめ買いしてしたものや、どうも使い切れない乾物類などは、まとめて冷凍保存しておけば、無駄なくおいしく使い切ることができます。 栗など季節ものの冷凍なら、長く季節を楽しめます。 便利なだけでなく、料理をおいしく、生活をちょっと豊かにする冷凍保存の提案です。

次の

料理家が実践!肉・魚の時短調理テクニック「下味冷凍」活用法

冷凍 料理

素材的には豆腐や生野菜等の水分の多い物はなかなか難しいでしょう。 そして、熱伝導率で考えますと、アルミは良いアイテムですね。 熱伝導率だけで考えますと銅やチタンも良いのですがそんな加工費がかかって高価な物は売れるはずが無いからどこも造っていませんね(苦笑) 「日もち」と言う点で、食感以外におなかを壊す原因の問題も有るかと思います。 これは 調理時から冷凍までの間にどれだけ菌が付着&増殖するか、そして、保管時の菌の増殖度合いが重要でしょう。 冷凍しても腐敗菌など、活動が押さえられるだけで、停止はしていないんです。 ほぼ 完全に停止状態を得る為にはマイナス35度以下。 実際に食品加工業者などの素材保管庫はマイナス40度からマイナス45度だそうです。 近所の佃煮屋さんは、マイナス40度以下なら 何年でも持つ。 問題は出入りで温度上昇が有るので、マイナス45度に設定していて、それでも3年以内に出庫している と言ってましたよ。 我が家の冷蔵庫は古い機種なので、冷凍がマイナス8度ですし、瞬間冷凍なんて機能もないので、常温に冷めたご飯をラップでくるんで冷凍しても、3~4日、頑張って一週間まで 菌の問題じゃなくて、食感ですね。 半年以上1年でも大丈夫なのは、だし汁です。 大きな魚のアラとか、鳥ガラとか、大きな鍋て煮込んだら、すぐに使わない分を製氷機で凍らせて、ほとんど年中利用出来ますよ~。 (パッケージの賞味期限を過ぎてたので、どこにも文句言えませんけれどね。 ) これが、マイナス30度以下で保管してたら、まだまだ数年は大丈夫だったんでしょうかねぇ~(笑) あ、そうそう、炒め物で きんぴらごぼう 密閉が良くなかったためか、数週間後にチンしたら、干涸びて(爆笑) それぞれ 対処が重要ですね。 参考になりますでしょうか?? ひき肉なんかは三ヶ月ぐらいだった... Q こんにちは。 いつもお世話になっております。 この間の日曜日、家の冷凍庫の大掃除をしたのですが、どっかのコマーシャルの様に、結構、古い冷凍ものが発掘されました。 いつもお世話になっております。 この間の日曜日、家の冷凍庫の大掃除をしたのですが、どっかのコマーシャルの様に、結構、古い冷凍ものが発掘されました。 A ベストアンサー 2週間は持つと思いますよ。 ただし、しっかりと水気を切って冷凍し、必ず十分に加熱してくださいね。 電子レンジをつかって加熱すると便利ですよね。 あと、から揚げなどの揚げ物は、できれば、あげる前の状態で冷凍して、毎朝揚げた方がいいと思います。 そうすると便利さがすくなくなりますが、安全性はまします。 それから、冷凍庫の出し入れを頻繁にしないようにすることも大切です。 心配なら、できるだけ奥に入れておくといいでしょう。 もっとも大切なのは、(食品は全部そうですが)自分の目と鼻と舌を使って判断することだとおもいます。 自分で冷凍した食品の場合は、加熱したあと、見た目で変なところがないか、変なにおいがしないか、味見して変な味がしないか、などを判断してもっていきましょう。 あと、お弁当には、梅干などの、腐敗防止になるものをいれておくといいと思いますよ。 A ベストアンサー 一ヶ月でも十分余裕で、美味しくいただけます。 ただし、冷凍の仕方を変えましょう。 まず、ご飯は炊きたてを冷凍するのが理想です。 しかも、おにぎりのような形では無く、茶碗によそったご飯をラップを広げた上に平たく薄く広げます。 そのときに、ご飯が熱いですからしゃもじで広げて指先が触れないようにします。 その後すぐに、四隅からラップで包み込み、熱いうちに冷凍室に入れてしまいます。 熱いまま冷凍庫に入れても、決して冷蔵庫に悪い影響はありません。 薄く広げる事によって、冷凍に要する時間が短縮され、解凍時にも素早く加熱できます。 素早い冷凍と、速やかな解凍で2ヶ月程度経っても十分に炊きたての美味しさが保てます。 炊飯器の中に残ったご飯を冷凍して保存するのはやめましょう。 A ベストアンサー えっ、朝の貴重な時間、夜作るものは作っておける、当たり前だと思います。 一人暮らしですが、私の場合、 ・お夕飯に野菜炒めやしょうが焼きを作った際に一口取っておいて入れる。 ・冷凍ブロッコリー(一応自家製) ・切り干し大根を大量に煮ておいて、アルミカップに入れて冷凍。 そのまま入れる。 ・かぼちゃの煮物。 普通に作ると崩れるので、フライパンを使用し、少し火が通ったなと思った頃止めて、煮汁に漬け込む。 それを冷凍。 そのままお弁当箱に入れるとお昼には食べ頃に。 かまぼこやプチトマトは彩りに便利ですよね。 揚げ物をした事が無いので、コロッケ一個とか買ったりもします。 朝は、ご飯詰めるだけ。 卵焼きも前の日に作っときます。 この方法が嫌だって言う人とは、結婚したくないなぁ~。

次の