体操 服 袋 マチ 付き 作り方。 ミシン初心者でも簡単!裏地付きマチ&切り替えあり巾着袋リュックの作り方

体操着袋の簡単な作り方|巾着型の体操服入れの縫い方やサイズは?

体操 服 袋 マチ 付き 作り方

中表とは、生地の表と表を内側に合わせる事です。 縫い代とは、2枚の布を縫い合わせる時の、縫い目と裁ち目の間の部分を縫い代といいます。 3枚の生地を縫い代1㎝で縫いあわせると、生地写真の生地のようになります。 写真の生地は別の作品の物です。 アイロンをかけて、縫い代を開いてきます。 切り替え部分にレースを付ける 生地の横と同じ34㎝にカットしたリボンレースとレースを、切り替え部分に縫い付けていきます。 切り替え部分にリボンレースの上だけ縫い付けます。 リボンレースと生地の間にレースを差し込みます。 リボンレースの下の部分と一緒にレースも縫っていきます。 表生地にレースの縫い付けが完了! 持ち手とレースを付ける 印は生地の上下ともに同じ場所につけます。 印付けが終わったら、表地と裏地を縫い合わせていきます。 表地と裏地を中表に合わせて重ね、縫代1㎝の所を縫っていきます。 表地と裏地を印を付けた1. 5㎝まで縫い合わせたら、ここからレースを挟み込み縫っていきます。 持ち手用に付けた印まで縫ったら、持ち手も一緒に縫っていきます。 持ち手は生地から1. 5㎝はみ出した状態で縫っていきます。 持ち手とレースが縫い付けられると、このような状態になっています。 体操着袋の上下、同じよう持ち手とレースを縫い付けます。 両サイドを縫っていく 生地の真ん中を持ちあげて、横に倒します。 表地と裏地の境目に、アイロンをかけ縫い代を開きます。 レースが溶けないように当て布をしてアイロンをかけます。 表地と裏地の縫代から5㎝の所に印を付けます。 表地も裏地も同じように印を付けます。 印を付けたところから下を縫代1. 5㎝開けて縫っていきます。 両サイドを縫うときに、表地と裏地を縫い合わせた部分がズレないように待ち針で止めておきます。 切り替え部分もズレないように待ち針で止めておいたり、 切り替え部分だけ先に縫っておくと、切り替えがズレません。 マチを作る 体操着袋の底の部分のマチを作ります。 5㎝の線を引きます。 線を引いた部分をカットします。 4か所カット出来ました! 両サイドが真ん中にくるようにして両サイドの縫代にアイロンをかけて開いていきます。 マチ部分もしっかりアイロンをかけておくと、仕上がりも綺麗になります。 マチは縫い代1㎝開けて縫います。 生地をひっくり返す 両サイドの縫代にしっかりとアイロンがけをして縫い代を開きます。 返し口から、生地を引っ張り出していきます。 表に返したら、アイロンを全体にかけます。 レースやリボンレースが溶けないように、当て布をしてアイロンをかけます。 裏地を表地の中に入れます。 袋口は丁寧にアイロンをかけたいので、レースが溶けないよう当て布をしてアイロンをかけます。

次の

体操服入れ袋の簡単な作り方!裏地なし持ち手付で幼稚園&小学校に

体操 服 袋 マチ 付き 作り方

Contents• 角を三角に折って作るマチで、このタイプのマチはたたんだ状態でも立体です。 ひもの通し口は、片側・両側どちらでも出来る巾着の作り方です。 サイトでは両側にひも通し口のある巾着を作ります。 布を縦長に裁ち、半分に折り返すので、柄に天地がある場合には中心ではぎ合わせる必要があります。 巾着にマチを作ると、お弁当袋など奥行きのある巾着を作ることが出来ます。 入園・入学準備に裏地なしで巾着を作る時に活用してください。 巾着の用尺を試算できる、計算シートを用意しました。 必要な布の計算方法 作りたい巾着の高さと幅、マチの深さを決めたら、下記の式または計算シートを使って必要な布の分量を計算してください。 マチとは袋の奥行きのことです。 マチのある袋は 必ず立体でサイズを考えてください。 用途によって調整する。 計算シート 巾着の用尺を計算のための計算シートを用意しました。 作りたい巾着袋の「幅」「高さ」「マチ」を決めたら、計算シートの各欄に数字を入れて用尺の計算をします。 PDF形式での配布ですので印刷してご利用ください。

次の

巾着袋の作り方 裏地なし・マチ付き|NUNOTOIRO

体操 服 袋 マチ 付き 作り方

中表とは、生地の表と表を内側に合わせる事です。 縫い代とは、2枚の布を縫い合わせる時の、縫い目と裁ち目の間の部分を縫い代といいます。 3枚の生地を縫い代1㎝で縫いあわせると、生地写真の生地のようになります。 写真の生地は別の作品の物です。 アイロンをかけて、縫い代を開いてきます。 切り替え部分にレースを付ける 生地の横と同じ34㎝にカットしたリボンレースとレースを、切り替え部分に縫い付けていきます。 切り替え部分にリボンレースの上だけ縫い付けます。 リボンレースと生地の間にレースを差し込みます。 リボンレースの下の部分と一緒にレースも縫っていきます。 表生地にレースの縫い付けが完了! 持ち手とレースを付ける 印は生地の上下ともに同じ場所につけます。 印付けが終わったら、表地と裏地を縫い合わせていきます。 表地と裏地を中表に合わせて重ね、縫代1㎝の所を縫っていきます。 表地と裏地を印を付けた1. 5㎝まで縫い合わせたら、ここからレースを挟み込み縫っていきます。 持ち手用に付けた印まで縫ったら、持ち手も一緒に縫っていきます。 持ち手は生地から1. 5㎝はみ出した状態で縫っていきます。 持ち手とレースが縫い付けられると、このような状態になっています。 体操着袋の上下、同じよう持ち手とレースを縫い付けます。 両サイドを縫っていく 生地の真ん中を持ちあげて、横に倒します。 表地と裏地の境目に、アイロンをかけ縫い代を開きます。 レースが溶けないように当て布をしてアイロンをかけます。 表地と裏地の縫代から5㎝の所に印を付けます。 表地も裏地も同じように印を付けます。 印を付けたところから下を縫代1. 5㎝開けて縫っていきます。 両サイドを縫うときに、表地と裏地を縫い合わせた部分がズレないように待ち針で止めておきます。 切り替え部分もズレないように待ち針で止めておいたり、 切り替え部分だけ先に縫っておくと、切り替えがズレません。 マチを作る 体操着袋の底の部分のマチを作ります。 5㎝の線を引きます。 線を引いた部分をカットします。 4か所カット出来ました! 両サイドが真ん中にくるようにして両サイドの縫代にアイロンをかけて開いていきます。 マチ部分もしっかりアイロンをかけておくと、仕上がりも綺麗になります。 マチは縫い代1㎝開けて縫います。 生地をひっくり返す 両サイドの縫代にしっかりとアイロンがけをして縫い代を開きます。 返し口から、生地を引っ張り出していきます。 表に返したら、アイロンを全体にかけます。 レースやリボンレースが溶けないように、当て布をしてアイロンをかけます。 裏地を表地の中に入れます。 袋口は丁寧にアイロンをかけたいので、レースが溶けないよう当て布をしてアイロンをかけます。

次の